ウェブサイト リニューアル中!(2018/08/01)

【旅行】梅雨の時期も堪能!車でのんびり2泊3日箱根・伊豆旅行

2019年上半期のご褒美に、6月13〜15日の3日間で、箱根・伊豆旅行に行ってきました!

箱根・伊豆旅行

以前の静岡旅行で、伊豆にある日帰り温泉「宙 SORA 渡月荘金龍」に立ち寄ったとき、とてもいいところだったので、次は泊まってみたいね、という話をしていたのをきっかけに、今回の旅行先が決まりました。
箱根は家から近いので何度も日帰りで遊びに行っていますが、伊豆は旅行の帰りに車で通るくらいで、ちゃんと観光をしたのは初めてでした!

そして今回のもうひとつのメインイベントが、「富士サファリパーク」
いつもCMでやっている、ライオンの赤ちゃんとの写真撮影をしてみたかったので、旅行の行程に組み込ませてもらいました。

初日に「富士サファリパーク」に行き、2日目は伊豆観光、そして最終日には、これまた以前の静岡旅行のときに激混みで断念した、「さわやか」リベンジと、箱根に戻りガラス体験を行う行程にしました。

にも

のんびり旅行なので、タイトスケジュールにはせず、急な変更にも対応しやすいスケジュールになっています。

1日目 人生初!富士サファリパーク〜ほんとにほんとにライオンじゃん〜

富士サファリパーク

初日は、「富士サファリパーク」へ!
事前情報だと、ライオンの赤ちゃんとの「ふれあい撮影会」は、開園前に並んでおかないとチケットが完売するとのことだったので、開園ダッシュをキメるために前日の夜に都内から箱根に移動してきました

富士サファリパーク

1日目 人生初!富士サファリパーク〜ほんとにほんとにライオンじゃん〜

もしものことを考えて、箱根は強羅にあるホテルから7:00ごろ出発
途中コンビニに寄りつつ、強羅からは車で50分くらいで到着しました。どのくらい混んでいるのか不安だったのですが、平日だったからか、なんと一番乗り!
平日なら、開園前に並ぶ必要はなさそうです。

にも

ただ訪れたのが梅雨の時期と、ややシーズンから外れているので、5月や10月あたりの行楽シーズンは平日でも混んでいるかもしれませんね。

開園まで30分ほど待っているうちに、いつの間にか結構後ろまで列ができていました。
そして9:00になり、開園。車の場合は入り口で入園料を支払います。私たちはスムーズに入園するために、あらかじめネットで前売り券を購入していました

にも

割引券などもあるようなので、事前に調べておくのがおすすめです!

さて、入園したら、一目散で「ふれあい撮影会」のチケットを購入しに向かいます
第一駐車場を奥に進んでいくと、看板があるのでそれに従って園内に進んでいけば迷わずたどり着けます。カンガルーのエリアを左手に、奥に進んでいきます。
ここでチケットが購入できなかったらおしまいだ!と思っていたので、焦っていましたが無事一番最初の10:00-11:00の回を購入できました!

1ポーズ600円。複数人で撮影する場合は、代表者1人だけが抱っこできる仕組みのようです。
全員が抱っこしたい場合は、それぞれのチケットを購入する必要がありますね。

無事チケットも購入でき、時間まで、「ふれあいゾーン」にいる動物たちを見にいくことに。
ただ、ほとんどの動物が10:00から展示開始だったので、あまり見ることができませんでした

ぐるっと園内を回っていると時間が近づいてきたので、「ふれあい撮影会」の場所へ戻りました。平日だからか、10分前に向かったら先頭で並べましたよ。
開始前にスタッフの方から、ライオンの赤ちゃんの抱っこの仕方をレクチャーしてもらえます。コツは親指と人差し指をしっかりくっつけて輪っかにして、ライオンの赤ちゃんの首根っこを掴むようにするんだそうです。

にも

しっかり掴まないと暴れると言われ、急激に緊張感が高まります(笑)

富士サファリパーク

レクチャーが終わり、撮影部屋に順番に誘導されました。部屋の中には、ライオンの赤ちゃんを抱っこしたお姉さんが。ライオンの赤ちゃん、かんんわいいい〜〜〜〜〜
今回は生後3ヶ月のライオンの赤ちゃんを抱っこさせてもらいました。大きさは100cmくらいあったかな?かなり大きかったです。
人間がライオンと触れ合える限界が3ヶ月くらいだそうですよ。

お姉さんから渡され、しっかり首元を掴むと、とっても温い・・・!あったかい・・・!(当たり前ですが)
首の部分はくにゃっとしていて、生き物を掴んでいる感覚がしっかりあります。(当たり前ですが)

写真は好きなカメラで自由に撮影することができ、撮影者は友人でも、スタッフの方でもどちらでもOKでした。
カメラ得意な友人にバシャバシャ撮ってもらいました。撮影枚数も時間も制限がなく、2分くらいするとスタッフの人が声をかけてくる感じでした。

ライオンの赤ちゃんは、掴む以外は触れるの禁止なのですが(ライオンは体に触られるのがとても嫌いなんだそうです。)、撮影の最後に、背中をちょっと撫でさせてもらいました。毛並みがツヤツヤしていて、やわらかかったです。

「ふれあい撮影会」が終わった後は、「ふれあいゾーン」で動物と触れ合っていました。

富士サファリパーク

ライオンの赤ちゃんにミルクをあげているのも見れました!生まれたばかりのライオンの赤ちゃんは、まだちっちゃいですね。かわいい〜

富士サファリパーク

カピバラさんが気持ちよさそうに泳いでました。

富士サファリパーク

13:30からは「アドベンチャーツアー」というツアーに参加しました。
ガイドの方と一緒に、「ウォーキングサファリコース」を一周しながら、動物たちと触れ合えるツアーです。

「ウォーキングサファリコース」の出口側から入り、2時間半、途中動物たちへのエサやりをしながら、「サファリゾーン」にいる動物たちと触れ合えます
ガイドの方の解説つきなので、サファリゾーンにいる動物たちの知らなかった生態などを知ることができ、勉強にもなりますね。

にも

意外と知らない、シカとウシの違い、ゾウやトラ、ライオンの生態など、おもしろい話がたくさん聞けました!

富士サファリパーク

エサやりは、シカ・キョン・キリン・クマ・トラ・ライオンにあげることができます。
一番感動したのはキリンかな。5mくらいの高さのエサやりの台があって、そこに上ってキリンに直接エサをあげるのですが、目の前までキリンがやってくるんですよ!
文字通り目の前で、迫力満点柵は何もありません。あんなにまじまじとキリンの顔を観察したのは初めてでした。

まつ毛がバッサバサに長くて、うらやましかったです。目が外に飛び出ているので、乾燥から防ぐためにまつ毛が長いんですね。

富士サファリパーク

他にも、トラやライオンのエサやりは迫力がありましたね。こちらはもちろん柵があるのですが、目の前でトラやライオンが肉にかぶりつく姿を観察することができます。
大人ながら最初から最後まではしゃいでしまいました(笑)こういったツアーは、お子さんの教育にも、とても良さそうですね〜
基本的にはウェブ予約制となっていますが、当日に空きがあれば、受付での申し込みも可能だそうです。

富士サファリパーク

運が良ければ野生のシカにも遭えるぞ!

にも

2時間半、なだらかな山道を歩き続けるような感じなので、歩きやすい靴、動きやすい服装で参加するといいですよ。

富士サファリパーク

たっぷりツアーを楽しんだら、最後は自分たちの車で「サファリゾーン」を一周してきました
開園時間は、9:00~16:30(3月11日~10月31日)なのですが、サファリゾーンへ入るのは16:30まで受け付けています
ツアーが終わったあとにギリギリで駆け込み、サファリゾーンにいる動物たちを間近で観察しました。シカなんかはかなり自由に放し飼いされていて、車の目の前までやってきましたよ。

にも

車をベロベロ舐められました(笑)

富士サファリパーク

自分のニオイをつけているくまさん。

富士サファリパーク

こちらは、エサを頬張るシマウマさん。

写真を撮りながらゆっくり回ったので、1時間くらいかかりましたが、さっと回るだけなら30分くらいで回りきれそうですね。
正直サファリパークなんて半日くらいで回り切っちゃうんじゃないかと思っていましたが、1日堪能できました。自然や動物たちと触れ合って、凝り固まった好奇心がものすごく刺激されました。
サファリパークは家族連れで訪れるようなイメージでしたが、大人同士で遊びに行ってもおもしろいですね!

ゆとりろ庵 ANNEX

「富士サファリパーク」を退園し、前日に宿泊した箱根のホテルに戻ります。
今回お世話になったのは、箱根は強羅にある「ゆとりろ庵 ANNEX」。「ゆとりろ庵 ANNEX」は、同じく箱根は強羅にある温泉旅館「ゆとりろ庵」の別館になります。

「ゆとりろ庵 ANNEX」は宿泊費がびっくりするくらい安いんですよ。プランや平日・土日祝によって異なりますが、素泊まりで、1泊あたり1人5,940円!(2019年6月時点)
で、この安さだとオンボロの民宿みたいなものを想像するじゃないですか。ところが「ゆとりろ庵 ANNEX」はめちゃくちゃ綺麗お部屋の広さと清潔度、快適さは、お値段以上。倍、10倍以上。

部屋は広いし、キッチン付きなので、大勢でわいわい宴会を楽しみたい方におすすめです。なんと調理器具も貸してくれます。

にも

私たちは、「富士サファリパーク」から帰ってきたら、材料を用意して「たこ焼きパーティ」を楽しみました!

2日目 のんびり伊豆ドライブ

2日目 のんびり伊豆ドライブ

初日は1日中外にいたせいか、ぐっすり爆睡。翌日は前の夜に余ったたこ焼きを朝ごはんがわりに食べて、9:30にチェックアウト
2日目は伊豆観光に向かいます。

伊豆スカイライン

伊豆にある「城ヶ崎海岸」に向かうため、箱根から「伊豆スカイライン」に乗りました。くねくねした山道と、ひらけた道が交互に続きます。
伊豆スカイラインは、途中車を止める箇所がいくつかあり、伊豆の景色を楽しめます。富士山も近い!この日はちょっと雲にかかってしまいました。

伊豆高原ビール うまいもん処

伊豆スカイラインの終点「天城高原IC」を降りたら、ちょうどお昼前だったので、「城ヶ崎海岸」に向かう前に腹ごしらえ!

にも

あんまんぎぃ〜〜〜ごぅおえぇえ〜〜〜〜

やはり伊豆といったら、海鮮丼が食べたい!ということで、「城ヶ崎海岸」に近い「伊豆高原ビール うまいもん処」に立ち寄りました。
ここは海鮮丼や、お刺身、定食など、さまざまな海の幸を堪能できます。

私は、「伊豆の地魚と海鮮どんぶり」と、「さざえ焼き」を注文。

伊豆高原ビール うまいもん処

どんぶりがくる前に、「さざえ焼き」がやってきました。
実は私、さざえ初挑戦。今まで見た目がダメだったのですが、食べてみるとおいしいですね!苦味がビールに合いそう。貝の中にあるスープもおいしかったです。

伊豆高原ビール うまいもん処

さざえ焼きを食べながら待っていると、「伊豆の地魚と海鮮どんぶり」が運ばれてきました!
す〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ごいボリュームだ!!!もりもりです。どこから食べて良いのかわからない(笑)

どれも臭みがなく新鮮で、おいしかった!甘エビが甘くておいしい〜!マグロやいくらもおいしかった。
一度にたくさんの種類の海鮮が楽しめるのがいいですね。得した気分。

伊豆高原ビール うまいもん処

ちなみに友人が食べていた、この店の名物「漁師の漬けどんぶり」。これはすごい。もりもりもりもりって感じです。
たっぷりしっかり腹ごしらえをしたら、「城ヶ崎海岸」へ向かいました。

城ヶ崎海岸

城ヶ崎海岸

「伊豆高原ビール うまいもん処」から、車で10分ほど「城ヶ崎海岸」に到着。
城ヶ崎海岸は、近くにある「大室山」が噴火したときの溶岩でできた、溶岩岩石海岸だそうです。断崖絶壁の溶岩岩石海岸の迫力は、写真で見るだけでもヒヤッとしますね。
また、それだけではなく、「門脇吊橋」「門脇灯台」という観光スポットがあります。

城ヶ崎海岸の駐車場は、遊歩道前と灯台前の2箇所あります。私たちは2箇所あるのを知らなかったので、うまいもん処から向かったときに先に見つけた、遊歩道前の駐車場に止めました。

車から降りると、遊歩道への看板があり、看板に沿って進んでいきます。遊歩道はかなりしっかりした山道で、軽いハイキングのような感じでしたね。

城ヶ崎海岸

途中にはこんな風に景色のいい箇所もたくさんありました。
遊歩道の入り口から歩くこと20〜30分。ようやく「門脇吊橋」の前に到着しました!お疲れ様でした!喉が渇いた!

城ヶ崎海岸

吊り橋は細いですがしっかりとした造りで、あまり揺れませんでした。

吊り橋を渡ると、目の前に「門脇灯台」があります。灯台の中には入ることができ、一番上に登ると城ヶ崎海岸を一望することができます
帰りは、さすがにまた遊歩道を歩くのは疲れそうだったので、灯台側の駐車場から遊歩道前の駐車場へと戻ってきました。

にも

遊歩道を歩くのは疲れたけど結構楽しかったので、時間に余裕がある方は遊歩道から向かうのがおすすめです!

大室山

大室山

「城ヶ崎海岸」を観光した後は、「大室山」に向かいました。
大室山は国指定の天然記念物で、そのフォルムが最大の特徴。山がまんまるで、綺麗なお鉢のような形をしています。
リフトに乗って頂上に登ることができ、火口付近の遊歩道をぐるっと歩くことができます。

しかし、リフト乗り場に到着後、山頂行きのリフトは運休していることが発覚!!
ちょうど6月10日〜14日の間は、メンテナンスでリフトは運休していたのでした。山登りが好きなので楽しみにしてたので残念です・・・
仕方ないので、近くにあった「さくらの里」という公園に向かい、大室山の写真を撮りまくってきました(笑)

にも

「さくらの里」も広くて気持ちのいい公園でした。いたるところに桜の木が植えてあったので、お花見の時期はたくさんの人でにぎわいそうですね。

宙 SORA 渡月荘金龍

宙 SORA 渡月荘金龍

「大室山」に到着した時点でちょうどいい時間だったため、宿へ向かうことに。
この日お世話になったのは、伊豆は修善寺にある「宙 SORA 渡月荘金龍」大室山から車でおよそ40分で到着しました。

以前の静岡旅行の帰りに立ち寄ったことがあったのですが、その時は日帰り温泉での利用だったんですよね。その時にとてもいい雰囲気で、次は泊まってみたいね〜と話していたので、今回、伊豆旅行の締めくくりにこの宿を選びました。

にも

ここは「逃げ恥」のロケ地としても有名ですよ〜

車で玄関前まで入ると、大勢のスタッフがお出迎え。大量に積んでいた車の荷物すべてを抱えて、お部屋に持って行ってくれました。この時点でハイレベルな接客に圧倒された私。すごい・・・
館内に入ると、まずは席に案内され、ウェルカムドリンクのサービスを受けました。入館10秒で至れり尽くせりのサービス攻撃に、長旅の疲れもすっかり吹っ飛びます。

宙 SORA 渡月荘金龍

そのあとは、担当のスタッフの方がついてくれて、お部屋に案内され、一通り説明を受けます。
今回宿泊したのは5階の4人部屋。部屋に入った瞬間、窓から見える庭園の雰囲気に一気に日常から離れたような気持ちになりましたね・・・

宙 SORA 渡月荘金龍

スタッフの方の案内が終わったら、夕食の18:40まで時間があったので、周辺を散策。「修善寺」や、「竹の小径」を見て回りました。

散策してホテルに戻ってくると、お庭でなにやらテレビの取材が行われていました。先日は「東京独身男子」のロケが行われたようですし、かなり注目度が上がっているようですね。

食事までまだ時間があったので、温泉へ!
大事浴場自体はそこまで広くはないのですが、お湯が柔らかくて、肌がツルツルになります。ちょっと熱めでしたが、いつまでも入っていたいですね。

夕食は、大抵の宿泊施設は時間になったら会場に向かいますが、ここでは時間になったら、スタッフの方が客室に電話をかけてくれます。なんというVIP待遇。
スタッフの方から電話があったので、指定された会場に向かうと・・・なんと、個室!

にも

まさか個室で食事をするとは思わず、変な声が飛び出ました(笑)

宙 SORA 渡月荘金龍

食事は静岡や山梨など、地域のおいしい食材をつかった懐石料理優しい味付けが日本人の舌に合います。量もちょうどよく、お腹も大満足でした。
中でも肉料理の「甲州産 朝霧ヨーグル豚の網焼き 3種の山葵ソースを添えて」がとんでもなくおいしかったです。口に入れた瞬間肉が溶けました。

食後は、貸切露天風呂へ。もともとプランに入っていたので、チェックイン時に予約することができました。
食後の21:00に露天風呂へ。2種類あり、「岩」と「石」の2種類があり、私は「石」にしました。
広めの露天風呂で、ゆったり過ごせます。晴れていると、夜は満点の星空を眺めながらお風呂に入ることができるそう。この日はあいにくのくもり空で、星を眺めることはできませんでした。

部屋に戻った後はみんなで買ってきたお酒を飲んだり、ボードゲームをしたりしてのんびりごろごろ。
日常を忘れて旅館でのひと時を楽しみました。

3日目 「さわやか」リベンジに挑戦するも・・・

3日目 「さわやか」リベンジに挑戦するも・・・

翌日はゆっくり起床。8:00に朝食が用意され、これまたスタッフの方から、準備が整い次第電話をかけてくれます
朝食の会場も、夕食と同じ場所。個室でゆっくり食事を楽しめます。
朝も胃に優しい、さっぱりしたメニューで、どれもおいしかったです。

にも

お品書きは、料理長直筆で料理の名前と、イラストがかかれていました。凝ってますよね〜

朝食のお味噌汁をとても楽しみにしていて、こちらでは「渡り蟹のお味噌汁」が出されました。渡り蟹のだしが味噌汁にしっかりついていて、朝から優雅な気分になりました。
さらに、朝食を食べている間に、女将がご挨拶に。女将がわざわざご挨拶にきてくれるなんて初めての体験だったので、異常に緊張しました(笑)

にも

女性には、「宙 SORA 渡月荘金龍」オリジナルの「入浴剤」をプレゼントしてくれましたよ。

朝食を終えたら、最後にもう一度温泉に入り、チェックアウト。
車を出すまで女将がお見送りにきてくれて、旅館を出る最後の最後までいい気分で過ごせました。

やっぱり話題になるだけありますね。あらゆるサイトの口コミも、5点中4.6とか10点中9.6と高評価でで、なにがすごいんだろうと気になっていたのですが、ホスピタリティがとても高いんです。おもてなしが完璧すぎて、もはやひとつのエンターテイメントなのではないかというくらい素晴らしかったです。

にも

私は、実害が起きなければ、自分に対する接客対応は雑でもあまり気にならないのですが、ここまで至れり尽くせりされてしまうと、今後、あらゆるところで比較してしまいそうですね(笑)

スタッフさんたちも流れ作業で行っているような感じではなく、率先してお仕事をされている雰囲気なのがよかったです。教育はかなり徹底して行っているのではないでしょうか。あとは、働く環境も良いのかもしれませんね。

さて、「宙 SORA 渡月荘金龍」を出発し、以前の静岡旅行で食べ損ねた「さわやか」へ向かおうとした直後、緊急事態が発生
なんと、車がパンクしてしまったのです!!

修善寺の前にある橋を渡って、曲がった瞬間、ものすごい破裂音が。最初は縁石に乗り上げてしまったのかと思っていたのですが、その後車がガタガタガタガタものすごい音を立てていて、これはまずいんじゃないかと全員焦り、近くにあったコンビニストアへ。
車を降りて左後方部の車体を見てみると、左後ろのタイヤがド派手に破裂し、ぺしゃんこになっていました・・・

乗っていた全員が初めての体験だったので、どうしていいかわからず焦りながら、とりあえず借りていたレンタカーのトラブルセンターに電話。
しかし、この日は土曜日の上に大雨でお天気も荒れており、トラブルセンターも混雑していて、電話に出てもらうまで1時間ほどかかってしまいました・・・

ようやく電話がつながり、近くのカーショップで対応してもらうことに。ここで旅行終了、ということにならず安心しました。
車のトラブルは人生で初めてでしたが、焦りますね。カーショップのスタッフさんによると、橋を曲がった時に何かがタイヤに引っかかってパンクしたんじゃないかとのことでしたが、これが高速とかだったら、本当に怖いですね。スピードも出しているし、止めるところもこまめにあるわけじゃないですし。

にも

レンタカーの保険を一番グレードが高いものにしていたので、タイヤの交換代や修理代はかかりませんでした。やっぱり保険は大事ですよ!

無事車は使えるようになりましたが、トラブルセンターに電話がつながるまででかなり時間をロスしてしまったため、今回も「さわやか」は諦めることに
く、悔しい!!またまた食べられなかった!いつになったらさわやかのハンバーグを食べることができるのだろうか・・・

強羅公園 箱根クラフトハウス

強羅公園 箱根クラフトハウス

パンクしたタイヤを修理してもらい、再び箱根へ戻ります。

にも

さわやかめ・・・このリベンジは必ず果たす!

修善寺から1時間ほどかけて箱根に戻り、強羅公園にある「箱根クラフトハウス」「ガラス吹き体験」をしました!
私は過去2回ほど体験しましたが、その話を聞いた友人が「やってみたい」と話していたので、一緒に行くことにしました。

最終日は土砂降りだったせいか、土曜日だったせいか、やや混雑していて、ガラス体験は90分待ちでした。
申し込みをしたら記入用紙をもらうので、作りたいデザインや色、オプションを決めます。
どんなものを作るのか考えるので、いつも悩むんですよね。初回は取っ手付きマグカップ、2回目は取っ手なしのマグカップだったので、今回はビアグラスにしました
家では、ビールやサワーをよく飲むので、ちょうど自分用の大きめのグラスが欲しかったんですよね。

強羅公園 箱根クラフトハウス

時間まで余裕があったので、食べ損ねた昼食を「Cafe PIC」でとることに。
ここのカレーがおいしいんですよ。ということで、「強羅カレー」を注文しましたよ。ゴロゴロっと入った野菜がおいしい!
ちょうど私たちの注文で、その日の分の強羅カレーは終了。危なかった〜

強羅公園 箱根クラフトハウス

遅めの昼食をとってお店を出ると、ちょうど雨が上がっていたので、ちょっと公園を散策しました。
強羅公園の見どころの一つであるバラは、シーズンが終わりかけでしたが、いくつかの品種は大輪の花を咲かせていました。

にも

雨上がりのしずくがついたバラも、風情があって素敵ですね。

歩き回っているとちょうど時間になったので、「箱根クラフトハウス」へ戻りました。スタッフさんに呼ばれ、工房の中へ入っていきます。かんたんに作業の説明がされたら、順番に案内されました。

体験時間は大体10〜15分くらいですかね。最初は不安になるのですが、スタッフさんがつきっきりで一緒に作業してくれるので、初めての方でもちゃんとした作品を作ることができますよ
写真や動画も自由に撮影できるので、旅の思い出にもなりますね。

私はビアグラスに凹みを入れた「ゴツゴツビアグラス」を作ったのですが、今回はなかなか上手くいったような気がします!

にも

いつもガラスの口を広げる作業が、めちゃくちゃ緊張するんですよね(笑)

完成品は、時間をかけてゆっくりと冷やすため、配送になります。4〜5日後に配送先に到着するとのことで、まだ私の手元には届いていないので、完成品が楽しみです。

天山 湯治郷

吹きガラス体験が終わった後は、車で30分ほど移動して、今回の旅行の締め「天山 湯治郷」へ。天山は、箱根湯本にある日帰り温泉です。

にも

今回は、これでもかってくらい温泉に入ってますね(笑)

天山でさっと温泉に入ったら、館内にある食事処の「楽天」「温泉湯くぐり「楽天盛り」」を注文しました。
国産の豚と牛のしゃぶしゃぶで、野菜やお米もおいしいんですよね。天山に行くといつもこれを食べています。

食事を食べてのんびりして、21:00ごろ出発。2泊3日の箱根・伊豆旅行はあっという間に終わってしまいました。

まとめ

以前は1泊2日で旅行に行くことが多かったのですが、やはり2泊3日だと余裕があって、ゆっくりできますね
今回はいき慣れた土地ということもあって、ゆったりとスケジュールでのんびり過ごせました。

「富士サファリパーク」は大人でも1日満喫できるほど楽しめましたし、伊豆ドライブも天気が良くて観光日和でした。

「さわやか」に行けなかったのだけが悔やまれますね〜(笑)
私にとってはさわやかリベンジは、今回の行程の中でわりと優先度高かったのです・・・

箱根はほぼ制覇したかなという感じですが、伊豆はまだまだ訪れたことのない観光地がたくさんありそうです。

にも

次回は下田の方に行ってみるのもいいかもな〜
まっぷる 伊豆・箱根'20 (マップルマガジン 東海 3)
昭文社 (2019-06-05)
売り上げランキング: 79,938

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください