【レビュー】わかる人にしかわからない!イカしたデザインのラバーキーホルダー!『スプラトゥーン2 ブランドロゴラバーキーホルダー』

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

発売から早くも2か月経った『スプラトゥーン2』、皆さんはもうプレイしましたか?
「Nintendo Switch」もそろそろ手に入りやすくなってきたのではないでしょうか、ゲーム機本体を持っているのに未プレイの人はぜひプレイしてほしいですね。

ところで、早いところではもうスプラトゥーン甲子園というナワバリバトルの全国大会の予選が行われています。
友達を誘って4人チームを組めば年齢制限もなく応募できますので、ぜひ参加してはどうでしょうか、記念品ももらえていい思い出になること間違いなしでしょう。

なぜまたイカの話を始めたかって・・・そうです、また新たなスプラトゥーン2グッズが出ているのです。その名も「スプラトゥーン2 ブランドロゴラバーキーホルダー」
ご存知の方もいると思いますが、スプラトゥーンでは自分の操るイカちゃんこと「インクリング」に様々な服(ギア)を着せてゲームをプレイすることができます。

スプラトゥーン2になってからは特にその性能と自由度が広がり、まさに自分だけの服でオシャレを楽しみながら遊べるイカしたゲームなのです。
そのイカちゃんたちの着ている服にはなんと「ブランド」があるのです。
もちろんエルメスだとかグッチだとかそういうのではなくゲーム内でのお話です。
ブランドにはそれぞれロゴがあり、今回はそのうちの8種類が商品化されました。

splatoon2-rubber



パッケージ・内容物


rubber01

箱はそれほど大きくありません、4cm x 4cm x 1.5cmくらいです。
全8種類ですが中には何が入っているかわからないです。箱買いすると10個入りなのでおそらく全部そろうようにはなっているのではないかと思いますが・・・

rubber04

中にはラムネ菓子とキーホルダー1種類が入っています。イカアイコンの色は赤か緑の2色です。
キーホルダーは箱の大きさのわりにかなり大きいです

ちなみにこのブランドは「バトロイカ」。三角のロゴの下にはイカ語でバトロイカと書いてある(はずな)のです。

rubber05

裏面です。裏面は特に何もない無地です。イカアイコンはクリアタイプなので目が透けて見えます。
イカアイコンの素材もラバー素材でできていますので柔らかく傷つきにくいです。

rubber03

amiiboと並べてみました。これでサイズ感がわかるかと思いますが、意外と大きいです。

ストラップではなくキーホルダーなのがいいですね。ストラップは気づいたときにちぎれていなくなっているなんてことがよくありましたからね。
キーホルダーならタフなのでラバーの劣化より早く壊れるということはないでしょう。

rubber02

買ったものを全部開封してみました。奇跡の被りなしです!
左から「アナアキ」「ホッコリー」「クラーゲス」です。アナアキはスプラトゥーン2から出てきた新ブランドですね。
パンクなファッションで独特の雰囲気のあるギアが多いブランドでもあります。

splatoon2-rubber

今回の8種類のロゴです。
左上からアナアキ・エンペリー・タタキケンサキ・イカロゴ・バトロイカ・シグレニ・ホッコリー・クラーゲスとなっています。
でっかいのが出るとなんとなく「あたりだ!」という気になります(笑)

このなかであればイカロゴ以外だったらどれでも見た目的にハズレという感じはないですね。
昔のイカロゴは「いか」とひらがなで書いてあるようなデザインだったのですが今回はカタカナなのでしょうか、せめて色がもうちょっとあれば・・・!(笑)

まとめ


今回のブランドロゴキーホルダーはわかる人にはわかる、一見ゲームのグッズとはわからない感じが個人的に良かったと思います。
スプラトゥーンのブランドロゴやデザインはストリートやアウトドア、果ては釣り具メーカーのロゴなどをオマージュしたデザインになっているので洗練されており、まさにイカした物が多いんですよね。

ゲームをやっているとわかりますが、街やステージのいたるところにステッカーが貼ってあったりイカたちが着る服も普通に切られそうなものばかりなので本当にスタイリッシュで随所に気付きがあって面白いです。

・・・なにかとグッズが出るとつい買ってしまいますね。
ブキコレクションとかも段付きクリアケースとかラックのようなものを買ってきれいに並べてあげたいです。いまはいくつかがそのまま飾ってあるだけなので・・・
キーホルダーはバッグやポーチなどにつけて普段使いしていこうかなと思います!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

*