【レビュー】デザインと品質がスペックアップ!据え置きゲーム機と携帯ゲーム機をスイッチできる「Nintendo Switch」

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

2017年03月03日についに発売されました、任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch」
あまり据え置きゲーム機に縁がなかった私も今回は購入しました。据え置きゲーム機を購入するのは、「64」ぶりです。
据え置きゲーム機は、しっかりとTVに接続して「さぁ、やるぞ!」という気合いがいりますし、家族がいるとなかなかTVを占拠するのが難しい・・・そんな中、据え置きゲーム機と携帯ゲーム機をスイッチできる、「Nintendo Switch」はとても魅力的なハードです。

nintendo-switch

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 11


「Nintendo Switch」以外にも周辺機器や、ローンチタイトルも購入しましたので楽しんでいきたいと思います。
本命は、夏に発売する『スプラトゥーン2』ですが(笑)

それでは、「Nintendo Switch」のファーストインプレッションと周辺機器の紹介をしていきましょう。
なかなかのハードですよ。ゲーム機というよりは、スマートフォンやタブレット、ラップトップを触っているような感じでした。なんにせよワクワクする製品です。

パッケージ


nintendo-switch_6

はい!思ったより小さい!
「Wii U」のパッケージに比べると小さいですね。

nintendo-switch_5

デザインもなかなかいいんじゃないですか?洗練されたイメージのパッケージです。
このカラフルな感じが、最近の任天堂っぽくないような・・・

nintendo-switch_2

サイドには、「Nintendo Switch」での遊び方の写真があります。
据え置きゲーム機としての遊び方や携帯ゲーム機としての遊び方が写真で紹介されています。ワクワクしますね。

nintendo-switch_3

反対側も同じくですね。

nintendo-switch_4

パッケージの上は、ビビットなレッドで任天堂のロゴがありました。
なかなかかっこいい!

nintendo-switch_1

内容物ですね。のちほど紹介します。

nintendo-switch_7

パッケージの上部を開くと、チュートリアルがありました。
ちなみに「Nintendo Switch」には取扱説明書が同封されてなかったです。
製品としての自信を感じますね。実際にゲーム機の取扱説明書ってゲーム機の中に入れておけばいいですからね。

nintendo-switch_8

パッケージを開けるとさっそく、「Nintendo Switch」本体です。
カラーは「ネオンブルー/ネオンレッド」にしました。
本体も思ったより小さいかな?ただ実際に使ってみるとちょうどよく感じました。

nintendo-switch_9

下の段には、周辺機器が同梱されています。
わかりやすいパッケージですね。

nintendo-switch_10

内容物はこちらです。

・Nintendo Switch本体
・Nintendo Switchドック
・Joy-Con×2
・Joy-Conストラップ×2
・Joy-Conグリップ
・HDMIケーブル
・Nintendo Switch ACアダプター
・セフティーガイド


取扱説明書がない分スッキリしていますね。

デザイン


nintendo-switch_11

さっそく「Nintendo Switch」のデザインをチェックしていきましょう。

nintendo-switch_12

まずは本体です。「Nintendo Switch本体」と言われて、この画像を見せられても気がつきませんよね。まんまAndroidタブレットです。
ゲーム機というよりタブレットというとしっくりくるデザインです。

画面サイズは6.2インチ静電容量方式タッチスクリーンです。

nintendo-switch_15

本体の上部分です。
こちらは排熱穴が中心にあり、その隣にヘッドホンマイク端子ゲームカードスロット、反対側には電源ボタン音量ボタンがあります。

nintendo-switch_16

画面下にはスピーカーが設置されています。
わかりにくいですが、明るさセンサーもあります。

下部分には接続・充電用のUSB Type-Cポートがありますね。
Type-Cを採用してくれたのはかなりありがたいです。

nintendo-switch_14

サイドは「Joy-Con」を取り付けるためのレールがあります。

nintendo-switch_17

背面をみましょう。
左にあるスタンドを立てると本体が自立します。
「テーブルモード」として使用する際にスタンドを立てます。

nintendo-switch_18

スタンドを立てると、microSDカードスロットがあります。
本体容量は32GBですので、増設できるわけですね。

nintendo-switch_19

「テーブルモード」として自立させました。

nintendo-switch_20

さて、本体に「Joy-Con」を接続しましょう。
「Joy-Con」と本体の接続はかなり気持ち良い動作ですよ。

nintendo-switch_21

これがゲーム機っていう感じですよね。
「Joy-Con」との接続も安定していてぐらつくようなことはないです。

nintendo-switch_22

背面です。カラーも「ネオンブルー/ネオンレッド」にして正解かな?

セットアップ


nintendo-switch_30

さっそく「Nintendo Switch ACアダプター」と接続して、セットアップをしていきましょう。
液晶の発色もいいですね。

nintendo-switch_24

本体設定を進めます。
UIもスッキリしていますし、レスポンスもいいです。

nintendo-switch_23

「Nintendo Switch ACアダプター」です。
こちらは、「Nintendo Switchドック」に固定しますので、USB Type-Cケーブルを他で用意するといいかもしれません。
「携帯モード」ですと、充電が減っていきますので。

ちなみに「Nintendo Switch ACアダプター」5.0V-1.5A/15.0V-2.6Aですので、非純正でもケーブルとアダプタを使えば充電できます。
急速充電器でも充電できました。

nintendo-switch_25

こちらが「Nintendo Switchドック」です。
プラスチック製です。高級感はなかなかありますよ。

nintendo-switch_27

パカっと蓋を開けることで、「Nintendo Switch ACアダプター」「HDMIケーブル」を接続していきます。

nintendo-switch_26

「HDMIケーブル」1.5mですので、それ以上の長さが必要な方は別途用意してください。ちょうどいいような短いような長さです。

nintendo-switch_28

こんな風に接続します。
これはちょっとおもしろいですよね。配線もすっきり。

nintendo-switch_29

「Nintendo Switchドック」に本体を接続します。
接続はいたって簡単で、本当に置くだけという感じです。

nintendo-switch_31

基本的にはこのように充電するといいですね。
注意点としては、このようにドックに挿すときに画面がぶつかりやすいので、画面に液晶フィルムは必須です。

nintendo-switch_32

「TVモード」です。
もう少し大きいディスプレイが欲しいと最近思っています。

nintendo-switch_39

ゲームカードはこのように挿入します。

nintendo-switch_33

「TVモード」のときに使用する「Joy-Conグリップ」です。

nintendo-switch_34

「Joy-Con」を接続するとこのような感じになります。
これは小さくて操作しにくいのではと思いましたが、そうでもなかったです。

nintendo-switch_35

充電残量がわかります。

「Joy-Conグリップ」では、「Joy-Con」を充電しながら使用することはできません。
別売りの「Joy-Con充電グリップ」なら、充電しながら使用することができます。これは残念使用ですよね。最初から「Joy-Con充電グリップ」をつけて欲しかった。

「Joy-Con」はバッテリー持続時間が約20時間ということなので、フル充電すれば、問題はないのかな?

nintendo-switch_36

こちらは「Joy-Conストラップ」です。
「テーブルモード」「TVモード」で複数人数で遊ぶ時に「Joy-Con」をさらに操作しやすくするためのアタッチメントですね。

nintendo-switch_37

レールがあります。

nintendo-switch_38

とにかく、この「Joy-Con」との接続が気持ちいです。
かなり精度が高いと思いますよ。

「Joy-Conストラップ」をつけたからといって、「Joy-Con」片方だけの操作はちょっと難しいですね。ジャイロセンサーを使った簡単なゲームやリズムゲームなら楽しいかも。

スペック


価格¥29,980(税抜)
サイズ縦102mm×横239mmx厚さ13.9mm(Joy-Con取り付け時※)
※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4mm
質量約297g
(Joy-Con取り付け時:約398g)
画面静電容量方式タッチスクリーン/6.2インチ液晶/1280×720ピクセル
CPU/GPUNVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー
本体保存メモリー32GB
通信機能無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠)
Bluetooth 4.1
映像出力最大1920×1080ピクセル60fps
※TVモード時にHDMIケーブル経由で出力
最大1280×720ピクセル(テーブルモード・携帯モード)
音声出力リニアPCM 5.1ch対応
TVモード時にHDMIケーブル経由で出力
スピーカーステレオ
ボタン電源ボタン/音量ボタン
ゲームカードスロットNintendo Switchソフトのゲームカード専用
microSDカードスロットmicroSD/microSDHC/microSDXCメモリーカード対応
センサー加速度センサー/ジャイロセンサー/明るさセンサー
動作環境温度:5~35℃/湿度:20~80%
内蔵バッテリーリチウムイオンバッテリー/電池容量 4310mAh
バッテリー持続時間約2.5~6.5時間
充電時間約3時間


スペック上はかなりいいハードではないでしょうか。
内部ストレージが小さいという意見もありますが、増設できますしね。
操作してみた感じ、CPUやGPUも十二分だと感じました。ヘビーユーザーにとっては物足りないのかな?

映像出力が4Kに対応していないのは残念ですが、それこそスペック上の限界なのかもしれませんね。

物足りないのは、バッテリー持続時間でしょうか。携帯モードで約2.5~6.5時間となると、あまり期待はできませんね。ちょくちょく充電しながらプレイするしかなさそうです。

さまざまな組み合わせで楽しめるプレイモード


「Nintendo Switch」は、据え置き型ゲーム機と携帯ゲーム機をスイッチできます。
プレイスタイルに合わせて、3つのモードを自由に選ぶことができます。

TVモード


tvmode

「Nintendo Switch本体」「Nintendo Switchドック」に置いて、HDMIケーブルでテレビと接続することで、ディスプレイでゲームを遊ぶことができます。

「Nintendo Switch Proコントローラー」を使って、自宅でゆっくり「TVモード」ですね。

テーブルモード


Tablemode

背面のスタンドを立てて、本体のディスプレイでゲームを楽しむことができます。
ディスプレイのない場所で遊ぶことはもちろん、左右の「Joy-Con」をわけあって、複数人数でゲームを遊ぶこともできます。

複数の「Nintendo Switch」「テーブルモード」にして対戦なんかもできますね。

携帯モード


keitaimode

「Joy-Con」を本体にセットすれば、携帯ゲーム機にスイッチ!
6.2インチのディスプレイでゲームを遊ぶことができるのですが、これがなかなか快適。携帯ゲーム機でここまでディスプレイが大きいものはなかったですからね。

個人的には「携帯モード」「TVモード」「テーブルモード」の順に使用頻度が高いと思っています。大きなディスプレイを変えば、「TVモード」が一番になるのかもしれません。

操作感


nintendo-switch

ガジェットとして、かなり心地よい操作感だと思います。
各種ボタンも押しやすいですし、本体のレスポンスもかなりいいです。
タッチ操作のしやすさもかなりいいですね。iOSデバイス並ではないでしょうか。

UIもしっかり作り込まれていて、美しいデザインですね。

「Joy-Con」のレスポンスも問題なしだと感じます。遅延はあるのかな?
私は気になりませんが、Bluetooth接続なので、ソフトウェアアップデートでその辺りも改善していくかと思います。

ローンチタイトルは『スーパーボンバーマン R』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を購入しました。

『スーパーボンバーマン R』は10年以上ぶりにやってみましたが、なかなか楽しいです。ゲームをやったことがある人なら悩まない直感的な操作で、遊ぶことができました。

ディスプレイ


nintendo-switch_40

ディスプレイは「静電容量方式タッチスクリーン/6.2インチ液晶/1280×720ピクセル」です。描写はまったく問題なしですね。

nintendo-switch_41

発色も抜群ですね。太陽光のもとでも視認性は高いです。

「64」ぶりに新しいハードを堪能しているので当たり前なのですが、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の描写にびっくりしました。水の表現とかすごいです。

ライトユーザーには十分すぎるスペックじゃないでしょうか。

周辺機器


周辺機器としては「Nintendo Switch Proコントローラー」「Nintendo Switch キャリングケース」を購入しました。

「Nintendo Switch Proコントローラー」を購入しない方は、「Joy-Con充電グリップ」を購入して置くと充電の煩わしさが軽減するかと思います。

Nintendo Switch Proコントローラー


Nintendo Switch Proコントローラー
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 10




いつかは「Nintendo Switch Proコントローラー」を買う必要が出てきそうなので、先に購入しました。やっぱりゲームとして操作しやすいのはこういうコントローラーですからね。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』も操作しやすいですよ。

Nintendo Switch キャリングケース


Nintendo Switch キャリングケース (画面保護シート付き)
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 24




キャリングケースはとりあえず純正品を使ってみようと思います。
液晶フィルムをついていました。液晶フィルムはガラスフィルムを貼り付けることにしたので、使用しませんでしたが。

「ゲームカード」5枚と「Joy-Conストラップ」2個を収納できる仕切りパッド付きという名目上なのですが、「Joy-Conストラップ」を収納してしまうと、蓋が限界で不安を感じます。もう少しスペースがあるといいかと思いました。

液晶フィルム


CYBER ・ 高硬度液晶保護ガラスパネル ( SWITCH 用)
サイバーガジェット (2017-03-03)
売り上げランキング: 65


液晶フィルムはガラスフィルムを貼り付けたかったので、こちらを購入しました。
いまのところ問題ありません。

「Nintendo Switch」は液晶パネルがプラスチック製ですので、ホコリを吸着しやすく、フィルムを貼り付けるのが難しいとヨドバシカメラの店員さんが言っていました。

たしかにそう感じます。いつもはホコリゼロで貼り付けができるのですが、ちょっと入ってしまいました。
プレイ中はディスプレイが点灯するので、気にはならないんですけどね。

「Nintendo Switch」の値段がもう少し高くてもいいので、液晶パネルはガラスが良かったですね。

タイトル


実際に購入したタイトルのレビュー記事です。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 2




まとめ


まずはファーストインプレッションということで「Nintendo Switch」のデザインやスペックを紹介しました。デザイン良し、スペック良しの名機ですね。
据え置きゲーム機と携帯ゲーム機をスイッチできるという新しいハードの形もワクワクします。

有料の「Nintendo Switch」向けオンラインサービスも秋から本格スタートします。
私はゲームはコミニュケーションの手段として考えるライトユーザーですので、オンライン機能が充実するのが楽しみです。

これからどんどん楽しいゲームのラインナップが増えていくといいですね。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 11

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 9

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*