【レビュー】IPX6の防水性に、走ってもずり落ちない耳掛けで、スポーツに最適「Omaker Bluetoothイヤホン」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

普段iPhoneで通話をすることが多々ある私。iPhone 7からはイヤホンジャックがなくなったので、初めてBluetoothのイヤホンを使うようになりました。
ところがつい最近、以前使っていたBluetoothイヤホンのケーブルが断線してしまったため、使えなくなってしまい困っていました。
そんなところに丁度Omakerさんより「Omaker Bluetooth V4.1イヤホン」をいただきました!

omaker-bluetooth



最新規格であるBluetooth4.1が搭載されており、より通信が強化され、接続時の不安定な電波状態が改善されています。
また再接続も自動で行うようになっています。
さらに20gとコンパクトながら省電力仕様となっていて、フル充電(約2時間)すると、通話は約6時間、音楽再生は約120曲の再生が可能になります。

今までのBluetoothイヤホンよりかなりパワーアップしていますね!
では、早速レビューと参りましょう。

パッケージ


omaker-bluetooth_1

ダンボール素材の小さめな箱ですが、結構しっかりしています。
開封も二段階で開けるようになっているので、中身をしっかり守ってくれます。
表面にはOmakerのロゴが。

omaker-bluetooth_2

内容物はこちらです。

・Bluetoothイヤホン
・USB充電ケーブル
・イヤーパッド(3サイズ)
・ケーブルを束ねるバックル
・取扱説明書
・18ヶ月期間保証書


omaker-bluetooth_3

取り出してみると、すでにMサイズのイヤーパッドがついています。

デザイン


続いてデザインです。

omaker-bluetooth_4

一般的なBluetoothイヤホンと同じような、シンプルなデザインです。
コードは平型で絡みにくく、断線しにくいデザインになっています。

omaker-bluetooth_8

右耳の内側部分。
シンプルな黒一色です。
イヤーフックは、両耳ともにシリコン製でできていて、より耳にフィットしやすい作りになっています。

omaker-bluetooth_5

右耳の外側部分。
本体部分には大きくOmakerのロゴが入っています。
また波打ったような凹凸があり、オシャレなデザインになっています。
この本体部分はMFBボタンになっていて、ここを押すことによって本体のON/OFF音楽の再生/停止の操作が可能になります。またBluetoothの接続もこのボタンを長押しすることによって設定ができます。

omaker-bluetooth_9

右耳の本体上部。
音量調節ボタンがついています。
結構しっかり出っ張っているので、移動中でも押しやすいです。

omaker-bluetooth_6

右耳の本体下部。
こちら側に充電ケーブルをつなぐ部分があります。

omaker-bluetooth_7

繋いでみるとこのようになります。
防塵用のフタはゴムになっていますので、ちぎれないように丁寧に扱った方がよさそうです。

スペック


Bluetooth仕様:V4.1
対応ブロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
連続待受時間:約250時間
連続通話時間:約6時間
充電時間:約1~2時間
最大通信距離:約10m(障害物がなし)
防水性能:IPX6
重量:約20g
サイズ:35.5 x 14.7 x 14.5mm
バッテリー容量:100mAh

Bluetooth4.1というのは、Bluetoothの最新規格で、ペアリング端末との通信の質の向上、また接続が切れた際再接続の実行、他の通信機器の干渉を抑制する機能などが備わっています。
Bluetoothとしてはとてもハイスペックなイヤホンですね。

さらに「Omaker Bluetooth V4.1イヤホン」にはIPX6の防水性能が搭載されています。
JISで定められた防水性能は8級まであります。IPX6は6級は耐水形で、「あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない」ものを言います。
かなり高い防水性が備わっていることがわかりますね。

使用感


実際にiPhone 7にペアリングをして、使用してみました!
ペアリングは簡単で、右耳の本体にあるMFBボタンを長押しします。
すると「connected」と音声が流れます。これで接続完了です。
1分もせずに接続できました。

接続を外す時も簡単で、同じくMFBボタンを長押しします。
しばらくして「disconnected」と音声が流れたら解除完了です。

丸一日使ってみた感想として、まずバッテリーの持ちがいいなと感じました。
以前使っていたBluetoothイヤホンは、丸一日使うとバッテリーのアイコンが殆ど空になっていましたが、「Omaker Bluetooth V4.1イヤホン」は丸一日使ってもバッテリーのアイコンが1/3ほどしか減っていません。

イヤーフックのシリコンは、付ける時ずり落ちてしまわないか不安だったのですが、しっかり耳に垂れ下がってフィットします。
試しにランニングしてみましたが、最後までイヤホンが外れることはありませんでした。
シリコンが柔らかいので、つけている間耳が痛くなることもありません。

また防水機能が搭載されていて、スポーツ時に汗をかいても安心です。
完全防水ではないので、水の中では使えないので気をつけましょう。

音質


音質は可もなく不可もなくといったところでしょうか。
シャリシャリしたような音が聞こえるのが気になったのですが、値段相応ですかね。

低音が強く、ビートが響くタイプです。
ズンズン系の曲を聴く人には合うと思います。

普段使いではなく、ランニング時やスポーツ用として使用するのがオススメです。

まとめ


比較的安価で、音質もそこそこなので、サブ用として一つあると便利なBluetoothイヤホンです。

防水機能やシリコン製のイヤーフックはスポーツ用に向いてるなと思ったので、ランニングする時やジムで音楽を聴きたいという時に使ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*