【ランキング】2016年上半期公開、劇場で観た映画作品ベスト5

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

2016年も下半期なので振り返りもかねて、2016年上半期公開、劇場で観た映画作品ベスト5です。

2016まとめ

ここ最近映画館へ行く時間が全然取れなくてストレス溜まってます(憤怒)
2016年9月10日公開の『Sucide Squad』は絶対に観に行くぞと前売り券発売日にムビチケを買いました。
絶対観に行くんだ・・・! デザインも可愛い!

写真 2016-07-23 15 00 56

第5位『アイアムアヒーロー』


アイアムアヒーロー 豪華版 [Blu-ray]
エイベックス・ピクチャーズ (2016-11-02)
売り上げランキング: 100


これまでの邦画ゾンビモノの評価を覆したとんでもない作品。
とてもキャッチーな予告編でしたが、しっかりと構成された内容で見応えがありました。
有村架純の寝顔がベリ〜キュ〜トでしたね。

冒頭から続く怒濤のスピード感が、ラストではゆったりと穏やかに締められるのもグッとくるポイントですね。
実は最後の最後まで、これまでの出来事はすべて英雄の妄想なのでは・・・とか勘ぐっていたのですが、タイトルが静かに浮かび上がったときに「なんて邪な考えをしていたんだ」と自分が恥ずかしくなりました。

私のなかでの邦画へのイメージを変えた作品ということでランクインです。

【映画】邦画のゾンビ映画はつまらないっていう人よ、これを観ろ!期待以上のR15描写「アイアムアヒーロー」

第4位『クリムゾン・ピーク』


クリムゾン・ピーク ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-06-03)
売り上げランキング: 5,412


ギレルモ監督の変態的世界観(褒めてる)がとにかく好き。
ミアちゃんのおっぱいは焦らすくせに、トムヒの美尻は惜しげもなく映すギレルモ監督にありがとう
あとチャステインの胸元がめちゃくちゃ綺麗なんだよ〜〜〜〜!!!

とにかく世界観が美しかった!
ゴシック様式の屋敷や華やかな衣装の造形美と、どこか退廃的な雰囲気が最高です。
屋根のない玄関ホールに雪が降り落ちるシーンが綺麗すぎて変な声出ます。

ストーリーも美しい不気味さと昼ドラ顔負けのドロドロ恋愛模様がまさにゴシック・ロマンス。
ホラーではないのがポイントですね。恐怖よりも人間の様々な感情に焦点を当てて描かれています。
ラストの本が閉じる演出含めて心を鷲掴みにされましたね。
憎い演出だなぁ〜嫌いじゃない!

【映画】山と娘は赤く染まり、私の脳内はトムヒの生尻に染まる!ギレルモ監督が誇るゴシック・ロマンス「クリムゾン・ピーク」

第3位『レヴェナント 蘇えりし者』


レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2016-08-24)
売り上げランキング: 134


映像がすごく綺麗だと評判だったこともあり、IMAXで鑑賞。
後ろの人の呼吸音が煩くてげんなりしていたら、実はディカプリオの寝息でビビりました。後ろの人ごめん。

ディカプリオ演じるグラスは劇中ほとんど喋らないにも関わらず、力強い演技と迫力がありました。
眼差しや息づかい、呻き声が生々しくも強い生命力を感じさせ、静寂に佇む自然との対比が素晴らしかったです。
熊の毛皮を被って馬に乗るディカプリオが段々と愛らしく見えてくるのは何故か。

映像・音響ともに映画館で観る価値が大いにある作品ということでランクイン。
あとパンフレットの満足度も大変高い作品でした。繊細な風景が綺麗に印刷されていてGOOD!

【映画】ディカプリオの迫真の演技と風景の映像美にリアルを感じる「レヴェナント:蘇えりし者」

第2位『スポットライト 世紀のスクープ』


スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]
VAP,INC(VAP)(D) (2016-09-07)
売り上げランキング: 210


アメリカ・ボストンの新聞『ボストン・グローブ』が暴いた教会のスキャンダルを描いた社会派作品。
スポットライトのメンバー達の地道な取材の積み重ねが淡々と描かれており、ストーリーも淡々と進んでいきます。
ただ進むうちに強まる緊迫感と息苦しさといった閉塞感がとにかく凄まじい。
謎が解き明かされていくにつれて、光明が見えなくなる恐怖がありました。

当初の目的を無事果たせたにも関わらず心が晴れない映画は初めてでした。
スキャンダルを暴いたメンバー達を英雄視することなく、事実を淡々と描いているがために心にズッシリときます。
エンドクレジットで言葉を失ったのもこの作品が初めて。

個人的に白を基調とした日本デザインのポスターは、内容(少なくとも結末との雰囲気)と乖離しているんじゃあないかなぁと違和感がありました。
パンフレットが新聞を意識した構成と、ざらついた紙質なのがセンス抜群。

スポットライト 世紀のスクープ(公式サイト)

第1位『帰ってきたヒトラー』


帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)
ティムール・ヴェルメシュ
河出書房新社
売り上げランキング: 395


直近で観た作品ということもあり、自分のなかでホットな作品ということで1位です。
いやでも本当にただのブラックコメディに留まらず、しっかりと現代社会への問題提起もされている良く出来た社会派作品です。

扱ってる題材の重さのわりにストーリー展開の緩急の付け方が上手いというか、観ていて気持ちの良いテンポ感。
事の重大さに頭を抱えつつも、ふとした瞬間に盛り込まれるコメディ要素に腹を抱えて終始忙しいそんな作品です。

パンフレットの表紙が原作小説と同じデザインなのは本当にセンスが光ってますよね、素晴らしい。
中身のページデザインや構成も凝っていていて満足度高いです。お洒落!

【映画】笑えるだけでは終わらない、タブーを踏み抜いた現代屈指のブラックコメディ『帰ってきたヒトラー』

まとめ


第5位:アイアムアヒーロー
第4位:クリムゾン・ピーク
第3位:レヴェナント:蘇えりし者
第2位:スポットライト 世紀のスクープ
第1位:帰ってきたヒトラー

なかなか自分のなかで一貫した評価の仕方がないので、必然とランク付けも苦手ですし、妙に小っ恥ずかしいです(笑)
なんか思ってたよりも重々しい内容の作品が多くて自分で驚いてます。
5月頃公開作品が集中しているのは言わずもがなGWの賜物ですね。

上半期は観れずに公開終了になってしまった作品が多いので、下半期は積極的に映画館へ通いたいなぁ。

Suicide Squad: The Album
Suicide Squad: The Album
posted with amazlet at 16.07.23
Various Artists
Atlantic (2016-08-05)
売り上げランキング: 5,968

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*