【登山】お隣の鶴巻温泉も満喫!雨乞いの霊山・大山を日帰り登山に行ってきました!

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

先月の「高尾山」に引き続き、今月は伊勢原の「大山」に登山しにいってきました。
大山は小学生のときに初登山で登った思い出深い山でしたので、とっても楽しみにしていました。

「大山詣り」という言葉があるほど、霊山としても有名な大山には阿夫利神社もあります。
この阿夫利神社からラーメン屋さんの「AFURI」は名前をとっているわけですね。

いろいろ調べてみると、大山は雨降り山とも呼ばれ、雨乞いの山としても有名だそうです。
源頼朝や弘法大師とも縁があったりいろいろエピソードのあって興味深い山です。

初心者向きの山として紹介される大山ですが、標高1252m、そして標高差が高いためいきなり大山に登山するのはちょっと大変かもしれませんね。
ケーブルカーがありますので、初心者はそちらを利用することをオススメします。

伊勢原駅に集合!(08:00)


今回は電車でいきましたので、小田急線・伊勢原駅に集合です。
高尾山と違って街でした。そこから大山ケーブルバス停までバスで移動します。
直通バスもありますので便利ですね。
バスは30分弱ほどで到着です。

大山ケーブルバス停より登山開始!(08:20)


DSC00919

バスが到着するバス停は実は登山口より少し下に位置しています。
バス停の近くにトイレがありますが、ここのトイレはウォシュレットもあって綺麗です。

こま参道という参道を通り大山の登山口に向かいます。
15分ほど、お土産やさんや旅館などを横目に歩きます。
立派な旅館や料亭が並んでいます。

DSC00920

大山はお豆腐が有名で、豆腐料理フェアを小田急が主催していました。
あとは大山こまも有名ですよね。

階段に大山クイズなんかが書いてあって楽しいですよ。

image_courcemap

大山観光電鉄-登山コースより転載させていただきました。

登山口より女坂へ!(08:40)


DSC00922

こま参道を終えるといよいよアタック開始ですね。
ここから登山らしい登山がはじまります。

DSC00921

ケーブルカーの駅もありますので、初心者や体力に自信がない方はそちらがオススメです。
ケーブルカーを使っても、終点の阿夫利神社下社からもしっかり距離があって登りごたえはあります。

ケーブルカーを使わない場合は、比較的なだらかな女坂と険しい男坂があります。
比較的なだらかといっても女坂もかなりの斜度があります。男坂はもっと険しいです。
行きは女坂で帰りは男坂がいいかもしれませんね。

七不思議も女坂では楽しめます。

DSC00923

弘法大師はあちらこちらで水をわかしていますね。

DSC00925

いい雰囲気です。

DSC00930

あめふり山と呼ばれるくらいですので、水気が多いのでしょうね。
石やお地蔵様に苔がびっしり生えていました。

DSC00933

途中に大山寺もあります。
女坂と男坂が合流したちょっと上にもトイレがあります。

阿夫利神社下社に到着!(09:30)


DSC00943

立派な神社に到着です。ここからの景色も素晴らしい!
晴れていたので江ノ島までばっちり眺めることができました。
高尾山より大山のほうが景色は楽しいかもしれませんね。神奈川県が一望できます。

DSC00945

阿夫利神社は3世紀ごろからある神社で、かなり歴史があります。
奈良時代以降は神仏習合の霊山として栄え、武家の政権始まった後も源頼朝や、徳川家等の代々の将軍は阿夫利神社を信仰していたそうです。
庶民からの信仰もあり、「富士に登らば大山に登るべし、大山に登らば富士に登るべし」と伝わっているほどです。
確かにこの景色や大山の雄大さを登山してみて味わうと信仰心も芽生えますね。

ちなみに秋はとっても紅葉が綺麗だそうです。

あめふり山と呼ばれる大山は水がとっても豊富で大山名水という天然水は先ほども書きましたが、AFURIというラーメン屋さんが使用するほどです。
AFURIもおいしいラーメン屋さんなのでぜひ試してみてください。



DSC00946

日本三大獅子山ってなんだ・・・

ヤビツ峠コースで山頂までアタック!


ここから登山本番。
休憩所の店員さんも今までは序の口、準備運動みたいなものだといっていました。
女坂もけっこうきつかったのですが・・・

DSC00947

しかしその通り、下社を左にいくといきなり急な階段からはじまりました。
下社から右に向かった二重の滝、見晴台を経由するコースのほうがなだからなので、登りはそちらのほうがいいかもしれませんね。

100円でお祓いをして、お守りをもらって登山開始です。
入山料みたいなものですね。

DSC00950

かなり足場が悪いです。

DSC00952

立派な夫婦杉です。

DSC00961

富士山もみることができました!

途中くらいまできたところでかなり疲れてきました。
あまりお菓子ももってきてなかったので完全にカロリーが足りていません。
山登りは急にカロリー不足で身体が動かなくなることもあるので、チョコなどもってくるのが大切ですね。

DSC00963

お腹も空きつつ、もう少しです。
この網は鹿が山頂にはいってこないようにするためのものらしいです。
蹄をもつ動物は網の地面を歩けない習性を利用しているみたいです。

大山は原生林や動物たちも大切に保護しています。

DSC00969

鳥居をこえるともう少しです!

大山山頂到着!(11:15)


DSC00970

登り始めてから、だいたい3時間ですね。
大山ウェブサイトの案内では休憩なしで145分と書かれていました。
下社で休憩もしましたのでまずまずのタイムで上がってこれた気がします。

でもかなり疲れました。
やはり体力不足を実感します。

DSC00972

景色はやっぱりいいですね!

DSC00976

先ほどバスにのってきた道もばっちりみえます。
疲れなんてこの景色をみればふきとんでしまいます。
山登りの醍醐味ですね。

DSC00978

標高1252mの頂上に到着です。

DSC00984

恒例のカップラーメンを食べます。
山で食べるカップラーメンは本当においしいですよ。



器具はこちらを使用しています。

1時間ほど休憩して下山開始です。
見晴台・二重の滝コースに向かってちょっとしたところにもトイレがありました。

見晴台・二重の滝コースより下山!


帰りは行きとは違うコースで下山です。
こちらの道はゆるやかで道がかなり整備されていて歩きやすいです。

DSC00989

またヤビツ峠コースより視界が開けていて景色もいいです。
しかしこちらのコースからは富士山は見えないです(もしかしたら見えるかも・・・下山時に曇ってきてしまったので確認できませんでした)。

行きと帰りを別々のコースにしたければ帰りがこちらのコースがいいかもしれません。
個人的には下山はなだらかなほうが腰や膝に負担が少ない気がします。下りが急だと危ないですしね。

DSC00999

1時間ほどくだると見晴台に到着です。

DSC01000

けっこうおりてきましたね。
ここからは林の中を歩くコースでとっても気持ちがいいです。

DSC01003

途中に二重の滝もあります。

ふたたび下社へ到着!(14:15)


帰りはやりくだりなのでペースがはやいです。
お腹が空いたので、おだんごをいただきました。
350円です。やわらかくておいしかったです!

男坂を下山!


帰りは男坂を選んで下山しました。
とっても急で体力的にもうへとへとだったので、写真を撮る余裕がなかったです(笑)

男坂であがっていくのはかなりきつそう・・・

こま参道に到着!(15:15)


やっとこま参道へ帰ってきました〜
行きに気になっていた、豆腐アイスクリームをいただきます。

DSC01021

こちらは300円。
豆腐の味のアイスクリームはおいしかったです。
本当に豆腐の味がしっかりしていて不思議な感覚。
ぜひ食べてみてください。個人的にこのコーンもぱりぱりでおいしかった!

そのまま同じくバスを使って伊勢原駅まで戻りました。
帰りは座れなかったです。

鶴巻温泉駅の弘法の湯へ!


山登りのあとのお楽しみは温泉ですよね〜
隣駅の鶴巻温泉駅へ。

弘法大師の七不思議にも触れたことですし、弘法の湯へ行きました。
2時間700円です。休憩室もあってまったりできますよ。



海老名駅のお好み焼き屋さん


身体もさっぱりしたことですし、海老名駅に立ち寄ってぱすたかんというお好み焼き屋さんで夕食をとりました〜
山登りをした日は食欲がすごいです。



まとめ


またまた都内から日帰りでいける山へ登山をしてきました。
月1のペースで登山ができて楽しいです。

大山は脱初心者にオススメです。
登りごたえ、景色、標高などかなりいい条件が揃っています。
高尾山の次に登るのがいいと思います。高尾山はトレッキングな感じでしたが、大山はザ・登山な感じがして楽しいです。

天気のいい日にぜひ登ってみてください!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*