【レビュー】目に見えないホコリもどんどんとれる!UV照射でダニも殺せる『TENKER 布団クリーナー』

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

布団クリーナーといえばレイコップが有名ですが、意外と値段が高いのがネックですよね・・・
とはいえベッド派の自分としてはなかなかマットレスを掃除するというのも難しい・・・いつもコードレスクリーナーで軽く吸った後にファブリーズで終了といった感じのなんとなくこれでいいのかと自分でも思ってしまうような掃除でした。

今回はこの「TENKER 布団クリーナー」でばっちりお布団掃除をしちゃいましょう!

tenker-cleaner



布団クリーナーとしてだけではなく、普通に掃除機としても使うことができます。コードレスではないので充電が切れたり吸いが弱くなる心配もありません。

ダイソンも家にありますが、大掃除の時とか連続使用時間が長いと電池切れしたりするので、あれは一人暮らしや日々の軽い掃除のときに活躍するやつですね。

パッケージ


tenker 001

Amazonから届いたとき、送り状が封筒に入って外箱にそのまま張ってありました(笑)
中国のメーカーなので若干日本語が怪しい部分がありますが大丈夫でしょう!

tenker-002

スペックも大きく箱に書いてあります。うるさいといわれていたころのダイソンが60db前後だった気がしますが・・・はたして・・・?

tenker-004

開けてみるとマニュアルが。
ノズルが2つ入っているのが見えますね。

tenker 005
内容物はこちらです。

・本体
・ユーザーマニュアル
・保証カード
・布団クリーナー
・ノズル2種


tenker 009

保証カードはマニュアルの間に挟まっています。オフィシャルなのにヤフーのアカウントで大丈夫なのでしょうか。大量の迷惑メールが来てそうで心配です・・・
マニュアルを開いても内容物一覧がなかったのですが、おそらくこれで完品でしょう。
保証カードのチャートの「好きではばい」という誤字が熊本弁ぽくて好きです(笑)

デザイン


tenker 006

かわいい!なんかコリドラスという淡水魚みたいでかわいいですね!特にこの口が・・・!(笑)

tenker 011

ノズルをつけるともっとそれっぽくなりますね(笑)

tenker 010

ちなみにノズルはこの2種類。
ベッドの凹凸や細かな部分は◎のノズル、部屋のコーナーなどは上の細口のものを使いわけていきましょう。

tenker 007

布団クリーナーのアタッチメントくんです。充電ドックみたいですね。
つけ方は上からガチャッとはめるだけです。

tenker 008

後ろから見るとこのような感じ。黒い部分にクリーナーの口を突っ込んでガチャッと装着するだけです。
外すときは中央の≡のボタンを押しながら引っ張るだけです。

tenker 015

裏面には安全のためセンサーがついており、クリーニング中のものから離れると自動でUV機能がオフになります。

tenker 014

そしてそのUVが出るのがこの青いランプ部分です。
UVでダニを99パーセント死滅させ、除菌もできるそうです。まさに紫外線照射装置ィィィィィィィィ・・・!

tenker 012

フィルター・コンテナ部分を外しました。
こちらも上部の黒いボタンを押しながら引っ張るだけです。

tenker 013

外したコンテナ部分はなんと水洗いできます。しかもフィルターも。
フィルターは1年間程度は洗いながら使用でき、変えたいときは別売りのフィルターを購入して装着する、といった形になるようです。

スペック


サイズW38×D26.5×H28(cm)
重量2.3kg
振動回数毎分約8,000回
UVランプ6W(定格寿命:9,000時間)
コードの長さ約4m
集塵方式フィルター方式
ヘッド・サイクロンヘッド
・UV照射
・ワイドたたき

2.3㎏とちょっと重いので取り回しが悪いかなとも思いますが、布団クリーナーなら布団の上でコロコロするだけなので重さはそんなに感じないですね。
コードも4mと長いのでコンセントからベッドが離れていても大丈夫そうです。

先ほども触れましたがゴミを集めた後、集塵コンテナとフィルターどちらも丸洗いできます。
フィルターの交換目安は1年程度で、交換フィルターが販売されています。
以前ティッシュでフィルタ代わりにする掃除機を使っていましたが、あれはあまりよくなかったです・・・

二重フィルター


フィルターは二重の構造になっており、ステンレスのメッシュガードで大きなごみを、HEPAフィルター(粒径が0.3µmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルター・・・つまり、より粒子の細かい塵も集められる高性能なフィルター)で、微細なハウスダストも逃しません。

安全センサー


布団クリーナーアタッチメントには安全センサーがついており、クリーニング中のものから3cm離れると、UVランプが自動で消えます。
再び接地するとランプが点灯するので細かいオンオフの操作は必要ありません。

温風機能


機能というよりデフォルトでついているモノなのでオンオフの切り替えはできません。
吸引と同時に温風で布団を温め、ダニが繁殖しにくい環境を作ります。

使ってみた。


tenker 016

ベッドを半面吸っただけでこんなに・・・
使ってみた感じは、目に見えないごみがよくわからないうちに吸われている!ということです(笑)
本当にベッド上にゴミは見えないので、透けて見えるフィルタ部分がどんどん白くなっていって「マジか~・・・」とちょっと唖然とします。

重さのほうはコロコロしながら使うのでさほど気になりませんでした。
あと温風機能のおかげでクリーナーをかけていると暑くなってきます(笑)

やはり一番の問題はですね。振動モードをオンにすると低音で響くので夜などはあまり使えないかもしれません。

夜にどうしてもかけたいときはUVモードのみをつけて振動はオフにするのがおすすめです。
振動オフなら普通の掃除機程度の音なので
掃除の頻度の目安としては1週間程度とのことなので休みの日のお昼にでもかけるのがいいですね。

UVに関してはダニが見えないので何とも言えませんが、青く光ってかっこいいのでこれはいいですね(笑)
ダニはともかく小さいゴミとも言えないきめ細かいホコリ、きっとこれがダニの死骸だったりするのでしょうが、それらは良く取れるので満足です。

また、アタッチメントをつけたままだと長い髪などがあまりよく吸えなかったりしたので、目視できるごみはアタッチメントを外して、ハンディで吸ってあげるといいと思います。

アタッチメントを外すだけでだいぶ軽くなるのもいいですね、ソファの隙間などもノズルを細口のものに交換してやれば根こそぎ取れちゃいます。

まとめ


今回初めて布団クリーナーを試してみましたが、有名ブランドのものよりも安くてこの性能なら全然アリだと思いました。
布団専用だとちょっと邪魔に感じる時があるかもしれませんが、この布団クリーナーなら普通に掃除機としても使用できるのでその点も安心です。

また、コードレスじゃないのも逆に安心感があって僕は好きです。
一番の問題点はやはり説明不足気味な説明書でしょうか、まず入っているものの一覧はほしいかなと思いました(笑)

11月30日までAmazonにて、以下のキャンペーンコードを入力しますと、20%OFFで購入できます。

キャンペーンコード:TENKER65



TENKER 布団クリーナー P00254 予備フィルター
TENKER
売り上げランキング: 6,382

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*