【レビュー】きれいでスベスベ!硬度もアップ!「SDSバイオニックコート」でスマホの画面を新品のときのようにしよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

新品のスマートフォンは液晶画面にコーティングがしてあって、手触りがスベスベで気持ちがいいですよね。
私はその触り心地が好きなので、液晶フィルムは貼っていないのですが、どうしても1年ほど使うとコーティングが剥がれてきてしまいます。

そんなコーティングを復活させることのできる、商品がありましたので紹介していきます。
フジテレビラボセレクションの「SDSバイオニックコート」です。

SDSバイオニックコート



さっそくこのコーティング剤でスマートフォンをもう一度スベスベにしていきたいと思います。

パッケージ


SDSバイオニックコート_1

見ただけでコーティング剤とわかるデザインですね。
わかりやすくていいです。

SDSバイオニックコート_2

コーティング剤とクロスが入っている説明書となります。

SDSバイオニックコート_3

内容物はこちらです。

・Bionic Coat 液剤
・コーティングクロス(100×60mm)
・ファインクロス(180×200mm)


コーティングしていきます!


SDSバイオニックコート_5

さっそく、去年の9月に購入した「iPhone 6s」をコーティングしていきます。
マーベルツムツムをやりすぎて、ちょっとコーティングが薄くなってきた気がします。

まずは液晶画面の汚れやホコリをとっていきます。
画面の水分もしっかり綺麗にふき取って乾燥させます。

SDSバイオニックコート_6

「Bionic Coat 液剤」を液晶画面に2、3滴たらします。
このコーティング剤が入っているのが袋なので若干難しい・・・スマートフォンですとこの袋で2、3回使えるそうなのですが、一度開けると保存が難しいですね。化粧水の試供品のようなしっかり開け閉めのできるスポイト式だとなお良かったです。

SDSバイオニックコート_8

つぎにピンク色の「コーティングクロス」で全面に伸ばしながら塗り込みます。
5秒ほど待って次の工程へ。

SDSバイオニックコート_7

今度は白い「ファインクロス」で力を入れて拭いていきます。
その後2、3分程度放置します。

SDSバイオニックコート_9

写真ではわからないと思いますが、かなりスベスベ、新品のiPhoneのヌルヌルといったらいいのでしょうか、そんなような触り心地が復活しました。
指紋も塗布前に比べるとかなり残らなくなりました。

SDSバイオニックコート

「SDSバイオニックコート」はなんと、バイオニックというだけたってコーティング剤と液晶画面がしっかり分子融合されるので硬度も増すというメリットがあります!
説明書には、ドリルや家の鍵で引っ掻いても無傷!!とかいてあります。
試してはないですが、安心ですね。

まとめ


「SDSバイオニックコート」はフッ素コーティングと違って、分子レベルでの結合をするので、画面の強度アップがはかれるのはいいですね。
また何度もフッ素コーティングは何度も重ね塗りしなくちゃいけなかったりするのですが、「SDSバイオニックコート」は一度の工程でいいので、かんたんでした。

最近は滑りが悪く、タッチの反応が鈍ったりしていたのですが、コーティング剤を塗ったことで滑りも良くなり、iPhoneの使用が購入時のように快適になりました。

スマートフォンの画面を激しくこするゲームなどやる方にもオススメですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*