【まとめ】Amazonプライム・ビデオでポケモンを観よう!初代オススメの10話をピックアップ!

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

「Amazon プライム・ビデオ」でなんとポケットモンスターのアニメが見られるようになりましたね。
初代ポケモン育ちなので当然のようにリアルタイムで1話から観ていましたが、みかえしてみると、いまだに結構覚えているものだなあ・・・と自分でもびっくりしています。

pokemon-tv-10

ポケモンGOをはじめたものの、初代ポケモンをみたことない方や、そもそもポケモンって何?という方もいると思います。
というわけで懐かしみながら初代(1期)ポケモンアニメからオススメの話をピックアップしてみました。

ポケットモンスター




カントー地方のマサラタウンに暮らす主人公・サトシは、オーキド博士からピカチュウとモンスターボール、ポケモン図鑑をもらい、ポケモンマスターを目指して冒険の旅に出発。
ニビジム、クチバジムなどでの激しいバトルや、行く先々でのポケモンたちとの出会い。
ポケモンたちの不思議な話やユーモアたっぷりの表情なども交えたポケモンTVアニメシリーズ第1弾


上のリンクを開くと「Amazonプライム・ビデオ」「ポケットモンスター」のページが表示されるので、そこから話数を選択してください。
ひとつひとつの話数ごとにリンクを貼りたかったのですが、そういうことはできませんでした。



それではオススメ10話いってみましょう!

たいけつポケモンセンター(第2話)


たいけつポケモンセンター(第2話)

傷ついたピカチュウを治療するために、ポケモンセンターへやってきたサトシ。そこにロケット団がおそってきて、ポケモンセンターは大パニックに!


これは初めてロケット団が登場する回で、今と比べると声優さんがなんとなくなじんでいない感じがあったり、コジロウの一人称がちょこちょこ変わったりするのが面白いですね。
ロケット団が演じているセリフ回しが、会話になじんでいるというよりは役に入っているような感じなのも、今とは結構違うなあと感じます。
ポケモンセンターが停電するシーンでは「自家発電」と称してピカチュウに強制労働させているシーンも見どころですね。うーんブラック。

ゼニガメぐんだんとうじょう!(第12話)


ゼニガメぐんだんとうじょう!

意気揚々と進むサトシたちの前に立ちはだかるゼニガメ軍団。こともあろうにロケット団と手を組み、サトシたちは捕らえられてしまう!


フシギダネ、ヒトカゲの話に続いてゼニガメ回です。正直ヒトカゲの捨てられたかわいそうな話も相当心に残っているのですが、このサングラスをキメたゼニガメ軍団は強烈に覚えています。
ゼニガメの声は結構特徴的で気に入ってましたね~。ピカチュウげんきでチュウとかでもゼニガメがしゃべるとうれしかったのを覚えています。
この話でもサトシがマサラ人の能力をいかんなく発揮しており、ほぼ垂直の壁を駆け下りながら上空にジャンプして、ピカチュウをダイビングキャッチするなど見どころ満載の回です。

でんげきたいけつ!クチバジム(第14話)


でんげきたいけつ!クチバジム

クチバシティにたどり着いたサトシたち。ポケモンセンターで、負傷し治療を受けているポケモンを何匹も目撃し、恐れおののくサトシとピカチュウだが…。


これはサトシが初めてジム戦で負ける回ですね。しかもBパートでもう勝利を収めるという展開の早さ。サクサク進んでいいですね。
これはまあ僕は個人的にライチュウ好きなだけでおすすめします。声が「ラ"〜イ・・・」って感じで濁ってるのもかわいいですね。Wiiのソフト、ポケパークでも意味もなく話しかけまくったものです。アローラのライチュウ?そんなものウチにはないよ・・・
しかもマチスのこのライチュウ、なんとすべてのでんきタイプの技を覚えているらしいので、もはや伝説級です。そしてこのドヤ顔である。

ポケモンひょうりゅうき(第16話)


ポケモンひょうりゅうき

サトシたちを乗せて港を出港したサントアンヌ号。船上パーティはやはりロケット団の陰謀であった。いつのまにか湾外に出たサントアンヌ号は嵐に遭難してしまう!


サントアンヌ号の話の後編です。タイタニックのように沈没したサントアンヌ号。そこから脱出するサトシたちとロケット団だが救助ボートに乗り遅れてしまい、何とか脱出するも船の破片につかまり遭難してしまうシーン。
コイキングが食べられちゃうシーンですね。この辺は子供の自分の心をだいぶ刺激しましたね。コイキング食えるのかよ!!
・・・結果食べられませんでしたけど、第5世代あたりの図書館で昔はポケモン食べていましたよ~みたいな本があったので、あながち食えないことはないんでしょうね。ヤドンの尻尾も食べられますからね。

きょだいポケモンのしま!?(第17話)


きょだいポケモンのしま!?

海上で竜の竜巻に吹き飛ばされたサトシたち。サトシは竜巻の中でピカチュウとヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネが入ったモンスターボールを失ってしまった!


これはすごく印象に残っていて、ポケモンたちがニャース以外でも(字幕で)話すというところにもびっくりですし、途中謎の屋台飲みシーンがあったり、さらに超巨大なピカチュウ、リザードン、カメックス、フシギバナ、サイドン、カブトプスの機械が出てきたりと・・・だいぶカオスな回です。この面子でカブトプスをチョイスしてくるセンスなかなかすごいです。当時は人気あったんでしょうか。
これは遊園地のような施設なのですが、その運営がまさかのロケット団だったのは見直してみて知りました。ポケモンが映っていないシーンはすぐ忘れてしまったんでしょうね。
ついでにこの辺からヤドン押しが始まったみたいです。

バイバイバタフリー(第21話)


バイバイバタフリー

海の上で群をなして飛ぶバタフリーと出くわした一行。サトシは自分のバタフリーを取り出して群へ向かわせたが、求愛したピンク色のバタフリーには相手にされず…。


感動のバタフリー回です。もはやこれを見たことない人はいないですね。
ロケット団が容赦なくバタフリーたちを虫取り網で掬っていくシーンは酷すぎて笑っちゃうくらいですね。
バタフリーがスカーフ撒いてた気がしたなと思ったらこれはタケシがバタフリーのメスにアピールするためにつけてあげたんですね、物知りだし優しいし最高だな!

最後はタケシの「人はポケモンを育てることはできるが、生み出すことはできない」というセリフで締めくくられます。
そして別れのシーンのこのピカチュウがかわいい!

ミニリュウのでんせつ(第35話)


ミニリュウのでんせつ

サファリゾーンに入ったサトシたちは管理人、カイザーじいさんと出会う。事務所でサファリゾーンのルールを聞いていると、そこには大切に飾られた1枚の写真が…。


この話をいまだに覚えているせいで、ポケモンGOをやっているときに「なんでこんなに汚い目黒川にばかりミニリュウがいるんだよ!」という気持ちになりますね。
ムサシがケバいギャルにコスプレしたりするのを見ると時代を体感できるのも面白いです。
ハクリューめっちゃ好きなのでここで出てきてくれてうれしかったのも覚えています。なぜカイリューはあんなクソデブムーミンになってしまうのか・・・ミニリュウの名前だけがリュウなのも気になりますね
このカイリューにはない神々しさ・・・でもポケモンGOでは親子そろって目黒川にいます

ピカチュウのもり(第39話)


ピカチュウのもり

3人は通りかかった美しい森でひと休みしていた。のんびり良い気分で過ごしていると、草むらの影からこちらを見つめる何かに気づいたピカチュウだが…。


ポリゴン回を経てしばらく休んでからの大量ピカチュウ回です。Amazonプライム・ビデオでもポリゴン回は見られないんですね、残念です。
ポリゴンの次はイーブイ、続いてピカチュウだった気もしましたがピカチュウが先だったんですね。次回予告でイーブイを楽しみにしてたのも覚えています。
ひと騒動起きた後にピカチュウとお別れか・・・?とにおわせるので終わってしまうかと思って悲しかったですが、ピカチュウが帰ってきてくれてよかったです。
そういえばいまのポケモンのアニメのEDもピカチュウ大盤振る舞いなのはご存知でしょうか。見たことがなかったら一度見てみると楽しめると思います(笑)

ガーディとコジロウ(第48話)


ガーディとコジロウ

ある村の入口で、見慣れぬ立て札をみつけて立ち止まったサトシたち。そこにはなんと、ロケット団のコジロウらしき顔写真が貼ってあった!


コジロウのお坊ちゃまだった過去の掘り下げ回です。「スプーンの上げ下ろし~」というセリフが印象的でよく覚えてます。別に重要なワードじゃないんですけど、初めて聞いた言い回しだったので記憶に残ってるんでしょうかね。
コジロウのガーディ、連れて行ってあげればいいのにとよく思いましたがロケット団のポケモンにするには正統派というかボコり辛いビジュアルだから駄目だったのかな?
ロケット団はこういうキャラクターの魅力みたいなのがあるから、割とひどいことやってても憎めないところがありますよね。

けっせん!グレンジム!(第59話)


けっせん!グレンジム!

グレンジムの戦いで苦戦を強いられたサトシは、ボロボロになったピカチュウをグレン島の温泉でゆっくり休ませてやることにした。がそんな中、温泉の底がグラグラと音を立て始めた。温泉の下で何が起こっているのか。


リザードンが活躍したシーンといえばこの地球投げが一番記憶にあります。サトシの手持ちのポケモンの中でもかなり強い部類に入るリザードンは、いまだにしばしばアニメに出たりしますね。
このグレンジム戦でも一度負けたものの、ブーバーを上空から地球投げで火山に叩き込むという大変邪悪な技で倒したシーンは強烈です。
54話からEDが小林幸子のポケモン音頭になっていて、この曲もその前の曲も好きでしたね・・・思い出補正もあって昔の曲はいいのばっかりですね。
廻っているうちに地球が出てくるこのシーンめっちゃ覚えてる・・・

ニャースのあいうえお(第72話)


ニャースのあいうえお

ポケモン映画の完成試写会が映画の都と言われるホリウッドで行われる。しかし、ニャースにはそのホリウッドでの苦い思い出があるらしい…。そして、ニャースがしゃべれるようになった理由もここホリウッドに…。


ニャースがメスのために必死に人の言葉を勉強して覚えた回です。歩けるようになり、さらに人間の言葉を会得いたニャースに、気持ち悪いなどとのたまうメスなんかやめて当然だよニャース・・・ロはロケットのロやぞ!!
ロケット団のテーマ曲が登場し始めたのもこの辺からなんでしょうか。イントロのベースからかっこ良くて好きです。
上にも書きましたけどやっぱりこういうところがロケット団の魅力ですよね。一時期違うロケット団のキャラクターとかいろんなのがいましたが、その時期はあまり見てなかったのでほんと良くないですね。
EDもタイプ・ワイルドで、こちらもイントロから最高だなって感じですね。ポケモンのOP・EDはなるべくサトシに歌ってほしいなあというのがありますね。
タケシとか小林幸子もいいですけどね。



Fire TV Stickで大画面で映画を楽しもう!


Fire TV Stick
Fire TV Stick
posted with amazlet at 16.08.17
Amazon (2015-10-28)
売り上げランキング: 7


「Amazon プライム・ビデオ」を楽しむなら「Fire TV Stick」というのが本当に便利です。

TVに繋いでWi-Fiを設定するだけで簡単にプライム・ビデオをTVで視聴することができます。
また「Amazon プライム・ビデオ」以外にもHuluやdTVのアプリにも対応しているので、「Amazon プライム・ビデオ」を観なくてもオススメです。

さらに対応していない定額動画配信サービスもミラーリングをすればPCやスマートフォンの画面をTVで写すことができるので、楽しみ方は無限大ですね。

PCやスマートフォンでも映画は楽しめますが、やっぱり映画はTV画面で観たいという方には「Fire TV Stick」どうでしょうか。
Amazonプライム・ビデオ以外にもアプリやストリーミングを使うことで様々な定額ビデオサービスやゲームなどが利用できます。




まとめ


オススメの10話をピックアップしてみましたが、他にもムサシが小さいころ雪で寿司をつくって醤油つけて食べていた回、バリヤードが床で飯を食べさせられるシーンとか、サトシ以外のピカチュウ使いが出る回とか(ピカチュウの名前はレオン)、初代乗り物ラプラス回とか、そのEDのラプラスの歌などなど・・・まだまだ懐かしい場面がたくさんありますので、枚挙に暇がないですね。
1話から全部観て損はありません!

さらにこれでもまだ金銀のパートに足を踏み入れてないんだから、本当にきりがないです。それでも、ほとんど見た記憶があるのは、我ながらさすがポケモン世代だなって感じですね。
まさにポケモンと育ったと言えます・・・

ポケモンGOのユーザーも一番多いのは初代を子供時代にプレイした、20代半ばの人らしいですし、離れられないんでしょうね。
ちなみに「Amazon プライム・ビデオ」でもアイキャッチのだ~れだ!?と番組の最後のオーキド博士のポケモン川柳があるのでそちらも楽しめます。


Fire TV Stick
Fire TV Stick
posted with amazlet at 16.08.17
Amazon (2015-10-28)
売り上げランキング: 7

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*