【レビュー】今もっともMacにマッチするデザインのBlu-rayドライブ「PIONEER BDR-XS06JL」

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

そろそろ我が家もMacもBlu-rayに対応したい!と思って、Blu-rayドライブを購入しました。
以前、「Logitec ポータブルブルーレイドライブ」のレビューをライターのひとりがしましたが、影響されましたね。

せっかくなのでデザインありきでMacにあう製品を探したところ、「PIONEER BDR-XS06JL」が良さそうでしたのできめました。

PIONEER BDR-XS06JL



価格はApple純正のスーパードライブと同じくらいです。
「PIONEER BDR-XS06JL」はBlu-rayも観れるのでお得です。
もともとスーパードライブを使っていたので、スロットイン式のものがいいと思ったのもあってこれにしました。

パッケージ


DSC08148

シンプルなデザインです。
PIONEERの製品とは縁がなかったのではじめて購入したかもしれません。

DSC08149

内容品も本体とケーブル、説明書といたってシンプル。
説明書に関しては読むこともなかったです。

デザイン


DSC08150

デザインありきで購入をきめましたので気に入っています。
どことなくApple純正のスーパードライブに似てますよね。
ボディは金属製じゃなくてプラスチックなのか少し残念ですが。

DSC08151

後ろ側にはケーブルをつなぐ端子と、パワー不足のときにつなげるACアダプター端子がついています。

DSC08152

接続してみましたが、大きさもちょうどよく、スーパードライブのときと使い勝手はかわりません。

読込速度


まずはさっそくBlu-rayを再生してみましょう。
ドライブにBlu-rayをいれます。
入れる時に気がついたのですが、かなり押し込まないと引っ張っていきませんでした。
もう少しスムーズにインしてくれるといいですね。

再生はまったく問題なしです。iMacに接続していますがパワー不足もないのでACアダプターとは接続していません。
再生ソフトは「Mac Blu-ray Player」を使っています。
MacユーザーでBlu-rayを再生となるとこのソフトが一択なような気がします。



イジェクトするときに本体ボタンは効きませんでした。
Windowsだけの対応なのかな。
Apple純正のスーパードライブもイジェクトボタンはなかったので使い勝手としては変わりはないのですがモヤモヤしますね。

DSC08153

イジェクトしたときはかなりディスクが飛び出てきます。

書込速度


書き込みに関しては純正が相性がいいのか、体感的に遅くなったと感じました。
しかしとっても遅くなったという感じではなく、若干といった感じですので、問題なしですね。

静音性


購入にいたってレビューなどを見ましたが、駆動音がうるさいという意見があって悩みましたがこれも問題なしです。
むしろ静かなほうだと思います。
ヘッドフォンをつけて、再生していれば聴こえないですし、スピーカー再生でもまったく気になりません。

まとめ


Macにあうデザインのドライブを探して「PIONEER BDR-XS06JL」を購入しましたが、かなり満足しています。
なんといってもMacでBlu-rayが観れるのはいいですね。
せっかくのiMacなので大画面を堪能できて楽しいです。

純正品ではないのでイジェクトボタンが効かなかったりするのはちょっと残念ですが、そこに目をつぶれば最適なBlu-rayドライブだと思います。







マサキ



そのうちMacもBlu-rayに対応した純正のドライブが出て欲しいですね。






この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*