【ライブレポ】TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2016 -RIDE ON SUMMER-(16/08/20 横浜スタジアム)

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

はじめてのTUBEのライブにいってきました。
地元横浜スタジアム開催の「TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2016 -RIDE ON SUMMER-」です。

あまりTUBEはたくさんきいたことがあるというアーティストではなかったのですが、ベストで予習したこともあって、かなり楽しめました。

TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2016 RIDE ON SUMMER

火や水のステージ、バルーンで飛ぶボーカルの前田さんには大興奮。
有名な曲もたくさん聴けて大満足ですね。

そこまで曲について語れることは少ないのですが、ライブレポをしていこうと思います。

今回のライブは横浜スタジアムです。去年の「ゆずの輪 presents 二人参客 後夜祭 ~ゆずっこ感謝DAY~ in 横浜スタジアム」ぶりですね。
そして同様に天気が悪い・・・この時期はしょうがないですけどね。

でも、今回は30分くらい小雨が降っただけであとは晴れていました。
少し雨が降ったおかげで涼しくなりましたしね。
座席は3塁側の1階席で、ステージ全体がしっかり俯瞰できる場所だったので、はじめてのアーティストのライブを観るにはかなりいい席だったと思います。

ということで定刻になって、ライブスタートです。
けっこう野外ライブということもあってTUBEのメンバーがのっそり出てきました。
そしてニコニコ演奏開始。爽やかですね。

01. TUBEロックメドレー


まずはどんどん時代を遡っていくメドレーでした。
いきなりメドレーというのもすごいですよね。

去年リリースの「Please Freeze Me!」から、「Soul Surfin' Crew」「Born in Japan」「ヒガシへ行け」「サヨナラMy Home Town」「夕方チャンス到来」「Go Ready Go」「オールサマー・ロング」「ONJUKU・OUHARA・TAITOU 抜けて」ときて、最後はまた「Please Freeze Me!」で締めくくりでした。

途中ドラムの松本さんがバルーンで浮いたりしてすごかったです。
このメドレーは知らない曲ばかりでしたが、さすがに演奏が素晴らしく聞き惚れていました。

角野「ようこそ28年目の横浜スタジアムへ!」
角野「みなさん蒸し暑いですか〜!大丈夫ですか!」
角野「わたくしたちはリハーサルから水を飲み塩を舐めながらやってきました。」
角野「みなさん最後まで体調に気をつけながら盛り上がりましょう!」
角野「今日は懐かしの曲から最新のナンバーまでたくさんやりますので盛り上がってください〜!」


春畑「え〜今日のライブのオープニングは・・・はじめての試みでニューアルバムからデビューアルバムまで一気にメドレーにしました。」
春畑「知らない曲もあったかもしれませんが、今日はこんな感じでいきます。」


前田「今日はドラムの松本さんに空飛んでもらいましたが・・・」
松本「気持ちよかったですよ〜」
前田「あれもっとぐるぐるしたらいいんじゃないの?」
松本「あんまり見世物的なのは困るね・・・」


前田「本当昨日から天気が不安だったのだけど、奇跡的に晴れ間が・・・いまここは今日はハワイに来たと思ってください・・・雨が降ってもスコール!」

02. SHA LA LA(English Version)


オシャレなナンバーですね。
イントロのメロウな感じもたまらないです。

前田さんはやっぱり歌がうまいですね〜
サポートメンバーもたくさんいるので音が濃厚でよかったです。

03. シーズン・イン・ザ・サン


いきなりですか!ここで雨が降ってきたのですが、問題ないですね!
ザ・夏ソングという感じで盛り上がりました。
ダンサーもたくさん出てきました。

一番生で聴きたいと思っていたので大満足です。

角野「いやいや(雨が)来たね・・・まだ噴水の時間じゃないっつーの。」
角野「みなさん楽しんでますか!」


前田「せっかく雨も降ったので、我々の曲の中にも雨降りの子供達というか・・・あまりライブでやれなかった曲があるのでその曲たちをやってみます!」
前田「それにあと何回チャンスがあるかわからないからね・・・だってこれからはまず4人が生きてるっていうことが重要だからね(笑)」
前田「その次に楽器が弾ける身体であること(笑)」


04. あの夏の少年


すごく爽やかというかピュアな曲でした。
タイトル通りですね。

明るい曲調で悲しい歌詞の曲は名曲ばかりです。

05. チェリー


80・90年代のいい曲って感じですね。

前田「どうもありがと!」
前田「ライブってのはある程度流れが決まってて、ここではまだ雨が降る予定はなかったんだよ。」
前田「そしてここで、今年の曲聴きましたか?っていう流れだったんです。」
前田「ただし今情報が入りました!あと30分以内にこの雨が上がります!」
前田「今年はシングル一枚だけ作らせていただきました!」
前田「ちゃんと新曲聴いてくれたかな!」
前田「クノール飲んでくれたかな!」
前田「冷たい牛乳は明治牛乳が一番あった気がする。」
前田「朝起きて、天気が良くて今日も一日がんばろう!冷蔵庫を開けました、牛乳をトクトクトクトク・・・カップの中にはクノール。」
前田「ぎゅーっと飲んでさぁ出かけよう!RIDE ON SUMMER。」


06. RIDE ON SUMMER


クノールのCMでお馴染みですね。
やっぱり長くやってきたアーティストは何年たってもキャッチャーな曲がつくれるのが本当にすごいです。尊敬します。

今度は花道に出てきました。

角野「今日はみなさんもカッパを着て覚悟を決めたようだから・・・たまにはTUBEが歌う人の曲ってのをやろうと思います。」
前田「ここ数年カバーアルバムとか流行ってるじゃないですか。出そうと思ったのですが、スタッフ全員に反対されまして・・・」
前田「今日はみなさんにTUBEこんなの合うんじゃない?っていうのあれば即興でやりますんで。」
前田「津軽海峡冬景色?それは遠いよ!横浜に近いやつ!」


06. よこはま・たそがれ(五木ひろし)


まさかの演歌ですか(笑)
でもうまい!さすがですね。

前田「ありだと思う人!」
前田「なしだと思う人!」
前田「これで来年のライブの方針決まっちゃうよ!」

角野「明日の甲子園は北海学園・・・」
前田「半分道産子なので・・・応援したいんですよ。北海道といえば!」


07. 与作(北島三郎)


へいへいほ〜
完全にぐだぐだで笑いました。

クラシックギターがカッコよかったです。

前田「なんかこのコーナーやばいぞ・・・ほら雨上がってきたじゃん!」
前田「じゃあ演歌じゃない曲を・・・」


08. 夜空ノムコウ


おおお!ある意味タイムリー。
そしてうまいですね〜これは冬の曲ですが、すごく合います。

前田「まぁ本当にずーっと語り続けられる曲ってありますよね・・・僕らの曲の中にもそんな曲があります。」

09. Purity ~ピュアティ~


イントロがたまりませんね。
しっとりとしたバラードが夜の横浜スタジアムに響きます。

前田「どうもありがとう!雨があがりましたね!」
前田「与作であがったの?」

前田「みなさんも寝不足でしょ?いま。仕事はいくは、オリンピック!」
前田「メダルの数・・・すごいよね。」
前田「僕思ってることがあって・・・4年後。」
前田「なんとかして開会式の・・・選手に交じってサポートでいいから歩きたい!」
前田「サクラでもいいので!歩いてみたいな〜だれか歩かせてくれないかな?」
前田「選手としては無理だから・・・オリンピックってすごいからね・・・」


10. Darling Darling


これもいいイントロですね。TUBEはイントロがいい曲がたくさんある気がします。
前田さんの歌のうまさがたくさん出ている曲ですね。

サビのハモりがとっても濃厚。

11. さよならイエスタデイ


いいですね!盛り上がります!
夏のライブで夏のソングを聴くの最高ですね。
一緒に踊っちゃいます。

雨が降ったので、前田さんのモニターの調子が悪そうでした・・・

12. WE ARE ONE(春畑道哉)


インストの曲に合わせてメンバー紹介です。
トランペットやサックスなど金管隊の層が厚いし、コーラスも女声ふたりが素晴らしかったです!

13. おかげサマー


まさかの前田さんがバルーンで横浜スタジアムを縦断します。
ちょうど座席から縦断する様子がみれて楽しかったです。

またさっきは花道が途切れていたのが、後ろのステージまでトランポリンのようにふわふわした風船式の道が伸びていてすごかったです。

この曲もそんなギミックたくさんのステージにあうような楽しい曲でした。

14. Say Hello


ライブ終盤に合うような曲ですね〜
サビがとっても盛り上がります。

前田「それではここから最後まで一気にいっちゃうぞー!」

15. MENTHOL HEAVEN


後ろのステージで熱唱する前田さん。
後ろのスタンドの人も近くで観れるような試みはいいですよね。

16. LOVE BEACH


かっこいいエレキギターのイントロとそれに合わせて腕を振り上げるのが楽しかったです。

17. 裸足のラッキーガール


ドライブで聴きたい曲ですよね。
こお曲も生で聴きたかったのでうれしいです。

前田「昨年私の喉も限界を迎えまして、高校の時の盲腸以来の2度目のオペをしました。」
前田「前よりいい声にしていただいて、今日はそのドクターも来てるんですけど・・・」
前田「これからはいろんなことに注意をしながら、心と身体に相談しながら、やっていきたいと思います。」
前田「楽しめたかな?」


18. 灯台


最後はバラードです。
途中でステージから噴水が出て感動的でした。

TUBEは本当に視覚的にもたくさん楽しませてくれますね。

アンコール待ちの間でみんながロケット風船を膨らませていてびっくりしました。
こういうのははじめてなので、楽しめましたね。次回は持ってこようと思います。

EN01. FULL SWING


メンバーが出てきて歌い始めると、みんなでロケット風船を飛ばしたのですが、なかなかない光景ですごかったです。

アンコールも一発目から盛り上がるナンバーです。

EN02. SKY HIGH


イントロから前田さんの伸びる声とコーラスが心地よいです。
そしてステージから炎と花火も出てすごかったです。

今年は花火大会にいってなかったので初花火!

前田「それではこれをやらなきゃ夏は終わりじゃない!あー夏休み!」

EN03. あー夏休み


定番中の定番ですね!
最高です!

最後にみんなで「あー夏休み!」と叫べたのが楽しすぎました。

さらにダブルアンコールもあるみたいですね!
メンバーたちは真っ白なシャツに赤い文字でTUBEという服を着てました。

前田「いつもブルーなのに今日はオリンピックカラー!」
前田「がんばれ日本!」


EN04. 夏だね


応援ソングかもしれませんね。
さらにステージの翼では回転する花火が噴射していました。
本当に派手なステージですね。

またまたロケット風船が空を飛び交います。

前田「思い起こせばザ・パイプラインという名前でアマチュアでステージに立ったのが最初でした。」
前田「35年たって、いまはこんな大きなところで演れるバンドになりました。」
前田「あの時は200人に来てもらうために、いろんな駅とかで200円で売ったんだったけかな?」
前田「せっかく集まったお金もこんな(リーゼントみたいな)髪やつに『おい、だせよ。』って取られちゃって・・・危険な街でした。」
前田「それでも横浜で演りたい!ということで、やれたときは感動が忘れられません。」
前田「はじめて横浜スタジアムでやれたときは、98年だったかな?後ろはスタッフが気を使って絵を描いたかと思ってたのですが、近くに行くと動いて・・・人ってこんなに集まるんだなぁって・・・」
前田「本当に長いようで短かった30数年だった気がします。」

前田「今年は神戸でもやらせてもらったんですけど、神戸と横浜は似ていて、外人墓地があったり・・・そこでデートとかするんでしょ?」
前田「そこで(キス)しちゃうんでしょ?そのままご飯でもいかない?なんていって中華街いっちゃうんでしょ?そんで紹興酒でもいただいちゃって、風にあたらない?なんていって海みるんでしょ?フフフ・・・」
前田「そんな街です。大好き!」

前田「僕は正直いうと海より山より近い厚木という街でしたが、それでも湘南と言い張っていました。」
前田「でも、車の湘南ナンバーができた時うちは置き去りにされました。厚木はまだ相模ナンバーです。」
前田「細かい話ですが、もっと山奥に秦野という街があります。厚木より山側にあるのですが、そこは湘南ナンバーです。どういうことなんだろう。」
前田「やっぱり嫌なことがあると海をみに行きました。」
前田「最近は飛行機なんかにも乗らせてもらって・・・飛行機から日本をみるとなんてちっちゃいんだ・・・あぁ俺の悩み事なんて本当にちっちゃいんだなって思えて・・・」
前田「海とか山とかはそういうものをくれると思います。」

前田「これからも嫌なことがあったら、中華でも食べて軽く紹興酒でもいただいて、外人墓地をふらーとまわって、最後は海に向かって『バカヤロー』なんて叫ぶ年寄りになっていきたいです。」
前田「我々にはまだ楽しみがあります。賛成の人も反対の人もいるかもしれないけど、日本に4年後にやってるくるかと思うと・・・僕はどうにもたまりません!」
前田「なんとしてもあのグラウンドを歩きたい!」

前田「本当に今日はありがとう!」


EN05. 海のバラード


最後はバラード。
沁みますね。

3時間弱にわたるライブが終わりました。
最初は雨を覚悟していましたが、ほどよく降って、やんでくれたので涼しい中、海風を感じながらライブを楽しむことができました。

余韻に浸りながら最後の曲を楽しみました。



まとめ


はじめてのTUBEライブとっても楽しめました。
途中機材トラブルなどもありましたが、圧巻のステージでしたね。

聴きたい曲も聴けましたし、ステージの効果が本当にすごかったです。

MCで前田さんが海や山は自分の悩み事なんて吹き飛ばしてくれる存在だと言っていましたが、本当にそうだなぁと感じました。

セットリスト


TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2016 -RIDE ON SUMMER-(16/08/20 横浜スタジアム)
01. TUBEロックメドレー
   Please Freeze Me!
   Soul Surfin' Crew
   Born in Japan
   ヒガシへ行け
   サヨナラMy Home Town
   夕方チャンス到来
   Go Ready Go
   オールサマー・ロング
   ONJUKU・OUHARA・TAITOU 抜けて
   Please Freeze Me!
02. SHA LA LA (English Version)
03. シーズン・イン・ザ・サン
04. あの夏の少年
05. チェリー
06. RIDE ON SUMMER
06. よこはま・たそがれ(五木ひろし)
07. 与作(北島三郎)
08. 夜空ノムコウ
09. Purity ~ピュアティ~
10. Darling Darling
11. さよならイエスタデイ
12. WE ARE ONE(春畑道哉)
13. おかげサマー
14. Say Hello
15. MENTHOL HEAVEN
16. LOVE BEACH
17. 裸足のラッキーガール
18. 灯台

EN01. FULL SWING
EN02. SKY HIGH
EN03. あー夏休み

EN04. 夏だね
EN05. 海のバラード



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*