【ライブレポ】YUZU ARENA TOUR 2016 TOWA(16/01/17 代々木体育館)

この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

スクリーンショット 2016-01-02 20.46.00

1月17日、代々木第一体育館にて行われたゆずアリーナツアー「YUZU ARENA TOUR 2016 TOWA」に参戦してきました!
私は10月24日の横浜アリーナにて公演されたYUZU ARENA TOUR 2015-2016 TOWA -episode zero-以来のゆずでした!!




本日の席は2階の1列目でした!
すごい遠い地に飛ばされましたが、見晴らしはとてもよかったです。
場所も広々と取れたのでいっぱい暴れてきましたよ〜!

今回は「LINE LIVE」の配信があったためか、定刻通り17時にスタート。

DANGO「踊りましょう〜」
DANGO「Shall we dance?」


シクラメンの肉だんごさん演じるDANGOが出てきてアコーディオンの伴奏でラジオ体操です。

DANGO「ようこそ!みなさん!私の名前はDANGO!時空を旅する時の番人です!」
DANGO「えっ?ただの豚だって?」
DANGO「豚じゃねーし。」
DANGO「おっと失礼・・・今日は皆さまをちょっと不思議な旅に招待します。」
DANGO「どんな旅だって?・・・TOWAなる時の旅です。皆さまがこれからご覧になるのは・・・それは過去か未来か・・・夢か現実か・・・」
DANGO「耳をすませばきっとわかります。」


鐘の音が鳴り響きました。

DANGO「そろそろお時間です。ゆずと共にTOWAなる時の旅へ参りましょう。」
DANGO「It's time to see the world!」


オルゴール調の終わらない歌が流れます。
終わらない歌っていろんなバージョンで聴いてもいい曲ですね。

01. かける


ラジオ体操が終わってざわざわしだした中、厚ちゃんの「ひ〜とりじゃな〜い」が突如響き渡る。
あーかっこいい!かけるは最初2人の掛け合いから始まるのがいいですね!

そしていきなり特殊効果!

2人とも絶好調でしたね。声がのびのびしてる。
悠仁はエレキ弾いててかっこよかった。
舞台上をくるくる回って、バンドメンバーと楽しそうにセッションしてました。

Cメロ前の感想の部分のレーザービームが虹色になっていて綺麗でした。
ゆずは最近照明の演出こだわってるよな〜。

02. LAND


からのLAND!お久しぶり。
ドラムの音から入る流れかっこよかった。
悠仁の語りかけるような歌い方が映えるこの一曲。
LIVEならではの良さですね。

北川「みんな楽しんでるか〜」
北川「フォーーーーー」
北川「ついにたどり着きました!今日はこのTOWAツアーファイナルです!!!」
北川「みんな来てくれてありがとう〜!」
北川「今日は11782人がこの会場に集まってくれています。」


北川「今日はTOWAの最終日なんだけどスタッフがいいことを教えてくれました。」
北川「なんと僕たちチケットで来てくれるライブが500回目だと!!」
北川「みんな準備はいいかー!全部出し切るぞー!最後までついてこいよー!」


岩沢「はい。タオル準備してくださいね。」
岩沢「さっさとね。」
岩沢「意外と早く来るからね。
岩沢「準備いいですかー!いってみよう!


北川「すげえ〜」
北川「子どもたち耳に注意しろよ!」


03. T.W.L


タオルを回すぞ〜!と2人の呼びかけによりT.W.L。
2階席だったのでライトの光が全体から見れて楽しかったな。
今日も悠仁のハープが神がかってた。悠仁のハープはバリバリした荒削りな音に聞こえる。
しかしブンブン回すの疲れますな(笑)

毎度おなじみ「ライラライラライラライラライ!」の掛け合いもありました!

北川「あげる〜(ハープを投げる!)」

悠仁が客席にハープを渡していました。
そんな気軽にあげちゃってイイんですか!!!?!?くれよー!!!!!!

北川「東京元気ですかー!」
北川「今日は最終日だぞー!」
北川「じゃあ俺たちについてこい!」
北川「いぇい!いぇーい!」
観客「いぇい!いぇーい!」
北川「いぇいいぇいぃいぇいー!」
観客「いぇいいぇいぃいぇいー!」
北川「いぇいいぇいぃいぇいいぇいいぇいぃいぇい〜〜〜ぇーい!」
観客「いぇいいぇいぃいぇいいぇいいぇいぃいぇい〜〜〜ぇーい!」


北川「へい!」
観客「へい!」
北川「へい!」
観客「へい!」
北川「そっちいくぞー!」


北川「いち!にぃ!さん!しぃ!」

04.少年


episode zeroと同様、2人は汽車の形をしたトロッコで歌いながらアリーナの真ん中まで移動してました。
今回サビの手を振る方向がみんな綺麗に揃っててびっくりしたな〜。
いつもみんな好きなようにやってる気がしてたのに・・・。さすがゆずっこ。

北川「こんばんはー!」
北川「改めましてデビュー19年目のゆずです!」
北川「はじまるときはこれ本当に終わるかってなるんですけど、終わりがくると寂しいです。」

北川「一曲一曲魂込めます!」
北川「せっかく前に来たので弾き語りします。」

北川「これ僕たちの曲ですが、みなさんも一緒にいろんな想いがあったりすると思いますけど・・・」

北川「やっぱり最終日この曲やりたいです!」
北川「栄光の架橋!」


05. 栄光の架橋


みんなで合唱するのも恒例と化してきましたね。
今日は間奏の2人でギターかき鳴らすところはそんなに激しくなかったかな、しっとりしたギターの弾き方でした。

北川「どうもみんな一緒に歌ってくれてありがとう!」
北川「ファイナルに相応しい歌声でした」

北川「今日初めて来てくれた人!」
北川「どうも本物のゆずです。」

北川「僕たちのライブは初めての人、たくさん来てくれる人、歌ったり踊ったり楽しめるライブにしています!」
北川「次の曲も一緒に歌える人いると思います!シュビドゥバー!」


06. シュビドゥバー


シュビドゥバー!この曲も好きだ〜。
歳をとって改めて聞くと沁みるなぁ。

歌いながらまたトロッコで正面ステージに戻って行く2人。
2番の「こそこそとタバコを〜」てとこで悠仁と厚ちゃんがタバコを吸うジェスチャーしてました。

北川「どうもありがとう!」
北川「みんな楽しんでくれていますか?」

北川「僕たちはこの巨大なセットとまわってきました。」
北川「これ10トントラック37台分でまわったんですけど・・・」

岩沢「わお」

北川「岩沢さんの貯金でね。(深々とお辞儀)」
岩沢「そういうことにしておきましょう。」

北川「この巨大なセット、キャッスル オブ TOWA、TOWAのお城と言います。」
北川「このお城には働いている人がいます。シフト制です。」
北川「エンドレスシスターズちゃ〜ん」

観客「エンドレスシスターズちゃ〜ん!」

北川「人気出てきたね。」

北川「どうですか?岩沢さん?これ誰か入りませんかね?」
岩沢「邪魔くせぇ〜ミニチュアならね。」
北川「でももったいないですよね。」


北川「今回質問を募集していましたが、読んでいきたいと思います。」
北川「愛知県のゆかとろさん。」
北川「ゆかとろさん。」
岩沢「中トロ?大トロ?」


ゆかとろ「ツアー完遂おつかれさまでした。」
北川「まだ終わってないけど。」
ゆかとろ「またありがとうございました。」
北川「まだ終わってないけど。」


ゆかとろ「ゆずさん2人がツアーを終えられて、今一番やりたいことはなんですか?次のツアーですか?」

北川「なんかやりたいこと。」
岩沢「やってないことはたくさんあるね。」
北川「正月らしい正月が。」

北川「そんなことちょっと考えながら、ここ入れるんですよ!」
北川「オープンザドア!開けてちょ!」

北川「さて、岩沢さんの足腰を支えていた!」
岩沢「はい!」
北川「エレベーター!このおかげでツアーをまわれたといえますね!」

岩沢「大掃除とかしました?」
北川「大掃除とかしてねぇし!」
岩沢「俺もしてねぇし!」

北川「ゆっくりTVとかみた?」
岩沢「あーわりと。真田丸とか。今日は第二話です。」

北川「なんの話ですか?真田丸の話か。」
北川「もうちょいで着きますよ。」


北川「3階つきまして、どうもゆずです。」
北川「このツアーは上に来ると、立ち話もなんなんで座ってくださいというエクスキュースをしてからなんですけど・・・めっちゃ座ってやがるし。」
北川「2階過ぎたくらいでちょいちょいと座ってましたね。」
岩沢「いやいやぜひ座ってください。」
北川「椅子があるんですから。」

北川「岩沢さん、お酒とか飲んでました?僕は実は禁酒していたんです。」
岩沢「まぁまぁ。このあと終わったら飲めるじゃないですか。」
北川「うん!」

岩沢「じゃないですか?」
北川「うん!」


北川「あと食べ物とかもけっこう制限していたわけ!」
北川「こういうときってさ、なんか身体にはよくないんだけど美味しいもの食べたいじゃん!」
北川「このあとスタッフにお願いしてピザーラ頼んでおきました!」
岩沢「お〜お!Mサイズ?」
北川「Lサイズ!」
北川「厚手のやつ。」

岩沢「ピザ!食ってないなー!」
北川「だろ?」
岩沢「食いたい!」
北川「耳の部分でもいい!」
岩沢「ピザーラいいね!」


北川「というわけで一曲やりたいと思います。」
北川「準備スタート!」


エンドレスシスターズが二人の準備をします。

北川「準備できました!」
北川「僕たちは今回アルバムを出さずにツアーをまわりましたが、ついにTOWAが1月13日に発売しました。」
北川「初披露です!」


07. いつもの病気


さてかなーり高いところから、episode zeroではやってない新曲。
あんな高いとこで歌うの怖くないのかな。

アルバムで聞いてからライブで実際に聞くとやっぱり安心感ありますね(笑)
ゆずらしさが出てるいい曲。

というか本当に2人とも声良すぎだった。この曲は特にアレンジとかせずにアルバムの通り歌ってたんだけど、口からCD音源でした。

岩沢「ありがとう!いつもの病気でした。」
北川「どうもありがとう。アルバムからいつもの病気でした。」

北川「今回のツアーではアルバムを出さないことでみなさんも初めて聴く曲が多かったと思います。」
北川「ツアーを回ってアルバムを出すまでに曲が成長しました。」
北川「そんな証を聴いてください。」
北川「マツキチさん!いってみよう〜」


08.いっぱい


私はTOWAの中でこの曲が一番好きです。
イントロの、厚ちゃんのアルペジオと悠仁のマンドリンの重なりが温かみを感じられていいですね。
悠仁が生まれた子どもに向けて歌っているのかなって思うのですが、どうですかね。
幸せそうな歌声にほっこりします。

09. みそら


演出はepisode zeroとおなじで、悠仁が城の上に座って歌ってました。
優しく、しっとり歌ってくれるのでうっとりしてしまいますね。
悠仁の笑顔がまた優しそうに笑うんですわ。

曲が終わり、会場が暗くなり、DANGOが現れます。

DANGO「卵がさきか、鶏が先か。」
DANGO「これは、生命がどのようにして繁栄してきたかそこに行き着く果てしない謎でした。」

DANGO「実はこれまで卵が先という説が有力でした。」
DANGO「しかし一人の科学者が卵の成分が鶏の体内になることに気がつき、その成分がなければ卵がないことを発見しました。」
DANGO「ということは鶏なくして卵は生まれないということです。」
DANGO「では最初の鶏はどのようにして生まれたのでしょうか?」
DANGO「それはいまだに謎のままです。」

DANGO「DANGOです。」
DANGO「TOWAなる旅、今度はこのように時間を動かしましょう。」


城の時計の部分が動き始めます。
プロジェクションマッピングでの映像でした。
いい舞台の使い方してますよね。

時間を過去へと遡る途中で、ゆずの2人が昔の格好をしています。
最初は西部劇風。2人で向かい合って銃を撃ち合ってます。
悠仁は撃った後腕を曲げて拳銃を口元に。
厚ちゃんは腕をまっすぐ伸ばしたまま。
性格が出てていいね〜。
その次は武士の格好で構えあってます。厚ちゃん似合いすぎ!!(笑)
最後はローマ人。戴冠式を彷彿とさせるポージングでした。

ここからさらに城の時計が激しく回り出し、過去へと遡ります。
プロジェクションマッピングで城が燃え、舞台上が真っ赤に染まります。

ドラムとギターの音で、次の曲が始まりました。

10. た Ri ナ ぃ


なかなか攻めてる歌詞ですよね。
ゆずはアルバム作ると、どれか一つこういうガンガン攻めた一曲入れてくるので毎回楽しみです。

2人の衣装も旅人のような服装にチェンジ。
そして、episode zeroで登場した恐竜が2匹になって舞台の上で大暴れしてました!
えっ?あれ?毎回2匹だったっけ?と戸惑ってしまった。
最後悠仁のこと食べてたし、もうやりたい放題ですね(笑)

11. 逢いたい


わあ〜〜きた〜〜!!
逢いたいは是非ライブで聴いてほしい一曲ですね。
悠仁の語りかけるような歌い方が胸の奥にグッときます。

ここで「YUZU ARENA TOUR 2015-2016 TOWA -episode zero- THINK BACK」と称した今までのライブのプレイバック映像が流れました。

12. TOWA


このアルバムのタイトルでもある一曲。
音に厚みがあって壮大で、サビ前〜サビの流れはワクワクしますよね!

2人の声も最高潮!
全開です。全部出し切ってます。

しかしプロジェクションマッピング凝ってて凄いなあ。
城の周りに蔦が生えたり、カラフルな積み木(?)が崩れ落ちたり・・・。

13. ポケット


歌が終わり、プロジェクションマッピングで城に星が映し出されます。
ここがすごく綺麗で、ほんとに星空の中にいるような感覚になります。

冬の星空で聞くのにぴったりな曲ですよね。
曲聞いてて季節を感じられるのってすごい。

厚ちゃんのハミング素敵でした。

14. 二人三脚[Album Session]


今夏に開催された弾き語りライブのために作られた一曲。
アルバムバージョンになってポップさが増しましたね。
フィナーレの雰囲気が出てきてちょっとしんみり。

1番サビ後の厚ちゃんソロパート、「違って見えた世界」をうっかりハモってしまって苦笑いしてました(笑)
そのあとはしっかり持ち直してハイトーン響かせてました。

ここでドラムロールが流れ、DANGOが「終わらないバンド」を紹介します。

DANGO「Ladies and gentlemen〜We are 終わらないバンド!!」

最後はゆずが「FROM岡村町」ということで登場です!

15. 夢の地図


安心と信頼の名曲。
みんなで手拍子で盛り上がりました!

この曲は悠仁が、話しかけてるんじゃないのってくらいアレンジして歌っていたのが印象に残ってます。
楽しそうでしたね〜。

そしてなんと!途中で暗転。

DANGO「It's a showtime!」
北川「なんだ?ショータイム?Mr.DANGOがでてきました。」
北川「Mr.DANGOただのヒモをぐるぐるとまわして・・・」
北川「お〜ヒモがハンカチーフ!」


北川「今度は黄色いハンカチーフを〜いれのいれの〜」
北川「いれちゃうの〜いれるとなんと?」
北川「なんと?大丈夫なのか?」


北川「卵になりました!」
北川「今度はそれを割って、飲んじゃうの?」
北川「さすがDANGOは15kg増量しました。」


北川「え?吐いちゃうの?え?なんとハンカチーフに戻りました。」

北川「今度は巨大な本が出てきました!」
北川「本の中にはナイスバディのオネーチャンは・・・いない!」


北川「え?なになに俺が入るの?大丈夫かな?怖い・・・」
北川「入っちゃうの〜?あ〜れ〜?」


DANGO「さぁなんの変哲もないこの箱に北川さんは入ってしまいました。」
DANGO「このあとはどうなってしまうのか!」


DANGO「みなさんおたのしみに!」
DANGO「は〜い!」


DANGO「ユズマクマヤコン!チチンブイブイ!ブーブーブー!」

箱が開きます。

DANGO「誰もいない!」
DANGO「どうするの〜北川さん!北川さん!」


DANGO「オープン!」

ちっちゃい悠仁が出てきました!!

小悠仁「ばかやろーーーーー!」
小悠仁「酒飲みすぎるなよ!」
岩沢「はい・・・」
小悠仁「どうも、北川小悠仁でした!ばいば〜い!」


DANGO「さぁ小さくなってしまった北川さんは無事なのか!」
DANGO「ユズマクマヤコン!チチンブイブイ!ブーブーブー!」


悠仁登場です!

北川「は〜い!」

おかえりー!
そしてそのまま夢の地図の続きが始まりました。

16. アゲイン2


安心と信頼の名曲その2。
やっぱり楽しいなー!
いつものサビの煽りもあり、観客みんなで歌いました!
「アゲーイン」でみんなで腕あげるのすごく好きです。

悠仁にっこにこでした。

北川「ありがとう!」
北川「みんな楽しんでくれていますか!」
北川「今日このライブの様子は収録されていまして、スカパーのほうで観れるようになります!」



北川「このライブは私のしゃべりのあたりからLINEで観れるようになります。」
北川「この会場の様子をお届けしたいと思います!みんな元気か〜!」
観客「いぇーい!」


北川「だめだよそんなんじゃ・・・」
北川「もっとだよ!元気か!」

観客「いぇーい!」
北川「そんなわけでLINEで観てる方!こんな感じでやってるよ。」

北川「というわけで今日は最終日だぞ!」
北川「楽しんでるか〜!」

北川「今回僕たちのライブは本編で全部出し切るつもりでやっています!」
北川「準備はいいですか〜!」
観客「いぇいーい!」
北川「準備はいいですか〜!」
観客「いぇいーい!」
北川「イク時は一緒か〜!」


北川「季節はすっかり冬ですが・・・夏色!」

北川「それそれそれそれ!」
観客「それそれそれそれ!」
北川「それそれそれそれ!」
観客「それそれそれそれ!」

北川「全部出せ出せ出せ出せ」
観客「出せ出せ出せ出せ」
北川「全部出せ出せ出せ出せ」
観客「出せ出せ出せ出せ」
北川「全部出せ出せ出せ出せ」
観客「出せ出せ出せ出せ」

北川「それそれそれそれ!」
観客「それそれそれそれ!」
北川「それそれそれそれ!」
観客「それそれそれそれ!」

北川「いち!にぃ!いち!にぃ!さん!」


17. 夏色


冬だけど夏色!
最高!!!やっぱりこの曲がないとね!

飛び跳ねまくります。普段飛び跳ねたりできないから!出し切りましょう!!!

演奏が終わって2人が台車からお着替えブースへ消えていきます。

観客「もう一回!もう一回!もう一回!もう一回!」

ここで悠仁が自分の身体抱きしめながら、口パクで「こわいこわいこわい」ってめっちゃ言ってました(笑)
ファイナルなのにもう一回が足りねえよ!って意味でこわい連呼したのかな?

北川「バカヤローーーーーー!!」

観客「ふ〜〜〜〜!」
北川「ふぉ〜〜〜い!」
北川「何考えてんだ・・・え?今日ファイナルだぞ?」
北川「へ〜ファイナルのもう一回ってそんなもんなの・・・おれびっk」
観客「もう一回!もう一回!もう一回!もう一回!


北川「バカヤローーーーーー!!」
北川「ファイナルに相応しいおいcsじゃw!!!」

北川「俺らも全部出し切りたいんだよ!」
北川「命がけでもう一回やってもいいですか〜?」


北川「出せ出せ出せ出せ」
観客「出せ出せ出せ出せ」
北川「出せ出せ出せ出せ」
観客「出せ出せ出せ出せ」


北川「それそれそれそれ!」
観客「それそれそれそれ!」
北川「それそれそれそれ!」
観客「それそれそれそれ!」


悠仁が歌舞伎っぽい動きをしていました。
この時岩沢さんがぬるっとアコギを弾きながらあがってきて笑いました。

最後に悠仁が太ももにタンバリンをあててアウトロですが。

北川「いたたた・・・痛いよ〜ここ(太もも)が痛いよ〜・・・痛いけどそれそれそれそれ!!!!」

北川「ファイナル!ファイナル!ファイナル!ファイナル!」
観客「ファイナル!ファイナル!ファイナル!ファイナル!」


北川「痛い・・・あざになっちゃう・・・痛いけど・・・もういっちょ!それそれそれ!!!!」

北川「それそれそれそれ!!!!それそれそれそれ!!!!

北川「出せ出せ!出せ出せ!」
観客出せ出せ!出せ出せ!」


もう一回が終わる寸前で・・・

北川「それそれそれそれ!!!!」
北川「出せ出せ!出せ出せ!」


悠仁、腰を振りまくる、激しく振りまくる。
好きだよね〜(笑)

はい!!まさかの4回目!!!かなーり速いテンポの夏色です!あー最高!!!

北川「体育館元気ですか!」
北川「アリーナのみんな元気ですか!」
北川「スタンドのみんな元気ですか!」
北川「東京元気ですか!」


北川「ゆずはずーっとずっと元気だぞ!!!」
北川「どうもありがと!」

さすがファイナル。もう出すものないよ・・・。
ありがとう、ありがとう。

18. OLA!!


PVで着ていた真っ赤な衣装で登場。
Mステの観覧に当たって、とても楽しかったのでこの曲は思い入れがあります。



あんなに大暴れしたのにサラ〜ッと歌いのける2人には感服です。
最後のきみに〜きみに〜のアレンジいいですね。

北川「みんな楽しんでますか〜!」
北川「へ・・・」
北川「長い旅路でしたがこうしてこの場所でファイナルを迎えることができて本当にうれしく思っています。ありがと!」
北川「今日は僕たちにとって記念の日でして、チケットを持ってきてくれるライブとしては500回目です。」
北川「そして、今まで来てくれたお客さんは461万3527人の方が僕たちのコンサートに来てくれました!」
北川「本当にありがとう!」


北川「今回はいろんな新しいことを挑戦するツアーでした!いろんなことがあったけど、俺たちのツアー楽しんでもらえましたか?」

北川「ありがとう。大げさではなく心から僕たちは命がけで音楽と向き合ってます!」
北川「押し付けるつもりはないけど、ちょっとでも俺たちの命がけの想いが届いてくれたらうれしいです!」
北川「ありがと〜〜〜〜!」


北川「俺たちゆずは今年の10月25日にCD発売して20周年目に突入します!」
北川「で〜みんなにお知らせが!」
北川「え〜っと2016年の11月26日、27日・・・20周年突入ということで、ゆずのみという・・・弾き語りライブをするぞ!」
北川「場所は・・・東京ドーム!」
北川「少なくともここにいるやつ全員こいよ!!!」
北川「楽しみか〜!」
北川「俺たちもだ!」


北川「俺たちの音楽は楽しい時も寂しい時も・・・命を大切にできないようなときも・・・俺たちの音楽は寄り添います!」
北川「そのために俺たちはTOWAにゆずを続けていきます!」
北川「みんなついてこいよ!」
北川「おっけー!それじゃあみんなの人生が美しいものになりますように!」
北川「スカパーでみてるひとも・・・LINEでみてる人も!会場に集まってくれた人も!来たかったけどこれなかった人!すべての人に最後の曲です!・・・終わらない歌!」
北川「今日は集まってくれてありがとうございましたー!」


うおおおおおおお!!やったー!!
ということで20周年はドームで弾き語りライブに決まりましたね!
絶対チケット取って2日間いってやるぞ・・・!

19. 終わらない歌


フィナーレにふさわしい一曲。
悠仁が全力で歌い込んでて、なんだか先ほどのMCに当てられたのか涙ぐんでしまいました。

2人が一生懸命音楽と向き合って歌っている、そんな気持ちを全身で感じました。

北川「俺たちはライブが〜」
ゆず「好きだ〜」


岩沢「東京ドームで・・・」
ゆず「待ってるよ!」


北川「俺たちの夢は〜」
ゆず「終わらない!」


おーおーおおおおお〜のところもコール&レスポンスしっかりやりましたよ!
追加公演では風船が落ちてきたり少し演出が変わっていました。

ゆず「ありがとうございました!」

北川「紹介します!終わらないバンド!大きな拍手を!」
北川「エンドレスシスターズ・・・時の番人DANGOも!」
北川「ありがとうございました!ゆずでした〜!」


ゆずが帰っていきます・・・

また出てきました!

北川「どうもありがとうございます!」
北川「今日はファイナルなのでもう一曲!スペシャル!」


北川「準備します!」
北川「えーっと・・・もうさぁとんでもないステージの上で大変だったんだけど・・・こうしてやりきれてよかったです!」
北川「そりゃあさ俺たちもがんばったんだよ!」
北川「でもそれ以上に俺たちを支えてくれたスタッフに拍手!」
北川「そして演出のために楽な環境ではない素晴らしい演奏をしてくれた演奏家に拍手!」
北川「そして・・・体操をやってる子でね、謎のメイドなんだけど体操やっています。エンドレスシスターズに拍手!」
北川「俺の誕生日ライブでエンドレスシスターズに回し蹴りくらって歯が折れたけど、むしろ新しい歯が生えてかっこよくなったDANGOに拍手!シクラメンによろしく!」
北川「なによりも集まってくれた!みんなありがとう!」

北川「せっかくファイナルなのでファイナルにしか弾けない曲やります。」
北川「とくにタイトルはないや!」


20. ツアーおつかれさまのうた


このタイトルはゆずっこたちが勝手にそう呼んでいたのですが、ついに公式Facebookのセトリでタイトル決定しましたね。

終わりの歌とはちょっとまた違う雰囲気の感謝の曲ですね。

僕らの旅はこれで終わる〜またしばらく会えなくなるね〜♪
また会う日までどうか元気で〜♪


途中で会場と日付を全公演分、言っていました。
さらにスタッフがTOWAツアー完遂をお祝いして、サプライズで垂幕を公開!

一緒に肩を組んでいました。
ゆずはスタッフにも愛されていますね。

北川「どうもありがとう!」

みんなで前に並んで挨拶です。

北川「小悠仁もありがとう。」
北川「小悠仁に拍手!」
小悠仁「ばかやろ〜〜〜!」
北川「度胸あるな!」


北川「そしてみんなに拍手を!」

北川「それじゃあせっかくなんでもう一曲!」
北川「すげえだろ東京ドーム!待ってるぞ!」
北川「運良くとれたんだよ!」
北川「じゃああの東京ドームまでちょっと空いちゃうけど・・・インフルエンザとかも流行ってるし・・・」
北川「お前が気を付けろっていう話なんだけど・・・」
北川「俺たちはこのあと打ち上げがあるけど・・・みんなもやってくれ!」
北川「俺はピザを食べます!」
北川「最後聴いてくれ!終わりの歌!」


21. 終わりの歌


ラスト。
この曲もとても好きです。アコギだけなので素朴な感じが沁みます。
寂しい曲のようで、明るい歌なので温かい気持ちになりながら聞いていました。

ゆず「気をつけ!礼!」

またあおう

「YUZU ARENA TOUR 2016 TOWA」の千秋楽の終了です。

まとめ


楽しかった〜!
今回は久しぶりのライブのせいかちょっとステージと距離があったせいか、ぼやーっと全体を眺めているような気持ちになりました。

遠いのは遠いので良さがあるけど、やっぱり近くで一体感を感じながらの方が私は好きですね。

さて、熱い熱い悠仁の思いが無事我々に伝わったところで、次回の弾き語りライブに向けて士気を高めていきたいと思います!

今日のライブは3月12日21:00よりBSスカパー!で独占放送するみたいです!
いつもライブの生放送や放送がスカパーやWOWOWで観れるのうらやましいのでそろそろ加入しようかな。





Blu-ray 「LIVE FILMS TOWA -episode zero-」
トイズファクトリー (2016-04-27)
売り上げランキング: 66

DVD 「LIVE FILMS TOWA –episode zero-」
トイズファクトリー (2016-04-27)
売り上げランキング: 119


セットリスト


YUZU ARENA TOUR 2016 TOWA(16/01/17 代々木体育館)
01. かける
02. LAND
03. T.W.L
04. 少年
05. 栄光の架橋
06. シュビドゥバー
07. いつもの病気
08. いっぱい
09. みそら
10. た Ri ナ ぃ
11. 逢いたい
12. TOWA
13. ポケット
14. 二人三脚[Album Session]
15. 夢の地図
16. アゲイン2
17. 夏色
18. OLA!!
19. 終わらない歌
20. ツアーおつかれさまのうた
21. 終わりの歌



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*