【GoPro】Velbon 一脚 ULTRA STICK SELFIE【アクセサリー編】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

GoProの記事です。開封の儀の次のレビューがいきなりアクセサリー編です。

GoProの機能面のレビューは、GoProの魅力でもある豊富なアクセサリーごとに「こんな撮り方ができるんですよ」みたいに伝えていくほうがいいと思ったので、アクセサリーやシチュエーションごとにレビューしていきたいと思います!

今回はズバリ自撮り棒です!

Velbon 一脚 ULTRA STICK SELFIE


DSC04383

前回GoProの開封の儀を記事にしましたが、今回やっと動画も撮れたました。



自撮り棒を買ったのですが、自撮りは目的ではありません。
目的としてはスキーのときに滑りながら棒を伸ばし、雪上スレスレの動画が撮りたいのと、犬の散歩に使ったら犬の視線に近い動画が撮りやすいのかなと思ったからです。

買ったのは、「Velbon 一脚 ULTRA STICK SELFIE」。
三脚で有名なメーカーですね。こちらの三脚を前に購入して使い勝手がよかったので今回もVelbonさんにお世話になります。

軽量金属マグネシウム製:台座部分には軽く強度・振動吸収性に優れたマグネシウムを使用しています。
ウルトラロック機構:脚先端を握ってひねる事で全段を一気に固定・解除でき、スピーディーなセットが可能。
自分撮りが自由自在:18から72cmまで伸び、セルフポートレート撮影を自由自在に行えます。
延長棒として使用可能:台座裏には取付けネジ穴があり、三脚の延長棒などとして使うことが出来ます。
全高:725mm
縮長:185mm
質量:185g
推奨積載:400g
脚径/段数:24mm/6段
雲台:取外し不可




購入の決め手は軽いというのと伸ばしやすいってことですね。
本当はもう少し長くなったら最高でしたが、実質この長さでちょうどよかったと思います。

DSC04378

箱です。実際に届くとコンパクトさに驚きました。最小のときは18cmですもんね。

DSC04379

開けました。本当に小さい!そしてさすがVelbon製です。質感がとてもいい。
ストラップがついてるのもナイスですね。
不意の落下事故を防止できます。
普通の一脚だと持ち手はないので自撮り用ながらの設計ですね。

DSC04380

伸ばしてみました。ウルトラロック機能がやっぱり使いやすいです。Velbonのウルトラロック機構というのは一脚をひねって伸ばしてもう一度ひねるだけでロックできるという手軽に伸ばし縮めができます。

そしてGoProを装着しましょう。
GoProは実はそのまま一般的な三脚のネジ穴には直接つけられません。独自規格です。
独自規格ゆえにGoPro専用の自撮り棒もあったのですが、汎用性を考えてこちらにしました。
話を戻しますと、どうやって装着するか。

トライポッドマウントセット


IMG_3164
 


Go Pro 純正アクセサリ トライポッドマウントセット」を使います。

一般的な三脚のネジ穴にかませることでGoProのマウント化します。

DSC04388

こんな感じです。

DSC04382

GoPro装着!

DSC04386

伸ばしてみました。こちら側にカメラを向けましたが逆側でもオッケーです。
おまけに自由雲台なのでどんな角度もつけられます。

それでは実際に犬の散歩に使ってみましょう。
我が家のLEONという犬です。





手振れ補正も後処理もしていませんがかなりブレがあっても気になりませんね。
これはいろんなことに応用がききそうです!
動画を撮る楽しさもわかってきました。





GoProの記事をまとめました!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*