【GoPro】自撮り棒を使って雪山滑走を撮ってみた「Velbon 一脚 ULTRA STICK SELFIE」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

GoProを購入してから数ヶ月が経ちました。 前回のスキー旅行ではヘルメットマウントを使って撮影しましたが今回はセルフィースティック、いわゆる自撮り棒を使って撮影した動画を作成できました。

スクリーンショット 2015-03-09 22.48.56

セルフィースティックは以前紹介したVelbon 一脚 ULTRA STICK SELFIEです。

DSC04382




しっかりGoProをセルフィースティックに装着して使いたいのでしたら、これを使うのがいいと思います。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。



コンパクトなのでスキーをしている時でも軽いリュックやウエストポーチにいれていても気になりません。 ウルトラロック機能が手軽に一脚の長さを調節できるので手袋をしていても簡単です。

DSC04383

撮影は上越国際スキー場でしてきました。
はじめていったスキー場でしたが、広くて楽しかったです。



さっそく撮影した動画です!




けっこうブレも感じないですよね。
棒が画面内で固定されているのでブレが気にならないのだと思います。

また特に気にしないでとってもうまくフレームに収まっていますね。
一番長くした状態で撮影すれば、GoProの画角が広いのでうまい具合に撮影できます。

スクリーンショット 2015-03-09 22.49.35

こんな視点で撮れるのもセルフィースティックの醍醐味ですね。

ヘッドマウントで撮影した動画はこちらです。




ヘッドマウントの詳しい記事はこちらです。





個人的にはセルフィースティックで撮影した動画のほうが臨場感は出るかなと思います。
これは好みですね。

ちなみに設定は1080pの60fpsです。
720pの120fpsでも撮影しましたが、YouTubeに投稿すると滑らかさはなくなってしまいますので、1080pで撮影していました。
今度は120fpsで撮影してスローモーションもしてみたいですね。

液晶画面があったほうが撮影がしやすく動画チェックができて便利かなと思ってシルバーエディションを購入しましたが、スキー場で動画をばしばし撮影するのであれば、ボタンだけで設定も変更でき、撮影もできるので、1080pの120fpsができる、ブラックエディションも欲しいと思いました。

来シーズンは複数台購入して、単一マウントでなく様々なマウントを使って視点切り替えができる動画も作りたいなぁなんて夢が広がっております。

春になにか撮影できればまたまとめますね。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*