【レビュー】女性スノーボーダー必見!フリーランもグラトリもこれ一本でOK!「CAPITA 2015-2016 BIRDS OF A FEATHER」

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

学生の時に初めたスノーボードがもう5年も続いています。
飽き性な私としては、「いつまで続くかな〜」と思っていましたが、これが結構楽しくて気がつけばすっかりスノーボードの魅力にとりつかれてました。
毎シーズン、2〜3回は滑りに行くようになりましたね。

本当は一気にスノーボードグッズを揃えたかったのですが、金銭的な面を考えて、毎年少しずつ必要なものを買い揃えてきました。

snowboard-capita



そしていよいよ、今年は貯めていた貯金を切り崩して「CAPITA 2015-2016 BIRDS OF A FEATHER」を購入しました!!
ルックスに惚れました!
ついにマイボードゲットです!



バインディングは少し奮発して「FLUX GU Purple」を購入しました。
こちらも女性向きのバインディングで、オシャレかつ機能性がとってもいいんです。

実際に「苗場スキー場」にて滑走してきたので、その時の感触なども含めてレビューをしたいと思います。

パッケージ


birds-of-a-feather_1

ボード、バインディング、ボードケースはすべて「ムラサキスポーツ」さんにて購入しました。
購入額5,400円(税込)以上の場合は、送料無料で配送してくれます。
しっかり梱包されて届きました。これなら安心です。

birds-of-a-feather_2

ムラサキスポーツの袋を開けると、すでにボードケースに入れられてました。
こちらは「BURTON」「JPN BOARD SACK EARTH PRINT Earth Print」です。



かなり収納に優れていて、2泊3日くらいのスノーボード旅行ならウエア、靴、ヘルメット、下着など必要なものを全てしまうことができました。
ただ旅行の荷物に加えてボードの重さが加わるので、持ち運ぶのはかなり大変です。
女性の方は現地に送ってしまうのがベストでしょう。

birds-of-a-feather_3

ケースの上部には「BURTON」のタグがついてました。

デザイン


ではケースからボードを取り出してみましょう。

birds-of-a-feather_4

上部はグラデーション、中心から下部にかけてはヤシの木オウムのイラストが描かれているおしゃれなデザインです。

こちらは2015-2016年モデル。
長さは140cmのものを購入しました。
形状は「ハイブリッドキャンバー」で、ボードの柔らかさは10段階中4と、やや柔らかめにつくられています。

「ハイブリッドキャンバー」については後ほど詳しく説明します。

birds-of-a-feather_7

ボードの中心には「CAPITA」のロゴと、オウムのイラストが描かれています。
ロゴの下の「Birds of a feather」という英文は「類は友を呼ぶ」という意味。
このボードに乗って滑ればたちまちボード仲間が増えるんでしょうか・・・?(笑)

ボード全体にラメの装飾が施されており、近くに寄ってみると光に反射してボードがキラキラして見えます。

birds-of-a-feather_9

上部の先端はからボルドーのグラデーションになっています。
先端の形が台形のような形になっているのも特徴ですね。

birds-of-a-feather_12

エッジの部分には「MADE IN AUSTRIA」の文字が。
「CAPITA」製品のおよそ半分はオーストリアで製造されています。

birds-of-a-feather_10

裏面は、白一色に青で「CAPITA」のロゴが描かれているシンプルなデザインです。
ロゴの下の部分がグラデーションのようになっていますよ。

birds-of-a-feather_11

裏面の下部には「CAPITA」マークが彫られています。

続いてバインディングにクローズアップします。

birds-of-a-feather_5

バックルと、アンクルストラップの部分は黒から紫のグラデーションになっていて、ボードのカラーリングと統一感が出ました。
店員のお兄さんに選んでいただいたのですが、さすがのセンスですね。

birds-of-a-feather_13

全て外してみるとこのようになっています。
ベースプレートの部分が凹凸になっているので雪が落ちやすく、ブーツとベースプレートが密着しやすくなっています。

「FLUX GU Purple」女性専用のデザインで、女性の脚力やブーツサイズを考慮して作られています。
使いごごちのよさ軽量化に着目し、疲れにくいデザインを生み出しました。
そのプロモーションの通り、ラチェットは非常に軽く滑りがいいので、着脱がとてもやりやすいです。

スノーボードの種類


スノーボードは、自分が滑りたいスタイルに合わせてボードの形状を選んでいきます。
主な形状の種類として、キャンバーロッカーダブルキャンバーフラット ロッカーハイブリット キャンバーというものがあります。

キャンバー


camber-2

ボードを横から見るとW型になっていて、ボードの両端中心が浮いている形状のものをキャンバーと言います。
このキャンバーは基本の形と言われているので、初めてスノーボードに挑戦するという方にオススメです。

安定性のある滑走が可能で、エッジがききやすいのが特徴です。
しっかり両足を踏ん張ることができるので、カービングがやりやすく初心者向けの形状と言えます。

ロッカー


rocker

ボードを横から見るとU型になっていて、キャンバーとは逆にボードの中心が地面に接地する形状のものをロッカーと言います。

U型の形状は滑走時に浮きやすく、パウダースノーの斜面では最高の滑り心地を楽しめます。
地面との接地点が中心の一点のみなので、様々なグラウンドトリックに挑戦したいという方はこの形状を選ぶことが多いようです。

ダブルキャンバー


doublecamber

その名の通り、キャンバーの形状が2つ重なったものをダブルキャンバーと言います。
中心の接地面は一点のみなので、キャンバーの安定性とロッカーの浮遊性を兼ね備えた遊びの効いた形状が特徴。

パウダースノーではボードが浮いてスピードが出るし、グラウンドトリックもやりやすい。さらにキャンバーの安定性が備わっているので、踏ん張ればエッジも効きやすいいいとこ取りな形状です。

フラットロッカー


flatrocker

これは近年登場した割と新しい形状です。
特徴としましては、平らな地面に置くとボードの全体がぴったりくっつきます。
キャンバーとロッカーの間をとって作られたようなものですね。

地面との接地面が広く、ぴったりくっつくので安定感は抜群です。
スピンなどのグランドトリックはやりやすいですが、全面エッジのため雪に引っかかりやすく、初心者の方は逆エッジになりやすい可能性があるので注意です。

ハイブリットキャンバー


canberlocker

これも最新の形状で、キャンバーとロッカーを細かく組み合わせて作られています。
ボードの両端はロッカー、中心はキャンバーで、その間にフラットな部分を取り入れているのが特徴です。

ロッカーとキャンバーの中間にフラット部分を組み込むことで、ターン序盤の余計な旋回を抑えてくれます。
しっかり踏み込めば、エッジもきく上にグランドトリックもやりやすい、まさにオールラウンドな形状です。

今回購入した「CAPITA 2015-2016 BIRDS OF A FEATHER」はこの「ハイブリットキャンバー」の形状です。
ターンなどの小回りが効きやすく、ボードをコントロールしやすいという店員さんのアドバイスもありましたよ。

それぞれスノーボードの種類の説明に使用した画像はすべて「レッツゴースノーボード!」より引用させていただきました。
スノーボードの情報がたっぷり満載ですので、ぜひアクセスしてみてください。

CAPITAの特色


capita

CAPITA2000年にアメリカ・シアトルで生まれたスノーボードカンパニー。
創設者はライダーのジェイソン・ブラウンブルー・モンゴメリーです。
2人は常にハイクオリティのボードを生み出すことをモットーに、日々妥協のない取り組みと独特の発想で日々新製品の開発を続けています。

CAPITAでは「E.I.P(=EVERYTING IS POSSIBLE)」という研究理念をかかげており、現状を乗り越え、不可能はないというアイディアを100%受け入れながら商品の開発を進めています。

様々なテクノロジーを、一本一本のスノーボードに集結させ、それぞれのボードのパフォーマンスを高めています。
そのためボードのフレックス、重量、安定性、ボードがもつエネルギーなどの様々な要素が「自分にピッタリの板」となるのです。

これこそがCAPITAが誇る技術の進化です。

滑った時の感触・感想


birds-of-a-feather_16

実際に「苗場スキー場」にて滑ってみました!

雪の上に置くと、ボードの色が映えてより一層綺麗に見えますね。
雪の白とボードの赤のコントラストがいい感じです。

birds-of-a-feather_17

裏面で置いても、ロゴが目立つのでシンプルなかっこよさがありますね。

birds-of-a-feather_18

装着してみました。
バインディングのラチェットが、少しの力でアンクルストラップとトゥストラップを引っ張って固定してくれるのでとても楽です。
装着して立ってみてまず感じたのが、ボードが軽い!
ジャンプが軽々できるので、方向転換するのがこんなに楽なものだとは思いませんでした。



こちらは日中に滑った時のムービーです。

滑っている時もかなり勢いよく滑っていけます。
ボードの両端がロッカーになっているので、浮力が上がり滑走時浮いているような感覚になります。
特にパウダースノーで滑走していると地面についていないような感覚になりますね。
滑っていてとても気持ちいいです。

一方足元はキャンバーになっており、私のような力の弱い女性が少し踏ん張るだけでも勢い良くターンできます。小回りも効きますね。
ボードが柔らかいので、うっかりコブに突っ込んで行ってもなんのそのです(笑)

軽い上にボードがかなり柔らかいので、グラウンドトリックを始めたいという女性に向いてそうです。
どちらかというとスピード狂の私は、ボードの軽さと操作性の高さに慣れるまで少し時間がかかりました。

そして軽いことでありがたいのが、持ち運びがとても楽になったこと。
今までレンタルの重いボードを使っていたので、宿からスキー場へ行くだけでヒーヒー言っていたのですが、「CAPITA 2015-2016 BIRDS OF A FEATHER」は本当に軽いので、女の私でも軽々と持ち上げられます。
移動がとても楽になりました。



こちらはナイターの時のムービー。
ナイターは初級者コースでコブが少なかったので、よりスピードが出ました。
人工雪のエリアがあったのですが、そこでもしっかりボードの浮遊感があり、滑り心地がよかったです。




GoProで撮影した動画などをアップロードしていますので、よかったらチャンネル登録してください。




まとめ


女性にオススメの「CAPITA 2015-2016 BIRDS OF A FEATHER」
特徴的な「ハイブリット キャンバー」といういいとこ取りの形状は初心者から、さらにレベルアップを図りたいスノーボーダーまで、幅広い層にオススメできます。

細部にまでこだわった、オシャレで個性的なデザインは、雪山でも目立つこと間違いなしです。

滑走時の爽快感も、グラウンドトリック時の操作性の高さも、どちらも味わいたい!という欲張りな女性はぜひ購入して今シーズンの雪山を楽しみましょう!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*