ウェブサイト リニューアル中!(2018/03/01)

【レビュー】microSDでもBluetoothでも有線接続でも使える、手のひらサイズのポータブルスピーカー「MIFA A1」

MIFA様より提供を受けてのレビューです。
今回は「MIFA A1-BK」を紹介していきたいと思います。

コンパクトなボディに多機能がついていてよさそうな商品ですね!
早速見ていきましょう。

パッケージ

JUST ENJOY・・・アウトドアでの使用も考えられているため野性味あふれるタッチで書かれていますね。

裏にもJUST ENJOYが。

内容物

箱を開けるとスポンジで蓋をされていたので、ぺらっとめくるとスピーカーが。
さらに半透明のビニールに包まれています。

下の黄色いバーには・・・

給電用USBケーブルと3.5mm AUX端子用ステレオケーブル、ストラップがはいっています。

取り出してみると、以下のものが入っています。

内容物
  • MIFA A1スピーカー本体
  • 3.5mmステレオケーブル
  • 給電用USBケーブル
  • ストラップ
  • 説明書

開けたら入ってないものがないかチェックしましょう。

本体

ポータブルスピーカーですが、わりとずっしりした重さです。
バッテリーが12時間持つのでその分電池が重くなっているのでしょうか。

脚には若干の吸盤性のゴムがついていますので、お風呂でつかう際には安定するかと思います。
iPadの背面にも吸着しましたが、持ち上げるほどの吸着力はないです。

+〇-のわかりやすい操作盤です。
しかし意外と多機能なので、こちらについては後ほど操作方法を記します。

ストラップホールです。

ろんぽ

ガラケーによくストラップをつけたなあと思い出してしまいました(笑)

ストラップはシリコンなのかゴムなのか、あまり丈夫な感じがしないので過信は禁物です。
強く引っ張るとちぎれそうで心配です。

裏蓋を開けると、AUX外部接続、microSD、microUSBの入力部分があります。

操作方法

MEMO
  • 曲戻し/音量減
  • 電源/再生/一時停止/モード切替/電話応答
  • 曲送り/音量増

操作ボタンは3種類。

電源は2秒間長押しでON/OFFを切り替えます。
再生・一時停止は短押しで切り替えます。
モード切替は2回短押しでBluetoothモード→MicroSDモード→AUX外部接続モードに順次切り替えます。

Bluetoothの接続は電源ボタンを2秒以上長押しするとビープ音が2回なり、青く光ると準備完了です。
接続するとポピピッというような音が鳴り、設定完了です。
ペアリングの解除は-+の同時長押しで解除できます。

スペック

  MIFA A1
防塵防水性能 IP56 防塵防水
サイズ 85 x 46 x 86mm
重量 175g
スピーカーユニット 1.5inchサイドマグネットクラクション+パッシブラジエータ
出力 5W THD=10%
再生周波数 80Hz – 18KHz
電源 内臓1200mAhリチウム電池 / DC5V – 1000mAhのUSB電源アダプタ
充電時間 DC5V – 1000mAh以上の電源で充電約3.5時間
ファイル形式 APE / FLAC / WAV / WMA / MP3
カラー ミントグリーン / ブラック / レッド
保証期間 18ヶ月間

IP56防塵防水は、電気機器への固形物や、水の侵入に対する保護等級を示す基準のことです。
防塵では、塵埃の侵入を完全に防止することはできないが、電気機器の所定の動作、及び安全性を阻害しない程度。
防水では、あらゆる方向からのノズルによる強力なジェット噴流水によっても有害な影響を受けない物を指します。
水中や過度の砂が入るような環境以外では使えますよということですね、すごい。

ろんぽ

個人的におおっ!これは!と思ったのは、microSDから音楽を再生できる点ですね。

外部入力端子がついているのも、この手のポータブルスピーカーには珍しいです。
Bluetooth非対応のオーディオプレイヤーでも使えるのは大きな利点だと思います。

TWS機能

TWS(True Wireless Stereo)機能とは、2台のスピーカーを同時接続することで音場が広がり、より臨場感のある音を体感できるという機能。
セッティングも簡単で、MIFA A1の音量増ボタンと音量減ボタンを短押しするだけでペアリングできます。

パソコンの左右に置いてみたりすればなかなか迫力のあるサウンドを楽しめること請け合いですね!

使ってみた

音質は思っていたよりはっきりした音が出てくるなというのが最初の印象です。
サイズのわりに音量もしっかり出ていて、音を大きくしてもあまり音割れしません。
クリアな音というわけではありませんが、外で使うには十分いい音が出ていると思います。

音は中音メインという感じですが、ベース音やスネアの音もよく聞こえます。バスドラは強すぎない程度という感じでしょうか。
ギターの音はリズムがやや物足りなく感じてしまいます。この辺はプレイヤーのイコライザをいじれば好みにいじれるかなという気もしますね。

とはいえ、この価格帯のスピーカーで外や家の中で歩きながらで気軽に使うには全然アリという感じの音質でした。

まとめ

1つ2,000円しないのにこの音質は気軽に使えて非常にいいかなと思いました。
しかもmicroSDとBluetoothと有線接続もできるので様々なニーズにもこたえられる・・・

操作も簡単なので直感でだいたいわかりますし、説明書も6か国語で書いてあるので日本語が読めない人にも安心。(読むかどうかは別として)

2つ買えばTWS機能で迫力のサウンドも楽しめるので、ぜひ興味がわいた方は手にしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。