ウェブサイト リニューアル中!(2018/08/01)

【レビュー】amazarashi Live『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』(2018/11/16 日本武道館)

「地方都市のメメント・モリツアー」から数ヶ月・・・ついにamazarashi Live『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』です。
amazarashi初の日本武道館公演ということで、非常に楽しみにしていました。『リビングデッド』が発売されたり、事前に当日の参加のためのアプリが配信されたりと、おもしろい試みがたくさんされていました。

アプリの中に物語が入っていまして、その物語に沿ったセットリストだったり、演出が展開されるライブでした。
いつものアルバムツアー、ベストアルバムツアーとも違う不思議な感覚になるライブでしたね。

今回は2階席のスタンドの1列目でした。観やすい!
いつもamazarashiはステージと観客席の間にスクリーンを置き映像を流す演出がありますが、今回は4方向にスクリーンがあり、メンバーは立方体の中で演奏します。
これはamazarashi LIVE 360°「虚無病」と同じ仕組みですね。僕はいけませんでしたが・・・

曲と物語が絡み合うのも「虚無病」と似たような雰囲気がありますね。

開演数分前になると、スクリーンでアプリの説明があります。
ライブ中にアプリを起動することによって、フラッシュでライブにより参加することができます。
これも物語と結びつく演出です。ようは言葉を制限する側と言葉を解放する側がいて、我々は解放する側で参加するということになります。

言葉を大切にしているamazarashiらしいライブですよね。
また、この言葉を制限というのも今の社会現象に照らし合わせてみてもよくある話なので、より物語、ライブに没頭できる2時間でした。
前置きも長くなりましたので、セットリスト順にライブレポをしていきましょう。

01. ワードプロセッサー

まずは「ワードプロセッサー」!この曲かっこいいですよね。テンションあがります。
今回の言葉をテーマにしたライブにまさに合っていますよね。

歌うなと言われた歌を歌う
話すなと言われた言葉を叫ぶ

ここがすごく好きです。

秋田「青森から来ました・・・amazarashiです!」

MCはここのみでした。MCというか自己紹介でしょうか。

02. リビングデッド

さっそく新曲ですね。amazarashiはライブで歌詞がスクリーンにデザインされて表示されるのですが、今回はテンプレート言語という、過激だったりネガティヴな言葉は黒塗りにされる演出になっていました。

03. 空洞空洞

「空洞空洞」も疾走感がありつつも、閉塞感のある歌詞がいいですよね。

この辺りは『地方都市のメメント・モリ』からの選曲が多く、ベストアルバムツアーっぽくなるのかな・・・と勝手に思っていました。

ここでアプリに入っていた物語の「第一章」を秋田さんが朗読しはじめました。
言葉を制限する側の主人公の自己紹介のような物語です。この主人公が虐待された過去と、それが原因で言葉を憎んでいく事実があるのですが、第一章から第二章のセットリストにも反映されている気がしました。

04. 季節は次々死んでいく

はじめて生で聴けました。今日のamazarashiはより、歌や演奏に気合が入っているように感じます。

最後のフレーズがまたいいですよね。この曲は。

05. 自虐家のアリー

この曲は『季節は次々死んでいく』のカップリング曲ですが、あまりフルで聴きこんだことはありませんでした。

YouTubeにアップロードされているMVは歌詞を表示させるスピーカーが使われていることで知っていましたが、そのMVというかYouTubeに検閲がかかる演出でよかったです。amazarashi自身を否定するような演出がまたすごかったですね。

06. フィロソフィー

言葉が哲学を作りますよね。
また、この主人公がなぜ言葉を恨むことになったかもまた哲学ですもんね。

深いです・・・

曲自体も大好きです。最近の曲だと一番好きかも。
2番の歌詞が好みです。

07. ナモナキヒト

「理論武装解除」思い出しますね。

ここで、すっと静かなイントロが日本武道館を包み込んでくれます。
この曲はサビのまくし立てる感じがいいです。

スクリーンの映像がまさに群衆と個、個と個のすれ違いという感じでいい演出でした。

08. 命にふさわしい

ここで来ました!何度聴いてもかっこいい!
主人公の人生を歌っているようで、さらに言葉を解放する側の解放運動の歌でもあって、物語の転換を意味していました。スクリーンの映像で小説として物語になっていない部分を補完していくのが、また没入感があってよいですね。

今回、本当に演奏がエネルギッシュだった気がします。
すごかった・・・

次は第二章です。
この朗読時間にステージが90度回転するので、どこも正面エリアになるのがいいですね。真後ろから演奏を観るのもなかなか新鮮。真後ろからだと特に演奏の動きに注目しますね。ドラムとかベースが激しい!

第二章では言葉を解放する側の解放運動に主人公たちの制限する側が踏み込んで主人公と対照的な解放する側の英雄を検挙する話。だけどその混乱の中で言葉を解放する側に逆に馬乗りになられ殴られてしまいます・・・ここがまた文章から朗読になるとすごくおどろおどろしい・・・殴られた数を単に朗読するのですが、ここが衝撃的でしたね。朗読っておもしろいメッセージの形ですね。

09. ムカデ

なんとなく、物語とリンクしていますよね。
今回はライブに参加しながら、いろいろな感情が生まれては、消えというか思考の渦のようなものに巻き込まれていかれるような感覚になったので、1曲1曲、その時に何を思ったのかがうまく思い出せないです(笑)

しかしムカデかっこいいです!
amazarashiはお客さんが微動たりもせず聴くスタイルなのですが、思わず拳を振り上げたくなりますね。

10. 月が綺麗

そんな「ムカデ」から美しい曲。
これ『リビングデッド』のカップリングですが、とっても好きです。

人生において苦楽は
惑星における衛星のよう

ここすごくいい歌詞ですよね。
この曲を含めてここからの3曲はちょっと「酔う」というのがテーマのような・・・
「ムカデ」も合わせて頭の混乱、思考の渦がテーマかな・・・

11. 吐きそうだ

色々思うことはあっても、結局最後は「二日酔いでもう吐きそうだ」と締めるのがロックですね。美しいイントロからリリックのようにはじまるのがかっこいいです。

12. しらふ

いやぁ・・・感無量です。
今日の「しらふ」は圧倒的でしたね。

「月が綺麗」のキレイな世界から少しずつ考えすぎて、最後は「自分以外皆死ね」ってのは「もう死にてえ」ってのと同義だ・・・ですからね。

そして第三章です。
主人公の敵の英雄が言葉を制限する側への洗脳が済み、だけどまだ言葉を解放する意志は消えず、その英雄と主人公が会話を交わします。少しずつ主人公の感情が揺さぶられます。

13. 僕が死のうと思ったのは

主人公が自分の中にある言葉の解放の気持ちに気がつき、独白するような歌だと感じました。
この曲も最後に救いがある展開がまた憎い演出ですよね。

14. 性善説

「性善説」、ライブで聴けるとは思ってなかったのでうれしいですね。
本当に今日のライブは、いままでのamazarashiのヒットナンバー集大成ライブではなく、amazarashiのメッセージの集大成ライブだなぁ・・・と。

15. 空っぽの空に潰される

単純に聴けてうれしい!やっとだ!「メッセージボトル」の時は聴けませんでしたからね〜

インスタグラムのようなのがスクリーンに表示されて、ハッシュタグで言葉を解放するようなフレーズが表現されていました。

16. カルマ

あまり聴きこんだ曲ではなかったのですが、ライブで聴いて感動してしまいましたね。
「どうかあの娘を救って」というのが英雄の主人公に対するメッセージのような気がしますね。英雄は言葉を解放したいだけで、主人公と敵対しているわけではないですからね・・・

この曲は最後の盛り上がりがすごいですね・・・

ついに第四章なのですが、これがアプリとは違う展開になっていて感動しました。
主人公は最後に自分の言葉を解放するんですね。

17. 独白

そして、『リビングデッド』では検閲されていた「独白」が解放されました。
これすごい演出でしたね・・・まさにこのライブのメッセージのまとめという曲でした。

一行では無理でも十万行ならどうか
一日では無理でも十年を経たならどうか

ここは秋田さんのメッセージもあるかなと思います。
amazarashiは物語の中でももちろん解放運動のアーティストとして表現されていましたが、主人公はあくまでも制限する側なのがまた面白いなと思いました。

改めてamazarashiを定義してくれたようなライブだったなと。

最後は「言葉を取り戻せ」と連呼していたのですが、思わずこちらも叫んでしまいたくなりましたね。

ここで終演。圧巻でしたね。
最後はスクリーンにクレジットが流れて終了。

すごく考えさせられるライブで、あーよかったなぁというような単純な感想を超えるライブでした。

まとめ

チケットとれてよかった!今回はアプリで物語が共有されていたり、ライブ中にフラッシュの点滅でライブに参加する観客もより物語の中に入っていく演出でした。

こういう試みおもしろいですね。秋田さんのMCもないに等しく、まさに映画を観ているかのような感動を得ました。あえてライブでは秋田さん個人のメッセージはなく、その後アプリでメッセージを配信していたのもなんだかよかったですね。

セットリスト

amazarashi Live『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』
01. ワードプロセッサー
02. リビングデッド
03. 空洞空洞
04. 季節は次々死んでいく
05. 自虐家のアリー
06. フィロソフィー
07. ナモナキヒト
08. 命にふさわしい
09. ムカデ
10. 月が綺麗
11. 吐きそうだ
12. しらふ
13. 僕が死のうと思ったのは
14. 性善説
15. 空っぽの空に潰される
16. カルマ
17. 独白

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください