【レビュー】TVがフォトアルバムに早変わり!「おもいでばこ」で写真や動画をラクラク閲覧!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

外付けHDDや無線LANなどでおなじみBuffaloから「おもいでばこ」というなんだかかわいらしい名前の製品が出ている事を知っていますか?




この製品、難しい作業を必要とせずに大量の写真や動画がTVやスマートフォンで閲覧できる優れものなのです。

大量のデジタル、アナログが混在する家族写真をひとつの場所にまとめて、PCやガジェットにくわしくない人でも簡単に閲覧できるようにできないかなと悩んでいたのですが、「おもいでばこ」を見つけて導入してみたところとっても便利で簡単だったのでレビューしていきたいと思います。

開封の儀


DSC05812

外箱です。いつものBuffalo製品とは違ってかわいらしいです。
無骨なガジェット感を消して万人向けなデザインになっていますね。

DSC05814

開封するとこんなメッセージが。

DSC05815

取説です。

DSC05816

中身はこんな感じです。かなりシンプルです。

DSC05817

「おもいでばこ」本体もかなりシンプル。よくまとまっています。

DSC05821

iPhone6と比較するとコンパクトさがわかりやすいです。
TVのラックにおいても邪魔にならないですよね。

DSC05819

前面は読み込み用のSDカードポート、USBポート、読み込みボタンです。
読み込み系はすべて前面にまとまっています。

DSC05820

背面は電源スイッチ、電源アダプタ、LAN、HDMI、拡張端子、バックアップ用のUSBポートです。

セットアップ


さっそくTVとつないでみます。
セットアップのためにPCに繋ぐ必要がないのも幅広い年齢層を対象にしているための工夫でしょうか。

電源を確保して、HDMIでTVと接続します。
これだけで、完全にPCとは接続して使わないという人であれば接続完了です。

スクリーンショット 2015-09-11 14.31.01

電源をいれて、TVの外部入力を切り替えるとホーム画面が表示されます。

写真・動画のとりこみ


まだ「おもいでばこ」の中身がからっぽなので写真を取り込んでいきましょう。
いまからおもいでをつくっていくという方はいいのですが、いままでのおもいでが大量にありますよね。
とくにPCに写真や動画が入っているという方が多いと思います。

PCからのとりこみ


PCから取り込むためには「おもいでばこ」をホームネットワークに接続する必要がありますので、有線LANか無線LANで接続しましょう。
Mac、Windowsのそれぞれに取り込み用アプリが用意されています。

・Windows用ツール
Windows用おもいでばこ とりこみ・かきだしツール(無料)
・Mac用アプリ
Mac用おもいでばこアプリ(無料)

こちらのアプリを使えば、簡単にフォルダ分けもできて、写真を読み込むことができました。

SDカードからのとりこみ


いままでのおもいでをとりこんでしまったら、あとは普段はカメラでとった写真や動画は直接おもいでばこの前面のポートにSDカードをさしてとりこめます。
メモリースティックや他のメディアでもUSBポートがあるので安心ですね。

スマートフォンからのとりこみ


最近ではスマートフォンで写真や動画を撮ることのほうが多いと思います。
そんな時は、スマートフォン用アプリを使います。
このアプリは「おもいでばこ」の中の写真や動画を閲覧・保存することもできるすぐれものです。





おもいでばこ


おもいでばこ




Developer: BUFFALO INC.

Price: Free




  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot
  • おもいでばこ Screenshot






おもいでの閲覧


「おもいでばこ」の中身をおもいででいっぱいにしたら、今度はおもいでを楽しみましょう。

TVで閲覧


viewing_img_09_02

「おもいでばこ」は自分でつくったフォルダごとに、時系列別でもおもいでを楽しめます。

viewing_img_tv_07

TVでは大画面で、楽しめるのがいいですよね。
クリエーターが製作したBGMがおもいでを引き立ててくれます。

スマートフォンで閲覧


先ほどのアプリを使えば、簡単に同じネットワークにいればスマートフォンで簡単に閲覧できます。

おもいでばこ

おもいでばこ

TwitterやFacebookに共有することもできます。

おもいでの整理


今回アナログ写真やテープのビデオも業者さんに頼んでデジタル化しました。

アナログ写真は「節目写真館」に頼みました。



ビデオはこちらの「想い出ビデオDVDダビング工房」に頼みました。



通常スキャンした写真には日付のデータはありませんがおもいでばこなら日付を簡単に編集できます。
TVでもできますが、この作業はスマートフォンで行ったほうが楽でした。

おもいでばこ

一枚ごとに編集することもできます。

おもいでばこ

一気に編集することもできます。
サムネイル長押しで「ここから」というチェックがつきますので、選択したい一番最後の写真を選択で一気に選択できます。
この方法は便利ですね。いちいちすべての写真をタップしなくてすみます。

ちなみに現在「節目写真館」では写真の日付や年代予測によって付けられる写真には日付データをつけてくれるそうです。





バックアップ


「おもいでばこ」に大量の写真や動画を取り込んだら心配になるのはデータ破損です。
背面のUSBポートからHDDを接続すれば簡単にバックアップができます。

HDDという性質上必ずバックアップすることをお勧めします。

まとめ


「おもいでばこ」を今回導入してみましたが、とっても便利です。
自分ひとりなら、共有サーバーをたてて、閲覧すればいいだけだったのですが、PCやガジェットにうとい世代が家族にいるときはこのガジェットは大活躍します。

1TBモデルを導入しましたが、動画がほとんどなければ十分な容量だと思います。

TVで簡単におもいでがみれるのはとっても楽しいです。アナログ写真も今回スキャンしてとりこんだこともあって、古い写真が簡単に閲覧できるようになったのはとってもいいです。
昔の写真をみて家族団欒にもつながりました。

そのうちジオタグにも対応して、地図から写真が閲覧できるようになったらもっと楽しそうです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*