ウェブサイト リニューアル中!(2018/08/01)

【レビュー】13インチモデルはサブマシンの完成形!プロのために存在する「MacBook Pro(2018)」

突如発売された「MacBook Pro(2018)」
WWDC 2018での発表がなかったので、じゃあ秋くらいに出るのかななんて完全に気を抜いていたら、発売でちょっと興奮しました。

1年前に「MacBook(2016)」から「MacBook Pro(2017)」へ買い替えをして、外出先での作業環境として使用してきました。

結論を言えば、購入して大正解。「iMac(Retina 5K, 27-inch, Late 2015)」に比べれば、多少作業のモタツキもありますが、ストレスなくAdobe関連アプリケーションやウェブサイトのコーディングができるのは非常に助かりました。

あと自宅でも、ビデオ会議をする際なんかだと場所を選ばずに通話することができてよかったですね。「iPad」だと画面共有などに制限がありますので。

「Touch Bar」もなかなか便利USキーボードも慣れると快適です。

「iMac」と「MacBook Pro」の二刀流が完成されたMac環境だと思っていましたが、もう少しパワーがあれば、MacBook Proとディスプレイでことが足りるのではないかとも思ってきましたね。

そう思っていたら、パワーのある「MacBook Pro(2018)」が発売されましたよ!
環境としては「MacBook Pro(2017)」で満足していたのですが、次機種が発売したら新しいMacBook Proを購入して「MacBook Pro(2017)」を知人というか当ブログのライターに譲ることが決まっていましたので、「MacBook Pro(2018)」を購入しました。

譲るうんぬんを別にしても、コーディングやAdobe関連アプリケーションの処理にもう少しパワーがあるといいなと思っていましたので、ナイスなタイミングでした。

次機種はスルーするはず・・・!来年は「iMac」をアップデートしたいんですよね。
余談ですが、「iMac」は3〜4年、「MacBook」は2年サイクルで買い替えしていくのがコストパフォーマンスがいいと思っています。「iPhone」は1年置き、「iPad」と「Apple Watch」は2年置きです。最近は1年置きにガンガン買い替えていますが、これは散財しすぎです・・・反省。

話を元に戻して、カスタマイズ内容です。

  • 2.7GHz Quad-core Intel Core i7
  • Intel Iris Plus Graphics 655
  • 16GB 2133MHz LPDDR3 SDRAM
  • 512GB PCIe-based SSD
  • US keyboard
  • Touch Bar and Touch ID

ついに、クアッドコアです。ベンチマークではとっくに「iMac(Retina 5K, 27-inch, Late 2015)」を越しちゃってるんですよね。それでもiMacのほうが作業がしやすいのは、やっぱりディスプレイの大きさだったり排熱って重要だなということを感じます。

なので、「MacBook Pro(2018)」に外部ディスプレイと外付けのeGPUとの組み合わせが最強かもしれませんね。
USキーボードはこれも快適だと思いますので、引き続き続投です!

それではスペック、デザインを詳しくみていきましょう!

パッケージ

さぼって去年のレビュー用の写真を使おうかなと思っていたのですが、微妙にパッケージが違ったので載せておきます。
どこが違うかは見つけてみてください(笑)

MacBook Pro自体のデザインは99%同じでしたので、使い回しも混ぜつつ・・・

macbook-pro-2017_1

開封の儀ですね。やっぱりこの瞬間は幸せです。
私の最近のApple製品のトレンドカラー、スペースグレイです。

そろそろシルバーに原点回帰もいいかな。

macbook-pro-2017_3

内容物はこちらです。いつも通りですね。

内容物
  • 13インチMacBook Pro
  • 61W USB-C電源アダプタ
  • USB-C充電ケーブル(2 m)

付属品は一切使わずにサードパーティの電源アダプタとケーブルを使っています。
純正は傷がつきやすくて気になるんですよね。

スペック

新型の「MacBook Pro(2018)」と「MacBook Pro(2017)」を比較しました。

2018年モデルからすべてのモデルに「Touch Bar」搭載になりましたね。
私は「Touch Bar」使えると思うユーザーですが、賛否両論かもしれませんね。

  MacBook Pro 2018 MacBook Pro 2017
ディスプレイ IPSテクノロジー搭載13.3インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ
2,560 x 1,600ピクセル標準解像度、227ppi、数百万色以上対応
True Toneテクノロジー
IPSテクノロジー搭載13.3インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ
2,560 x 1,600ピクセル標準解像度
227ppi、数百万色以上対応
CPU 2.3GHzクアッドコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.8GHz )、128MB eDRAM
2.7GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)、128MB eDRAM
3.5GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.0GHz)、64MB eDRAM
3.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)、64MB eDRAM
3.1GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)、64MB eDRAM
メモリ 16GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
8GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
16GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
8GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
グラフィック Intel Iris Plus Graphics 655 Intel Iris Plus Graphics 650
ストレージ 256GB/512GB/1TB/2TB
PCIeベースオンボードSSD
256GB/512GB/1TB
PCIeベースオンボードSSD
光学ドライブ なし なし
無線LAN 802.11ac Wi-Fi
IEEE 802.11a/b/g/n
802.11ac Wi-Fi
IEEE 802.11a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
Webカメラ FaceTimeカメラ FaceTimeカメラ
SDカード なし なし
インタフェース Thunderbolt 3(USB-C)×4
ヘッドホン出力
Thunderbolt 3(USB-C)×4
ヘッドホン出力
バッテリー駆動時間 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大10時間のiTunesムービー再生
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大10時間のiTunesムービー再生
本体サイズ 幅30.41cm x 奥行き21.24cm x 高さ1.49cm 幅30.41cm x 奥行き21.24cm x 高さ1.49cm
重量 1.37kg 1.37kg

2018年モデルは2017年モデルからかなり進化しましたね。
なんといっても、クアッドコアになりました!ついに「iMac(Retina 5K, 27-inch, Late 2015)」がラップトップである「MacBook Pro(2018)」に越されてしまいました(笑)

今回のカスタマイズではプロセッサ、メモリは最上位を選択。
カスタマイズは最上位が最下位がコストパフォーマンスがいいです。

外に出てわかる変化で言えば、ディスプレイが「True Toneテクノロジー」に対応しました。「iPad Pro」でかなり便利だと思っていたのでうれしいですね。次は「iMac」に搭載でしょうか。

スペック表に出てないところですと、キーボードが第3世代バタフライ構造キーボードになりましたね。第2世代より静音化しています。またキーキャップの下にシリコン製の膜が配置されています。このため第2世代までに比べてパコンパコンみたいな打ち心地になりました。確かに静かになりましたが、第2世代のほうが好みかな。打ちやすいのは第3世代なのですが、この辺は好みですね。本当に。

またUSB-C(Thunderbolt 3)ポートが2017年モデルまでにあった左右の性能差が改善されました。2017年モデルまでは右側2つのポートは左側のポートに比べて、データの送受信が遅かったのですが、2018年モデルは全ポートが最大40Gbpsのフルスピード転送に対応しました。

あとは、新たに搭載された「Apple T2」です。2017年モデルでは「Apple T1」が搭載されていました。「Touch Bar」や「Touch ID」の動作のために搭載されているチップなのですが、「Apple T2」ではシステムのセキュリティ強化、セキュアブートとストレージのオンザフライ暗号化にも対応しています。

このおかげで「Hey Siri」に対応しましたね。今までは「Touch Bar」のSiriマークを押す必要がありましたが、「Hey Siri」と叫んだり、囁くことでSiriを起動可能。Macにしゃべりかけるのは抵抗がありますが、意外とiPhoneやiPadではSiriを使うようになってきたので、積極的に使おうと思います。

あと地味にスピーカーも改善していますね。
2017年モデルも音はいい方でしたが、低音がよくなりましたね。

スピーカーはシステム電源に直接接続しているので、ピークの増幅がアップしています。ラップトップとしては想像以上の音質です。
Macのスピーカーは質がいいので、こだわりがない方はスピーカーを買う必要はないですね。

いろいろ書きましたが、2018年モデルは2017年モデルからの買い替えも辞さないレベルのアップデートかと思います。スロットリング問題などありましたが、アップデートで改善されたみたいですしね。13インチも15インチもオススメです。友人は15インチを購入しました。

デザイン

macbook-pro-2018

それではデザインです。
洗練されたデザインですよね。
「MacBook」シリーズは薄さもちょうどいいですし、これ以上のデザインの進化はあるのでしょうか。楽しみです。

リンゴマークは光りません!

macbook-pro-2018

スペースグレイのリンゴマークはかっこいいです。
シルバーよりもシックなので、ビジネスシーンはスペースグレイのほうがいいかもしれませんね。周りのユーザーもスペースグレイばかりです。

macbook-pro-2018

13インチサイズでしっかりコンパクトに仕上げています。
ラップトップとしての完成形に近いですね。これ以上ディスプレイはベゼルレスになる必要もないかな。

macbook-pro-2018

右側はUSB-Cポートとイヤホンジャックが2つあります。
USB-Cは本当にスグレモノで、裏表がないので、挿しやすく、ホスト側もデバイス側も同じコネクタなので、すべてが、USB-Cを採用すれば、1種類のケーブルでなんでも接続できます。

電源供給からデータ転送、映像出力まですべてできます。
転送速度も驚きの最大40Gbpsです。

13インチの「MacBook Pro」を外出先で使用して、自宅や作業スペースでは外部ディスプレイとeGPUの組み合わせがいいかもしれませんね。爆速マシンになります。

macbook-pro-2018

反対側も同じく2ポートあります。
USB Aポート接続やSDカードを挿入したいということもあると思いますが、私は「iMac」があるので、あまり使うことがありませんでしたね。一応コネクタを購入したのですが・・・もったいない。

メインとして使うのであれば、コネクタは持って損はありません。
家族はメインで使っていますが、コネクタはやはり必須ですね。

外付けストレージに関しては、今はUSB-C接続HDDがありますので、それを購入しましょう。iPhoneはUSB-C接続のLightningケーブルがありますので、それ1本あると便利ですよ。

macbook-pro-2018

裏面はいつもと同じです。
2017年モデルは1年使ってもゴム底を消耗しませんでした(笑)
「国立商店」のスリーブケースを下敷きに使っていました。

撮影スペースの都合で、開いた画像は公式サイトから拝借いたしました。
やはり洗練されたデザインですね。一見奇抜な「Touch Bar」がしっかりボディに収まっています。

おなじみの13インチのディスプレイはやはり私にとってラップトップのベストなディスプレイサイズ。
初「MacBook Pro」は15インチ、「MacBook」は12インチを経て、13インチを使っていますが、「iMac」があるので、外では13インチで十分です。ディスプレイを2分割にしてもギリ作業ができるディスプレイサイズです。

相変わらずRetinaディスプレイは美しいです。
WindowsPCも含め、RetinaディスプレイではないPCやラップトップ、スマートフォン、タブレットは使う気になれません。

また2018年モデルは「True Toneテクノロジー」を採用していますので、ディスプレイの色味がかなり自然になりました。
これは「iPad Pro」の時は掛け値無しで喜んでいたのですが、MacBook Proだと懸念事項もありますので、後ほど説明いたします。

キーボードは「USキーボード」を2017年に引き続き採用。
「USキーボード」はいろいろ意見がありますが、スッキリした見た目が好みです。
使用感に関しては慣れれば、日本語キーボードとの差異はありません。逆に言えば、USキーボードが打ちやすいかと言われるとそこまでの効果はないですね。同じです。

キーボード自体ですが、第3世代バタフライ構造キーボードを採用しています。
従来のシザー構造よりもキーの安定性が4倍向上しているそうです。薄いキーボードにこれまた賛否両論ありますが、私は打ちやすさを感じます。「Magic Keyboard」ももっと薄くなっていいですね。

「Touch Bar」は2017年モデルではじめて触れて1年経ちましたが、Fnキーよりも便利ですが、それ以上の価値は今の所見出せませんね。動画編集や画像編集の時は地味に便利です。

ちなみに見た目の変化で言えば、optionのマークが変わりましたね。上が2018年モデルですが、2017年モデルに比べて正方形に近くなっています。

「Touch Bar」の影に隠れていますが、「Touch ID」は本当に便利。
これで、開いてからパスワードをいちいち打つことがなくなりました。

持ち運ぶマシンなので、パスワードをかけていますので、セキュリティも損なわずに、煩わしいパスワード入力がなくなったのはとっても嬉しいです。

ちなみに「Apple Watch」をつけていれば、スリープから復帰のときは、パスワードいらないんですけどね。こっちのほうがいつもありがとうです。

「MacBook Pro」のデザインは素人にはもう完成体と思ってしまうほどのクオリティに仕上がっています。
もちろん、もし次にデザインを刷新した時にどうなってしまうのかという楽しみもありますね。

処理速度

  MacBook Pro(2018) MacBook Pro(2017) iMac(Late 2015)
プロセッサ 2.7GHz Quad-core Intel Core i7 3.5GHz Dual-core Intel Core i7 4.0GHzクアッドコアIntel Core i7
シングルコア 5202 4729 4869
マルチコア 17186 9317 16450

ついに、「iMac(Retina 5K, 27-inch, Late 2015)」をスペック値で越してしまいましたか・・・
それはそうとはやり2017年モデルに比べてかなり進化していますね。

2017年モデルでたまにあるタイピングのひっかかりなどが、「MacBook Pro(2018)」では改善されています。
これは本当に外部ディスプレイとeGPUで十分なのかもしれませんね。

グラフィック性能

グラフィック性能も2017年モデルより進化しています。
2017年モデルのものよりも、2倍大きい128MBのDRAMを組み込んだパワフルな統合型グラフィックスを搭載しています。

iMovieもAdobe関連アプリケーションもスッキリ動くようになりましたね。
一番違いを実感したのが、SafariやChromeのスクロールですね。描写が滑らかになりました。

拡張性

私はサブマシンとして使用するので、接続自体あまりしないのですが、メインマシンとして使う方にとって、USB-Cポートのみというのは、まだ時代が追いついていないという意味では難ありですよね。

すべてが、USB-C接続になれば、最高の拡張性ですが、現時点では実現していません。

幸いにも、「MacBook」発売時より、USB-Cポートを拡張するコネクターがApple公式製品もありますし、サードパーティにもありますので、試してみるといいかもしれません。

HooToo USBハブ Type-C 3 3.0ポート HT-UC001 グレー
HooToo
売り上げランキング: 1,150

私も「MacBook」を購入した時にコネクターを購入しました。
こちらの製品は、USB 3.0ポート×3、SDカードリーダー、HDMIポート、USB Type-C充電ポート搭載ということで、かなり使い勝手がいいです。あまり使わないですけどね。

基本的にクラウドやNASを使用していますので、インターネットを介して、無線LANを介してファイルのやりとりはするほうがスマートですね。
大きな動画ファイルや画像ファイルは、コネクターを使用して移動しています。

メインマシンとして使用する方は、USB-C対応のHDDやコネクターは必須ですね。

ディスプレイ

明るいLEDバックライトと高いコントラスト比により、黒は深く、白は明るく映し出されるので、ライティングがとってもしやすいです。文字がくっきり映し出されます。

一眼レフユーザーにうれしいのが、広色域に対応しているので、sRGBで見るよりも緑と赤がさらに鮮やかに映し出される点ですね。

「MacBook Pro」はP3カラーに対応していますので、標準的なRGBより25パーセント多い色を使用でき、緑と赤の色域がはるかに広がっています。

もともと発色の良い「MacBook Pro」のディスプレイですが、今回から「True Toneテクノロジー」を採用していますので、ディスプレイの色味がかなり自然になりました。左が2018年モデルですが、目に優しい発色です。

ただ「True Toneテクノロジー」は環境光に対して、なるべく自然な色味に表現してくれるので、環境別で色味がかなり変わって表示されるので、RAW現像やカラーコードを観る時はかなり悩みます。現像時や制作時はオフにすることにしました。どうせ出力する時は他のディスプレイでもチェックしますね。自然な色味で表現といっても、同一環境化で作業する方がやはり一定の感覚で作業できますからね。

批判から入ってしまいましたが、ビューアーとしては最高ですよね。「iPad Pro」もそうですが、なるべく自然な色味でウェブサイトや写真が観れるのはうれしいです。

デフォルトでは、「1440×900」の解像度が設定されています。
お好みで、「1024×640」「1280×800」「1440×900」「1680×1050」の4種類を使い分けることもできます。

「MacBook」は「1200×800」がデフォルトの設定ですが、「MacBook Pro」は「1440×900」です。より広いスペース感で作業をすることができますね。

写真編集など、細部にこだわりたい時は、「1280×800」を使うといいと思います。
Excelやスプレッドシートを使う際に私は「1680×1050」を使用します。これが本当に助かります。セルが多く表示されるので、関数が組みやすいです。

キーボード

バタフライ

もうお馴染みのAppleが新設計したバタフライ構造ですね。
従来のシザー構造よりもキーの安定性が4倍向上しており、さらに快適な使い心地とさらに優れた反応が得られるそうです。

何を持って安定性が4倍かはわかりませんが、確かに打ちやすいです。
第1世代のバタフライ構造は、クセがありながらも確かに慣れると打ちやすいな、という印象でした。
2017年モデル第2世代のバタフライ構造は最初から打ちやすさを感じました。

2018年モデルは、打ちやすいのは確実なのですが、キーキャップの下にシリコン製の膜が配置されているせいか、第2世代までに比べてパコンパコンみたいな打ち心地になりました。確かに静かになりましたが、第2世代のほうが好みですね。

「USキーボード」と「日本語キーボード」の違いですが、「入力モード」の切り替えのショートカット(control + space)カタカナ、半角カナへの変換ショートカットに慣れてしまえば問題ないです。

打ちやすさは「USキーボード」と「日本語キーボード」との違いはほとんどないと思います。好みで選んでいいと思います。

Touch BarとTouch ID

これもお馴染みになりましたね。

たまに使う機能は、しっかり「Touch Bar」で使えますし、文字変換は、他のショートカットがありますので、「Touch Bar」になっても機能性が損なわれることはありません。Fnキーを常に表示させることもできますので、どうしても「Touch Bar」がイヤな場合はそうしておきましょう。

わりと「Touch Bar」が賢いです。
各アプリケーションで、使いやい機能が表示されます。

しかし、されるだけであって、それを使いこなすかというとなかなか話は別かなと・・・

使おうと思えば、便利に使えるのですが・・・おそらく慣れてしまえば、作業効率が確実にアップすると思います。
これ1年前も言いましたが、いまだ大活躍とは言えない状況ですね。

「Touch ID」はやっぱり便利ですね。
ログインのためのパスワード入力というものが圧倒的に効率化されます。
指を乗せるだけですからね。「Apple Pay」も使えるようになりましたし、この形はスタンダードになっていくのではないでしょうか。

「1Password」との組み合わせが評判がいいらしく検討中です。

トラックパッド

これもAppleではお馴染みの感圧式トラックパッドです。

感圧式になので物理的な押し込みのクリック感が無いのですが、振動によって、ちゃんと押した感がでます。不思議ですね。
これは違和感なく使えますね。感圧式のほうが従来のトラックパッドより使い心地がいいです。

感圧式ですので、強く押すと異なるアクションができるので、使いこなすと便利ですよ。
トラックパッドも「MacBook Pro」はとっても広いのでストレスなく使用できます。

バッテリー

「最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧」「最大10時間のiTunesムービー再生」というのが公称値です。

「MacBook」より少ないです。
これは、高スペック故ですね、ただし「MacBook」で重たい処理をするとバッテリーがけっこう早く減るのですが、高負荷とか関係なくおしなべてバッテリー残量は減っていく感覚があります。

高負荷をかけても、最大10時間と考えると安心ですが、正味6時間くらいかなという印象です。

2017年モデルからバッテリー容量が49.2Whから58.0Whと増加しているので、2017年モデルに比べれば持ちは多少よくなった気もします。Safariだけなら10時間は持つかもしれませんね。1日持つという感じではありません。この辺りは注意が必要です。

充電は30W付近でしたら、作業をしながらも充電されていきました。
貧乏性なので、純正アダプタを使わずにサードパーティーのアダプタを使用しています。

最近はどこにでも充電できる場所があるので、そこまでバッテリーの心配は必要ないかもしれません。
「MacBook Pro」が充電できるモバイルバッテリーを購入しようかと何回か考えましたが、今のところはなくても大丈夫ですね。
どうしても充電する場所がなく1日作業をすることが多い方はモバイルバッテリーの購入を検討したほうがいいと思います。

使いやすさ

最近は「MacBook Pro」での作業がブログ執筆から本業にシフトしつつあります。
ブログ執筆に関しては、「MacBook(2016)」の時も快適でしたし、「MacBook Pro(2017)」を購入した時に外出先でも楽に書けるようになって文句なしになりました。やっぱりイベントだったりライブレポは出先で更新したいですからね。

資料作成やコーディング、Adobe関連アプリケーションでの作業も「MacBook Pro(2018)」になるとストレスなく作業できますね。

それは、もう「iMac(Retina 5K, 27-inch, Late 2015)」をスペックでは上回ってしまいましたしね。
本当のディスプレイが13インチということ以外に動作での不満を覚えなくなりました。

ファンも静かですし、スピーカーの音もいいですし、小さなひとつの仕事場をもったような気持ちになります。

携帯性

macbook-pro-2017_18

これはなかなか判断が難しいです。
「MacBook」は920gと非常に軽く、感覚的にも軽かったです。

カバンの中に持ち歩いても、問題なかったのです。
「MacBook Pro」は1370gと「MacBook」の1.5倍の重さがあります。

2017年モデルを購入した時は重いな・・・と感じていましたが、今では慣れましたね。
無理ではない重さです。「土屋鞄製造所 トーンオイルヌメ ソフトミディアムバックパック」に入れることが多いので、重さもなにもないと言えばそうなんですけどね。
一般的なビジネスバックに余裕で入りますよ。

今回も「国立商店」のレザーケースを愛用しています。
こちらのケースは作業時に「MacBook Pro」の下敷きとしても使えますので、とっても快適ですよ。
もうちょっと頑丈なケースも購入しましたので、そのうちレビューします。

まとめ

2017年モデルからかなりアップデートした「MacBook Pro(2018)」。
通常、1年置きに買い換えることなんてオススメしないのですが、2018年モデルは2017年モデルを購入した方にもオススメできるレベルの完成度でした。

「iPhone」が「iPhone 6s」でスペックの頭打ちを感じたように、「MacBook Pro(2018)」は「MacBook Pro」の人が通常感じられるスペックの限界を突破したと私は捉えました。

サブマシンにもメインマシンにもオススメできます。2019年モデルはどうなってしまうのか、ちょっと怖いですね。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください