【旅行】冬の寒さが嫌になったら、南国に行けば良いじゃん!セブ島3泊4日女子旅〜前編〜

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

去年の3月にNYにいってから、もうすぐ1年・・・そろそろ海外に行きたい!
ということで、2018年1月19日〜22日「フィリピン・セブ島」へ女3人で旅行に行ってきました!!

実は数年前にもセブ島に行こうと画策していたのですが、いろいろなトラブルが重なり断念せざるを得ず・・・
今回、ついに数年越しのリベンジ旅行となりました!

実に1年ぶりの海外旅行でしたが、やっぱり違う文化・環境の場所を訪れると気分がリフレッシュしますね!
相変わらず私はテキトー英語ですが、今回は英語が強い友人2人と一緒だったので、とても助かりました。



セブ島ってどこ?




セブ島とは、フィリピンの中にある島。
細長い特徴的な形をしています。
うつくしいビーチや島だけでなく、ショッピングモールなどもあり、旅行先としてとても人気ですよね。
日本からだけでなく、韓国などからも多くの観光客が訪れています。

気候は年間を通して暖かく乾季と雨季に分かれています。
また物価が安いのも魅力的で、日本円で1万円ほどあれば十分現地で楽しめちゃいます
私も現地で実際に使ったのは4日間で1万円ほどでした。

1日目 真冬の日本から脱出!




この時期はスノボーでかなりあわただしいのですが、予定がうまく作れたのと、ツアー代金が安かったというのもあって、1月にセブ島行きが決定。
気温差が激しいので、なるべくコンパクトになるオーバーコートを着ていきました。
ユニクロのウルトラライトダウンなんかがあると、こういうときは便利でいいですね。

今回利用したのはHISのツアー
海外旅行はだいたいHISにお世話になってます。

バニラ・エアで出発!




日本からセブまではおよそ4〜5時間ほど。
まあこのくらいならいいかと、今回初めてLCCであるバニラ・エアを利用してみました。
10時発に成田発だったので、余裕を持っておよそ90分くらい前に成田空港に到着。

しかしまさかの行列でチェックインにかなり時間がかかり、結果的にギリギリに搭乗。
焦りました・・・!
やっぱり国際線に乗るときは、余裕を持って2時間前に行くべきですね。
眠いとか言ってる場合じゃない(笑)

飛行機自体はそこまで不便には感じませんでしたね
最終日にとんでもないトラブルに見舞われ(後述します)、そのときはもう本当に散々だったのですが・・・
CAさんたちも、他の航空会社と同レベルの接客クオリティだったように思います。

シートは、JALやANAの国内線くらいの広さで、やや狭め
女性としてはそこまで狭く感じませんでしたが、男性にとってはあの広さで5時間はちょっとつらいかも。
もちろん小型TVやラジオなんかは付いていないので、暇つぶしの道具を持っていくといいですよ。

機内食やドリンクももちろん自腹
写真を撮り忘れてしまったのですが、お茶と鮭茶漬けを注文しました。
合わせて500円ぴったり。

セブ島のガイドブックを読んだり、友達としゃべったりしてるうちにマクタン・セブ国際空港に到着。

セブ島に到着!




やっぱりあったかい〜!
少し蒸し蒸ししてましたが、日本ほどじゃないですね。
曇りだったおかげで、日差しもそこまで強くなく、快適な気候でした。


さらに、偶然、旅行に訪れたときはセブ島最大のお祭りである「シヌログ」の開催期間。どこにいってもにぎやかでした。
そのぶん人混みもすごくて、移動なんかはちょっと大変だったな〜



空港からはタクシーで移動。
この日はシヌログの影響もあってか道路が激混み!
30分くらいの道が1時間もかかってしまいました。



混んでいる分、メーターもガンガン上がっていく・・・
「ぼったくられるからメーターを使った方がいい」とガイドブックにあったので、メーターを使ってもらったにも関わらず280ペソくらいかかってしまいました。(通常であればおよそ160〜200ペソくらいで行けるらしい。)

といっても、日本円で600円くらいなので激安なんですがね〜
しかも3人で乗ってるから1人あたり300円。まあこのくらいならいいか、と思っちゃいますよね。

キャッスル・ピーク・ホテル




こちらは、3日間お世話になったホテル「キャッスル・ピーク・ホテル」
セブシティ内にあるホテルで、かなり格安で宿泊できます
リゾートホテルではなく、完全にビジネスホテルでしたね。

でもホテルの中や部屋はキレイだったし、スタッフの方もみなさん丁寧・親切だったので、とても快適でした。
泊まるだけのための滞在なら十分です。



ホテルの入り口もシヌログ仕様。
街全体が気合入ってます!

アヤラ・モールでご飯!




チェックインし、荷物を片付けたらもう17時過ぎだったので、夕ご飯を食べに「アヤラ・モール」へ!
ホテルの立地がなかなか良くて、歩いて15分くらいでアヤラ・モールまでいけました。



しかしインフラが整っていないので、かなり歩きづらかったですね。
アヤラ・モールまでの途中の道には、なんだか怪しいお店もあったり・・・
夜道を歩くのはちょっと怖いですね。

あとは道路の混みがひどい!
信号は一応あるのですが、歩行者の信号が青になってから赤になるまでが超短いので、グイグイ行くしかない(笑)
なので現地の人は赤でも関係なく道路渡ってましたね〜
最初はいい子でおとなしく信号が変わるのを待っていたのですが、そのうち赤でもガンガン渡るようになっちゃいました。



アヤラ・モールは、ちょうど1月の頭に一部の棟で火災が起きて閉鎖されていたのですが、私たちがセブを訪れる1日前に復活!
ラッキーでした。
日本のショッピングモール並み、いやそれ以上に大きかったです。
ここでもシヌログのイベントが。



夜はこんな感じでキレイにライトアップされます!
1階のメイン広場では何やらイベントが開催されていて、人でごった返していました。

Golden Cowrie




初日に訪れたのは、フィリピンでも人気の「Golden Cowrie」
フィリピン料理をお手軽な値段で楽しめます。

混んでいるかと心配したのですが、ディナータイムよりも少し早めにこれたので、並ばずに入れました。
英語オンリーのメニューだったので、何が何だか分からず、手元のガイドブックを参考に色々頼んでみました。



最初にやってきたのは、ポークシシグ
豚をミンチ状に細かく叩いて、タマネギやパプリカ、ガーリックなどのみじん切りを一緒に入れて炒めています。
卵がつくのですが、写真のように卵抜きにもできますよ。
注文の時に店員さんが「卵どうする?」と聞いてくれます。アレルギーなんかを考慮しているんでしょうか。

どんな味かドキドキしていたのですが、実に日本人好みなお味でした。おいしい!
醤油風味のソースとガーリックが効いていて、ペコペコだった胃が激しく動き出しました(笑)



さすがにポークシシグだけでは物足りなかったので、お野菜も注文。
アドボカンクンという、空芯菜の炒め物です。

味付けはポークシシグ同様、醤油っぽいソースとガーリック
こちらの方が、もっと味が濃くてしっかりと味がついていました。
シャキシャキした空芯菜の食感と塩気がきいていますね!



なんだかちまきのような見た目のこの料理は、チキンパンダンという料理。
鶏の唐揚げのような食感でした。
揚げ物ですが、そこまで油っぽくなく、さらっと食べられましたよ。

右側にあるのが、ガーリックライス
フィリピンでは定番のサイドメニューです。

お米はパサパサしていましたが、特にまずいと感じませんでした。
よく海外のお米はパサパサしすぎてて日本人には合わないと言いますが、私は結構いけるかも

3品しか注文しませんでしたが、意外と1皿の量が多いんです・・・!
なので充分お腹が満たされました。



飲み物はボトルの水。
セブは水飲んだらおしまい、と心配していたのですが、旅行中食事で当たることはありませんでした。
よかった〜



これはフィリピンのお店にはよく置いてある、定番の調味料なんだとか。
日本の定食屋にある醤油とかソースみたいなもんですかね。
茶色い方は醤油のような味のソースで、白い方はビネガーでした。

お会計は、4品およそ750ペソ(日本円でおよそ1500円)
1人あたり250ペソですね。や、安すぎる・・・!
フィリピン料理が意外といけるということに大喜びしました(笑)

NUAT THAI(ヌアッタイ)でリラックス!




食事を楽しんだ後は、周辺を散策。
ガイドブックにあった日本人経営の格安マッサージ店「NUAT THAI」へ行こうとしたのですが、お店が見つからず・・・

結局ホテルの近くにある別店舗を見つけて、そこへ行きました。
足中心のマッサージと、全身マッサージがセットになったパックがあったので、それを注文。
1時間45分で、お値段なんと350ペソ(日本円でおよそ700円)
なんてこった・・・安すぎるぞ・・・

安いからといってヤバイ店ということはないです(笑)
やや薄暗く、ヒーリングミュージックが流れている店内で、女性の店員さんに施術してもらいました。

正直、値段も値段だし、あまり期待していなかったのですが(笑)、ちゃんと丁寧に、念入りにマッサージしてくれます
さすが数々のガイドブックに載っているだけありますね。
いやーめっちゃリラックスできて、きもちよかったです。

すっかり腑抜けになって、ホテルまでもどり就寝。
この日は移動とマッサージのおかげで、朝までぐっすり眠れました。

2日目 ビーチでのんびりアクティビティ!




朝食は3日とも、ホテルのロビー横にあるレストランで食べました。
バイキング形式になっていて、日替わりメニューを楽しめます。



なんだか怪しい色をしたパンも・・・



朝は本当はあまり食べないのですが、気になっていろいろお皿にとってしまいました。
どのメニューも薄味かつ日本人好みなものばかりで、おいしかったです。
パイナップルがめちゃくちゃうまい!

お久しぶりのマリンウォーク




朝食を済ませたあとは、マリンアクティビティツアーへ!
お世話になったのは「アクアマリン・オーシャンズ」
9時にホテルまで迎えにきてくれて、1時間ほどかけてマクタン島内にあるタンブリ・ビーチへ向かいます。

この日もちょっと曇ってました〜
ですが雨ではなかったのでよかったです。

ビーチに到着し、受付を済ませたら、ボートで沖に向かいます。
いいですね〜海!バカンスにきているって感じ。



マリンウォークは、空気の入る特殊なヘルメットを被り、海の底まで潜って遊ぶアクティビティ
以前グアムへ旅行にいったときにも、このアクティビティをやりました。
耳抜きが苦手で、前回ドキドキしっぱなしだったのですが(笑)、今回も耳抜きができるまで時間がかかって焦りました(笑)



こんな感じでエサが入った箱を振ると、魚がわんさか寄ってきますよ〜
色あざやかな魚がいっぱいでかわいいですね。

20分くらい楽しんだら、上に上がって今度はバナナボートへ!
人生初バナナボートだったのですが、思っていたよりも激しく飛ばすので、マジで振り落とされるかと思いました・・・
でもジェットコースターとか大好きなのでめっちゃ面白かったです。

バナナボートで結構沖まで出たのですが、海が青く透き通っていてキレイでした〜
パラセーリングを楽しんでいる人もいて、次はパラセーリングもいいなと思いました。

バナナボートにガンガン揺らされたあとは、シュノーケリングでお魚を観察。
いつ帰っていいのか分からず、飽きてきたな〜と思ったくらいで船に上がったら、そのままビーチに帰らせてくれました。



ビーチに帰った後はお昼!
肉や魚の串焼き、焼きそば、お米と、いかにも海のご飯って感じでした。



フルーツもついてきたのですが、このマンゴーがめちゃくちゃおいしかった!!!
甘くてみずみずしくて、感動しました。
無限に食べられそうです。日本に持って帰りたかったくらい。



バナナは、日本のものに比べると身が黄色っぽいですが、おいしかったです!



お昼を食べた後は、ビーチのプールで遊んだり、カヤックに乗ったり、自由気ままに過ごしました。
まさかのドクターフィッシュがあったので、久々にやってみました。
くすぐったきもちいいですね〜
友人は相当ダメだったらしく、噛まれるたびに叫んでました(笑)

途中でスコールに降られ、時間もちょうどいいからと帰ることに。
帰りもホテル前まで送ってくれました。



お土産に7Dのマンゴージュースをくれました!
果実そのものの味でおいしかったです。

KUYA J




ホテルに戻って、マンゴージュースを飲みながらゴロゴロ。
そろそろお腹が空いたからと、この日も再びアヤラ・モールへ向かいました。

この日に訪れたのは、「KUYA J」
昨日の「Golden Cowrie」同様、安くておいしいフィリピン料理が楽しめると人気のお店です。
時間帯と土曜日というのもあって、かなり混んでいて、20分くらい待ちました。



相変わらず英語のみのメニューでよくわからないので、ガイドブックを頼りに注文してみました。

こちらはカレカレという煮込み料理。
噛みごたえのある肉だろうと思っていたのですが、めちゃくちゃやわらかいお肉で感動しました!!
味はピーナッツのようなちょっと変わったお味



こちらはビーフシニガン。牛肉を野菜と一緒に煮込んだスープのようなもの。
酸味が効いていてめちゃうま!さっぱりしました。



そしてまたもやアドボカンクンを注文(笑)
いやあこれおいしいんですよ・・・
こちらのアドボカンクンの方は、ガーリックが控えめで塩気が効いていました。

Bo's Coffee




料理をがっつり食べた後は、食休み!
フィリピンのスタバとも言われている「Bo's Coffee」にてカフェオレを飲みました!
酸味が少なく香ばしさと苦味が強いコーヒー。

まさに私好みドンピシャ!
あまりのおいしさに、3日目に行った「SMマート」で、豆まで買っちゃいました。

時間が少し残ってたので、そのままアヤラ・モール内を散策。
ふらっと入った「Watson's」が、楽しくて長居してしましました。

Watson'sは、日本でいうマツモトキヨシのような感じのドラッグストアなのですが、とにかく物価が安い!安い!
日本で売っている化粧品やスキンケアグッズなどもあり、いろいろと買い込んでしまいました。

楽しく買い物をしているうちに閉店時間が迫り、のんびり散歩をしながらホテルへと戻りました。



ホテルのそばには24時間営業のコンビニがあり、そこでビールを購入。
25ペソくらい(日本円約50円)で購入できるんですよ。お買い得。
この「サン ミゲル」というメーカーが、フィリピンでは有名なようで、色々な種類が売っていました。

この日飲んだのはサン ミゲルの「ライト」
名前の通りあっさりとした軽い飲み口で、少し甘みを感じる、飲みやすいビールでした。
ビールが苦手な人でもおいしく飲めそうです。

ホテルの部屋で晩酌して、ゆっくり過ごして就寝しました。

長くなってしまったので、前編はこの辺で・・・
トラブルの予感がする後編をお楽しみに!(笑)





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*