【ランキング】ポケモン好きが選ぶ、ポケモン映画ベスト7!

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

ポケモン好きが選ぶ、ポケモン映画ベスト7を発表したいと思います。
個人的ランキングですが、おつきあいください!

13550281640051

とその前に、今年も観てきました「劇場版ポケットモンスター 光輪の超魔人フーパ」ですが、いや〜結構面白かったです!
フーパがガンガン伝説・準伝ポケモンを召喚しまくるので、見ている小学生たちも興奮してざわめいてましたね。
ルギアやラティアス、ラティオスも活躍したので昔のポケモンしかやったことないよ、っていう人も懐かしんで楽しめると思いますね。

ちなみに映画館に、3DSとポケモンのソフト(XY・ORAS)を持っていけばフーパがもらえます。
映画館に行った足でポケモンセンターにいけば、懐かしの赤いギャラドスももらえますよ。

さて、この辺でランキングに入りたいと思います。

7位:七夜の願い星 ジラーチ(2003年)


「七夜の願い星 ジラーチ」はアドバンスジェネレーションのメインキャラ、マサトとジラーチの7日間の友情の物語です。ジラーチは1000年に一度しか目を覚まさない特別なポケモンなので、サトシ一行はジラーチを楽しませてやろうといろいろなところへ連れて行きます。

しかしお約束通り、ジラーチの願いを叶えるという強大な力を求めた悪役が出てきます。といっても今回はそれほど悪、というわけでもありませんでしたが。
しかし、結果的に人々や自然を傷めてしまったので、私利私欲で力を行使するのは良くないというちょっと教訓めいている感じがします。

本作は、話の完成度というか、ストーリーが良かったです。珍しくサトシが中心でない映画だったので、サトシに感情移入している子供達にはちょっと人気がないかもしれませんが、後で見返すときっと案外悪くないじゃんと思えるはずです。
余談ですが、この「七夜の願い星 ジラーチ」から映画館でのポケモン配布が始まったそうです。もちろん映画館で配られたポケモンはジラーチです。

千年に一度、7日間だけあらわれるという千年彗星がよく見える「移動遊園地・ポケモンパーク」でサトシたちはバトラーという人気マジシャンに出会う。
そして、マジックショーの中、マサトだけにアシスタントのダイアンが持つ"眠り繭"(ねむりまゆ)の声が聞こえてきた。それは千年に一度目をさまして願いを叶えてくれるという伝説のポケモン"ジラーチ"の声だった。まもなくジラーチはマサトの手の中で千年の眠りから目覚める。サトシたちの喜びをよそに、バトラーは自らの野望のためにジラーチを利用しようとたくらむのであった。




第6位:セレビィ 時を超えた遭遇(2001年)


セレビィはなかなか強烈な映画でしたね。ポケモンハンターとか、ハンターを締め上げポケモンを痛めつける悪役、死に瀕して枯れるセレビィなど、エンテイで???となった気持ちがリセットされるようでした。
やはり今回も人間の欲によって自然やポケモンたちが傷つき、それを止めるために現れる伝説のポケモンを捉えるというパターンです。

タイムスリップしたという設定の割には、そんなに生かされてない感じがちょっともったいなく感じました。
かなり小さい頃に見たっきりなのですが、印象に残ったシーンはセレビィが力を使い果たし、ミイラのように乾燥していくシーンで、めっちゃ玉ねぎやん・・・というのが小学生の感想でした。サトシがその弱ったセレビィに好きだった木の実を食べさせようとするシーンは、今見たら涙なしには見れないですね。

あとは映画の登場人物でタイムスリップするのがユキナリというキャラクターなんですが、これは実はオーキド博士の名前なんですよね。声がアンパンマンなのがめっちゃ気になるんですけど、見るときに彼がオーキド博士だということに注意して見るといろんな情報が見て取れるので面白いと思います。

セレビィと共にタイムスリップしてしまった少年ユキナリは、40年後の世界でサトシたちに助けられる。
そこにロケット団の最高幹部・ビシャスが現れ、世界征服のためにセレビィを捕えようとする。
サトシたちはセレビィと森を救うことができるのか!?


劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇 [DVD]
KADOKAWA メディアファクトリー (2002-02-08)
売り上げランキング: 86,770


第5位:神速のゲノセクト ミューツー覚醒(2013年)


ミュウツーは言わずもがな人工のポケモンですが、ゲノセクトも太古の昆虫から作られた人工ポケモンなのです。
かつて見知った景色があったところは時が過ぎ、地殻変動などで失われてしまっていました。
しかしそのことを知らずに帰りたいと、願うゲノセクトの望みを叶えようと、サトシが奮闘していくストーリーです。

パッと見では、ゲノセクトは無機物っぽくて、よくわからない存在ですがピカチュウと楽しそうに遊んだり帰りたい・・・と言う姿を見ているうちに、なんだかかわいく思えてきてしまいます。
登場人物もポケモンに害を与えるような、悪い人間とかが出てこなかったと思うので、スッキリしていたと思います。

最近のポケモン映画の傾向もありますが、結構爆発シーンが多かった記憶があります。
街とか破壊するの好きだね〜と思いながらいつも見ています。
個人的な見所はゴローニャ達が、弱点の水にガンガン落とされていくシーンです。

旅を続けるサトシとピカチュウたちは、ポケモンの安全と保護のために設計された施設「ポケモンヒルズ」を見学するため、大都会ニュートークシティを訪れていた。
そこへ突然、赤いゲノセクトたちがあらわれる!
すさまじいスピードであらわれた赤いゲノセクトはサトシたちに襲いかかるが、その絶体絶命のピンチを救ったのは、なんと伝説のポケモン、ミュウツーだった。
人の手によって生み出されたポケモン同士のバトルは、互いの限界を超えたポケモン史上最大最速のスピードバトルへ突入する!
覚醒したミュウツーが見せる本当の力とは?
そして運命に導かれた激闘の結末は?ゲノセクトを家に帰すと誓ったサトシ。
サトシとピカチュウは街の危機を救い、ゲノセクトとの約束を果たすことが出来るのだろうか?




第4位:アルセウス 超克の時空へ(2009年)


アルセウスの声はなんとあの美輪明宏氏が担当しています。
あの声で人間滅ぼそうとしてるんですから迫力あります。
いまにも「黙れ小僧!」っていいそうですね。

サトシがタイムスリップして過去のアルセウスとの関係を修復し、現代の問題を収めるといった話なのですが、アルセウスも神みたいなツラしてる割には人間にやられちゃうなんて、情けないなと思いました。
およそ人間如きの講じる策なんて完全防御できそうですからね。
サイズもすごいでかいですし・・・

しかしやはりポケモンの中でも最強クラスなので、滅ぼそうと思ったらあっという間だろうなと思うような攻撃もできますね。
ポケモンって怖いですね。

ストーリーに関しては教訓めいた感じだった気がします。
もはやアルセウスは聖域ですね。
ちなみに今年の映画にもちょろっと出てきたので、アルセウスさんはなんだかんだ言っても人間界に顔出しまくってるみたいですね。

何千年もの昔、人間に裏切られたアルセウス。
人間に復讐するため、激しい怒りとともに現代へと現れたアルセウスは、サトシたちがたどりついた町・ミチーナを攻撃する。
アルセウスのエネルギーを受け、竜巻に巻き上げられるサトシたち。
そこへ遺跡の守り人シーナ、ケビンが駆けつけ、不思議な力でディアルガを呼び出し、助けを請う。
アラモスタウンで壮絶なバトルを繰り広げたディアルガとパルキア、さらに、ディアルガを追ってきたギラティナまでもが姿を現し、かつてない神々の戦いがはじまった!


劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス 超克の時空へ [DVD]
メディアファクトリー (2009-12-18)
売り上げランキング: 28,102


第3位:ルギア爆誕(1999年)


ルギア爆誕、懐かしいですね・・・この映画はロケット団もサトシ達と協力してたのが良かったです。
さすがに深い内容は最後に見たのが相当昔なので書けませんが、フリーザー、ファイヤー、サンダーを妙な機械で捕獲していたのはよく覚えています。
初めて見た時は子供だったので、アレがありゃミュウツーすぐ捕まえられるじゃん!とか思ってましたけど、痛そうなのがかわいそうで使う気にはなれませんね。

ルギアはいまでも相当優れたデザインだと思う好きなポケモンの一つです。強さ的には強いかと言われるとそうでもないですが、ドラゴンっぽいフォルムが良いです。
意外とポケモンにはワイバーン系のドラゴン少ないので稀有ですね。

この映画に関して言えば、いまでも聞くのは興行収入が当時ものすごかったらしいということです。検索したところ、興行収入は62.0億円、1999年邦画興行成績第1位を記録したそうです。
ミュウツーの逆襲に続き2位に着く売上です。いまはその頃の半分程度のようです、妖怪ウォッチに持っていかれちゃってますかね・・・ポケモン育ちとしては悲しいです。

オレンジ諸島を旅するサトシたち一行。そこへ、謎のコレクター・ジラルダンが現れ、火の神といわれる「特別なファイヤー」をゲットしてしまう。
そのことがきっかけで自然界のバランスが壊れ、世界は天変地異にみまわれてしまう。
サトシたちはこの世界を救うことができるのか…。そして現れた幻のポケモン「ルギア」は果たして敵なのか、味方なのか!?


ポケットモンスター「ルギア爆誕/ピカチュウたんけんたい」DVD【劇場版】
KADOKAWA メディアファクトリー (2000-11-22)
売り上げランキング: 21,018


第2位:ミュウツーの逆襲(1998年)


主題歌聞いただけで涙腺が緩むレベルの鉄板映画ですね。



正直な話、子供向けに作る話の題材がクローンって重すぎませんか・・・?笑
ミュウツーは人の手によって作られたポケモンで、自分の存在意義とは何か、命とは何かという疑問に葛藤しながら、この苦痛を与える原因となった自分を作った人間たちに反旗を翻します。
大人になってから見ても普通に楽しめる作品です。
もし見たことがないなんて言う人がいたらいますぐTSUTAYAにダッシュですよ。

余談ですが、この映画でサトシがピカチュウを守るためにミュウツーの攻撃を代わりに受け、石化してしまうシーンはもう有名ですが、実は最近の映画でもサトシは石化してます。
しかもわずか3分程度で復活するという超回復速度です。この時に耐性でもできたんでしょうね笑

ポケモンマスターを目指し、修業の旅をつづけるサトシたちのもとに、一通の招待状が届いた。

しかしそれは、ミュウツーの罠であり、計画であった。そうとも知らず、サトシたちは大荒れの海を渡ってある島を目指す。そこで待ち受けていたのは、オリジナルから、さらに強いポケモンをつくり、人間たちへの逆襲を計画する最強のポケモン『ミュウツー』だった。

計り知れないミュウツーのパワーに圧倒され、サトシたちがピンチを向かえた時、あの幻のポケモン『ミュウ』が現われた。かくしてミュウとミュウツーはポケモン史上最高、最強のバトルへ突入していくのだった。一体勝つのはどっちだ?!


ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲/ピカチュウのなつやすみ」【劇場版】 [DVD]
KADOKAWA メディアファクトリー (2000-06-23)
売り上げランキング: 3,577


第1位:水の都の護神 ラティアスとラティオス(2002年)


ミュウツーの逆襲とどっちにしようか迷いましたが、ミュウツーは見た人多いと思うのでこっちも見てね、という意味で水の都を一位にしました。
個人的にラティアス、ラティオスが好きなのもありますが、舞台がヴェネチアっぽくて街中に水路があったり路地が綺麗なのが良いですね。
主題歌もアコーディオンを使った良い曲で好きです。



若干ネタバレですが、この映画でポケモンが死ぬのが衝撃でした。
いままではどんなにボロボロになっても大抵ポケモンセンターに連れて行けば翌日には回復というのがセオリーでしたが完全にぶち破りましたね。
正直その死ぬ原因を作った人間も、ポケモンの超パワー的などで死んでくれないと釣り合い取れないと思いますね。

また、最後のシーンでサトシがキスされるのですが、それがラティアスが人間に変身したのか、それともカノン(ラティアスが姿を借りている人間)なのかどっちなのかという問題は未だに明確な答えはありませんが、個人的にはラティアスかなと思っています。

見た感じではそこまでサトシとカノンの接点は多くなさそうでしたし、一方ラティアスはピカチュウやサトシと一緒に楽しそうに遊ぶシーンがあったので、好感度的にもそうじゃないかな、と思っています。

歴代の動員数が水の都は一番低いのですが、どうやら同じ時期にハリーポッターとスターウォーズがやっていたみたいです。
なので見てない人は是非、おすすめなので観てくださいね。

世界で一番美しい町といわれる水の都「アルトマーレ」。そこでサトシは不思議な技を持つポケモン、ラティアスとラティオスに出会う。ラティオスは兄、ラティアスは妹でとても仲がよく、この町の秘宝「こころのしずく」を守っていた。

この秘宝をねらう怪盗姉妹ザンナーとリオン。彼女たちが起こした事件に巻き込まれるサトシとピカチュウたち。隠された封印が解かれた時、町は大水害に見舞われる。奪われた「こころのしずく」を取り返す為、サトシとピカチュウが水の都を駆け抜ける!




まとめ


第7位:七夜の願い星 ジラーチ(2003年)
第6位:セレビィ 時を超えた遭遇(2001年)
第5位:神速のゲノセクト ミューツー覚醒(2013年)
第4位:アルセウス 超克の時空へ(2009年)
第3位:ルギア爆誕(1999年)
第2位:ミュウツーの逆襲(1998年)
第1位:水の都の護神 ラティアスとラティオス(2002年)

以上が個人的なポケモン映画ランキングです。
どんな話だったかあまり覚えてないものもありましたが、内容覚えてる映画の方が面白かったということで自己完結しました。

いわゆる思い出補正もありますが、1位、2位は今観てもやっぱり良いなと思える作品だと思いますので、観て欲しいと思います。
同時上映のピカチュウのなつやすみとか、ピカチュウたんけんたいなども、今観ると懐かしすぎて涙が出るくらいなので、試しに今年の映画を見る、というのもオススメです。

PIKACHU THE MOVIE PREMIUM BOX 1998-2010 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2012-11-28)
売り上げランキング: 21,665


この記事が気に入ったらいいね!しよう

*