【旅行】世界の中心を感じる4泊6日のNEW YORK〜1日市内観光バスツアーとシカゴ編

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

new-york-day-2_00

人生初の「New York(ニューヨーク)」旅行、1日目は「ナイアガラの滝」に行く予定が、飛行機が欠航になってしまったため、「American Museum of Natural History(アメリカ自然史博物館)」「Central Park(セントラル・パーク)」を中心にマンハッタン周辺を散策しました!

映画が好きで、映画の舞台になることの多い「New York」はいつか訪れたい場所でした。
今回、ついにそれが実現し、夢のような3日間を過ごすことができました。

主に観光中心にスケジュールを組んだので、映画の舞台になった場所をたくさんみることができたのは本当に素晴らしい体験でした。

2日目は「ニューヨーク1日市内観光ツアー」に参加し、夜は「Broadway(ブロードウェイ)」『Chicago(シカゴ)』を鑑賞しました!
「New York」という街の魅力を存分に感じ、心から満喫した1日でした。





2日目の朝食は超有名カップケーキ


new-york-day-1_209

2日目の朝は、初日の夜に買った「Magnolia Bakery(マグノリア・ベーカリー)」のカップケーキを食べました!

このカップケーキ屋さんは、アメリカの人気ドラマ『Sex & the City』に登場したのを機に爆発的に人気に火がつき、今では「New York」のカップケーキといえば「Magnolia Bakery」と言われるほどの有名店。

実は日本の表参道にも店舗があるのですが、食べたことがなかったので、せっかくなら本場の味を食べようと、「Grand Central Station(グランド・セントラル駅)」にて購入しちゃいました。

new-york-day-2_01

お味の方ですが・・・あ、美味し、ん?クリームめっちゃくちゃ甘い!
スポンジは日本でも食べるようなふわふわ感で、甘さ控えめです。
このカップケーキの味を占めているのは、ほとんどクリームの味なんじゃなかろうか・・・でもこの甘ったるさがちょっとクセになりそうです。

買った翌日に食べたので、クリームが固まってしまっていたのはミスですね。
実際に店頭に出ているカップケーキはクリームもスポンジ同様ふわふわなんだそうですよ。
よし、表参道でリベンジします。

カップケーキは2個食べたのですが、手のひらサイズにもかかわらず十分満腹感を得られました。
ブラックコーヒーがちょうどいい口直しになりました。

日本の「Magnolia Bakery」は1個あたり400〜500円のようですが、こちらでは3ドルちょっとくらいなので、日本より気持ちお安めの価格です。

NYの名所をガイド付きで観光!


new-york-day-2_02

「Magnolia Bakery」のカップケーキで朝食を済ませ、今日のメインである「ニューヨーク1日市内観光ツアー」へ繰り出します。
今回はJTB「LOOKツアー」のオプショナルツアーを申し込みました。

集合は8時「New York Hilton Midtown(ニューヨーク・ヒルトン・ミッドタウンホテル)」内、1階ロビーのエスカレーター奥・カウンター前、ということだったのですが、ホテルの正面玄関から入るとちょっとわかりづらい場所なので、あらかじめHPに乗っている集合場所のページを確認しておきましょう。
心配な方は印刷するか、スクショを撮っておくと安心ですね。

全員が集合し、ホテルの裏に停めてあるバスに向かいます。

しかし寒い!この日はなんと気温が-7度と日本の試される大地・北海道を超える寒さ。
前日には雪が降ってました。
この時期の「New York」の平均気温は5度前後らしく、ガイドさんもこんなに寒いことは滅多にないとおっしゃってました。

さて、バスに乗り込みいざ出発しようとした瞬間、目の前では謎の工事が始まる・・・さすがアメリカ。
5分か10分くらいその場で足止めをくらい、ようやく工事の人たちがいなくなり、改めて出発。

ガイドさんは、気さくで親近感のある日本人女性の方でした。
感心したのが、ツアー中ほとんどしゃべり続けてくれたんです!

観光ツアーなんて小・中学生の社会科見学以来で、まあポイントポイントで簡単にガイドをしてくれるみたいな感じかな〜とちょっと期待薄だったので、予想外の丁寧さに感激しました。
おそらく長年ツアーガイドをされている方のようで、色んな「New York」の歴史が聞けて楽しかったです。

new-york-day-2_03

まずは「Metropolitan Museum(メトロポリタン美術館)」目指して、「Uptown(アップ・タウン)」方面へ北上していきます。

途中には「Lincoln Center for the Performing Arts(リンカーンセンター)」が。
「Metropolitan Opera House(メトロポリタン歌劇場)」「David Geffen Hall(デヴィッド・ゲフィン・ホール)」(ニューヨーク・フィル・ハーモニーの本拠地)『ジュリアード音楽院』など名だたる芸術施設が軒を連ね、アメリカのみならず世界中の芸術の天才が集う場所です。

new-york-day-2_04

またこの辺りの住所は「ニューヨーク市マンハッタン区アッパー・ウエスト・サイド」
そう、1961年公開の『ウエスト・サイド物語』の冒頭部分の撮影地でもあるんですよ。

new-york-day-2_05

こちらは「The Dakota(ダコタ・ハウス)」
かのジョン・レノンオノ・ヨーコが暮らしたアパートで、ジョンはこのアパートの入り口で銃殺され、彼の短い生涯の幕は閉ざされてしまうのです。

特に2人の大ファンというわけではなかったので、ガイドさんがまだオノ・ヨーコは「The Dakota」に住んでいる、と言った時は思わずえっ?と声が出てしまいました。
いやなんというか、そんな事件が起きたところに居続けているとは思わなかったので・・・

きっと2人だけの思い出がたくさん詰まっているんでしょうね。

new-york-day-2_06

アッパー・ウエスト・サイドを抜けると、「Metropolitan Museum」が見えてきました!かなり大きいですね!
ここで一旦下車し、10分ほど周辺の撮影をしたり散歩をしました。

new-york-day-2_07

「Metropolitan Museum」から今度は「5th Avenue(5番街)」を通りながら、「Down town(ダウン・タウン)」方面へ南下します。
車窓からは、超高級ホテルの「Plaza Hotel(プラザホテル)」や、「Trump Tower(トランプタワー)」を眺めることができます。
「Trump Tower」の前には、噂通り警備の人が立っていて、なんだか謎の感動を受けました。

「Trump Tower」を抜けると「Rockefeller Center(ロックフェラー・センター)」が見えてきました。
とてもとても!高いビルです。首を一生懸命曲げないとてっぺんが見えません。
ここで一度下車して、周辺を散歩しました。

new-york-day-2_08

5番街って街角のことを指しているんだとずっと思っていのですが、「5th Avenue」という通りのことを指すんですね。
ずーっと長い「5th Avenue」は高級ブティックからファストファッションまで、ありとあらゆるお店が所狭しと建ち並んでいました。

new-york-day-2_09

「Tiffany & Co.(ティファニー)」の外観が可愛すぎました!
なんなんですこの厳つい建物とのギャップ!とても好きです。

new-york-day-2_10

あの「Microsoft」のオフィスもこんなところにありました。

new-york-day-2_11

そして我らが「ユニクロ」も発見。
高級ブティックしかなさそうなイメージでしたが、「ZARA」などのファストファッションも充実していました。

new-york-day-2_12

「5th Avenue」のブティック街を進んでいくと、「New York Public Library(ニューヨーク公共図書館)」が見えてきます。
ここは『ゴースト・バスターズ』の冒頭のシーンでみたことがあったので、かなり興奮しました!

new-york-day-2_13

そのまま「5th Avenue」を進み、「Empire State Building(エンパイア・ステート・ビル)」を過ぎ、「Madison Square Park(マディソン・スクエア・パーク)」から、「Broadway」へと入っていきます。
この付近は古い建物が並んでいて、ニューヨークの歴史を肌で感じることができました。

ニューヨークでは築30年以上で、歴史的および文化的に価値が認められた建物には「歴史建造物保存法」が適用され、保護することができるんだそうです。
なので、ニューヨーク市内は外見は歴史を感じる建物がとても多いです。

建物の外側は保存して、内側は改装して新しい店舗を入れたりしているんですね。

レンガ造りの荘厳な建物が多いのですが、これは地震が滅多に起きない地盤だからできる保存方法ですね〜
日本ではほぼ不可能と言っても過言ではないでしょう・・・

new-york-day-2_14

しばらく古い煉瓦造りの街並みを車窓から眺めていると、「Washington Square Park(ワシントン・スクエア・公園)」が見えてきました。
「Washington Square Park」は、初代大統領であるジョージ・ワシントンの名にちなんだ公園。

new-york-day-2_15

公園に入ってすぐ大きな凱旋門が目に入ります。
圧倒されますね。

「Central Park」には及びませんが、かなり広々としている公園でした。
ドッグランをするスペースもあり、犬の散歩をしている人がたくさんいましたよ。
ニューヨークはあちこちにちょっとした公園があるのですが、どれも面積の広い公園ばかりで、改めてアメリカ国土の広さを感じますね。

トイレ休憩を挟み、再び「Broadway」に戻り「Down town」方面を目指します。

new-york-day-2_16

道中、海外の映画でよくみる建物を発見!
外階段がついているアパートってやつです。

ああ、映画の主人公たちがいつも遠慮なくぶっ壊している外階段・・・
映画の中の世界に来たようで楽しくて仕方ありません。

new-york-day-2_17

「Broadway」を進んでいくと、「China Town(チャイナタウン)」に入っていきます。
特に入り口というものはなかったのですが、それまでの古き街「New York」の雰囲気がガラッと変わるのですぐにわかりましたよ。

もっと薄暗くて物騒な場所だと思っていたのですが、案外ひらけた通りにあって、拍子抜けしました。

new-york-day-2_18

突然街の看板が中国語になります。
漢字がわかる日本人としては、逆にこちらの方がなんとなく意味が汲めますね(笑)

new-york-day-2_19

「China Town」を抜けると、「Brooklyn Bridge(ブルックリン橋)」が遠くの方に見えます。
みたかったんですよー!いつもたくさんの映画でぶっ壊されているあの橋だ!(笑)

知らなかったのですが、「Brooklyn Bridge」の車道は乗用車のみ走行可能なんだそうです。バスはダメってことですね。
この日は寒かったせいか、歩道を歩いている人はまばらでした。

new-york-day-2_20

バスを一旦下車し、どんどん「Broadway」を突き進んでいくと、「Wall Street(ウォール・ストリート)」が見えてきます。
写真はニュースでもよく耳にする「New York Stock Exchange(ニューヨーク証券取引所)」です。

「Broadway」と「Wall Street」の交差点に「New York Stock Exchange」があります。
「Wall Street」ってずっと地名とか建物の名前だと思っていたのですが、特にひねっているのではなく、そのまま「通り」の名前なんですね。

ここが「世界恐慌」で人が押し寄せていたあの場所かあと思うと、歴史の一端に触れたような不思議な空気を感じました。
周りは写真を撮りまくる観光客がいっぱいでした。

一際存在感のある「New York Stock Exchange」の外観に息を飲みつつ、しばらくぼんやり眺めていました。

new-york-day-2_21

バスに戻り、「South Street(サウス・ストリート)」にある乗船場へやって来ました。
ほとんどマンハッタンの南端です。
ここからフェリーに乗船し、「Down Town」の町並みを周遊するツアーに参加します!

new-york-day-2_22

陸とはしばしのお別れです。
先ほどチラリと見えた「Brooklyn Bridge」がみえてきました。

new-york-day-2_23

「Brooklyn Bridge」の下をくぐって進んでいきます。
今回の旅行では橋の上を歩くことはなかったのですが、この橋の下をくぐるというのもなかなかできない体験でした。
橋が大きくて迫力満点です。

20170312-_DSC6325

乗船場からかなり離れてきました。
遠くにマンハッタンの街並みがみえます。

3日目に行く「1 World Trade Center(ワン・ワールド・トレード・センター)」がみえますね!

クルーズも後半になり、徐々に「Liberty Island(リバティー島)」に近づいてきました。

new-york-day-2_25

おお〜!「Statue of Liberty(自由の女神)」がみえました!

何度も映画やテレビでみてきましたが・・・ついに本物とご対面です!

見慣れすぎてものすごい感動はなかったのですが、やっぱり存在感ありますね。
あともっとくすんだ銅色だと思っていたのですが、実際は明るいエメラルドグリーンの色をしてました。

この辺りで遊覧船は一度停止してくれます。5分か10分くらい止まってくれました。
遊覧船の外に出て写真を撮りに行ったのですが、寒すぎて指が破裂するかと思いました・・・

new-york-day-2_26

遊覧船の周遊を終えて、バスに戻りお昼休憩。

「Whole Foods Market(ホール・フーズ・マーケット)」にて各自昼食をとりました。
すごく大きなスーパーマーケットで、日本でいうとコストコのような感じですかね。
食品から日用品まで、生活必需品が全て取り揃っています。

2階には食事をするスペースがあり、「Whole Foods Market」で買った商品なら、持ち込んで食べることができます。
おもしろかったのが、食べ物が量り売りしていて、バイキングのように好きなものを好きな量だけ買うことができます。

レジも日本にはない不思議な仕組みで、並ぶ各レーンには色がついていて、上についているモニターで自分の並んでいる色に番号が現れたら番号のレジに行って会計をするというものです。

new-york-day-2_27

すごくお腹が空いていて、しかも自分で自由によそえる(もちろんそのぶんお金がかかる)システムだったので、ついつい買いすぎてしまいました。
サラダや肉、マッシュポテトを食べ、満腹です。

new-york-day-2_28

1時間ほどの昼食タイムを終え、次は「Chelsea Market(チェルシー・マーケット)」へとやってきました。
ニューヨークでも人気の観光スポットで、様々なお店が並んでいる複合施設です。

日本だと、横浜にある「赤レンガ倉庫」や「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」みたいな雰囲気の場所といえば想像しやすいですかね?

new-york-day-2_29

この日はとても混んでいて、歩くのも大変でした〜!さすが人気の観光地だけありますね。
トイレも激混みで、日本かと思いました(笑)

new-york-day-2_30

寿司や新鮮な魚介類を食べられるお店もあって、こんな日本らしいモノも。

new-york-day-2_31

こ、これは、かっぱえびせん・・・!
思わずパシャり。

結構広くて、混んでいるのでお店を回り切れず、お土産も買えず。うろうろして自由時間が終わってしまいました。
ここで解散することもできましたが、夜は『Chicago』を観にいく予定だったので、翌日改めて訪れることにしました。

再び「Rockefeller Center」に戻ってきて、ツアーは終了。
ここに着いた時点で15時すぎでした。

オプションで「Rockefeller Center」内にある、「Top of the Rock Observation Deck(トップ・オブ・ザ・ロック展望台)」に登ることもできますよ。
私はここで解散し、「5th Avenue」を歩きながら宿泊先である「Hotel Edison」へ戻ってきました。

ツアーって時間も決まっているしゆっくり観光できないんじゃなかろうか〜と思っていたのですが、スケジュールも余裕があったし、移動はバスだしガイドもあるしでとても快適でした。
国内ならともかく、海外でおまけに初めて訪れる土地なら、ツアーで手っ取り早く観光するのは全然アリですね!



「ニューヨーク1日市内観光ツアー」の間に「GoPro HERO5 Black」で撮影した動画を編集してまとめてみました。

【レビュー】これぞ正統進化!電子式ブレ補正機能に防水機能がついた「GoPro HERO5 Black」
【レビュー】驚くほど滑らかなビデオが撮影できる!GoPro純正品のスタビライザー「Karma Grip」




GoProで撮影した動画などをアップロードしていますので、よかったらチャンネル登録してください。

ホテルに戻って一休み・・・のはずが!?


市内観光が終わり、ホテルへ戻り一休み。
夕ご飯は、ツアー中にガイドさんが海老料理が美味しいと言ってた「Bubba Gump Shrimp Company(ババ・ガンプ・シュリンプ・カンパニー)」に行こうかと思っていたのですが、お昼ご飯がまだお腹に残っていたのと、時差ボケのせいか疲れが出てきていたので、ミュージカルに備えて少し休むことにしました。

トム・ハンクスの『フォレスト・ガンプ 一期一会』のテーマでもあるお店だったので、行ってみたかったのですが、疲れには勝てませんでした。
次回ニューヨークを訪れた際には、行ってみたいと思います。

30分くらい寝るか・・・と、目を瞑り、ウトウト・・・
パッと目を覚ましたら、な、なんと、

ミュージカル上演30分前!!!!

なんてこった!やってしまった!!
アラームをかけ忘れてました。
一気に血の気が引くのを感じましたね。30分だけ〜のつもりが、がっつり3時間くらい眠ってしまいました。

旅にトラブルはつきものですが、これは自分のうっかりミスだったのでかなり焦りました。

急いで「Broadway」へ向かい、本場のミュージカル「Chicago」を鑑賞!


new-york-day-2_32

19時半に目が覚めたことを心から神に感謝し、10分で支度しホテルを飛び出しました。
「Hotel Edison」が『Chicago』の会場である「Ambassador Theatre(アンバサダー・シアター)」から近くて本当に良かった!!
5分ほどで「Ambassador Theatre」に到着。

new-york-day-2_33

入り口は遠くからみてもわかるくらい煌びやかで派手でした。

チケットは、市内観光同様JTBの「LOOKツアー」で予約。
印刷した予約の紙には上演45分前にチケットを発券するように書いてあったので、内心もう大慌てだったのですが、何の問題もなくすんなり発券でき一安心。

到着したのは上演10分前くらいでしたが、まだまだ入り口にはたくさんの観客がうろうろしていました。
日本のミュージカルや演奏会と同じような雰囲気でした。直前に入っても大丈夫そうです。

劇場内で飲み物を購入し、席に着きます。
劇場は思っていたよりもこじんまりしていて、小さかったです。

そもそも「Broadway」のミュージカルって、大きな建物の中でその時によって上演されている作品が違うのかと思っていたのですが、「Broadway」という通りの中に小さな劇場があちこちにあるんですよね。
そして、毎日さまざまな演目が上演されていると。今まで知ったかしてました(笑)

予約した時点でどの席かわからなかったので、どうせ後ろの方だろうなと思っていたのですが、なんと1階のかなり前!
こんなにいい席だとは思いませんでした!ステージがよくみえます。

飲み物を買って、劇場内に入るとスタッフの人がチケットをみて席を案内してくれました。
席に着いてまもなく上演が始まりました。

感想は、もう、言葉にできないくらい感動しました・・・!
とにかく圧倒された。すごかった。素晴らしい。『Chicago』に取り憑かれそうなほど胸を揺さぶられました。
特に「Cell Blood Tango」の勢いったらすごいですね。喰われちゃいそうだった。

new-york-day-2_34

終演後、パンフレットCDがセットで30ドルだったので、勢いで買ってしまいました。
パンフレットは、今回のキャストのインタビューと今までのキャストのフォトショットがたっぷり載ってました。
CDは1996年版のキャストのものでした。この年のものしかCD化してないのかな?

上演時間は間に15分ほどの休憩を挟み、トータル2時間ほどでした。
興奮冷めやらぬままホテルに戻り、就寝しました。

いやー、それにしても上演30分前に目が覚めて良かった・・・
今回の旅行で一番楽しみにしていたのが『Chicago』だったので、笑い話になって本当に良かったです(笑)

まとめ


「New York」の名所や観光スポットを一気に回って、「New York」の歴史にも触れることのできた充実した1日でした。
市内観光のツアーは、1日で定番スポットに連れて行ってくれるので、手軽に「New York」という街を知ることができてオススメです。
そして、ミュージカルが好きな人は絶対「Broadway」の作品を観るべきです!心から感動しました。

3日目は「ニューヨーク1日市内観光」のツアーで回りきれなかった「Chelsea Market」を午前中にいき、午後はグラウンド・ゼロに行った後、「911 Memorial Museum(911メモリアルミュージアム)」を見学し、最後は「1 World Trade Center」からマンハッタンを一望しました。

3日目も写真たっぷりでお送りしますよ〜!




まっぷる ニューヨーク (まっぷるマガジン)

昭文社 (2016-12-09)
売り上げランキング: 88,632

シカゴ [Blu-ray]
シカゴ [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.03.17
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-03-04)
売り上げランキング: 12,810

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*