【ゲーム】ついに発表!やりこみゲームの金字塔!シリーズ最新作「世界樹の迷宮Ⅴ 長き神話の果て」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

毎回楽しみにしているゲームのシリーズ、「世界樹の迷宮」から、シリーズ最新作が発表されましたね。
アトラスがインデックスという会社の下に行ったあとになんか色々ごたごたしたことがあって、頼むからアトラスは助かってくれ〜と思っていましたが大丈夫でしたね。

sq5



世界中の迷宮シリーズとは


世界中の迷宮シリーズは迷宮探索型のRPGで、ダンジョンを攻略しながら自分で迷宮の地図を作成していくマッピングという要素があるのがふつうのRPGと違う大きな点です。
3DSとこれほどマッチしてるゲームって他にないんじゃあないかってくらいです。
ダンジョンを探索していくというだけあって、理不尽に強いモンスターだとか、見えるところにあるのに簡単にたどり着けない宝箱があったり、トラップやモンスターの強襲などさまざまなアクシデントが起こるまさに冒険している雰囲気を楽しめるゲームです。

△が自分の現在地で、壁を書き込んでいったり、アイテムが採集できるポイントにアイコンを設置したりしてマップを埋めていきます。

Evernote Camera Roll 20160311 061938

好きなパーティーが組める!


また、このゲームには基本的には主人公はおらず、自分の好きなパーティを組んで冒険することができます。(新・世界中の迷宮シリーズは主人公がいるのでキャラクターには個性があったほうが好みという人はそっちがお勧めですね。)
パーティは4人まで組み込むことができ、さまざまな職業のキャラクターをバランスよく入れていくことも攻略において重要な要素となります。
近作では、キャラクターメイクにもさらに力を入れているようで、グラフィックやボイスの種類もかなり増えているようで楽しみですね。

キャラメイクも自由自在!


今回のキャラメイクは髪、目、スキンもこだわって作れるようですね。目の色はLRとあるのでオッドアイも可能なんですね〜

ボイスもこんなに贅沢に声優を使ってます。
あまり誰が誰とかはわからないんですが、これだけの人数と演技の幅があるんでしょうから相当なボリュームですよねきっと。

個性が現れるゲーム!


キャラクターメイクはもちろん、それぞれの職業で獲得するスキル選びにもプレイヤーの個性が表れてくるので同じゲームをプレイしていても、最終的なパーティはみんなばらばらだったりするのでそういうのも面白いところですね。パーティに入れなくてもたくさんのキャラクターを作ることができるので、同じ職業でも違うスキルを取得することで使い分けをしたりと様々な楽しみ方ができるのもこのゲームのいいところですね。
スキルはスキルツリーみたいに、派生していくので、最初に適当にとってしまうと後々後悔したりするのでよく考えてから取りましょう。
スキルポイントをリセットする方法もありますが、時間や手間がかかったりするので慎重に進めたいですね。

戦闘はどん感じ?


戦闘はよくあるターン制を採用しています。しかし一筋縄ではいかない敵が数多くいるこのゲームでは、ただ攻撃していれば勝てるなんていう敵はもう経験値が得られないようなものしかいません。技や回復を駆使して敵いく戦略が求められます。
ちなみに戦闘に入るのは、マップにアイコンが表示される特殊なモンスター以外はエンカウント形式となります。

まとめ


ざっというとこんな感じのゲームなんですが、かわいいキャラデザとは裏腹に実はとっても難易度が高いゲームなのです。
けっこうゲームやってきたぞという自信を持っていた過去の自分も、突如現れるFOE(Field on Enemy)に瞬殺されたり、周到に準備して行ったにもかかわらずあっさりボスに全滅させられたりとなかなか苦労しながらクリアしたやりがいのあるゲームで、それだけにクリアしたときの達成感もひとしおといったところです。

毎シリーズになりますが、当然今回もコレクターズパックの発売が決定しました!
スペシャルアートブックとお役立ちDLCが入ったコレクターズパック、なんともう売り切れてます・・・!なんてことだ・・・!DLCはともかくアートブックはめっちゃ欲しいのに・・・
とりあえずいろんな店舗まわって探してみる予定です。

また、早期購入者にはサントラとブックレットが付いてきます。
これも毎回出てますが世界樹のいいところが詰まってる特典なので是非ゲットしておきたいですね。

最近のヌルいゲームに飽きてきたという人や、3DS最近使ってなくて勿体無いと思っている人にオススメしたいですね。
簡単にはクリアさせてくれないのでプレイ時間は結構長く楽しめるゲームですし、1周だけで終わらずにいろんなパーティで何度もプレイするという楽しみ方もできますからね。

こまめにセーブしたり、ダンジョンに潜る前に糸などの荷物の確認をしたりなどマメさが求められますが、たまにはやりがいのあるゲームに挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。
コレクターズパック以外ならまだちゃんと予約できるので是非手に取ってみて欲しいですね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*