【レビュー】堅牢なステンレス製ハウジングに内臓されたデュアルコイルダイナミックドライバー「RHA T20i Black」

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ネットで応募した懸賞で、ナイコム株式会社が代理店を務めるRHA社の「T20i Black」というイヤホンが当選しました!
はじめてこういう懸賞の類で当選したかもしれません。

RHA T20i



久しぶりのユニバーサルイヤホンですが、なかなかいい音だったのと、特徴的な構造やドライバー、遊びゴコロ溢れる3つのチューニングフィルターが付属していたり、レビューしたくなるイヤホンでしたので、レビューしていきたいと思います。

RHA T20i Blackのパッケージ


T20i_1

なかなかオシャレなパッケージです。
蓋をあけるの中身が覗ける構造になっていました。

T20i_2

量販店で購入する時も実物が見れていいですね。

T20i_3

ちょっといい素材のハードキャリーケースもついてきます。

内容物はこちら。

・T20i
・デュアル密度シリコンイヤーピース(S・M・L)
・ダブルフランジイヤーピース(S・M・L)
・ステンレススチールイヤーピース
・チューニングフィルターホルダー
・重低音チューニングフィルター
・レファレンスチューニングフィルター
・高音チューニングフィルター
・ホルダー
・ハードキャリーケース
・衣類止めクリップ


なんともたくさん付属品がついています。
イヤーピースがここまであるのには驚かされました。
これならどんな人でもフィットするイヤーピースが見つかると思います。

個人的にはステンレススチールイヤーピースがオススメです。
これはふわふわしていて、一度潰して耳にいれることで耳の中で膨らんでフィットします。
コンプライとほぼ同じだと思うのですが、違う素材なのでしょうか。
コンプライはどのイヤホンにもオススメです。



RHA T20i Blackのデザイン


T20i_4

エルゴノミックシェイプのハウジングが堅牢性があっていいですね。
無骨なデザインです。
このハウジングをつくるためになかなか聞きなれない技術が使われています。
メタルインジェクション(金属粉末射出成形)加工と言って、高精度・複雑形状の製造が可能だったり、金属製品がプラスチックと同じ成型感覚で製造出来るそうです。

T20i_5

たしかにこのハウジングは頑丈そうですよね。
またDualCoil™ダイナミックドライバーを搭載しています。これも聞きなれませんね。

輪形のマグネットの同心円上に2つの独立した動力を持ったボイルコイルを配置していて、外側のコイルは高中音域から高音域、内側のコイルは低中音域~低音域を担当し、特別に開発設計されたダイアフラムに対して巧みに作用するそうです。

ダイナミックドライバーながらも、BAマルチドライバーのような音の厚みが期待できそうです。

T20i_6

ケーブルの分岐点もこれまた堅牢。

T20i_7

ジャックもかっこいいですね。

T20i_8

「T20i」にはリモコンマイクがついていて、音量の調節や曲送り、通話などができます。

T20i_9

マイクの裏側に操作スイッチがあります。

RHA T20i Blackのスペック


ここをタップして表示Close
RHA T20i Black
ドライバーユニットDualCoil™(デュアルコイル)ダイナミックドライバー
再生周波数帯域16 - 40,000Hz
インピーダンス16Ω
感度90db
重量41g
ケーブル長1.35m
入力プラグ金メッキ 3.5mm ミニプラグ


RHA T20i Blackの装着感


久しぶりにユニバーサルのイヤホンを装着しましたが、自分にあうイヤーピースが選べたのでいいフィット感です。
また特許出願中の形成可能イヤーフックとやらが、かなり自分の耳に負荷をかけずにフィットしてくれるので、移動中などにもズレたりしませんね。
よくある針金が入っているイヤーフックより全然掛け心地がいいです。

家でリラックスして音楽を聴くなら、ユニバーサルイヤホンのほうがのんびり聴けていいかもしれませんね。
私はゲームをする時に使うことにしました。

RHA T20i Blackの音質


T20i_11

それでは肝心の「RHA T20i Black」の音質についてレビューしていきたいと思います。
実は「RHA T20i Black」に3つのチューニングフィルターがついています。

・重低音チューニングフィルター
・レファレンスチューニングフィルター
・高音チューニングフィルター


それぞれ聴いていきましょう。

レファレンスチューニングフィルター


T20i_10

まずは標準的な「レファレンスチューニングフィルター」です。
第一印象は、かなり音の分離感がいいと思いました。
DualCoil™ダイナミックドライバーだけあって、ダイナミックドライバーの迫力のある音質ながらも、音の輪郭はかなり鮮明で、かなりいい音ですね。

また金属ハウジングということなのか、かなり音色は冷たいです。
デジタル音楽を聴くにはオススメのイヤホンです。

ただアナログなオーケストラやアコースティックギターの音などは、少し違和感があるかなと思いました。

重低音チューニングフィルター


T20i_13

お次は低音重視の「重低音チューニングフィルター」です。
これは完全にEDM系に向いていますね。ズンズン系なのに、低音も押し付けがましいというわけではなく、分離感のある低音重視という傾向が心地よいです。
私はあまり低音を重視したイヤホンは好きじゃないのですが、このフィルターは気に入りました。

ゲームをする時にはこのフィルターを用いています。

高音チューニングフィルター


T20i_12

最後は「高音チューニングフィルター」です。
これがまた驚いたのですが、このフィルターをつけるとオーケストラやアコースティックギターがしっかり映える音になりました。
まろやかになったとは言えないのですが、分離感がある中でもしっかり調和があります。

分離感を覚えながらも、音の広がりをしっかり感じることができるフィルターだと思います。
通常の音楽を聴く時はこのフィルターがオススメですね。

まとめ


運良く当選した「RHA T20i Black」ですが、サブイヤホンとしてこれから愛用していこうと思います。
それだけ気に入りました。
いつもカスタムIEMで音楽を聴いているので、BAマルチドライバーの音に慣れているというのもあってDualCoil™ダイナミックドライバーはかなり新鮮な気持ちになれます。

マイクとリモコンがついているのも、気軽に音楽を聴くときにはあると便利なので、うれしいです。

新しい技術や遊びゴコロがたっぷりつまった「RHA T20i Black」、ぜひ試してみてください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*