【映画】どうして駄目そうなやつに惹かれちゃうの?「脳内ポイズンベリー」

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

「脳内ポイズンベリー」を観てきました!

IMG_7817.JPG



ただの少女漫画の実写化と侮るなかれ。

脳内で議長、ポジティブ、ネガティヴ、衝動、書記が繰り広げる会議によってベターな人生を送るために選択を重ねているつもりの真木よう子扮する櫻木いちこ30歳。

だけど、、
23歳のフリーターを好きになっちゃった!

傷つきたくない!
幸せになりたい!
今日も頭の中が喧しい。

もうどうすればいいの?!

「食事に誘われたんだから脈ありだよ!」
「社交辞令に決まってるでしょ!」
なんて、脳内バトル誰もが経験した事があるのではないでしょうか。

幸せにしてくれそうな人にはトキめかないのに、どうして駄目そうなやつに惹かれちゃうの?
もう、どうすればいいのよーーー!

と、いう恋愛コメディ映画です。
女子の葛藤をこれほどリアルに描いた映画はないんじゃないかな。

最後の、西島秀俊さんが言う

「その人といる自分を好きかどうかだ!」というセリフが花火みたいに頭の中で弾けます。

よく聞く「自分の事を好きじゃないやつが他人を好きになれるわけない」の意味が少しわかる気がしました。

キラキラ、良くある恋愛ものとは一味違い胸焼けもしない、辛いところも見せるそんな作品です。

男性にも是非見てもらいたいです。

それにしても、23歳フリーターを演じた古川雄輝の身体バランスが素晴らしい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*