ウェブサイト リニューアル中!(2018/03/01)

【レビュー】パウダーで歯を磨くという新感覚!卵殻アパタイト40%配合の「Dr.Oral ホワイトニングパウダー」

半年前ほどに、ちょっとお高い歯ブラシとペーストの「Dr.Oral デンタルブラシ」「Dr.Oral バイオAP ペースト」を紹介しましたが、今回はその「Dr.Oral」ブランドのホワイトニングパウダーを紹介します。
Dr.Oralのラインナップは、たまごの殻が原料の「卵殻アパタイト(バイオアパタイト)」という成分を使用しています。

卵殻アパタイトは、人になじみやすく、歯に有効な3つのパワーがあります。

・黄ジミ吸着力
・エナメルコーティング
・臭いを吸着

このような効果がある、卵殻アパタイトを「Dr.Oral バイオAP ペースト」は30%配合しているのですが、ホワイトニングパウダーである、「Dr.Oral ホワイトニングパウダー」は40%配合しています。
粉で磨くという新しい感じにも惹かれ、試しに購入してみました。さてどんな磨き心地なんでしょうか。

Dr.オーラル ホワイトニングパウダー
エクロール
売り上げランキング: 984

お値段は「Dr.Oral バイオAP ペースト」と同じく1,500円弱です。

Dr.Oralとは?

Dr.Oralは「本当に歯にいいものを届けたい」というオーラルケアの専門家たちの思いから、研究と開発を続けて生まれたブランドです。
自宅でいつでも、かんたんにホワイトニングケアができ、美しさと健やかさを保つことができます。

Dr.Oralのラインナップは、たまごの殻が原料の「卵殻アパタイト(バイオアパタイト)」という成分を使用しています。

アパタイトとは、リン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分の一つ。歯の表面のエナメル質は、97%がこのアパタイトでできています。
歯には欠かせない成分なんですね。
アパタイトはおもに鉱物由来のものが多いですが、卵殻由来のアパタイトは、歯のエナメル質の成分に近く吸着力が高いため、人へのなじみやすさがより優れています
そこに注目し、Dr.Oralはあらたなオーラルケア商品を開発しました。

卵殻アパタイトは、人になじみやすいだけでなく、歯に有効な3つのパワーがあります。

・着色汚れを吸収して剥がす!
・汚れを落とした後の歯をコーティング!
・口臭の原因物質を吸収し、口臭を予防!

日々抱える歯の悩みが、Dr.Oralの商品を使うことでまとめて解決できそう!
何気なく購入してみた商品ですが、思ったよりも本格的なケア商品でした。
それでは、さらに詳しく商品のレビューをしていきます。

「Dr.Oral ホワイトニングパウダー」

そんな卵殻アパタイトが40%配合された「Dr.Oral ホワイトニングパウダー」です。
なぜパウダーなのかというとというと、アパタイトを高配合するには、ペーストだと硬くなりすぎてチューブに詰まりやすくなってしまうので、安定した状態である粉末だからこそ、40%もの高配合を実現しています。

アパタイトが歯の周りにしっかり吸着して、歯の垢汚れ黄ジミがつくのを防ぎます
さらに口内の菌に吸着する力もあるので、歯周病や虫歯口臭の予防にもなります。

また卵殻アパタイトだけでなく、天然パール成分(光沢剤)ポリリン酸天然の洗浄剤・キラヤ樹皮エキスなど、歯の美しさと健康を保つ成分が配合されているのです!
一方で香料、合成保存料、合成安定剤、界面活性剤などの化学成分は使用していません

歯のホワイトニングにぴったりの成分が配合されつつ、無添加の歯磨き粉なので安心安全にオーラルケアができますよ。

ちなみに昔からある研磨剤の粉歯磨き粉と違い、粒子が細かく、歯のすき間に入り込み、汚れに絡みつくので歯磨きだけで驚きの白さになるそうですよ。

パッケージを開けるとこんなケースが出てきました。
小さいので、持ち運ぶこともできますね。

内容量は26gです。
チューブは60gでしたので、グラム単位で比べると割高な気がしますが、パウダーなので一回に使用する量も少ないのかもしれません。
そういう意味ではチューブと同じ期間くらい使えるかもしれません。

中身を開けるとこんな感じでパウダーが入っています。
なんだか怪しい粉みたいですね(笑)

清涼感ある香りで心地よいです。
そこまで粉末が飛散するという感じもないです。
龍角散の粉よりはしっとりしています。

それでは実際に使ってみましょう!

レッツ歯磨き!

歯ブラシは水をつけていない状態で、パウダーの押し付けます。
でも、水をつけても大丈夫かも・・・?

パウダーが水分を含んでしまうと、固まってしまうこともあるので注意は必要です。

あとは歯ブラシにつけていつも通り磨くだけ。

・・・思ったより違和感がありません!

ペーストタイプとそう変わらない磨きごこち。
もっと粉っぽさがあると思っていたのですが、良い意味で期待を裏切られました。

泡立たないのも、いいのかもしれません。
歯ブラシをしていると、泡がどんどん出てきて、かえって磨きにくいこともありますが、そういった感覚にならないのはいいですね。

香りもいいですね。
チューブタイプより香りが引き立っています。

磨いたあとは、しっかり口をゆすがないと、パウダーが口の中に残ります。
ここはチューブタイプのほうが楽ですね。口をゆすぐ回数はパウダーのほうが多いです。

磨いた結果は、はじめて試したのでいつもよりしっかり磨いた気持ちはあるのですが、なかなかいい磨き心地
歯がツルツルしすぎることもないのもナイスなポイントでした。

まとめ

購入してから2週間ほど使用していますが、いい感じです。
少しお高いので、しっかり磨こうという気持ちも芽生えます(笑)

いつまでも健康で白い歯をキープするために、「Dr.Oral ホワイトニングパウダー」いいですよ。

Dr.オーラル ホワイトニングパウダー
エクロール
売り上げランキング: 984

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください