【レビュー】イヤホンの未来・・・いま流行りの完全分離型Bluetoothイヤホンを「QCY Q29」試してみた!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

2016年に発売された、完全分離型イヤホンの「AirPods」は私は購入しなかったのですが、最近通話をする機会が増えたので、通話用に欲しいかなと思っています。でも音がやっぱりイマイチなんですよね・・・そのわりには高い・・・!

そんな中安価で・・・とまではいかないのですが、「AirPods」よりも断然安い、「QCY Q29」をフジテレビラボさんより提供していただきましたので、レビューしていこうと思います。

qcy-q29



音質は通常のBluetoothイヤホンよりもやや難ありですが、イヤホンのひとつの未来を感じることができる製品でした。とくに通話用には最高ですね。

パッケージ


qcy-q29_1

簡易パッケージですね。
この価格帯の製品ならパッケージは処分することが多いので、このようなパッケージだと助かります。

qcy-q29_2

中身を開けてみましょう。

qcy-q29_3

・Q29イヤホン本体(左右)×1セット
・Q29専用充電ケース×1個
・充電用USBケーブル×1本
・3サイズのイヤーピース
・オリジナル日本語取扱説明書
・保証書
・オリジナルペアリング簡易図面解説


内容物はこちらです。
フジテレビラボさんから購入するとしっかり日本語の説明書が入っているみたいですね。
私がはじめて完全分離型イヤホンを使ったらなのか感覚的にはペアリングなどができませんでしたので、しっかり日本語の説明書があるのは助かりますね。

デザイン


qcy-q29_4

「Q29専用充電ケース」からみていきましょう。
ロゴが入っていますね。そこまで大きくないサイズでとくにひっかかりもないのでカバンの中に入れやすいです。

qcy-q29_5

裏面は充電用USBケーブルの差し込み口です。

qcy-q29_6

パカっと開けてみましょう。
この開閉もスムーズです。なかなかこだわられた製品だと思います。

qcy-q29_7

「Q29」もみましょう。
L側を外してみました。
簡単に引き出せますし、引き出そうとしなければ、しっかり収まっています。

qcy-q29_8

大きさは通常のカナルイヤホンよりは大きいですね。

qcy-q29_9

左右どちらにもマイクがあります。
それぞれ片耳だけを使うということができます。

qcy-q29_10

充電用端子が見えますね。

qcy-q29_11

イヤーピースを外してみると、よくあるカナル部分であることがわかります。

qcy-q29_12

充電してみました。付属のケーブルではありません。
充電中は「Q29」が白く光ります。「Q29専用充電ケース」は充電中は赤く光ります。

qcy-q29_14

充電が終了しますと、「Q29」は消灯し、「Q29専用充電ケース」は青く光ます。

スペック


・イヤホン単体サイズ:約29 x 17 x 25mm
・イヤホン単体重量:約5.3g
・イヤホン単体バッテリ容量:45mAH

・充電ケースサイズ:約70 x 28 x 32mm
・充電ケース重量:約30.4g
・充電ケースバッテリ容量:220mAH

・プロファイル:HFP/HSP/A2DP/AVRCP
・ブルートゥース:Ver 4.1
・CVC6対応

・充電時間: 最大約1時間
・連続待受時間:最大約30時間
・連続通話時間:最大約2時間
・連続音楽再生時間:最大約2時間
・最大通信距離:最大約10メートル


基本的なBluetoothイヤホンのスペックを満たしていますね。
イヤホン単体重量も軽いほうです。
連続通話時間・連続再生時間ともに最大約2時間というのは少し心もとないですね。
「Q29専用充電ケース」はバッテリーを有していないので、出先でケースに入れても充電されることはないですからね。残念。

使用感


qcy-q29

ここで詳しくペアリングの説明をしてもしょうがないので、詳しくは省略しますが、まずはR側イヤホンのみをペアリングします。そのあとL側イヤホンをケースから引き出して、R側イヤホンに近づければ左右もペアリングされます。

(スマートフォン・DAP)ー(R側イヤホン)ー(L側イヤホン)

上のような関係で接続しているみたいですね。
この時、L側イヤホンをケースにしまって、R側のみを使用することも可能です。

qcy-q29

ちょっと面倒なのは、L側イヤホンのみを使いたい時です・・・このときはR側イヤホンをしまって、L側イヤホンのみのペアリングをiPhoneと行ってから使用します。

一度ペアリングをすれば、そこまで複雑に考えず使えますけどね。

さて、肝心のつけ心地ですが、普段カスタムIEMを使用しているのもありますが、ちょっと不安でしたね。どうしても重心が耳の外側にあるような気がしてしまい、動くと落ちてしまう気がします。

実際に使っていくと、そこまで心配はする必要がないことに気がつきますが、慣れるまで気になります。

電話がかかってくれば、通話をすることもできますので、ヘッドセットとしては優秀じゃないでしょうか。通話用なら片耳だけで使うほうがいいかもしれませんね。

音質


qcy-q29_13

肝心の音質ですが、これがちょっと残念でした。
通話用ならまだいいのですが、音楽を聴くとなるとやはりパワーがない気がします。
高音はまずまず出ていますね。

イヤーピース次第で少しは改善するのですが、音が薄いです。
これはこのイヤホンというよりも、完全分離型イヤホンの課題点ですね。

新しいものとして割り切って使うにはいいです。

まとめ


はじめての完全分離型Bluetoothイヤホン「QCY Q29」のレビューでした。
新しいガジェットとしての魅力や機能は十分に満足いくものでしたが、肝心の音質があまり良くないのは残念ですね。

ただ、私のように通話用に割り切って購入したい人にはオススメですよ。
それなら普通の片耳ヘッドセットを買えば良いのですが、と思う人もいるとは思いますが、通話も両耳から聴こえたほうが耳に違和感がなくていいです。

進化に期待したい新しいガジェットですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 通りすがりの人

    充電出来ない!!ってなってた人です。

    保護シールを取るのに失敗すると電極指すところにシールが詰まってしまうことが分かりました。とても小さく気づけなくてかなり時間をロスしました。

    針でほじくる感じでとったら普通に使えたので注意してください

*