ウェブサイト リニューアル中!(2018/08/01)

【旅行】輪島、金沢、白川郷で美味と美しい景色を堪能!1泊2日の弾丸ドライブ!

ishikawa

週末を利用して、1泊2日で輪島金沢、そして白川郷と広範囲をドライブ旅行してきましたので、旅行記を書いていきたいと思います。
1日目は深夜1時に首都圏から出発するという参考にならないプランかもしれませんが、それぞれの観光地の雰囲気を味わってもらえればと思います。

私としては初石川県でした。白川郷もはじめてです。この辺りは自動車がないとなかなか旅行しにくいですよね。
とにかくごはんが美味しかったです。とくに金沢にある「近江町市場」がとってもよかったです。市場の魚介類をその場で焼いて食べたり、お寿司として食べたり・・・とっても美味しいですよ。そして安い!

それでは詳しく書いていきましょう。

神奈川県より深夜出発!(01:00)

今回の一番の旅の目的は輪島にいくことでしたので、とにかく朝早い出発。朝というか夜ですね。
神奈川県から出発でしたが、輪島に到着したのは9:00くらいでした。

石川県に入ってからの、「能登自動車道」は紅葉の時期は最高ですね。
一面紅葉を眺めながら目的地を目指します。あいにくの雨模様だったのですが、虹も見れたりとラッキーでした。

石川県輪島漆芸美術館(9:00)

ishikawa_1

まず最初は「石川県輪島漆芸美術館」へ。
私は美術館にはよくいきますが、器をはじめとする工芸品はスルーすることが多くて、それを後悔しました。

輪島塗、漆、すごいです。

「国際漆展・石川2017輪島展」の展示期間だったのですが、アート部門、デザイン部門ともに非常に刺激的な作品が多かったです。
漆のまさに漆黒が美しいです。

気になったのは、蒔絵が使われていたカフス。こちら市販もされていまして、金沢の「金澤東山しつらえ」で見つけたのですが、お値段4万円。
いつか購入してみたいですね。

朝市さかばで海鮮丼!(10:30)

ishikawa_3

朝食も食べていなかったので、近くにある海鮮丼のお店「朝市さかば」に。

ishikawa_5

ふぐ丼が堪らない!!!

値段もお安く、この味のクオリティなんて信じられなかったです。
本当においしい・・・やはり日本海側はお魚が美味しいですね。

お刺身やふぐの干物などもいただきました。
おまけで箸もいただきましたよ。

輪島本町商店街で輪島塗とお酒を購入!(11:30)

ishikawa_7

腹ごしらえも済んだ後は少し天気が悪かったのですが、商店街を散策してみました。
さすが漆器店の数がすごい!!!

輪島で10代以上続く老舗「なつめの店小西」で輪島塗の箸を購入。

20171207-DSC06552

なぜ同じ輪島塗の箸でも値段にばらつきがあるのかをしっかり教えてもらったので、少し高価な箸を購入しました。

塗りの回数もそうなのですが、塗料が合成着色料の場合もあるんですね。
また、蒔絵や沈金でも値段が違ったりと、奥が深い。

輪島塗のタンブラーは手にはまったく熱が伝わってこないスグレモノでしたので、いつか購入したいですね。

ishikawa_9

「日吉酒造店」ではお土産のお酒を購入しました。
甘酒もいただいたのですが、酒麹から作られているので、一味違ってとってもあったまりました。

輪島の次は金沢へ。
今度は「金沢21世紀美術館」へ。

金沢21世紀美術館で現代アートを堪能!(14:30)

ishikawa_34

輪島からは2時間ほどで金沢の「金沢21世紀美術館」に到着です。
「金沢21世紀美術館」は建物とプールが有名ですね。

もともと現代アートは難しいジャンルなので、好んで観るということはなかったのですが、今回いい機会だったので鑑賞してみました。

ishikawa_16

例のプールですね。
なかなかコンセプトが面白いと思いました。

ishikawa_17

中からも観れるのですが、こういった体験型のアートは捉え方次第では楽しめるのではないでしょうか。
特に今はフォトジェニックなんて言葉が流行っていることもあって、インスタ女子には絶好のスポットなのかもしれませんね。

こういったアートがフォトジェニックということで注目されていくのはなんだか面白いなと思いました。
そういったことを考える機会を与えてくれるのが現代アートかもしれませんね。

哲学をするきっかけになります。

金沢湯涌温泉の山音で宿泊!(17:30)

ishikawa_35

ずっと自動車の中にいたこともあり疲労感も溜まっていたため、初日は早めに宿へ向かいました。
金沢湯涌温泉にある「山音」です。久々にいい宿に泊まりましたね。いい宿というか値段が高いという意味で。

湯涌温泉は源泉は4つあり、ナトリウム系です。
さらりとした温泉で、長湯しやすかったです。

また、氷室が有名だそうですよ。
金沢では藩政期に多くの氷室が作られ、多くは昭和初期まで使われていたみたいですね。

ishikawa_39

夕食は金沢の海の幸、山の幸を堪能できる豪華な会食でした。
土瓶蒸しははじめて食べました。

ishikawa_40

萌えキャラとコラボした柚子サイダーが美味しかったです。

ishikawa_42

子持ち鮎なんてはじめて食べました。

ishikawa_46

有名な香箱蟹ですね。
旨味が凝縮されています。

本当に疲れていて、夕食後にすぐに寝てしまいました。

ishikawa_49

朝食は囲炉裏のある食堂で食べました。
暖かくてとっても気持ちよかったです。いい朝ですね。

ishikawa_51

朝からとっても豪華。
はたはたもとっても美味しいですね。金沢おでんなんていうのも堪能できましたよ。

とってもいい宿でした。また利用したいですね。

兼六園を散策!!(9:30)

ishikawa_56

今回の旅のメインイベント!
「兼六園」を散策です。紅葉のいい時期にこれました。

「上坂口」から入園しました。
もう入口からいい雰囲気ですね。

ishikawa_59

11枚の赤戸室石を使用し、雁が夕空に列をなして飛んでいく様をかたどった「雁行橋」
石の一枚一枚が亀の甲羅に似ているので、「亀甲橋」とも言われ、この橋を渡ると長生きするとされてきましたが、現在は石の磨耗が著しいため、通行できなくなっていました。残念・・・

ishikawa_61

「唐崎松」ですね。有名ややつです。いっそ雪が積もってくれたほうがもっといい風景になったかもしれませんね。もう少しあとの時期にも行ってみたいです。

13代藩主・斉泰が、近江八景の一つである琵琶湖畔の唐崎松から種子を取り寄せて育てた黒松だそうです。立派でした。

ishikawa_65

兼六園のほぼ中心にある、園内で一番大きな池である「霞ヶ池」です。

ishikawa_71

小さな木にも冬にほどこされる雪吊りがされていますね。

ishikawa_76

雪吊りのある、「兼六園」ならではの風景を楽しめます。

ishikawa_79

抹茶や煎茶が楽しめる、「時雨亭」です。
5代藩主・綱紀が兼六園を作庭した頃からあった建物で、廃藩の後、惜しくも撤去されてしまったものを、平成12年に新しい庭園の完成とともに復元したそうです。

ishikawa_88

「栄螺山」という螺旋状の山から「霞ヶ池」を眺めてみました。
美しいですね・・・こういう風景、景色を見ると日本に生まれて良かったなんて思っちゃいますね。

ishikawa_93

金沢のアイコンとも言える、「徽軫灯籠」です。
この灯籠は水面を照らすための雪見灯籠が変化したものだそうですよ。

ishikawa_101

「瓢池」という池には滝もありました。「翠滝」といいます。先ほどの「霞ヶ池」から流れています。

ishikawa_102

ヤシの木の化石だそうですよ・・・!
学術的にも珍しい代物だそうです。

ishikawa_103

こちらは「瓢池」にある茶亭である「夕顔亭」です。
立派な建物ですね。

「兼六園」は、もちろんなのですが、同じ風景がなく、飽きさせない工夫がされていますね。また秋以外にも来てみたいですね。

ishikawa_110

兼六園の近くにある「箔一」で定番の金箔ソフトを頂きました。
金箔は味はないのでしが、ゴージャスですね。あとは単純にソフトクリームが美味しい味でした。

近江町市場で海の幸を堪能!(11:30)

ishikawa_125

小腹もすいてきたので、ちょうど前日のTVで放映していた番組で紹介されていた、「近江町市場」に行ってみました!こういうとろこも観光地になるのって、また旅行の形が変わってきたのかもしれませんね。

ishikawa_118

魚介類をその場で焼いて食べるコーナーです。

ishikawa_119

のどぐろの一夜干し、美味しすぎました・・・!

ishikawa_122

とんでもない値段でお寿司も売ってます。
安すぎる、そして美味しすぎます。

ishikawa_120

大トロとのどぐろです。他にもマグロを堪能しましたよ。

ひがし茶屋で伝統工芸品やお土産を購入!(12:30)

ishikawa_131

「ひがし茶屋」のあたりでは、金沢のアーティストがつくった伝統工芸品やお土産を購入できます。

ishikawa_130

こちらは、ひがし茶屋の入口にある金沢の伝統工芸品をしつらえた「金澤東山しつらえ」というギャラリーショップです。

ishikawa_133

「やなぎ庵」という茶房最中にありますよ。

ishikawa_132

「国際漆展・石川2017輪島展」にも展示してあった、蒔絵のカフス。
お値段4万円。これ、帰って気になって調べて見たらネットショップだと6万円弱だったので、購入しておけば良かったなぁ・・・!

20171207-DSC06549

高級ステンレスカップ 漆 朱ぼかし
うつわ日和
売り上げランキング: 1,616,615

そして、購入したのはこちらの、タンブラー。
燕三条の加工技術が使われたステンレスに漆が塗られているハイブリットでオシャレタンブラーです。

ishikawa_129

「中田屋」のきんつばも購入しました。
これ美味しかったですよ。

20171207-DSC06550

「縁煌」というお店でお土産用の箸も購入しました。
これもアーティストの方が作られています。

これで金沢を後にしました。

世界遺産 白川郷で雪の中の合掌造を鑑賞!(15:00)

ishikawa_135

金沢から自動車で1時間ちょっとで着きました。
金沢も寒かったのですが、比べ物にならない寒さ。
そもそも雪・・・!

ishikawa_140

吊り橋を渡ると、「白川郷」です。
なんだか特殊な雰囲気ですね。

ishikawa_142

柿がなっていました。
雪とのコントラスト、合掌造との景色が風情がありますね。

ishikawa_146

合掌造の中に入って、白川郷を眺めて見ました。

ishikawa_148

薪を燃やしているので、その煙で合掌造は黒くなるみたいですね。
防虫効果や防火性が増すそうです。

ishikawa_149

お土産さんで夕飯を食べました。
五平餅おいしい!

ishikawa_150

飛騨牛のステーキ!これも美味しかったですよー!
本当に2日間食べっぱなしでしたね。

このあとは自動車で帰っていきました。

まとめ

自動車で行く、輪島、金沢、そして白川郷の旅でした。
2日間食べっぱなしの旅になりつつ、伝統工芸品や美しい景色を堪能できました。

金沢は温泉も良かったですし、また行きたいですね!
今度は有名な新幹線の駅も観てみたいです。

旅行ガイド (ことりっぷ 金沢 能登)
昭文社
売り上げランキング: 79,052

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください