ウェブサイト リニューアル中!(2018/03/01)

【旅行】10年に一度の大寒波!試される大地・再び!北海道旅行 in 2018 〜旭山動物園編

毎シーズンの恒例になった北海道「ニセコユナイテッド」へのスキー・スノーボード旅行
今年も2月9日〜13日5日間で、北海道を楽しんできました!!

毎回、初日は北海道の観光を楽しみ、残りの4日間でニセコユナイテッドでスキー・スノーボードを堪能というスケジュールで過ごしています。

去年の初日は「円山動物園」へ行きましたが、今年は念願の「旭山動物園」を訪れ、ペンギンの散歩をみてきました!
ずっと散歩しているのをみたいと思っていたので、スノーボード同様めちゃくちゃ楽しみでした・・・!
そのときの模様を旅行記にしていきたいと思います。

羽田空港(6:00)

家を出るのは5時過ぎ。朝が早いのはもう慣れました(笑)

予約は毎年お世話になっている「J-TRIP」にて。
初日は「旭山動物園」へ行く予定で、「旭川空港」に行きたかったのですが、ツアーパッケージだと「羽田空港」から「新千歳空港」への飛行機しかないので、往路だけは「旭川空港」行きの航空券を個別で手配しました。

購入したのはLCCの「AIR DO」。
前回「セブ島旅行」にてLCCは体験済みだったので、特に新鮮さはなかったですね。
座席の狭さなんかは同じ感じでしたが、やはりANA系列の航空機だからか客室乗務員のサービスはレベル高かったような気がします

朝が早かったので、飛行機に乗った瞬間に爆睡
離陸したのにも気づきませんでした(笑)

旭川空港(8:30)

1時間半ほど飛行機に揺られ、旭川空港に到着!
旭川空港は人生初でした!
結構大きいし、すごく綺麗ですね。

「旭山動物園」の開園時間は10時半
それまで時間があったので、朝ごはんを食べることにしました。

レストラン ティファニー

朝ごはんは、空港内にあるレストラン「レストラン ティファニー」「石狩丼」を注文。
今回は、海鮮を食べる機会がなさそうだったので、朝の一発目に海鮮丼!
石狩丼っていうのが、北海道に来たって感じしますね。

お米の上に、いくら鮭の水煮がぎっしりのってます。
おいしい〜!
さっぱりした鮭と、塩気のあるいくらがたまらないですね。
醤油をかけなくても、味がしっかりついていておいしいです。

朝からがっつりたべて大満足。
少し休憩して、10時ごろタクシーで「旭山動物園」へと向かいました。

旭山動物園(10:15)

旭山動物園へは、旭川空港から無料の直通バスが走っているのですが、到着時間が10時35分と開園後でちょっと心配だったので、タクシーで移動することにしました。

北海道のタクシーの運転手さんってみなさん気さくなんですね!
旭川空港から乗せてもらったタクシーの運転手さんはすごくいい人で、動物園やら観光やらいろいろおしゃべりしちゃいました。

運転手さんはそんなに見て回るところないよ〜と言っていたのですが、いざ動物園に到着すると開園前にも関わらず長蛇の列!
運転手さんも「あれもう並んでる!?」と声を裏返しながら驚いていました(笑)

500mくらい列になっているのをみて、流石に私たちもびっくり。
しかし列に近づいて理由がわかりました。
この時期は中国では旧正月にあたる「春節」の時期なんですよね。
そのため、中国人の観光客が大勢押し寄せていました

前も後ろも中国人だらけでびっくりしました〜
開園後も、みんなペンギンのお散歩会場めがけて雪の中を猛ダッシュしていて、開園直後のディズニーランドを思い出しました(笑)

ペンギンの散歩

私たちも負けじとペンギンのいる「ぺんぎん館」エリアへダッシュ。
なんとか最前列を確保できました!

11時まで待機していたのですが、まあ〜寒かった!
確か気温はマイナスいってたと思います。

すごく熱くなるカイロを持っていて、防寒対策に開けたのに全然熱くならなかったんですよ。
さすが試される大地・北海道。

待っている間も、外からペンギンはみれたので、友人と交代でペンギンたちを拝んできました。
お散歩に出てくるのは、キングペンギン
どの子もまるまるしていて、大きかったです。

特に印象的だったのが、キングペンギンのヒナ
毛だらけでもっこもこで、なかなかいかつい。
でも、ものすご〜〜〜くかわいかったです!

ガタガタ震えながら待っていると、いよいよペンギンの散歩が始まりました!
この散歩は強制しておらず、柵を開けて、外に出てきた子だけをお散歩してあげてるんだそうです。
少なかったら残念だな〜と心配していたのですが、10匹くらいは出てきてくれてたかな

みんなよちよち歩いていて本当にかわいかったです。
かわいすぎて「かわいい〜」しか感想が出なかったですね(笑)
目の前で止まってくれるあざといペンギンちゃんもいて、プロ根性を感じました。

ペンギンたちのお散歩姿をみれて、私の目的は無事達成。
ここからは帰りのバスの時間もあったので、園内をさくさくっと見て回りました。

あざらし館

次に向かったのが、「あざらし館」
ここでは、「マリンウェイ」という円柱水槽の中で泳ぐゴマフアザラシが観察できます。

ぺんぎん館のそばだったので、そこそこ混んでいたのですが、しっかりゴマフアザラシの泳ぐ姿が観察できました〜!
なかなかマリンウェイの中に入ってくれなくて、しかも突然現れてものすごいスピードで去っていくので、写真撮るのが大変でした(笑)
ゴマフアザラシが下からにょきっと現れて颯爽と上に泳いでいくのを見る度に、周囲のお客さん全員が「ああ〜」とか「うお〜」とか声を上げながらみてました。

近くで観察すると、めちゃくちゃ太ましい!
脂肪をたっぷりたくわえています。
優雅にマリンウェイを泳いでいるゴマフアザラシを堪能しました。

外から観察できるところもありました。

ほっきょくぐま館

あざらし館を出て、そのまま目の前にある「ほっきょくぐま館」へ。
ここもかなり混雑していて、みるのが大変でしたが、ホッキョクグマがボールで遊んでいる様子がみれました。
水槽越しに観察していたのですが、ものすごいパワーでボールをこちらにぶん投げてくるホッキョクグマは、かわいいというより、こりゃ襲われたらワンパンで死ぬな〜なんてことを思っちゃいました(笑)

水槽の方は混雑していてみづらかったのですが、2階に登ったらわりと空いていて、これまたタイミングよく、ホッキョクグマが水中から上がってきてくれました!
こうやってみるとかわいいんだよな〜。つぶらな瞳だし。
大きい生き物ってなんかこう、抱きつきたくなるんですよね。
ひょこひょこ上がってきて、なにかを一生懸命食べてました。

レッサーパンダ

ほっきょくぐま館を出ると、レッサーパンダが。
レッサーパンダは去年「円山動物園」にいったときにこれでもかというくらい観察・撮影をしたので、今回はサラッとみて移動しました。
園内は広すぎて、一つ一つじっくりみていると時間が足りなくなってしまうんですよね。

シロフクロウ舎

「ハリーポッターシリーズ」の「ヘドウィグ」で有名なシロフクロウ
最初、雪と同化しすぎてどこにいるのか全くわかりませんでした(笑)

ヘドウィグはいつもキリッとした表情のイメージですが、こちらのシロフクロウは、寒いのかずっと縮こまってまるくなってました。
閉じた目がにっこり笑っているようにみえますね

オオカミの森

さて私の推し動物、オオカミです!
旭山動物園には、シンリンオオカミという種類のオオカミがいます。
去年の「円山動物園」では、寒さのせいかオオカミはずっとおねんねしていたので、今年こそはリベンジ!と燃えていたのですが・・・

はい、寝てま〜す(笑)
今年もやっぱりすやすや眠っていました。

去年よりはたくさんいたし、近くでみれたのですが、見事にみんな寝てますね。ぐっすり。
寒さというか、夜行性で昼間は寝ているものなのかなと疑問に思って調べてみたら、基本的には夜行性だけど、シンリンオオカミは日中も活動していることが多いのだとか。
やっぱり寒いからなのか・・・

エゾシカの森

すやすやしていたシンリンオオカミの横には、元気なエゾシカがいました。
目がクリッとしていてかわいいですね。

よくみたらめちゃくちゃイケメンじゃないですか・・・

もうじゅう館

ちょっと戻って、今度は「もうじゅう館」へ。
ここには、エゾヒグマアムールトラユキヒョウなどの猛獣が展示されています。
エゾヒグマは近くでみるとやっぱり大きくて、迫力ありますね。
動物園でみるぶんにはかわいいですが、こりゃうっかり山で遭遇してしまったらひとたまりもありませんわ。

アムールトラは、ずっと檻の中をうろうろぐるぐる歩き回っていて、ネコ科であるというのを大いに思い知らされました。
毛並みと、からだの模様がとてもきれいです。

爆睡動物第2弾
遠くで眠っているな〜と思いながら階段を降りていたら、まさかの檻の下でまるまっていて、背伸びしたらさわれそうなほど近くにいました。
もちろん、さわったらダメですよ。
ユキヒョウのそばでは職員さんが目を光らせてます。

タンチョウ舎

続いてやってきたのは「タンチョウ舎」
外の檻からと、ガラス越しにタンチョウを近くで観察できます。

美人さんですね〜
日本の動物というわけではありませんが、日本らしさのある生き物ですよね。
真っ先に、脚が細くて長いという子どもみたいな感想が浮かびました(笑)

両生類・は虫類舎

館内に入ると、あたたかさに包まれるのと同時に動物独特のニオイが。
ここには、アオダイショウシマヘビニホンアマガエルエゾサンショウウオなどがいます。

館内の天井にはヘビが通れる網があって、抜け殻とともに大きなシマヘビがこちらをじっとみつめてました。

北海道産動物舎

パンフレットをみてちょっと楽しみにしていた「北海道産動物舎」
ここでは北海道の自然を体験できるような動物たちが展示されています。

写真はワシミミズク。この子もシロフクロウと同じように、目をつぶっておねんねしてました。
にっこり。

そしてキタキツネ!!!!
私の推し動物その2です。
かわいくてたまりません!!

あくびなんてしちゃって、も〜〜

ものすごく元気いっぱいな子が一匹いて、釘付けになってしまいました。
その上サービス精神旺盛で、ずっと檻の中のアスレチックで遊んでくれました。

いつまでもみてられそうです・・・
写真だけでなく、動画もいっぱい撮ってしまいました。

さる山

園内には、「サル舎」「さる山」があるのですが、サル舎は冬期は閉鎖中
さる山で暮らすニホンザルを観察しました。

山のてっぺんで孤独にしているボスザルや、とか毛づくろいしている親子とか、いろいろな姿のニホンザルを観察できました。
冬のなかでみるニホンザルもかわいいですね。

こども牧場

「こども牧場」には、ハムスターチンチラカイウサギなどの小動物が展示されています。
小動物好きの私としては外せないエリアです。

モルモットやカイウサギはいっぱいいて、みんなもぐもぐエサを食べてましたが、チンチラやハムスターは寒いのか巣穴で丸まってました。

かば館

子ども牧場を抜けて、「かば館」へ。
中に入っただけでかなり強烈なカバ臭が(笑)

近くでみると大きくて迫力満点!
カバってのんびりやにみえるけど、実は結構強いんですよね。
ゆったりと水の中を泳いでました。

かば館のそとには、ダチョウがいました。
めちゃくちゃデカイ!
ダチョウって2mくらいあるんですね。

しかも結構近くまで寄ってくるので、ドキドキしました。
人間をみつけると、近づいてきて首をググッとこちらがわに寄せてくるファンサービスがかわいかったですね〜

キリン舎

最後に向かったのが、「キリン舎」
2頭のキリンがいました。

意外と動くのが早くておもしろかったです。

私としてはサクサクなペースで園内をみて回ったと思っていたのですが、気がつけば開園から3時間近く経っていました!
いやー夢中になって動物たちを観察してしまいました。

入口のお土産ショップにチラッとよって、あんまりにもかわいかったキングペンギンのぬいぐるみをゲット!
職場に飾ろうと思います。

13:30のバスに乗るつもりで、10分前くらいにバス停に向かったのですが、人人人の大行列!
残念ながらバスに乗れそうもなかったので、再びタクシーに乗り込み旭川駅へと向かいました。

ちなみに今回紹介した動物たちを撮影したのはソニーの「α9」と望遠レンズの「SEL70200GM」です。
連写に強い「α9」と望遠レンズである「SEL70200GM」の組み合わせでかわいい動物たちをしっかり撮影することができました!

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9 ボディ ILCE-9
ソニー
売り上げランキング: 133,570

旭川駅を出発(14:00)

このときのタクシー運転手さんも気のいい人で、地元トークをいろいろ話してくれました。

駅に着くと、 13時55分。ちょうど14時に、札幌行きJR特急ライラック号があったので、猛ダッシュできっぷを買い、ホームへ駆け込み、ギリギリで乗車できました。
指定席は完売で、自由席を購入したのですが、これまた満席
デッキで2駅ほど過ごし、そのあと空いた席に座って札幌駅まで向かいました。

札幌駅に到着したら、今度はJR快速エアポートに乗り、終点の新千歳空港まで向かいます。
もちろんこちらも混んでいて座れないので、30分雪景色を眺めながらぼんやり過ごしました。

新千歳空港に到着(16:15)

実に2時間以上に及ぶ大移動を終え、無事新千歳空港に到着!
ツアーパッケージについている、ニセコ行きのバス、「リゾートライナー」は新千歳空港からしか出ていないので、ここまで頑張って戻ってきました。

バスの集合時間は17時45分
長い移動を終え、お腹も空いてきたので、夕飯を食べに向かいましたよ。

札幌味噌拉麺専門店けやき

新千歳空港内にある「ラーメン道場」にやってきました!
数ある店舗の中から選ばれたのは・・・やっぱり「けやき」!(笑)
初日の夕ご飯に、けやきの味噌ラーメンを食べるのも、すっかり恒例になりました。

あつあつで温まります!
味噌の味が空腹の胃にしみますね〜
バターと味噌がまた麺によく絡んで、たまりません。

石屋製菓 白い恋人ソフトクリーム

食後にちょっと甘いものが食べたくなったので、お土産ショップの「BLUE SKY」内にある、「石屋製菓 白い恋人ソフトクリーム」を購入。
白い恋人の味かと聞かれるとちょっとわからなかったのですが(笑)、ホワイトチョコレートの甘い味がきいていて普通のソフトクリームとは違った濃厚な味わいでした!

アイスを食べてトイレを済ませると、ちょうどバスの集合時間に。
そのままバスに乗り込んで、ニセコへと向かいました。

ニセコ グラン・ヒラフへ到着!(20:30)

夜の遅い便だったのでバスは途中休憩がなく、直行で現地へ
ラーメンを食べてお腹いっぱいだった私は、ここでも爆睡
今日は移動が多くて、あちこちで寝まくってしまいました。

ニセコ グラン・ヒラフに到着したときは、すっかり辺りは暗くなっていました。
寒いし、雪も降ってるし、積もってるし、最高ですね!
明日からの滑走が楽しみです・・・
はやる心を抑えながら、バスを降り、宿泊するホテルへと坂道を下っていきました。

ニセコパークホテル

今回お世話になったのも、「ニセコパークホテル」。
このホテルも、もうすっかりおなじみになりました。

お手頃価格なのに、設備やサービスがとても充実していて、いつも大変お世話になっています。
施設や部屋もとてもきれいですし、露天風呂朝食バイキングもあり、大満足の4日間を過ごしました。

これからもずっとお世話になりたいと思っています。
ゲレンデやスーパー、飲食店にも近いですしね。

まとめ

初日は「旭山動物園」と移動で、1日が終わってしまいました。
とにかく、ニセコから旭川までが遠い遠い!(笑)

でも、いつかみたいと思っていた「ペンギンの散歩」がみれて、大大大満足!
感動しました。すごくかわいかった〜!
そのほかの動物たちも、真冬の中にしてはみんな元気で、いろいろな種類を観察できて楽しかったです。

毎年、一年ずつ、北海道の行ってみたい観光地をじわじわと制覇しています。
去年の「円山動物園」と、今年の「旭山動物園」で動物園は制覇したので、次は小樽で食い倒れの旅でもしたいな〜!

さて、翌日からはいよいよ「ニセコユナイテッド」で、スキー・スノーボードです。
お楽しみに!

旭山動物園のすべて~動物たちの鼓動が聞こえる [DVD]
北海道放送 (2006-03-01)
売り上げランキング: 64,998

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。