【レビュー】ちょっとしたお出かけに便利!コンパクトながらもたっぷりの収納力な「土屋鞄製造所 トーンオイルヌメ ジップトップショルダー」

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

2年以上前に購入した、「トーンオイルヌメ デイリートート」、1年前に購入した「トーンオイルヌメ ソフトフィットショルダー」に引き続き、土屋鞄製造所のニューアイテムを購入しましたので紹介します!
愛用している、TAKEO KIKUCHIのふだん使いのショルダーバッグがだいぶ古くなってきて、そろそろ買い換えようかなと思っていました。
小さなカメラとペッドボトル程度が入る、新しいショルダーバッグを探していたのですが、今回もやっぱり土屋鞄製造所にナイスなカバンを見つけました!

zip-top-shoulder



「土屋鞄製造所 トーンオイルヌメ ジップトップショルダー」です。
正方形のコンパクトなショルダーバッグです。

土屋鞄製造所はクリスマスの時期に限定カラーを出すのですが、今年は限定カラーに手を出してみました。
いつもはブラウンが好きなのですが、もともと使っていたTAKEO KIKUCHIのバッグもレッドだったのと、赤色が好きということもあって、限定カラーのセピアレッドを購入。

さっと映画を観に行くときや、ウィンドウショッピングにぴったりのバッグですぐに気に入りました。
カラーも渋くていいカラー。エイジングが楽しみです。

土屋鞄製作所とは


土屋鞄製造所-横浜店_7

「土屋鞄製造所」は1965年に、ランドセル作りから始まりました、メイドインジャパンのブランドです。
子どもたちの6年間を支えるという鞄。
単なる鞄としての役目をこえた思い出の品になることを考え、丈夫で、時が経っても持ち主に似合うデザインを心がけてきたそうです。

ハンドメイドの革製品ですので、高価ですが他ブランドよりも素材やつくりの良さにお金を支払っている感じがするのでコストパフォーマンスはいいと思います。
素材の良さを十分に引き出しますので、革製品が好きな方にオススメのブランドです。

SPOT NOTE みなとみらい」でも取材しています。






トーンオイルヌメとは


to_le

お財布やペンケースはヌメ革でしたが、今回はトーンオイルヌメというやわらかな素材の革の製品を購入しました。
「トーンオイルヌメ デイリートート」もトーンオイルヌメです。

「Tone オイルヌメ」シリーズのメイン素材「オイルヌメ革」は、植物の渋だけで鞣したナチュラルで丈夫な革にオイルをたっぷり染み込ませた、土屋鞄人気No.1素材です。
傷跡やシワなどの天然の痕跡やシボ模様など変化に富む表情と、何年も使い込んだようにアンティックな風合いが特徴。使い始めからしっとり柔らかで吸い付くような手触りと、うっとりするほど芳醇な革の香りも魅力です。しかも使い込んでゆくにつれてさらに柔らかさを増し、色艶を深めて何とも言えない風合いに熟成。時間とともに個性を増し、自分だけの革になってゆきます。


とっても触り心地がよくて、かつ丈夫です。
やわらかな色味と手触りが男女共にオススメできる素材だと思います。

「トーンオイルヌメ デイリートート」はそろそろ購入してから2年ちょっとですが、色落ちや汚れも目立たず、お手入れも楽ですね。
少し色が濃くなってきました。傷ができてもしっかりケアしてあげれば、目立たなくなりますし、愛着も湧きますよ。

トーンオイルヌメ ソフトフィットショルダー


それでは、さっそく今回購入した「トーンオイルヌメ ジップトップショルダー」をレビューしていきます。

土屋鞄製造所の製品全般に言えるのですが、ハンドメイドですのですぐに売り切れてしまうことがあります。
「トーンオイルヌメ ソフトミディアムバックパック」をずっと狙っているのですが、ドラマで使われたことも重なり全然購入できないんですよね。

気に入ったものがありましたらぜひ購入することをオススメします。
ちなみに限定カラーは再販売もしないので注意が必要です。

ちなみに商品の復活サイクルは平均3ヶ月ほどです。

パッケージ


zip-top-shoulder_1

今回は店舗で購入しました。
オンラインストアや楽天でも購入することができます。
ただ、はじめての購入であれば、店舗にいっていろいろ触って選ぶ方がいいかもしれませんね。

紙袋もクリスマス仕様ですね。オシャレです。

zip-top-shoulder_2

思ったより小さなパッケージでした。
このパッケージもとっても質が高くて捨てるのがもったいないです。

zip-top-shoulder_3

丁寧な袋に包まれています。

デザイン


zip-top-shoulder_6

正面です。かわいいデザインですがカラーはシックで気に入っています。
いつものブラウンではなく、セピアレッドにしてよかったです。

光の加減で表情を変えるのですが、こうしてみると茶色がかった赤という感じですね。

正面はフロントポケットになっています。
マグネット留め式の大きなポケットになっていまして、新書くらいの大きさのものならしっかり入ります。

TAKEO KIKUCHIのバッグにもこのようなサッと入れられるポケットがあったのですが、なかなか便利です。
観光やテーマパークに行った時にパンフレットを差し込むにも便利なんです。

zip-top-shoulder_5

裏面です。
切れ込みはミニ外ポケットで、パスケース、携帯やスマートフォンなどが収納できます。

・・・いま記事を書いて気がついたのですが、こちらが裏面なんですね。
個人的には切れ込みがいいアクセントになるので、こちらを正面として使うのもアリかなと。

zip-top-shoulder_8

上からファスナー部分を撮影してみました。
こうして光が強いところでみるとかなり赤みが増しますね。

zip-top-shoulder_7

フロントポケットを開けてみました。
先ほども書きましたが、パンフレットや新書を入れるのに便利です。
私はここにスマートフォンを入れちゃうこともあります。「iPad mini」も入りますよ。

zip-top-shoulder_9

裏面のミニ外ポケットです。
スマートフォンやパスケースの収納に便利です。

zip-top-shoulder_10

「iPhone 6」や「iPhone X」のサイズも入ります。

zip-top-shoulder_11

少し頭は出てしまいますが・・・「iPhone SE」ならすっぽり入りますよ。

zip-top-shoulder_12

メインの収納スペースを見ていきましょう。

内装にはソフトな豚革を起毛させたピッグスウェードを採用しています。
これがまた手触りがいいんですよ。

ファスナーはとっても滑らかですよ。

zip-top-shoulder_13

表面側には内装ポケットがあり、薄い文庫本も入るサイズです。
ここに私は「土屋鞄製造所 Lファスナー」やスマートフォンを収納します。

zip-top-shoulder_14

背面側の内装には、ファスナー付ポケットとDカンがあります。

zip-top-shoulder_15

Dカンはキーをかけたりできますよ。

zip-top-shoulder_16

ファスナー付ポケットは貴重品を入れるに最適ですね。
この中にキーやお財布を入れるのもいいかと思います。

いろいろ収納できて便利ですね。

ちなみにメイン収納スペースは、小さなカメラ、ペッドボトルを入れてまだ余裕があるので、サッと出かけるには本当にベスト。

zip-top-shoulder_17

ショルダーストラップもしっかりと、丁寧に留めてあります。
こういうところにこだわりを感じますね。

zip-top-shoulder_18

ショルダーストラップは調節自在です。
身長を選ばない作りになっていますので、男女問わずに使えますよ。

コンビ素材になっていますので、柔らかく掛けやすいです。
ただ、ここはフルレザーでも良かったかなと思います。

ちょっとしたお出かけに便利!


zip-top-shoulder

とにかく、サイズがいいですね。
今までのバッグはカメラをいれるともうそれだけでパンパンだったのですが、余裕があっていいです。
カメラとメガネケースとお財布を入れてなお、ペッドボトルがまだ入る余裕があります。
なかなかの収納力ですよ。

セピアレッドというカラーはどんな服装にも合わせやすいですね。
オンオフ問わずに使えるカラーではないでしょうか。

まとめ


サッとでかけるのにぴったりな「土屋鞄製造所 トーンオイルヌメ ジップトップショルダー」を購入しました。
カメラが好きなので、普段から持ち歩いているのですが、なかなかちょうどいい大きさのバッグが見つかってよかったです。

男性にも女性にもオススメなサイズとお手頃なお値段ですので、プレゼントにもいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*