【ライブレポ】YUZU ARENA TOUR 2014 新世界(14/08/27 代々木体育館)

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

こんばんは。
マサキです。
 
今日はゆずの「YUZU ARENA TOUR 2014 新世界」の最終日に参戦しに代々木体育館に、にもといってきました!
 
ゆずのLIVEは去年から一年ぶりくらい。
その間にもGCとかSAYONARA国立でゆず自体は観てるんですけどね笑
 
ではライブレポいってみましょー!

DSC03815

まずは原宿駅をおりて代々木体育館に向かいました。
今回はアリーナの前の方でテンションがあがっていきます!

DSC03789

ここからネタバレです!
 
なぜか公園前のアナウンスがわざとらしいアニメ声とコミカルな表現で笑いました。
あれはなんだったのでしょうか。
 
そして今回は新世界がお祭りっぽい雰囲気のアルバムであることもあって、獅子舞とかが祭囃子風の夏色にあわせて踊っていました。

そして恒例のラジオ体操。
これもアルバムコンセプトからかわざとノイズのある電波の悪いラジオで聴いてるかのようなラジオ体操音源。変な言い回しです。 

体操を終えると暗転。
いよいよです。
 

ユートピア


一曲目!!
これは自分が予想していた一曲目でした!
二人とも声がいい調子。
お祭りっぽい雰囲気がとってもいいです!
 

四間道路


いきなりこの曲とは思いませんでした。
しかしライブ映えする曲ですね。
ブルースらしいゆうじんの歌い方と岩沢さんのハーモニカが切ないです。

サヨナラバス 


まさかのこの曲!!
この曲は僕がゆずで一番好きな曲かつ最近アコギで練習してる曲なのでイントロの瞬間に叫びが。
やはりサビ前の「いつからなんだろ〜♪」のメロディは秀逸です。
 

月曜日の週末


「今日は平日なのによくきたね〜」みたいなMCから「今日は何曜日??」の掛け合いで「水曜日」から「月曜日」までいく恒例のはじまりで「月曜日の週末」。
盛り上がりました。
大サビ前のタメが今日は少なかったけど岩沢さんの歌い方がすごくかっこよかった!

嗚呼、青春の日々


これも盛り上がりますね!
今回はゆうじんはエレキ。
このライブはゆうじんがエレキのときが多かった気がします。
 

よろこびのうた


ここで一度クールダウン。
このアコギのイントロがまたいいんです。

ひだまり

 
岩沢さんのソロからはじまるこの曲。
ひだまりというタイトルがピッタリのあたたかく朗らかなメロディがとてもいいです。

スマイル音頭

 
ステージから花道へ場所をかえます。
提灯がいっぱいあって綺麗でした。
ここでMC。岩沢さんが珍しく饒舌にしゃべる。
「夏を満喫した人もしなかった人も盛り上がりましょう!」ということで振り付けをレクチャーしながらのこの曲。
盆踊りっぽくておもしろかったです。
10歳まで、10・20代、30・40代、50・60代、それ以上でわかれて踊りところがあったのですが年配の方は踊りにキレがありました。
盆踊りとかに慣れてたからかなぁ。

ここでまた暗転してビデオがはじまります笑
潤子とムーチョの寸劇ドラマです。
 
とりあえずムーチョと潤子は生き別れになって10年ムーチョが伊勢佐木町の場末のキャバレーにいくと潤子を見つけます。
 

Ultra Lover Soul


潤子の衣装で歌うので女性目線の歌詞に。
歌い方も艶やかでした笑

曲が終わるとムーチョが潤子に話しかけるのですが記憶喪失になっててムーチョが思い出させようとしてもダメで強引に迫っていると潤子のマネージャーに殴られます笑
 
そこでムーチョはこの曲を。
「サックス!!」
といってイントロが。
 

夜霧の伊勢佐木町


これはもう笑っちゃいました。
ゆうじんの「あなたずるいひとね」のところを「はぁあなたぁはぁずるいひとねぇ〜」みたいなかんじで歌ってておかしかったです。
うまいんですけどおかしかったです笑

この曲を歌って潤子は記憶を取り戻しムーチョともう一度あの曲を。
 

恋の歌謡日


寸劇抜きにこの曲はアコギがかっこいいので聴けてうれしかったです!
途中でマネージャーがムーチョを銃でうとうとしたところ潤子がかばって打たれるんですけど、「あたし最後まで歌う!!!......だって歌手だから!!」みたいなセリフには不覚にも感動。

そのまま歌い切り昇天。
 
ここでなぜか落語コーナー
この会場には二人の幽霊がでるみたいな話をおもしろくしてました。 
 

レトロフューチャー


幽霊っぽい映像が写ってこの曲がはじまりました。
幽霊といっておきながらなぜかスターウォーズのダークサイドに落ちたアナキンみたいな格好してたし途中でライトセーバー振り回すし幽霊とはなんだったのだろうか。

ゆずはケロケロ使うの珍しいですがかっこよかったです!
 

表裏一体


そのまま会場全体にレーザーが無数に照射されて「表裏一体」。
最初はこの曲は微妙かなぁと思ってたのですが、スルメソングでした。
大サビに向けての盛り上がりと岩沢さんのハモりが超絶すぎます!
これもライブ映えしますね〜
 

素顔のままで


いったん落ち着き「素顔のままで」。
この曲も大好きです。
マニアックですが、「くじらが〜♪」のメロディとその後の「海の向こうへ」のハモりが痺れます。
 
そのあとゆうじんがお神輿背負うような格好をしてセトリに悩むから全部やれるメドレーやるぞ!ってなってメドレーが。
ゆうじんは入りを間違えてもう一回。
こういうアクシデントっていい意味でさらに盛り上がりますよね。
 

ええじゃないかメドレー
(T.W.L/イロトリドリ/シシカバブー/超特急/少年/Love&Peach/いちご/Love&Peach/T.W.L)


豪華なセトリ!
超特急は一瞬だけでした笑
やっぱりゆずのライブはメドレーあるといいですよね!
あとおふざけコーナー!

ヒカレ


メドレーのあとはこの曲。
これも大好きです!
天井のくじらが旋回してました。
サビの前にゆうじんが「いくぞ!」って煽って「ヒカレーーーーー」になるのがよかったです!

そして暗転。
恒例の「贈る唄」のサビをみんなで歌いアンコール待ち。いつものように「みんなありがと」でMCからの曲かと思いきや、いきなりゆうじんがひょこっとでてきてメガホンで「夏色」。ってポンって言ってイントロ笑。
 
~アンコール~

夏色


言わずもがな盛り上がります。
ただ「季節はすっかりうんぬん」の下りが欲しかった!
もう一回は一回でした。
テープはギリギリ届かない距離だったのですが係りの人が配ってくれてゲット! 

雨のち晴レルヤ


ラストはこの曲!
これも最初は好きになれなかったけどスルメですね。
メッセージ性のあるいい曲です。

アンコールも終わり!と思いきや、「最終日期待してきたんだよね?」ということでもう一曲。
お客さんが「守ってほしい!!!」って叫んだのにゆうじんが反応したんだけど「その曲じゃないからスルーしたかった」とかいいつ「実は迷わずこの曲って決めてました。」みたいなMCからイントロ。
  
〜最終日プラス曲〜

栄光の架橋


やっぱり何度きいてもいいね!
この曲GCでも国立でもきいてるけどやっぱり好きです! 岩沢さんがみんなで合唱してるときにイヤモニを外して聴いてくれたのがすごくよかったです。
 
ということで本当に終わり。
終演後も不思議なアナウンスを聞いて原宿駅まで道が混んでいたので余韻に浸りつつ渋谷駅まで。

DSC03821

あとはこのツアーも追加公演を残すのみ。
そのあとはなにかあるのかなぁ。
僕はゆずは二人だけのアコギツアーが好きだからそんなの期待しています!
 
奇跡が起きて当選すれば次のライブはミスチルのzeppかなぁ。期待してると落ちた時に辛いので忘れとこ。
 
明々後日は金峰山登りにいく予定だけど雨がどうだろ。それこそ雨のち晴レルヤでお願いします。
ゆずの本場は横浜ですよね。

みなとみらいの素敵な場所を紹介するサイト「SPOT NOTE みなとみらい」もよろしくお願いします。
横浜公演の際の参考にどうぞ!

DSC03824





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*