ウェブサイト リニューアル中!(2018/08/01)

【レビュー】Appleは新しいiPad Proを再定義し、新時代へ。「iPad Pro 11インチ Wi-Fi+Cellular」

本日2018年11月07日は、進化した「iPad Pro」の発売日です。
今までのTouch IDからついに、「iPad Pro」もFace IDに対応しました。
12.9インチモデルはスリムになり、10.5インチモデルはほとんど同じ大きさで11インチにディスプレイサイズがアップしました。

去年購入した「iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi+Cellular」から買い換える形で購入しました。
購入したのは、「iPad Pro 11インチiPad Pro Wi-Fi + Cellular」です。

カラーはスペースグレイ。「iPhone XS」はゴールドにしたのですが、「iPad Pro」は10.5インチに引き続きカラーは続投。今回の「iPad Pro」はそもそもシルバーかスペースグレイしかありませんけどね。

容量も引き続き256GBです。今回は1TBとかいう笑っちゃうような大容量もありましたが、クラウドやNASを使ってでの運用であれば、私は256GBでことは足ります。
1TBだとメモリが6GBということもありましたが、メモリに関してはそもそも10.5インチモデルの時の4GBにも不足は感じたことはほとんどなかったので、同じスペック値の4TBなら問題なしと判断しました。

発表時はすべて最高のアップデートを果たした!・・・と思っていましたが、実際使ってみるとほとんどのところで満足しましたが、10.5インチモデルの方が使い勝手もいいんじゃないか、と思うこともあったので、ざっくばらんにレビューしていきたいと思います。


パッケージ

¥

やっぱりApple製品はパッケージから美しいですね。
このバブルの壁紙は「iPhone XS」と同じテーマですね。

リンゴマークもスペースグレイです。

「iPad Pro」も今回よりペリペリ式に変更されました。
今までは裏側からカッターで丁寧に開けて、ビニール袋自体は剥がさないで開封していましたが、今回からはビニール袋は無慈悲にゴミ箱行きです。

本体です。
本体のデザインは後でしっかりみていきましょう。

内容物はこちら。

内容物
  • 11インチiPad Pro
  • USB-C充電ケーブル
  • 18W USB-C電源アダプタ
  • 取扱説明書

今回から充電やデータ通信のためのケーブル端子がUSB-Cになりました。
これはナイスポイントです。はやく「iPhone」もUSB-Cになってほしいです。

ちょっとおもしろいのが、SIMピンが「iPhone」と違ったところです。
これ10.5インチモデルの時もそうだったのかな。

スペック

  iPad Pro
11インチ
iPad Pro
10.5インチ
価格 Wi-Fiモデル
64GB:89,800円
256GB:106,800円
512GB:128,800円
1TB:172,800円
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB:106,800円
256GB:123,800円
512GB:145,800円
1TB:189,800円
Wi-Fiモデル
64GB:69,800円
256GB:80,800円
512GB:102,800円

Wi-Fi+Cellularモデル
64GB:84,800円
256GB:95,800円
512GB:117,800円
チップ A12X Bionicチップ
Neural Engine
M12(モーションコプロセッサー)
A10X(64bit)
M10(モーションコプロセッサー)
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ
11インチ(2,388 x 1,668ピクセル、264ppi)

フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
広色域ディスプレイ
True Toneディスプレイ
ProMotionテクノロジー
Retinaディスプレイ
10.5インチ(2,224 x 1,668ピクセル、264ppi)
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
広色域ディスプレイ
True Toneディスプレイ
ProMotionテクノロジー
カメラ 1,200万画素
f値1.8
Live Photos
True Toneフラッシュ
バーストモード
「Focus Pixels」オートフォーカス
パノラマ(最大63メガピクセル)
1,200万画素
f値1.8
Live Photos
True Toneフラッシュ
バーストモード
「Focus Pixels」オートフォーカス
パノラマ(最大63メガピクセル)
フロントカメラ TrueDepthカメラ
700万画素
ポートレートモード
ポートレートライティング
アニ文字とミー文字

1080p HDビデオ撮影
バーストモード
パノラマモード
Retina Flash
FaceTime HDカメラ
700万画素
1080p HDビデオ撮影
バーストモード
パノラマモード
Retina Flash
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)のスローモーションビデオに対応
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)のスローモーションビデオに対応
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
Wi-fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
Face ID なし
Touch ID なし ○(第2世代)
Face ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
Touch ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
Apple Pencil Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil
Smart Keyboard Smart Keyboard Folio Smart Keyboard
コネクタ USB-Cコネクタ Lightningコネクタ
バッテリー Wi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
Wi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
要領 64GB
256GB
512GB
1TB
64GB
256GB
512GB
サイズ 247.6 mm × 178.5 mm × 5.9 mm 250.6 mm × 174.1 mm × 6.1 mm
重量 468 g(Wi-Fiモデル)
468 g(Wi-Fi+Cellularモデル)
469 g(Wi-Fiモデル)
477g(Wi-Fi+Cellularモデル)
カラー スペースグレイ
シルバー
ローズゴールド
ゴールド

スペースグレイ
シルバー

11インチモデルと10.5インチモデルの比較表です。
こうしてみると、やはりディスプレイのアップグレードが最大のポイントですね。
それに合わさって、チップやデザインが進化しています。

Liqid Retina ディスプレイに関しては後ほど詳しく・・・
A12X Bionicでグラフィックスが2倍速くなっています。アドビ系のアプリケーションががっつり動くそうですが、これも楽しみですね。12.9インチも気になってきます。

なんといっても軽くなったのが素晴らしいです。案ボックス時に思わず声が出たほど、軽かったです。特にセルラーモデルを使用しているユーザーは10g近く軽くなっているので、体感できるレベルだと思います。

あとはやはりUSB-Cですね。これがうれしい。
あとは「iPhone」と「AirPods」、細かいところでは「Apple TV」の「Siri Remote」くらいですよね。Lightningケーブルを使用しているところは。はやく「iPhone」も対応して、「AirPods」と「Siri Remote」は非接点充電で完璧です。

デザイン

今回の「iPad Pro」はデザインも一新されました。
今までの女性的な丸みを帯びたデザインから、「iPhone 5シリーズ」を彷彿させる、角ばったボディ

カメラ部分も少しデザインが変更されていますね。
スペック値ではほとんど変化なしです。撮れる写真も特に変わらずです。

こうして斜めからみると1枚の板感がすごいですね・・・
ちなみに今回の「iPad Pro」はアンテナ部分が最初から傷だらけでした(笑)
傷つきやすいパーツなんだろうけど、最初は傷なしでなんとかならないもんですかね・・・

そういえば「iPad Pro」は個体差で筐体が湾曲しているのが多いのですが、私に届いた「iPad Pro」はそこは大丈夫でした。
友人のはめちゃくちゃ湾曲していました。だいたい液晶側がくぼんでいます。「iPad Air」まではそんなことなかったんですよね。
余談ですが、最近の「iPhone」と「iPad Pro」はパーツパーツや組み立てが雑な気がします。開けた時から傷があっただななんてよくあります。
「Mac」はそういうのないんですけどね・・・

裏側には「Smart Keyboard Folio」の接続端子があります。
私は「Smart Keyboard Folio」は購入せず。キーボードを使ってガシガシ打ち込みしたい時は「MacBook Pro」を使用します。

充電、通信用ケーブルはUSB-Cになりました。
Lightningケーブルより端子は分厚いですが、これだけの薄さを実現できたということは、「iPhone」でもやってくれますよね。

ディスプレイ側です。ホームボタンがなくなってスッキリしました。

電源オン!
Liquid Retinaディスプレイです。さすがに「iPhone XSシリーズ」のOLEDは搭載できませんでしたか・・・でもキレイです。そのうちOLED搭載してほしいです。

一面ディスプレイは圧巻ですね。
でも待ってください・・・ここが一番気になるポイントなのですが、写真で言うと左右のベゼルが10.5インチモデルより厚くなってるんですよね。上下左右ともにもう少しギュッとさせて欲しかった・・・

音量ボタンです。電源ボタンと音量ボタンが近いので、スクリーンショットも撮りやすいです。今までは電源ボタンとホームボタンでスクリーンショットでしたが、今回からは電源ボタンと音量ボタンです。

SIMトレイです。

サイドには「Apple Pencil」の接続箇所もありますね。

携帯性

「iPad Pro 9.7インチ Wi-Fi + Cellular」の444gから「iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi + Cellular」では477gに9.7インチモデルから33g重くなり、「iPad Pro 11インチ Wi-Fi + Cellular」では468gと10.5インチモデルから9g軽くなりました。

並べてみると、とくに違いはない感じですね。

0.2mm薄くなりました。見た目ではあまり変化がありませんが、持ってみると違いがよくわかります。人間の感覚というのは鋭いものですね。

ディスプレイ側をみると、11インチモデルは縦が短くなったのがよくわかりますね。
こうしてみるよやはり、11インチモデルのベゼルは気になる・・・

携帯性という観点でみると、9.7インチからの流れでそう変化はないですね。
12.9インチモデルに関してはグッとスケールダウンしていますが、11インチは携帯性に関しては変化ないです。使用感で持ちあがた感じは軽くなったな、薄くなったなというのはあります。愛用している「国立商店」のケースに収まりきらなくなったので、新モデル対応ケースを購入しなくては・・・

ケース代わりに「Smart Keyboard Folio」を使うのもいいかもしれませんね。

ディスプレイ

Liquid Retinaディスプレイです。

ディスプレイはコンパクトな筐体でめいっぱい大きいのが正義ですね。
11インチいいと思います。電子書籍の閲覧も心地よいです。10.5インチと大きく変わりませんが、若干の違いが使用上はかなり違ってきますね。

ただ書籍はいいのですが、コミックになると結局角が切れないように表示しなければいけないので、10.5インチとそう変わらない表示にはなりますね。角を犠牲にすれば少し大きな表示になりますが・・・

ここも気になったポイントで、「iPhone」は筐体のスペースの都合上丸みを帯びさせる意味はありますが、「iPad Pro」は別に筐体の端が丸くなっているとはいえ、角ばったディスプレイで良かったのはないかなと思います。デザインの調和という意味では現行デザインですが・・・この辺りもう一歩かなと。

True ToneディスプレイやProMotionテクノロジーは10.5インチから続投なので、使い心地は抜群ですね。色味も自然ですし、リフレッシュレートが調整されるので、目に優しいです。

ただのRetinaディスプレイの10.5インチモデルとLiquid Retinaディスプレイの11インチモデルの比較ですが、あまり色味や動作の違いは感じませんでした。反射率もそう変わらないような・・・視野角だけは若干11インチモデルのほうがいいかなという程度。どちらもいいディスプレイです。

レスポンス

チップはA10XチップからA12Xチップです。
Neural Engineも搭載されました。

A10Xチップに比べて、グラフィックスが2倍速いそうですよ。

10.5インチモデルの時も十分でしたが、さらにサクサクになった印象はあります。
ついに、ほとんど閲覧専用デバイスだった「iPad Pro」で能動的な作業ができるようになる時がきたのかもしれません。

とくにアドビ系のアプリケーションが楽しみですね。

バッテリー

これは「iPad Pro」は長年変化なしのWi-Fiでは最大10時間、3G/LTEでは最大9時間です。
「iPad」はバッテリー切れは基本的におきないですね。

今回からUSB-Cケーブルで充電自体が早くなりましたし、快適な「iPad Pro」ライフを楽しめます。

セルラーモデルで0 SIMを使おう!

「iPad Pro 9.7インチ」のときよりセルラーモデルを愛用しています。
タブレットでいつも通信するわけではないので、キャリア契約するほどではないけど、たまに使うかなという方に便利なのが、「0 SIM」です。

こちらは毎月500MBまでは、無料で通信できます。
格安どころかか0円で通信できるSIMですので、docomoの純正キャリアよりはスピードが落ちますが、保険として使うのはありだと思います。

Apple Pencilを使おう!

「iPad Pro 9.7インチ」より「Apple Pencil」を使用していますが、これが便利。
アナログ的なメモができるので、「iPad」で有機的思考ができるのは助かります。

アイディアを出すために、落書きをよくするので、メモ帳の代わりに「iPad」を使うことで、ゴミも少なくなりました。というか紙のメモを一切使わなくなりましたね。

資料作成やウェブ制作のデザインなども「iPad Pro」を使うと便利です。
この辺りは私が唯一プロ的な使い方をしていたところでしょうか。

新しく「Apple Pencil」もリニューアルされました。こちらもまたいいアップデートをしましたよ。

使い心地

まずディスプレイに加えて大きく変わったのがFace IDですね。
これは「iPhone X」が出た時から「iPad Pro」こそFace IDだと思っていたので、念願です。家ではマスクをすることも少ないですし、「iPhone」以上にストレスなくFace IDを使えます。ただ私はランドスケープモードで「iPad Pro」を使用することが多く、左手で「iPad Pro」を持つと、Face IDが当然効かなくなります。カメラが隠れちゃうので。ここだけは慣れかなぁ・・・

あとはまだディスプレイに対応しているアプリが少ないので、結局10.5インチよりディスプレイが狭く感じてしまうものが多いですが、Safariなどはやはり快適ですし、時間の問題かなと思います。

キーボードも大きくなった分、余白を多くして使い勝手はあまり変わらないようにしています。使いやすいです。

まとめ

使ってみてわるいところ、いいところをまとめてみました。

わるいところ

まず角の丸みはいらないのでは・・・という疑問です。
これってデザイン上以外のメリットはないのではないでしょうか。

また、縦のベゼルが薄くなった分、横が太くなっていたら意味ないでしょ・・・という不満はありますね。

これは次機種で改善でしょうか。

あとはアンテナ部分の傷ですね・・・残念。
湾曲は個体差なんでしょうけど、がんばって真っ直ぐに作って欲しいです。
その辺はSONYはさすがの精度で仕上げてきます。ウォークマンやαシリーズの一眼レフやミラーレスは歪みが全然ないです。

いいところ

ディスプレイのサイズアップに対して筐体がほとんど変わっていない点です。
薄くもなりましたし、持ってわかる重さの違いもナイスなポイントかと思います。

また、スペックアップが今回のアップデートでは魅了的ですが、やっと能動的な作業も「iPad Pro」で行なっていけるかと思うと楽しみです。ブログが完全に「iPad Pro」で完結すると便利なんですけどね・・・

「はじめまして。新しいiPad Proです。」というキャッチフレーズをAppleは銘打っていますが、ここで新たな「iPad Pro」を再定義しAppleの新時代がはじまっていくかと思うととってもワクワクしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください