【イベント】ついに日本初上陸!世界のコミコンがやってきた!「東京コミコン2016」

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

ポップカルチャーの祭典として世界各地で開催されていた「コミコン」
先日、ついに日本初開催されました!

東京コミコン2016

つい最近アメコミに興味を持った私は、コミコンというものがどういったものか分からないのにも関わらず、「どうやらアメコミのすごいイベントが日本でやるらしい・・・」という曖昧な情報と、大好きなジェレミー・レナーが来日するというとんでもサプライズに吸い寄せられて全日参戦を決めたのでした。

東京コミコンとは?


参戦にあたり、コミコンについて色々と調べて見ました。
コミコンとは1970年代にアメリカのサンディエゴで開催されたのを皮切りに、40年以上続く漫画をメインとしたポップカルチャーのイベントです。
元々は漫画好きが集まるイベントだったそうですが、徐々に注目されるにつれ規模が大きくなり、今のような映画やゲームなどのジャンルも混じった大規模なものとなっていったのだそうです。
近年では一般の人々の出展だけでなく、企業などの出展もあり、まさに「ワールドワイド版コミケ」といったところ。
その人気は世界中に知れ渡り、フランス・イギリスなどでも開催され、近年では台湾での開催も話題となりました。

そんなコミコンは、やはり日本での開催も長らく期待されていました。
そしてついに、2016年12月2日・3日・4日の3日間、幕張メッセでの開催が決定したのです!

会場には映画や漫画など、いろんな企業が出展!


早速初日の12月2日から会場入りしました。
この日はプレイベントということで17時〜20時の夕方のみの開催。
平日ということもあってか空いててとても周りやすかったです。

tokyo-comic-con-2016-day-2_45

入場口はこんな感じ。
手荷物検査のあと、奥でチケットをもぎってもらって入場という流れでした。

tokyo-comic-con-2016-day-1_5

入り口を抜けると、どーんとデロリアンのレプリカが!いやー何度見てもテンション上がりますね!
もしかしてこれあのテーマパークにあったやつじゃないよね?(小声)

tokyo-comic-con-2016-day-2_34

そして反対側にはナイトライダー2000が。かっこいい〜
こちらは残念ながら喋ってはくれませんでした。

結構フィギュアの展示ブースが多かったですね。アメコミのキャラクターから日本のアニメのキャラクターまでいたくさん展示してありました!
ホットトイズジャパンからはマーベルやDCコミックスのキャラクターなどが盛りだくさん。

tokyo-comic-con-2016-day-1_6

どでかいキャプテンアメリカとアイアンマンもいました!迫力満点!

tokyo-comic-con-2016-day-1_28

シン・ゴジラも!

バイオ・ハザードのブースでは、サムライエッジ20周年記念モデルのエアガンを試遊できるコーナーがありました。

tokyo-comic-con-2016-day-1_20

エアガンは一度しか触ったことなかったので、スタッフさんに教わりながら試し撃ち。
的に映るゾンビをどんどん撃ち殺していくスタイルでした。
結構楽しいですね!ハマりそうです。
試遊のあとにはサムライエッジのポスターをいただきました。

HTCのコーナーではVRゲームの体験会を行っていました。

tokyo-comic-con-2016-day-3_6

初日に行ったら既に予約でいっぱいだったので、翌日に予約を入れて挑戦!
ゴーグルをつけると完全にゲームの世界に入ったような感じで、不思議な感覚でした。

tokyo-comic-con-2016-day-2_24

こんな風に自分の目の前に敵が現れてくるので、それを腕を振って倒していきます。

tokyo-comic-con-2016-day-2_21

実際はこうなってます。アホっぽい(笑)
最初は多くの見物人の前で遊ぶの抵抗があったのですが、ゴーグルとヘッドホンの密閉度が高いので周りが全く気にならなくなりました。
いずれこういうゲームが主流になっていくのでしょうか。とても面白くて夢中になって動き回ってました!
他にもVRのカーレースゲームの試遊会もやってました。

tokyo-comic-con-2016-day-2_28

アニメの『おそ松さん』のブースも。日本でやってるという感じでいいですね〜

実際に映画で使われた小道具や衣装の展示もたくさんありました。『バイオ・ハザード』のアリスの衣装や、『鋼の錬金術師』のロイ・マスタングの衣装なんかもありました。

tokyo-comic-con-2016-day-3_11

これは実際に『ターミネーター』の撮影で使われたT-8000。汚れや傷がリアルでした。
これを少しずつ動かしながら撮影してたってことですよね?骨が折れるな・・・

こういった展示が多かったのですが、中には映画の歴史が書かれたパネルがあり、なかなか興味深かったです。
雰囲気としては、コミケというより東京おもちゃショーのようなものに近かったです。
もっと戦場のような感じになるかなと思っていたのですが、すごく和やかな雰囲気まったりとした空気が流れてました。平和でよかったです。

コスプレイヤーもたくさん!


会場はコスプレ可能ということもあって、たくさんのアメコミ・映画・ゲームファンがコスプレしていました!

tokyo-comic-con-2016-day-1_16

tokyo-comic-con-2016-day-2_40

たくさんのキャラクターがあちこちに!
やっぱりデッドプールハーレイクイーンが圧倒的に多かったですね〜。さすが人気キャラ。
みなさんかなりコスチュームのクオリティが高くてびっくりです。どうやって衣装を調達しているんだろう。自作の方が多いのかな?

tokyo-comic-con-2016-day-1_33

ストームトルーパーもいたぞ!

tokyo-comic-con-2016-day-3_16

このアイアンマンはなんと顔の部分が自動で開くんです!すごすぎ!クオリティ高いよ!
もしかしてこの人はレイヤーさんではなくトニー・スタークだったのか・・・?

せっかくなのでいろんな人に声をかけて、一緒に写真を撮ってもらいました。みなさん気さくに応じてくれて楽しかったです。
普段コスプレイベントというものには行かないので新鮮でしたね。
そしてちょっとコスプレしてみたくなりました・・・スター・トレックとかどうですかね、やりやすそうじゃないですか。

いざ!ジェレミー・レナーと撮影会!サイン会!


そして私的に東京コミコン最大のイベント、ジェレミー・レナーとの撮影会&サイン会。
もうね、コミコンのチケット取ったのもこれがでかいですから、はい(笑)

ある日突然コミコンのTwitter公式アカウントにて発表されたジェレミーの来日。
確か夜中だったんですよ、もうね、興奮しすぎて眠れなかったです。1人でリビングで大騒ぎしました。
なんかジェレミーはそのうち来日してくれる気がする・・・とかしょうもないこと思っていた矢先だったので、これは運命だ、チケット取るしかないとその場でコミコンの入場券を購入しました。

後日ジェレミーの撮影会(14,000円)サイン会(13,000円)用のチケットが発売され、チケットを取っていただきました。瞬殺だったようで、無事取っていただけて心から感謝です。
今回は初開催ということで時間やら流れが全く分からなかったので、念のために12月3日に撮影会、4日にサイン会と日にちを分けて取っていただきました。

撮影会は14時からのチケットを購入していたので、1時間前にサイン会のブースに向かいました。
念のため一度退場して撮影会・サイン会用の入り口から再入場したのですが、結局会場に戻されたのであまり意味がありませんでしたね。
翌日は一般、撮影会・サイン会ともに同じ入り口からの入場になっていました。

入り口は他のゲストとの撮影会・サイン会を待っている人とごっちゃになってしまい、大渋帯。
みなさんどこで待っていたらいいのか分からず立ち往生している感じでした。
そして当日になりサイン中にジェレミーの撮影は一切禁止に。残念〜
確かにジェレミーの列だけすごい混みようで、ダントツ人気だったので混乱を避けるためでしょうかね。

ようやく14時前になりジェレミーの撮影会を待つ人々がブース内に案内されたのですが、ここから地獄のような待機時間が続きます。
前の時間のサイン会が推していたようで、結局撮影が始まったのは16時前。さすがにぐったりしてしまいました。まあジェレミーも朝から働きっぱなしだからしょうがないと思いながら待ってましたね(笑)
でもね、撮影スペースの中に入ってジェレミーを一目見たらそんな疲れ吹っ飛んじゃうんですよ!本当にかっこよかった。
顔が小さくて瞳はグレーっぽかったです。もっと青っぽい色味だと思ってました。
もう興奮しすぎてすっごいニヤケながらハァーイと言ったら、ジェレミーも笑顔でハァーイって返してくれました。もう死んでもいい。
ずっとニコニコしてて・・・疲れているだろうに、さすがプロですね。

tokyo-comic-con-2016-day-2

ささっと横に立たされて、ささっと写真撮っておしまい。
時間にして30秒くらいだったんじゃないでしょうか。1分もいなかったと思います。
一瞬でしたが、ずっと会いたいと思っていたので本当に嬉しかったです。撮影が終わった後はなんでかわかりませんが泣きそうになってしまいました(笑)
握手会とかで泣いちゃうファンの方の気持ちがちょっとわかりました。

翌日の4日はサイン会。サイン会は時間の指定がなかったので早めに入場して待機していました。
前日の混乱から学んだのか、恐ろしいほどスムーズにブースに入ることができてびっくり。待っているファンの方も前日より少なかったような気がします。
この日は最初のサイン会の予定が12時からだったのですが、ほぼ定刻通りに始まりました。ここからまた何時間も待つんだろうなと構えていたので、いい意味で拍子抜けしました。よかった。

スムーズに列が進み、自分の番に。
緊張を通り越して冷静になるという私のいつものパターンになってしまって、大したこと言えませんでした。いろいろ話すこと考えていたのに(笑)
でもジェレミーは優しく言葉を返してくれました〜最後のTake care.の声が忘れられません〜ありがと〜

tokyo-comic-con-2016-day-3_20

これが実際のサイン。
最初はジェレミーの写真に書いてもらおうと思っていたのですが、ネットで探し始めたのが遅く発送が間に合わなかったので、結局黒のケント紙に書いてもらいました。これはこれでいい感じです。
どんな機会でも、サイン用の写真をネットで注文する場合はせめて2週間前には探し始めた方がいいですね。普段からAmazonプライムに頼りきっているといざという時こうなります。
ポスカも用意していて、こちらはスタッフさんに渡しておくとジェレミーに使ってもらえました。ポスカもサインとともに我が家の家宝となりましたとさ。

夢のような時間でした。そういえば人生で初めてハリウッドスターを生で見たなあ。
まあぶっちゃけ撮影会もサイン会もかなりいいお値段なので、ファンじゃない方にはなかなか理解してもらえないと思います。
それでもネットでサイン買うより安いですからね・・・本人のファンで、本人に会えて写真も撮れる、サインがもらえる、と思えばものすごく安い。というか値段じゃない。プライスレス。
思い切って買ってよかったです。

メインステージではたくさんのトークショーが


会場にはメインステージがあり、ここではいろいろなゲストによるトークショーが開催されていました。
初日は、元はやぶさシニアマネージャーの川口淳一郎氏による「太陽系大航海時代に生きる」という講演会を見ました。

tokyo-comic-con-2016-day-1_38

序盤は人生における哲学などをわかりやすく、面白おかしく語っていました。
特にご自身がモデルになった映画『はやぶさ 遥かなる帰還』の裏話は声だして笑ってしまいました。奥さんに「渡辺謙になんて髪型させてるの!」と言われたり、実際の施設を見学に来た政府の方に「映画のセットそっくりだ」と言われたり・・・貴重なお話でした。
この人面白いなあと思っていたら、後半からテーマが変わって、宇宙の未来についてお話しされていました。
これからの宇宙はどうなるか、「まさにスター・トレックのような世界になるでしょう」とおっしゃっていました。
地球から宇宙に移動できる高速エレベーターができたり、宇宙で住めるような施設ができたり、冷凍保存されてタイムスリップが可能になる・・・など。
かなり根拠のある持論を展開されていたので、もしかしてほんとうにそんな風になるんじゃないか?と最後はワクワクした気持ちになりました。

2日目はジェレミーの撮影会に費やしたので何も見なかったのですが、3日目は「アメコミnight&アメコミリーグ クロスオーバーin東京コミコン」を遠くの方から眺めていました。
ちょこっと見ていただけだったのですが、マーベルの副社長であるC.B.セブルスキー氏が登壇しており、マーベルの作品について色々お話しされてました。今後の作品展開などについてもいろいろな展望を語っていたので楽しみですね!

全国各地からやってきたご当地グルメが大集合


飲食エリアは、日本のご当地グルメが大集合!
うどん県や(笑)、愛媛県松山市、伊豆、島根県など関西方面の地域からの出展がメインでした。

tokyo-comic-con-2016-day-1_41

初日は夕飯に、伊豆ブース「いとうの朝獲れ加工サバのボロネーゼ風パスタ」をいただきました。
なんとこのボリュームで500円という破格の値段。
売り子のお姉さんも「やっぱ500円って安いよねえ〜」とぼやいていました(笑)
サバがひき肉の代わりになっているのですが、臭みがなく、本当のひき肉のようで美味しかったです。

パスタを食べた後、デザートが欲しくなったので今度は島根県邑南町「ヨーグルトソフトクリーム」を購入。

tokyo-comic-con-2016-day-1_43

これもこの量で400円。安くないすか、大丈夫ですか。
さっぱりしていて、ヨーグルトの風味が口いっぱいに広がります。食後にぴったりでした!

2日目はまたまた同じ伊豆ブースの「サバタコス」
どんだけ伊豆好きなんだと。行こうと思えば行けるのに(笑)

tokyo-comic-con-2016-day-2_5

結構食べ応えがあって美味しかったです。
パスタ同様サバの臭みが全くなくて、日本人好みのタコスに仕上がっていました。

ご当地グルメってこういうイベントがないと食べる機会ってあまりないので、楽しみながら食べてました。

まとめ


隅から隅まで満喫しました!!
ひさびさに大きなイベントに行ったので終始興奮気味であれこれ見て周っちゃいました。

チケットは3日間とりましたが、今回の規模だと2日で十分かなと思います。
初日のプレイベントで企業ブースをざっと見て、2日目で撮影会やサイン会に並んで残りの時間でもう一回会場を周るというプランで十分楽しめると思いす!
コスプレをしたり、ファンアートを購入するとなるとまた違うのかもしれませんが・・・

運営に関してもちょっと不安に思うところはありましたが、日にちが過ぎる度にスムーズな運営になっていったのを実感できました。
ただ開催前はもう少し色々力を入れてアナウンスしたほうがいいのではないでしょうか。
前情報が少なすぎて、本当に開催するのか不安になっちゃったし(笑)
まあ1回目なんてそんなもんですよね。お疲れ様でした。

公式からも来年は規模を拡大して開催したいという発言があったようなので、楽しみですね!


ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

グラウンドワークス (2016-12-29)
売り上げランキング: 237

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*