【Wii U】惑星ミラを駆けめぐれ!オープンワールドRPG「ゼノブレイドクロス」

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

発売日に買ったゼノブレイドクロスをついこのあいだクリアしたので感想など。

81i3hlTzm6L-1._SL1500_

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)
任天堂 (2015-04-29)
売り上げランキング: 387


『XenobladeX(ゼノブレイドクロス)』は、モノリスソフトが贈るシームレスオープンワールドRPGです。『Xenoblade』から受け継がれた、アクションゲームのような手ごたえとコマンド式バトルの戦術性が融合したバトルに新しい要素が加わり、より激しい戦いが繰り広げられます。「ドール」と呼ばれるロボットに搭乗してフィールドを駆け巡り、シームレスにバトルへと移行するシステムは、より一層物語への没入感を高めます。


前作のゼノブレイドはWiiでプレイ済みで、その広大で原生的なフィールドに感動し何時間もぶっ続けでプレイしたものでした。
世界観も超巨大な生物と機械の上で生活しているという設定が今までにないもので素晴らしかったですね。
そういうこともあって、今回のゼノブレイドクロスにはすごい期待していました。

今作は主人公は自分のアバターになるので、まずキャラクタークリエイトから始まります。
男性女性、顔、声まで設定できるので好きなキャラを作りましょう。
あとから全部変えることもできるので、冒険したデザインにしちゃいましょう。

Evernote Camera Roll 20150714 214040

ゼノブレイドといえば、未開のフロンティアを自分の足で歩き回ったり、原生生物や敵などと味方と協力しながら戦ったり、町に住む人々の依頼をこなしたりするのがいつもの流れです。今回はさらに、ドールという人が乗り込める機械が入ったことによってさらに探索の自由度が上がりました。

Evernote Camera Roll 20150714 211902

今回は、惑星ミラという地球ではない星が舞台なので、人類にとっては全くの未知の領域です。生活していくために浄水場を作ったり、安全を確保するために動物を飼ったり、敵性宇宙人を撃退したりします。また、データプローブという周辺の情報を得る施設を作ることで様々なことに役立てたりします。
自分は兎にも角にもこのフィールドを歩き回るのが大好きなので、ストーリーも進めないまま歩き回っているだけで最初の何時間も過ごしていました(笑)

Evernote Camera Roll 20150714 214220

ストーリーを進めていくことによってドールを手に入れてからも、フィールドを駆け巡ってばかりでした。
まだ飛ぶことができなくても、ドールのジャンプ力が凄まじいのでそれだけで探索が捗りました。

Evernote Camera Roll 20150714 211902

歩き回るばっかりではなく泳ぎ回ったりもしました。
惑星ミラには大陸がいくつかあるのですが、どこも一箇所は泳ぎでも乗り込める場所があるので、低レベルにもかかわらず海岸から侵入し、スキップトラベル(ワープ移動)できるようにしたりするのも楽しかったです。もちろん敵に見つかり負けてしまうことも数えてないくらいありました(笑)

Evernote Camera Roll 20150714 211255

広大な平野を車形態で走り回ったりするのはたのしいです。
歩くスピードと全然違うので効率も上がるし、強い敵に鉢合わせてしまったときでも猛ダッシュで逃げればなんとか撒くこともできます。
また、機体によって乗り心地も違うのでいろいろ試してみても面白いと思います。ドールは値段が高いので集めるのは楽じゃないかもしれませんが。
ある程度進むとさらに飛び回れるようになるので、今までに行けなかった場所にも行けるようになり、さらに探索が楽しくなります。

Evernote Camera Roll 20150714 211537

ちなみに、WiiUのゲームパッドの画面はこんな感じで地図の全体像を見ることができます。探索済みなのでマップが表示されていますが、未踏の地は地図上で暗く表示されるので、踏破してやろうという気になります。

Evernote Camera Roll 20150714 215041

今までに行けなかったような場所には大抵強い敵がいる上に、敵に見つかってしまうと否応無しに戦闘が開始されるので対策は必須です。
戦闘はこのような画面で、基本的にはオートアタックで、アーツという技のコマンドはプレイヤーが出します。

Evernote Camera Roll 20150714 212949

こんな馬鹿でかい敵でもアーツの工夫や装備、味方との連携によって倒せてしまうのがゼノブレイドの戦闘の面白いところだと思います。
敵によってその特性が違うので、負けてしまっても対策していけば(よっぽど戦力差がない限り)勝てるので楽しいですね。

もちろんドールに乗ったまま戦闘もできます。基本的にでかい敵はドールで戦うことが前提と思った方がいい程の耐久力があるので、ドールも戦闘に欠かせない要素です。

Evernote Camera Roll 20150714 213453

中には訳がわからないくらい大きい敵もいます。無理して倒さなくてもいいのですが、用意されているならみんな倒してやろうって気持ちになりますね。
対メカ用の装備さえ揃えてしまえば、このような建物のように大きい敵でも沈められるようになりますので結構やりがいあります。

舞台が地球じゃないので様々な宇宙人がやってきます。
主人公たちが住むNLAにも移住してくるので、街が賑わっていくのが観察できます。

Evernote Camera Roll 20150714 215258

Evernote Camera Roll 20150714 215258

Evernote Camera Roll 20150714 215259

このほかにも宇宙人は移住してくるので、異種族間同士で発生する問題や生活していく上での問題などをクエストとして処理していくのも醍醐味です。

クエストをこなしていくと人間様のあまりのクズっぷりに舌を巻くことばかりで、絶滅した方がいいのでは…とすら思うときがあります(笑)

Evernote Camera Roll 20150714 215258

宇宙人はみんなキャラが濃いので、クエストを受けていくのは楽しいです。
クエスト中に発生する選択肢でサブストーリーの結果が変わったりしていくので、何が正解なのかわからないまま進んだりしたことがあったので、セーブがいくつか作れるといいなと思いました。

Evernote Camera Roll 20150714 220137

また、NLAは、ロサンゼルスをモデルにした街という設定なので、チャペルなんかもあります。しかも宗教と薬物がらみのクエスト付きです。さすが人間様だぜ!
ゼノブレイドのサブストーリーは結構闇が深くて楽しいのでその辺もオススメです。

こんな感じで、探索しつつ街を発展させていくのがメインの動きとなるゲームです。
なにより広大なマップを歩き回るのが楽しいので是非プレイして欲しい作品です。

ストーリーについては書いてしまうとどこがネタバレになってしまうかわからないのであまり触れませんでしたが、点数をつけるなら70点くらいですかね…
探索や資材集めのため放置したりして、何時間も使ったので総プレイ時間は200時間くらいいっているのですが、たぶんストーリーを積極的に進めたら50時間もかからないのではないかな…と思います。
投げっぱなしの問題が結構あるので、それを回収するようなアップデートがないとモヤっとしたままになってしまうところが幾つもあるのが気になります。

ですが、フィールドに関してはとても良くできているのでそれだけでもやる価値があると思います。
ストーリーメインで楽しみたい人は前作のゼノブレイドをプレイするとどっぷりハマれると思います。主人公はスマブラにも出たシュルクなので、どういうゲームの主人公として出てるのかというのも知れていいと思います。思い入れのないキャラに愛着は湧かないですからね。

ストーリーはクリアしましたが、まだ終わってない厄介なクエストが結構残っていて、消化していかないと快く次のゲームに移れないので頑張ってこなしていきたいと思います。引き続き惑星ミラ探索頑張りたいとおもいます。



XenobladeX (ゼノブレイドクロス)
任天堂 (2015-04-29)
売り上げランキング: 387

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*