ウェブサイト リニューアル中!(2018/08/01)

【旅行】大寒波でも負けない!2泊3日のスキー・スノーボード旅行 in 山形蔵王温泉スキー場

今年もやってまいりました、スキー・スノーボードシーズン!
スキー・スノーボード旅行は、すっかり冬の恒例行事となりました。

もちろん今シーズンも北海道のニセコへ遊びに行く予定ですが、その前に雪に慣れるために、「蔵王温泉スキー場」へと2泊3日で遊びに行ってきました!

ski-snowbord-in-zao_4

蔵王温泉スキー場とは?

「蔵王温泉スキー場」とは、山形県山形市蔵王温泉にある、東北地方最大級のスキー場
1つの山からなる単独のスキー場ですが、その大きさは日本で最大の面積を誇り、横に広く様々なコースを楽しむことができます。

広大な広さだけでなく、山頂では「樹氷」を見ることができるのも、「蔵王温泉スキー場」の特徴。
「樹氷」とは、雪が完全に樹木を覆っている現象のことをいいます。
「蔵王温泉スキー場」の「樹氷」は、観光地としても有名で、ロープウェイを使って一般のお客さんも山頂に登ることができます

シーズン中は、夜の樹氷を見に行くイベントなどが開催されていたりと、山頂の「樹氷」は、「蔵王温泉スキー場」を訪れたら一度は見ておきたいスポットですね。

山形蔵王温泉スキー場ガイド|蔵王索道協会

1日目〜のんびりスタート〜

毎回早朝に出発したり、夜行バスで行ったりしていましたが、今回は9時ごろに東京駅から山形新幹線に乗って出発!
ゆっくり行くと、朝に余裕ができてそれはそれでいいもんですね。

新幹線で朝ごはんを食べ、ちょっとうたたた寝していると、いつの間にか外は一面雪景色に!
ふと『雪国』の冒頭のシーンを思い出しちゃいました。

新幹線に揺られること2時間半
あっという間に終点の山形駅に到着しました!

寒い!!
びっくりするくらい寒い!!

どうやらたまたま私たちが訪れた時期は、大寒波が日本海側に押し寄せてきていて、例年よりも寒さが厳しかったようです。
雪不足で滑れなかった去年よりは全然マシだ〜と思っていましたが、まさか大寒波のあおりを2日目に受けるとはこの時は思いもしませんでした(笑)

山形駅からは、バスで「蔵王温泉」へと向かいます。
シーズン中にも関わらずこのバスが、1時間に1本しか出ないというなかなかシビアなタイムスケジュール。
20分前くらいに並んでギリギリ座れたので、駅からバスで移動する方は、早めにバス停へと移動しておきましょう

バスで揺られることおよそ40分。
「蔵王温泉」に到着!
ちなみにバスの運賃は山形駅から蔵王温泉まで大人1,000円
現金でしか支払えないので注意です。

ここから徒歩で宿まで移動したのですが、曲がりくねった上り坂でキツかった・・・
帰りはバス停まで送ってくれたので、電話して迎えにきてもらえばよかったです(笑)

ホテルハモンドたかみや

今回お世話になった宿は「ホテルハモンドたかみや」
バス停からは、歩いて10分ほどで行けました。
ゲレンデも5分くらいで行けるので、かなり立地がいいです。

部屋は6人用の部屋に4人で泊まったので、広々としていて快適でした。
禁煙部屋はないのですが、しっかり消臭対策はしてくれて、ニオイは特に気になりませんでしたよ。

ホテルの従業員のみなさんも物腰がやわらかく丁寧で、温かい方ばかり。
とても居心地よかったです

ホテルに着いたら、そのまま部屋にチェックインできたので、部屋で着替えて早速ゲレンデへ!
この時点で14時半くらいでした。

ホテルハモンドたかみや|山形県蔵王温泉 – 高見屋グループ

いざ、ゲレンデへ!

ski-snowboard-in-zao_1

昼間の写真を撮り忘れてしまったので、こちらは17時ごろの写真。

曇り空なのが残念でしたが、常に雪が降り続けていて最高でした!
山頂は2日目に行こうと話していましたが、せっかくだから行けるとこまで行こうと、山頂へ向かうことに。

ところが山頂へ行く道を間違えてしまい、結局ゲレンデをうろうろ探索して終わってしまいました(笑)
でも新雪でふっかふかでいいですね!

やっぱり2月のガリガリした雪よりも、この時期のふわふわ雪のほうが断然好きです。
うっかり転んで吹っ飛んでも痛くないし。

ski-snowbord-in-zao_14

17時くらいのナイターに差し掛かったくらいまで遊んで、宿へ戻りました。
雪山で雪まみれになったので、宿にある温泉へ直行!
やっぱりスキーに来たら温泉に入りたい!(笑)

「ホテルハモンドたかみや」の温泉は、蔵王温泉から汲んでいる強酸性硫黄泉
硫黄の独特の匂いが印象的でしたが、体がポカポカして、肌もつるつるになり幸せでした〜

アトピー体質なので、肌にしみないか心配だったのですが、入った瞬間にピリッときたくらいで、しばらく浸かっちゃうとなんともなくなりましたね。

ski-snowbord-in-zao_2

温泉にしっかり浸かって温まったら、宿のご飯。
すき焼きおいしかったです!
かんたんなバイキングも付いていたので、ぺこぺこだったお腹はしっかり満たされました。

部屋に戻って、また温泉に入って、そのあとはワイワイしながら爆睡しました。

2日目〜大寒波で猛吹雪、死にかける〜

ski-snowbord-in-zao_3

朝起きた時点でかなり吹雪いていて、ちょっと不安に駆られながらもゲレンデへ。
写真を見たらわかると思いますが、風が強くて、滑るのがちょっと厳しい状況でした。

ski-snowbord-in-zao_6

こんな風に、一瞬だけ天気が落ち着いた時もあったんです。

さらに、朝の時点では山頂行きのロープウェイは動いていることが判明!
ということで半ば強引に山頂まで行ってみました。

ski-snowbord-in-zao_8

こちら、山頂です!(笑)
猛吹雪で現場は大荒れでした。
もうなにがなんだか全くわからない・・・

ski-snowbord-in-zao_7

こちらが「蔵王温泉スキー場」の名物でもある「樹氷」なのですが、猛吹雪で何も見えないです。
樹氷というか、もはや雪のかたまりです。

ホワイトアウト状態の中、へえこらしながらなんとか下のゲレンデまで降りてきました。
もはや滑走ではなく、下山でしたね(笑)

こんなに酷い天候の中滑ったのは人生初でした。
無事降りてこれてよかった〜

スキーヤー・ボーダーではない一般の観光客の方もちらほら山頂にいたのですが、みなさん山頂に着くなり一瞬で帰りのロープウェイへ直行していました。
そのくらい山頂はひどい荒れ模様でしたね。

蔵王軒

ski-snowbord-in-zao_18

普段は、昼は適当にウィダーインゼリーやカロリーメイトでかんたんに済ませるのですが、あまりの寒さにノックアウトし、ゲレンデで昼食と休憩をとりました。

「上の台ゲレンデ」の中にある「蔵王軒」「塩ラーメン」を食べました!
さっぱりしていておいしかったです。
体も温まりました。

このあとも何本か滑ったのですが、あまりの寒さと吹雪に耐えきれず、14時半ごろにさくっと宿へ戻りました。

ski-snowbord-in-zao_17

この日の夕食は豚味噌鍋
野菜や豚肉に味噌がしみて、おいしかったです。
ご飯がすすみますね!

2日目ナイター〜これこれ!求めてたのこの感じ!〜

ski-snowbord-in-zao_9

夜なら吹雪も落ち着いているだろうと、ナイターへ繰り出しました。
雪は変わらず降っていたものの、昼間よりも暖かく、風もおさまっていたので、存分に滑りまくりました!

ナイターは人も少ないし、雪も落ち着いているので楽しいですね!
ガンガン爆走しました。

ナイターで遊んでいる時に「GoPro HERO6 Black」で撮影したので、ぜひチェックしてみてください!
やっぱりスキー・スノーボードには「GoPro」が大活躍しますね!

ナイター営業が終わる21時ギリギリまで遊んで、温泉に入り爆睡しました。
2日目は体力的にというより、精神的に疲れましたね(笑)

3日目〜もう冒険はしない、安全第一〜

ski-snowboard-in-zao_10

3日目も相変わらず微妙なお天気でしたが、2日目ほど酷くはありませんでした。
この日も山頂へ行くロープウェイが運行していたのですが、さすがに行くのはやめました(笑)

のんびり、上の台ゲレンデのあたりをぐるぐる回りながら滑走。
少し移動すると、「大平コース」という初級コースがあるのですが、そこはコースも長い上にだだっぴろいので楽しかったですね。
新雪なので雪がばっふばふで、波乗りしているような感覚で気持ちよかったです。

3日目も「GoPro HERO6 Black」で滑走時の撮影をしたので、蔵王の雰囲気をぜひチェックしてみてください!

GoProで撮影した動画などをアップロードしていますので、よかったらチャンネル登録してください。

蔵王温泉 ジンギスバーガー

ski-snowboard-in-zao_12

3日目は、初日に「上の台ゲレンデ」に来た時から気になっていた、「蔵王温泉」のご当地グルメ「ジンギスバーガー」をお昼に食べました!

「蔵王温泉の名物、ジンギスカンを使ったハンバーガー」と看板に書いてあって、ジンギスカンって北海道なんじゃ!?と思ったのですが、どうやらジンギスカンの発祥地に関しては諸説あるようですね

肝心のお味ですが、肉が柔らかくてびっくり!
めちゃくちゃおいしい!

タレも甘辛く、テリヤキバーガーのような味でしたね。
肉や野菜と一緒にリンゴが挟まっているのが新鮮でした。

2日目の「蔵王軒」を食べた時も思ったのですが、スキー場にしては良心的な価格だったのもありがたかったです。

ski-snowboard-in-zao_20

そうそう、「玉こんにゃく」も食べました!
プリッとしたこんにゃくの弾力と、染み込んだ醤油の味がたまりません。
東北に行くと玉こんにゃくはあちこちに売っているので、ついつい食べたくなりますね。

お昼を食べたら、もう一度上の台ゲレンデで2本滑って宿に戻り、行きと同じルートで山形駅へと戻りました
バスはかなり混んでいて、臨時便が出るほどだったので、時間には余裕を持って移動しましょう。

山形牛ステーキ&焼肉 かかし 駅前店

ski-snowboard-in-zao_16

電車の時間まで時間があったので、「山形駅東口交通センター」の2階にある「山形牛ステーキ&焼肉 かかし 駅前店」にて、山形牛をモリモリ食べました!

私が注文したのは、「山形牛カルビ丼」
ボリューミーで大満足!
カルビがやわらかく、甘辛いタレが染み込んでいてご飯が進みました。
やっぱり肉はいいですね。

ski-snowboard-in-zao_13

もっと肉を食べたい!と、追加で「タン」「豚トロ」の塩を注文。
タンは1枚が大きくて、ジューシー。

ski-snowboard-in-zao_19

豚トロも柔らかいけど、しっかり歯ごたえがあり、おいしかったです。

肉でお腹を満たした後は、「エスパル」でお土産を購入し、18時台の山形新幹線に乗って東京駅まで戻りました。
東京はあったかいな〜!(笑)

まとめ

あいにくの大寒波と被り、天候がイマイチでしたが、なんとか滑れてよかったです!
山頂も、天気がよかったら景色も最高なんだろうな〜

蔵王は広々としていて、滑りがいがありますね
ボーダーからすると、平坦な道や、だだっぴろいコースが多いので、どちらかというとスキーヤーに向いているスキー場かなと感じました

ただ滑りたい、もしくは滑る練習をしたい方には最高のスキー場です!
今なら新雪で、雪ももふもふで柔らかいですしね。
次に行く機会があったら、山頂の「樹氷」リベンジしたいな〜!

GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW
ゴープロ (2017-09-29)
売り上げランキング: 462

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください