【レビュー】USB-Cにも対応!容量5000mAhのモバイルバッテリー「Rock Type-C power bank」

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

皆さんはモバイルバッテリーを持ち歩いていますか。
ポケモンGOが配信開始されたころは挙って手に入れていたのではないでしょうか(笑)
ポケモンだけに限らず、外出時にスマホの地図アプリを起動しっぱなしにしたりすると意外と電池を消耗しますよね。
そういうときにも便利なのがモバイルバッテリーです。

rock-type-c-power-bank



今回はフジテレビラボ様より提供いただいた「Rock Type-C power bank」をレビューしていきたいと思います。

パッケージ


rock01
表面です。商品の写真とスペックだけのシンプルなデザインです。
このブランド、ROCKは中国のスマートフォンのアクセサリーメーカーで中国ではトップシェアらしいです。

rock02

裏面は詳細なスペックと品質保証のシールでしょうか。
中身が気になりますね、さっそく開けていきましょう。

内容物


rock03

内容物は以下の通りです。
・USB-micro
・説明書
・保証書
・モバイルバッテリー本体

スペック


サイズ:19.6 x 11.7 x 2.4 cm
重量 :200g
容量 :5000mAh(スマートフォン充電約2回分)
カラー:メタリック・ゴールド・ピンクゴールド
仕様 :本体を振ることでインジケータが点灯して充電残量が確認できます 


Type‐Cは入力も出力も自動で判別してやってくれるそうなので便利ですね!
かなり薄くてスリムなのも特徴です。

本体


rock04

初めて見た感想は薄い!これにつきますね。
色もiPhoneとシナジーの高い雰囲気が良いですね。

rock05

お尻側にはスぺックが記してあります。
なぜか開けたときから角にちょっと傷がついていました(汗)使用に問題はないので気にしませんけど。

rock06

試しにType-Cで充電してみました。充電の速度はType-Cのほうが早いみたいですよ。
ケーブルはニンテンドーswitchのものを使っていますが問題なく使用できました。

まとめ


商品には重量200gと書いてありましたが、実際に持ってみるともっと軽いような印象を受けました。
付属のmicroUSBケーブルは30㎝もない長さだったので、ちょっと不便でしたが、そもそもうちにいっぱいあるのでそれほど困りませんでした。
厚さも薄いですし、カバンに入れるのにスペースとらなくていいです。

あとはiPhoneがLightningケーブルからType-Cに規格がかわれば文句なしですね(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*