【ミュージカル】思わず会場で歌い出したくなる!「天使にラブソングを〜シスター・アクト〜」を観劇!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

7月17日に、ミュージカル「天使にラブソングを〜シスター・アクト〜」を観劇してまいりました!

mainvisual



場所は渋谷ヒカリエにある「東急シアターオーブ」



2012年にオープンしたてとのことで、とても綺麗な会場でした。
椅子もふかふかで疲れることなくゆっくり観劇できましたよ。

「天使にラブソングを〜シスター・アクト〜」のストーリー


しがないクラブ歌手デロリスは、 殺人事件を目撃したために愛人のギャングに命を狙われ、修道院に匿って貰うが、 規律厳しい修道院の生活に馴染めない。
そんなある日、修道院長のいいつけで聖歌隊の指導をすることになるが、 あまりの下手さに驚き、特訓に励むことになる。
デロリスと修道女達の間には、いつの間にか友情が芽生え、 聖歌隊のコーラスも見る見る上達するが、その噂はギャングの耳にまで届いてしまい…。
果たしてデロリスは無事に切り抜けることが出来るのか?
友情に結ばれた一大作戦が始まる!




さて、「天使にラブソングを・・・」は元々アメリカの映画で、今回はその映画に主演していたウーピー・ゴールドバーグ自身がプロデュースしたミュージカル版で、日本では初公演なんだそうです。
さらに魅力的なのが、本公演の曲はディズニー映画の音楽も数々手がけている作曲家、アラン・メンケンによる全編書きおろしというところ。
そんなこともあってか、平日にもかかわらず座席はほぼ満席で、当日券に並んでいるお客さんもいらっしゃいました。

1幕


始まって最初の一曲目であまりの迫力に全部が持っていかれました。
すごい!楽しい!なんだこれ!
デロリスが歌手デビューをしてもらえると騙され、歌を歌うところから始まります。
本編でなんども歌われる「 Take me to heaven 」が一曲目だったのですが、いきなりのパワーボイスに一瞬にして惹き込まれ、俗世のことなんて忘れました(笑)

やっぱり外国人の歌声は力強くって遠くまで響くしかっこいいですよね。圧倒されます。
そのあと人殺しを目撃してしまい、口封じから逃げるために警察官の友人に修道院を紹介してもらって身をひそめるのですが、そこの修道女たちがまあ歌が下手な集団で・・・。
ウマの合わない修道院長と揉めながらも、修道女たちの歌を指導するように命じられ、彼女たちと歌を歌うのですが、その指導しているシーンがデロリスが「本当に歌が好き!」と見ている観客にも伝わるくらい楽しげに歌っていて、昔歌をやっていたので、「また歌をやりたいなあ」とふつふつと思わせてくれました。

そこから修道女たちはみるみるうちに歌が上手くなり、教会は世間の注目を集め始める、というところで1幕が終わります。
1幕のラストは日曜日のミサでド派手に歌って踊るシーンなのですが、キラキラしていて、楽しくて、思わず体がリズムを取り出してしまうくらい、興奮しました。
自分の語彙力が乏しいことが悔しい!
そのくらい言葉にできない感動と興奮が身体中に湧いていました。
周りのお客さんも興奮冷めやらないといった雰囲気が漂っていたような気がします。

私はこの1幕ラストのシーンが一番好きですね。

2幕


2幕はデロリスを追っている奴らがついに彼女の居場所を見つけてしまうとこらから始まります。
実は犯人はデロリスの愛人カーティスなのですが、その下っ端たちも歌を歌うシーンがあります。
そいつらがまた歌が上手いんですよ〜〜〜!
一番おちゃらけキャラのカーティスの甥がまたあま〜い歌声で・・・お前・・・とギャップにクラっときちゃいました(笑)

結局カーティスに教会の場所がバレてしまい乗り込まれてしまうのですが、デロリスも修道女たちとの友情が何より大切なものだと気付き、教会に残ります。
また彼女たちもデロリスを必死に守り、無事カーティス一味は警察に捕まりハッピーエンド。

最後はローマ法王の前でコンサートをして幕は下ります。
ここも1幕のラスト同様、最高に大騒ぎできる楽しいシーンでした!
みんな煌びやかな衣装を見に纏い、堅真面目だった修道院長もキラキラドレスでうたって踊って楽しそうでした。

カーテンコール


そしてキャスト勢ぞろいのカーテンコールというなのスペシャルショー(笑)
あっという間に2時間過ぎてしまいました。
名残惜しさを抱えていると、最後、主演のクリッサ・アリントンが登場。
めっちゃくちゃ綺麗なドレスに白い毛皮を肩にかけてました〜。
うろ覚えなのですが、確か白の毛皮を身にまとって歌を歌いたいというようなことを何度か話していたと思うんですよね・・・。
会場も思わず感嘆の声が漏れていました。

キャストが通路にやってきて、お客さんも全員スタンベィングオベーションで大盛り上がりの中公演は終了しました。

まとめ


いや〜〜〜〜〜本当に、楽しかった!!胸がいっぱいになりました。
CDを買おうかかなり迷うくらいどの曲もお気に入りになり、頭の中でリピートされていました。

本編は全編英語で、脇に日本語字幕が出るのですが、こういうときに字幕を見ずに聞き取れたらかっこいいな〜なんて思ったり。

ミュージカルは数年ぶりのに観劇だったのですが、お金と時間に余裕さえあればもう一度見に行きたいくらいいい公演でした。
8月2日まで上演しており、当日券も出ているそうなので気になった方は是非会場に足を運んでみてくださいね!

IMG_9162

会場にはこんな撮影スポットも。

ミュージカル「天使にラブ・ソングを・・・」オリジナル・サウンドトラック
修道院長 演劇・ミュージカル デロリス ボーンズ シスター・メアリー・ロバート 全員 シスター・メアリー・パトリック シャンク エディ TJ 修道女
ユニバーサル ミュージック (2015-07-15)
売り上げランキング: 11,361


天使にラブ・ソングを… [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2012-12-05)
売り上げランキング: 1,136

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*