【まとめ】個人的オススメと2016年注目したい漫画5選!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

明けましておめでとうございます〜!
今年もゆるっと頑張っていこうと思うので、お付き合いいただけると幸いです。
さて今回は個人的にオススメしたい漫画と2016年の活躍に注目したい、そして沢山の人にも注目してほしい漫画5作品をご紹介します。

ブログまとめ

坂本ですが? 佐野菜見(既刊3巻)


坂本ですが? 1 (ビームコミックス)
佐野 菜見
エンターブレイン
売り上げランキング: 10,120


年10回刊行雑誌ハルタにて連載中の学園ギャグ漫画。
眼鏡に黒髪七三分け学ラン男子高校生が真顔で奇行に走る姿はシュールです。
真面目にアホっぽい行動の数々が高校生らしくもあり、「いやいや、ねーよ!」とツッコまずにはいられない。
主人公・坂本くんの言動がまずおかしいし、それに熱をあげる女性陣もなんかおかしいし、それらに真っ向からぶつかり合う他のキャラクターもなんかおかしい。
「ちがう、そうじゃあないだろ!」と思いつつも、段々と「かっこいい……か、も?」と坂本ワールドに毒されてしまいます。

そして3巻から長いこと新刊が発売されていなかったのですが、今年1月15日頃に待望の4巻が発売予定とのこと! しかもこれが最終巻!? さようなら、坂本くん……。 
スポーツ万能で成績優秀な美少年・坂本くんが繰り出す、スマート奇行ラッシュの餌食になってください。

女の友情と筋肉 KANA(既刊3巻)


女の友情と筋肉(1) (星海社COMICS)
KANA
講談社
売り上げランキング: 1,794


webサイト最前線の公式サイトとTwitter・ツイ4にて連載(現在休載中。連載再開時期未定)しているギャグ漫画。
過去に一度こちらの記事でご紹介したこともある作品。
イオリ、ユイ、マユの仲良し三人組の友情、そして恋に仕事に全力投球する姿にパワーをもらえます。
マッスルでインパクト大な見た目通りのギャグの力強さと時折挟まれる繊細な一面に胸を打たれ、「よし、筋トレしよう!」と思ってしまったり。

最近のお話ではイオリに別の男の影が?! 結婚を考えた恋人と別れたユイの今後は?! 体調が悪かったマユちゃんが実は?! と、三人それぞれに佳境が訪れているので連載再開が待ち遠しいです。

めくるめく 田丸さと(完結:全4巻)


めくるめく 1 (BLADE COMICS)
田丸 さと
マッグガーデン
売り上げランキング: 202,244


月刊コミックアヴァルスにて連載されていた、ゆるふわでほのぼのな学園ギャグ漫画。
ほのぼのと言いましたが絵柄も内容も脱力を極めた脱力、ザ・脱力系漫画です。
不良になりたいアホな有國と、心労から白髪になってしまった不良顔だけど不良ではない善のゆる〜いお話。ゆるゆる〜だらだら〜な雰囲気が好きな方にオススメ。
高校生活も半分過ぎたからという理由でツッパリ系へとイメチェンを図った高田くんが、地味ながら味のあるキャラです。でもなんだか地味なんだよなあ(褒めている)。

実家のこたつでぬくぬくしながら食べるみかんのようなほっこり感が癖になります。
気の抜けた雰囲気が大好きだったので4巻で完結してしまったのが惜しい作品。
ふわっと始まってふわっと終わりましたが、そこがまたこの漫画らしい。

文豪ストレイドッグス 原作:朝霧カフカ・作画:春河35(既刊9巻)


文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコミックス・エース)
春河35
角川書店 (2013-04-03)
売り上げランキング: 8,796


月刊誌ヤングエースにて連載中の異能力バトルアクション漫画。
中島敦や太宰治といった実在の文豪達がキャラクターとして登場し、各々の著書名を象った「異能力」で戦う設定が特徴的。
こちらも過去にこの記事でご紹介したことがありますね。
パリッとした絵柄がかっこいい。どいつもこいつもが濃い性格しています。

昨年8月にはアニメ化が発表、今年2016年4月より放送開始予定の今まさに盛り上がっている作品です。
監督は「桜蘭高校ホスト部(監督)」や「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(絵コンテ・演出)」の五十嵐卓哉。
アニメーション制作は「カウボーイビバップ」や「血界戦線」、「SHOW BY ROCK!!」を手掛けたボンズ。

春の呪い 小西明日翔(連載中)


月刊コミックZERO-SUMにて昨年11月28日発売の1月号から連載開始したばかりの注目作品。

春の呪い

春の呪い: 1 (ZERO-SUMコミックス)
一迅社 (2016-04-25)
売り上げランキング: 237


一言で表すと「死んだ妹の恋人と交際する話」(小西さん談)。
まるで昼ドラのような設定ですが、ヒロインの夏美の笑顔と「女性らしさ」から少しズレた逞しさのある言動にあたたかくなる作品。
ストーリの根底にある仄暗さと夏美と冬吾のやり取りが対照的で惹き込まれます。



小西さんの作品は、昨年の月刊コミックZERO-SUM9月号に読み切りとして「二人は底辺」が誌面初掲載



こちらはpixivにて別名義で発表されている漫画「来世は他人がいい」の番外編にあたり、一見普通の中学生な吉乃と彼女の祖父に引き取られて来た無気力な問題児・翔真の出会いを描いた読み切り作品
登場人物のなかでは常識人な吉乃が「極道の女」に豹変するシーンが好きです。
「来世は他人がいい」は、極道の世界と深い関わりを持つ高校生男女の恋愛(?)物語。過激で面白いのでこちらも是非!



まとめ


ほとんどが連載中の作品ですが、それほど既刊巻数は多くないので手に取りやすいかと思います。
大きく話題になった作品もあるので「これ知っているよ!」という方も多いはず。

個人的に小西明日翔(鉄男)さんは長年追っかけていた創作作家さんなので、紙媒体で作品を読めることに感激していたところに連載がスタート!
もう感無量。月刊誌購入の習慣をやめて久しいですが、毎月書店に足を運ぶことになりそうです。
ブッ飛んだキャラクターと毒のある蠱惑的なお話がたまらなくツボです。吉乃ちゃんがすっごい好き。
今年一番推していきたい作家さんなので、皆様どうぞ宜しくお願いいたします!

坂本ですが? コミック 1-3巻セット (ビームコミックス)
佐野 菜見
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 7,037

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*