【旅行】歴史を感じる都市、名古屋でうまいもんを食べまくる!1泊2日名古屋旅行記

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

Mr.Childrenのドームツアー「Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25」のために名古屋まで遠征に行ってきました!
ライブの遠征は「ロックロックこんにちは! 20th Anniversary! Special ~R² need U, I need U~」で大阪に行った時ぶりです。

その時は観光も兼ねて京都にも行ってきました。
あれから約1年が経ったんですね〜早い。

今まで1回も名古屋に行ったことがなかったので、人生初名古屋。
1泊2日で観光地巡り名古屋名物をたっぷり味わってきました。

nagoya-trip_26

1日目〜名古屋名物と名古屋城、そして最高の25周年ライブ


1日目はライブがあったので、時間まで名古屋名物を食べたり名古屋城を巡ったりと余裕を持ったスケジュールにしました。

7時台のこだまにのり、9時過ぎに到着。
各停のこだまでも2時間くらいで着くんですね。

名古屋駅


nagoya-trip_1

名古屋駅に到着!
人生初名古屋です。
この日の名古屋の最高気温は30度と聞いていたので嫌だなあと思っていたのですが、実際は曇っていたおかげで過ごしやすかったです。

駅が大きくて迷いそうになりました。
あとめっちゃ人がいました。さすが中心部。

お昼にするにはまだ少し早かったので、ライブ会場へ行ってみました。
あわよくばグッズを先に買っておこうと思っていたのですが、ものすごい待機列を目にし早々に諦めました(笑)
会場の外に展示してあったパネルの写真を撮って、お昼を食べるために名古屋駅へ戻ります。

キッチンなごや


nagoya-trip_21

名古屋名物味噌カツ!!
ライブの次に、名古屋名物を制覇することを楽しみにしていました(笑)

名古屋駅の「うまいもん通り」にあった「キッチンなごや」へ。
ちょうど昼時だったので結構列ができていましたが、回転が早かったので20分くらいで入店できました。

メニューは、1番人気の「名古屋ぜいたく定食」を注文。
大きな味噌カツに手羽先、どて煮がついた豪華な定食です。

甘辛い味噌の味が染み込んだ衣がやみつきになりそうです!
こんなにソースが染み込んでいるのに、衣がカリカリしているこの不思議な食感ってどうやって作っているんですかね?

お肉も柔らかい!
手羽先も皮はパリパリ、身はプリプリで、指が汚れるのそっちのけでガツガツ食べてしまいました。

かなりボリュームがあり、食べ応え抜群です。
ご飯・キャベツ・味噌汁がおかわり自由なんですが、どれもおかわりできませんでした・・・
男性の方には嬉しいサービスですね。

名古屋城


nagoya-trip_34

お腹がはちきれそうなまま、名古屋観光地の一つである名古屋城へ。
名古屋駅から桜通り線に乗り、丸の内で降ります。

そこから約15分ほど歩くと名古屋城が見えてきます。

nagoya-trip

いいですね。どっしり構えていますね。
名古屋城は大阪城、熊本城と並ぶ日本三大名城の一つ。
関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康が、豊臣方への備えとして名古屋城を築きました。

nagoya-trip_23

入り口にはタモリが!

nagoya-trip_25

やはり金のシャチホコが有名ですよね。
シャチというのは空想上の生き物で、水を呼ぶ力があると言われることから昔は火除けのまじないとされていたんだそうです。
ちなみになぜ金なのかというと、徳川家の権力・財力を誇るために施されたんだそうです。
さすが徳川家。

nagoya-trip_31

現在、名古屋城本丸御殿は復元工事の真っ最中。
平成30年の全面公開を目指しているそうです。

今回は玄関と表書院の部分のみ見学することができました。

nagoya-trip_30

ふすまや壁面の絵が美しくてうっとりしてしまいますね。
すぐに回りきってしまいましたが、いいものみました。

nagoya-trip

城の裏側にはなんと鹿を発見!
城の周りはかなり広く、のんびり散歩もできます。

nagoya-trip

ずっと歩いていて疲れてしまったので、売店で「抹茶フロート」を購入。

nagoya-trip

これが想像以上の美味しさでした!
人工的な抹茶の甘い味を想像していたのですが、実際は抹茶の苦味がきいていてさっぱりしたお味。
上に乗っている抹茶ソフトと生クリームとの相性も抜群です。

抹茶フロートを飲みながら休憩していたらちょうどいい時間になったので、荷物を預けにホテルへ向かいました。

ナゴヤドーム


nagoya-trip_20



「Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25」に参加するために、いざ、ナゴヤドームへ!

ホテルにチェックインしてちょっと休憩しようと思っていたのですが、意外と開演の時間が近づいていたのですぐに移動。
移動の電車がすごく混んでいてびっくりしました。
みんな考えることは一緒ですね(笑)

肝心のライブは、言葉にできないくらい満たされた気持ちでいっぱいになった4時間でした。
Mr.Childrenとタイマンを張ってボッコボコにされたような、そんなエネルギッシュさが詰まっていました。
ほんとすごく良かったのだけど、この興奮した気持ちを表す言葉がない!すごかった!

しかも今回座席が最高で、なんと花道のすぐ下。
桜井さんがすごい近い・・・
終始大興奮で、ずっとギャーギャー飛び跳ねてました。

さらに、ずっと聞きたいと思っていた名曲を目の前で演奏してくれて、感涙。
あんなに感動的な気持ちになったことってない気がします。
思わずありがたや〜と拝みました(笑)

大盛り上がりでライブは終演し、最高潮の気分のまま夕飯を食べるために名古屋駅へと戻りました。

驛釜きしめん


nagoya-trip_41

お昼に味噌カツを食べたので、夕飯はさっぱりしたきしめん一択。
まあライブでだいぶカロリー消費しましたが・・・

駅の構内にあった「驛釜きしめん」に行きました。
ライブが終わったのが21時過ぎだったのでお店がやっているか心配だったのですが、間に合ってよかったです。

注文したのは「梅しそきしめん」
さっぱりしたおろしと梅のすっぱさが夏らしい味です。

きしめんって、もっともちゃもちゃして食べにくいものだと思っていたのですが、喉越しが良くて食べやすかったです。
これならいくらでもいけそう!

さっさときしめんを平らげ、ホテルへ戻りすぐに就寝。

2日目〜八丁味噌めぐり、ひつまぶし


2日目も初日に引き続き、のんびり観光をしながら名古屋の美味しいものを食べ尽くしました!

2日目のメインイベントは、「八丁味噌」
八丁味噌は名古屋の名産物として有名ですよね。
今回はその老舗である「まるや八丁味噌」「カクキュー八丁味噌」の工場見学に行きました。

地雷也 天むす


nagoya-trip

朝は親子丼を食べよう!と意気込んでいたのですが、お店の開店時間は10時や11時のところばかり。
そりゃそうですよね〜
親子丼は次回来た時にリベンジすることにして、駅構内の売店に売っていた「地雷也 天むす」を買って電車の中で食べることにしました。

竹の皮に包まれているのが、ちょっとした旅行気分を味わえます。
一口サイズで見た目も可愛い!

天むすの具がぎっしり詰まっていて食べ応えがあります。
塩気もちょうど良くて、一緒についてるきゃらぶきがいい口直しになります。

あっという間に完食し、のんびり電車で移動しました。

まるや八丁味噌


nagoya-trip_49

八丁味噌の産地、八丁村まで行くにはいくつかルートがあるようです。

名古屋駅からJRに乗って岡崎駅まで行きます。
岡崎駅から愛知環状線に乗って中岡崎駅まで行くのですが、ここで気をつけてほしいポイントがあります。

なんと愛知環状線はICカードが一切使えません!
おお・・・
なので、岡崎駅で一度改札を出で、中岡崎駅までの切符を買って、改めて改札に入ります。
これをしないと、ICカードが使えなくなってしまうので気をつけましょう。

駅から5分ほど歩いて、「まるや八丁味噌」に到着。

受付で用紙に記入して見学ツアーが始まるまで待ちます。
時間になると、若い職員の方が工場を案内してくれました。

nagoya-trip_45

入り口には味噌ができるまでの工程が書かれた大きな看板がお出迎え。
ここの説明で、実際のみそこうじを見せてもらいました。

nagoya-trip_46

奥の蔵にはでっかい大桶が!
この桶は六尺桶と言って、約180cmほどの大きさがあります。

この上に乗っている石は一つ一つ職人さんが積み上げています。
この石を積み上げる作業はバランスや石の向きなど緻密な計算が施されているんだそうです。
この作業が完璧になるまでには約10年くらいかかるんだとか・・・!

nagoya-trip

工場の出口には実際に使われている六尺桶が置いてありました。
近くで見るとその大きさにびっくり!!
桶は手作りで作られているっていうんですから、日本の技術ってすごいですよね。

nagoya-trip

工場見学の最後には、味噌田楽が試食できました!
甘辛い味噌が田楽に絡んで美味しかったです。

カクキュー八丁味噌


nagoya-trip

ちょうど「まるや八丁味噌」の工場見学が終わった時、「カクキュー八丁味噌」の見学会に間に合う時間だったのでそのままお隣へ。

こちらも「まるや八丁味噌」同様、受付用紙に記入して時間が来るのを待ちます。
「カクキュー八丁味噌」の方が「まるや八丁味噌」より300年ほど後にできたのだそうですが、工場の規模はこちらのほうが大きいです。

nagoya-trip_53

大きくてかなり広い蔵でした。
こちらには天保14年(1843年)から使われている六尺桶が実際に使われていました。
歴史を感じましたよ。

nagoya-trip

見学会の最後には、こちらでも試食がありました!
八丁味噌の味噌汁と、八丁味噌と白味噌をブレンドした赤だしの味噌汁味噌田楽をいただきました。
八丁味噌の味噌汁がずば抜けて美味しくて、こんなに味が違うものかと感動しました。
八丁味噌が長年愛される理由がわかりました。

nagoya-trip

見学会が終わった後は、工場の外の売店にあった「味噌ソフトクリーム」を食べました。
味噌の味がほんのり口の中に広がって、甘さとしょっぱさがちょうどいいバランスでした。

説明はどちらも味噌を作る工程や職人の技術のことを話していて、あんまり違いはなかったかな。
「カクキュー八丁味噌」の方が敷地が広い分、時間が長かったです。

岡崎城


nagoya-trip

「カクキュー八丁味噌」からそのまま15分ほど歩くと岡崎城にたどり着きます。

nagoya-trip

岡崎城は徳川家康が生まれた城。
名古屋城に比べると素朴なつくりですが、周囲は緑で囲まれていて気持ちよかったです。

nagoya-trip

さくっと城の周辺を歩いて、名古屋駅へ戻りました。

ノリタケの森


nagoya-trip_56

夕飯まで少し時間があったので、名古屋駅から少し歩いたところにある「ノリタケの森」へ行きました。
「ノリタケの森」は陶磁器のブランドであるノリタケの工場跡地に作られた複合施設です。

nagoya-trip

煉瓦造りの建物が立ち並ぶ、おしゃれな空間が広がっています。
施設の中にはミュージアムギャラリーショップがあり、ノリタケの魅力を存分に楽しめますよ。

nagoya-trip_57

ここにいる人たちは犬の散歩に来たり、写真を撮ったりと思いおもいに自分の時間を満喫していましたね。
確かにのんびりまったり過ごせる、日曜の午後にぴったりな場所でした。

ノリタケのショップの中にカフェがあって、お茶をしたかったのですが混んでいたので諦めて名古屋駅へと戻りました。

まるや本店


nagoya-trip_59

ノリタケのカフェを諦めてでも、絶対に食べたかった「ひつまぶし」!!(笑)
名鉄百貨店にある「まるや本店」は超人気店なんです。

お店に行ったら、長蛇の列。
入り口には順番が来るまで50〜60分かかると書かれていましたが、覚悟の上です。
実際はそこまでかからなかったですね。
45分くらいで店内に案内されました。

迷わず「上ひつまぶし」を注文。
贅沢なお味でした。
身が厚くしっかりしていて、タレも中心まで染みこんでいました。
うなぎの皮の部分がパリパリしているのも、いい食感のアクセントになりますね。

店員さんの説明にならって、3段階でひつまぶしを堪能しました。
だしも美味しかったな。

nagoya-trip_58

塩肝焼きも注文。
肝独特の苦味がたまりませんね!

リトルマーメイド


nagoya-trip_63

まるやでひつまぶしを堪能した後は、食後のコーヒーを飲みました。
リトルマーメイドって全国にあるんですね。

この後はお土産を買って、行きと同じくこだまに乗り帰路につきました。

まとめ


1泊2日で名古屋、堪能しました!
余裕を持った工程だったので、のんびり回れてよかったです。

名古屋と言えばこれ!という名物もたくさん食べられて、お腹の方も大満足でした。
親子丼だけは食べられませんでしたが・・・(笑)
悔しいので次回は絶対に名古屋コーチンの親子丼を食べたいとおもいます!
あとは小倉トーストなんてのもありますよね。これも次は食べてみたいなあ。

名古屋をメインに観光がしたい!という旅行なら1泊2日で十分回れると思います。
レゴランドもできましたし、また行きたいです!

まっぷる 名古屋 '18 (まっぷるマガジン)

昭文社 (2017-04-14)
売り上げランキング: 36,379

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*