【映画】動物たちが大活躍!差別と偏見という道徳的テーマを取り扱った「ズートピア」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

毎回興味ないといいつつばっちり観ているディズニー映画。
今回こそあまり興味がなかったのですが好評なようですし気になって「ズートピア」を観てきました。

なかなか考えさせられるテーマを取り扱っていておもしろかったです。
単純にさすがディズニーといえるアニメーション自体も楽しめました。

ズートピア

あらすじ


動物たちの“楽園”ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディ。でも、ひとつだけ問題が・・・。
警察官になるのは通常、クマやカバのように大きくてタフな動物たちで、小さく可愛らしすぎる彼女は半人前扱いなのだ。

だが、ついにジュディも捜査に参加するチャンスが!
ただし、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう・・・。
頼みの綱は、事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニックだけ。

最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら、ある行方不明事件の捜査を開始。
だが、その事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が隠されていた・・・。(ズートピア公式ウェブサイトより)


ズートピアでは肉食動物と草食動物がそれぞれ互いを思いやり共存している。そしてそこでは叶わない夢なんてない!そんな楽園だと思われています。
しかし警察官になるために上京したうさぎのポップスはそんな綺麗事ばかりじゃないことに気がつきます。

周りのガタイの大きな警察官には、期待されず、キツネのニックのも騙されてしまいます。
また両親からは、過保護に夢を諦めることが幸せにつながるとしつこく言われてしまいます。

そんな中ポップスは48時間のリミットで、動物たちの行方不明事件を追うのです。

ポップスの相棒になるニック!


とにかくニックがいいですね。
こういうキャラクターを自分が好きなのもありますが、コミカルで皮肉屋、でもやるときはやるキャラクターは愛されますよね。

ニックはキツネなのですが、子どものことに草食動物にキツネであるがゆえに差別されていたことはポップスも同じなんですよね。
ポップスは子どものころキツネに差別されていて、物語の序盤にある草食動物は肉食動物より下の立場という差別観は、ポップスの視点であってニックから、肉食動物としての視点でみると、逆の差別もあるわけですね。

なかなか考えさせられるテーマを取り扱っています。

ポップスとニックが事件を追う!


動物たちが行方不明になっている事件を追うと、それらは凶暴化してしまう動物たちであることに気がつくポップスとニック。

ニックとポップスは互いを認め、はじめはウサギに警察官なんて無理だと言っていた他の警察官たちもポップスを認めます。

しかしポップスはインタビューで、凶暴化になるのは肉食動物、生物学的な、DNAの原因でないかということを悪意なく答えてしまいます。
これにはニックは失望。
このシーンはマスコミの報道の仕方、悪意なき発言が誰かを傷つけてしまうこともあるという構図があって悲しい気持ちになりました。

ポップスも失意のなか一度警察官を辞めますが、自分をいじめていたキツネと再会し、彼が自分に自信がなくていじめてしまったということから自分も彼も、草食動物も肉食動物も同じであると気がつきます。

その後事件解明のためにポップスは再度ニックを尋ねるのですが、このシーンもとってもいいです。
ポップスが涙を流し謝罪をするのですが、ここはやっぱりニック。ポップスに序盤でやられたとあることをやり返して笑いを誘います。

見た目や種族の違いは本質じゃない


この映画で言いたいことはやっぱりこれなんじゃないでしょうか。

終盤事件解明のシーンでは、肉食動物を凶暴化させていたのは草食動物の仕業ということが判明します。
肉食動物は草食動物より強いですが、草食動物は全体の9割います。数を持って肉食動物を追い出せば、草食動物が勝てる。こんなことを犯人は言いますが、これって今の社会で起きることですよね。

強者ゆえにある差別。弱者であることを利用した差別。
どちらが悪いとかではなく、どちらも自信のなさが差別として出てしまうのでしょうか。

心の優しい肉食動物もいるし、いじわるな草食動物もいます。見た目や種族の違いは本質じゃなくて、その人自身のパーソナリティが本質ですよね。

違いのある相手を拒絶するのではなく理解し、違いを認め合うのは難しいですね。

まとめ


今回ズートピアではそれぞれが違う姿である動物たちを使うことでわかりやすくテーマを取り扱っています。
人間同士だと同じ姿ですのでどうしても相手と自分は同じであることを強要し、違いがあれば差別し、差別されてしまう。

そんなことをズートピアを観て思いました。
子どもが観ると動物たちが活躍するワクワクする映画ですし、大人が観るとそのテーマにガツンとやられる。

さすがディズニーといったところでしょうか。

アニメーションとしても、いろいろな動物たちが住む世界を観るだけで楽しいですし、カメラワークなども素晴らしかったです。

オチもおもしろかったですよ!



ちなみに公式ウェブサイトにあなたがズートピアの住人だったら?という写真と心理テストを使った診断があるので試してみるとと楽しいかもです。僕はしっかりもののパンダでした。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*