【レビュー】現代人必須アイテム!疲れた目に癒しを与えよう!電子レンジで温めるだけの簡単準備!「SHF Hogu ホットアイピロー」

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

去年にコンタクトレンズデビューをしました。
旅行中や映画鑑賞やスポーツ時にしかまだ利用していないのですが、慣れていないのか、やはり目に負担がかかるのか、たまに片目だけ二重まぶたになってしまうことがありました。
両目が二重になってくれれば、それはそれでいいのですが、やはり片目だけだとなんだから視界も違和感があるので、どうにかしたいと思っていました。

1週間ほど放置していれば、いつのまにかに治るのですが、早く治す方法を調べて見ると、とにかく血行をよくするといいとのこと。
「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」はもともと愛用していたのですが、もう少し瞼に密着させて温めたいということもあって、「ホットアイピロー」を購入してみました。

shf-hogu



価格も安いですし、気軽に試せますね。
電子レンジで温めるだけの簡単準備です。
洗濯もできますので、清潔さも保てます。

使って見ると、大正解。
一発で二重まぶたが治りました。

単純に目がとっても癒されます。
眼球自体にじんわりと癒しの効果がでます。

それではレビューしていきましょう。

パッケージ


shf-hogu-eye-pillow_2

縦長のパッケージです。
ナマケモノのイラストがかわいいです。

「レンジでチン♪」「ゲルマニウム入り」「洗濯可能」とポイントが書かれていました。

shf-hogu-eye-pillow_3

「頑張った目にホットアイピロー」

現代人はPCやスマートフォンに囲まれていて、目を酷使していますからね。
気がつかないうちに、視力が下がっていたなんてこともありますよね。

「ホットアイピロー」で目を癒してあげてください。

shf-hogu-eye-pillow_4

裏面には使い方が書いてあります。
これで重要なのは、電子レンジの加熱時間です。
「ホットアイピロー」自体には、そのような表示がないので、このパッケージを捨てるのであれば、どこかに加熱時間を書き写しておくことが大事です。

この記事も、備忘録として書いています(笑)

デザイン


shf-hogu-eye-pillow_0

ぬくもりを感じるカラーリングですね。
カバーはやわらかく肌触りのいい素材でできています。

もってみると、ほどよい重み。
この重みがまた目にちょうどよく、のせると気持ちがいいです。

shf-hogu-eye-pillow_1

目に当てる側は、目元にフィットするような特殊形状になっています。
のせてみるとわかるのですが、ちょっと動いてもずれたりしません。

目に当てる側は少しフサフサしていて、いい感じです。

ホットアイピローで目を癒してみよう!


それでは、早速「ホットアイピロー」で目を癒していきましょう。

ビーズバックを取り外す


まずは、カバーから「シリカゲル」「ゲルマニウム」がつまったビーズバックを取り出します。
取り外すのはスポッと簡単です。

電子レンジで温める


取り外したビーズバックを電子レンジで加熱します。

500W 40秒
600W 35秒
700W 30秒


お好みのワット数で加熱してください。
これでもうホッカホカです。

カバーにビーズバックを入れる


温めたビーズバックをカバーにいれます。
これにちょっとコツがありまして、まずはビーズを端に寄せて、ビーズがないほうを押し込んでいきます。

ビーズバックを押し込んだら、軽く上下に振って、寄せたビーズを中に入れていきます。
ビーズバックのビーズを端に寄せずに入れるのは至難の技ですので、気をつけてください。
すぐに慣れます。

目に当ててリラックス


リラックスできる環境で横になって、目に当てましょう。
あとはまったりしてください。

温度もちょうどいい感じの温度で気持ちいいですよ。

かなりの時間、温かいままですので10分くらいは当てていてもいいですね。
寝る前に使って、そのまま寝落ちもいいかもしれません。

まとめ


本当に現代時に必須なアイテムだと思います。
よく目薬をさす人は多いですが、「ホットアイピロー」はあまり使っている人は多くないかもしれません。

私は「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」よりも、眼精疲労が回復するように感じました。
「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」はどちらかというと、全身のリラックスに向いている気がします。

私のようにコンタクトレンズに慣れていない方や、PCやスマートフォンなどの作業が多い方、目が疲れやすい方にオススメです。

価格も安いので、プレゼントなどにもいいのではないでしょうか。
目の疲れを癒して、明日もがんばりましょう!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*