ウェブサイト リニューアル中!(2018/08/01)

【レビュー】35時間再生可能な完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS TrueFree+」

最近街で見かける人たちも結構な割合でワイヤレスのイヤホンを使っている人がいますね。
スマートフォンで音楽を聴く人たちは、特にiPhoneなんかはイヤホンジャックが廃止されてしまったので、自然にBluetoothイヤホンにシフトしていったんでしょうね。

今日は新しい完全ワイヤレスタイプのイヤホン「SoundPEATS TrueFree+」を「SoundPEATS」様から提供を受けてのレビューです。
前回レビューしたイヤホンと、どのような違いがあるのかも注目したいですね。

パッケージ

外箱です。紙製の箱に薄いビニールでパッケージされています。
35HOURS PLAY TIMEと表記してありますが、これはケースに入れて充電しつつ使った時の時間で、連続再生は4時間が目安だそうです。

開封

開封すると至ってシンプルな感じです。
持ってみると結構本体が軽いですね。

内容物
  • 説明書
  • イヤーピース
  • microUSBケーブル
  • イヤホンケース
  • イヤホン本体

内容物は以上です

イヤーピースは3サイズと、もともと装着されているもので4セットあります。
ケーブルの長さは10cm程度で、机の上などで充電するのに邪魔にならない長さが良いですね。

ケースを開けるとイヤホンが登場。
意外としっかり磁石でくっついていて、イヤホンもつるっとしているので、何かのはずみで落としてしまいそうでちょっと心配・・・

充電中は赤のインジケーターが、充電完了すると白のインジケーターが点灯します。
ケースで充電できる回数は、10回程度ということなので、毎日充電して~という必要がなさそうで楽ですね。

イヤホン本体です。
こちらのイヤホン「TrueFree+」は、耳に収まるように本体が上に来るように、装着するので前の「Truengine」とはまた違ったかたちですね。

ちなみにこちらが前回の「Truengine」との大きさの比較です。
あんまり大きくサイズは違わない・・・かな?高さや奥行きは「True free+」のほうが小さいですね。

スペック

・Bluetooth5.0を採用
・最大通信距離 : 約10m
・イヤホン重量 : 約4.7g
・防水等級 : IPX4
・連続再生時間 : 3-4時間
・充電時間 : 1.5時間
・ケースのイヤホン充電可能回数 :9-10回
・対応コーデック : AAC(IOSだけ対応) SBC

IPX4は個人的にそんなに防水のレベルとしては信用していないので、多少の水がかかってもセーフくらいかなと思っています。
以前使っていた某メーカーのIPX4のワイヤレスイヤホンを、つけたままシャワーを浴びたりなどしたところ、普通にノイズが入ってヤバい!と思いすぐに水をふき取りましたが、片耳しか聞こえなくなってしまい、以来シャワー中に使うのはやめました(笑)
あとはケースでの充電可能回数が滅茶苦茶多いので、重量のわりに結構タフだなという印象を受けましたね。

聴いてみた

今回もSONYの「NW-ZX2」で聴いていきます。
デフォルトのイヤーチップがちょっと大きかったので、一つ小さいのをつけました。フィット感、大事ですよね。

音質は低音をメインに鳴らしていて強いですが、全体的にすこし曇りある感じでしょうか。中音域が不明瞭かなと思いました。
音場は耳の横で鳴らしているようで狭いですが、なぜかリードギターとハイハットが妙に聞こえやすいのが面白いです(笑)

何時間か聴いているうちにだんだんエイジングされてきたのか、カスカスした感じが減ってきました。

個人的には前回レビューした「Truengine」の音質のほうがクリアな感じがあって好みでしたね。

使ってみた感想

良いなと思ったのはケースも本体もめちゃめちゃ軽いところです。
軽いわりに充電も持つので鞄に忍ばせておくと、イヤホンの充電が切れた!というときに保険になるのでありがたいです。
値段的に言えば、音質は問題ないかなというところです。

気になる点はケースからの微妙な取り出しにくさと、耳に装着する向きでしょうか。
あまりにイヤホンがツルッツルなので、渇いた手だとつまみ出すのが結構難しく、勢い余って落としてしまいそうな気がします。
親指側にもくぼみがあったら、取りやすかったのかなと思います。

装着の方向は個人的な好き嫌いです。いわゆるShure掛けのようにコードがついていたら、耳の上に通すのでいいのですが、ワイヤレスだとなんとなくバランスが悪くて落ち着かない感じです。

あと忘れていましたが、このイヤホンはボタン操作で音量調節ができないタイプになります!
自分はプレイヤーでいじっちゃうタイプなので気になりませんが、気にする人は気になるポイントですよね。

まとめ

SoundPEATSのイヤホンに共通するところですが、イヤホンの背面にボタン付けると、耳に押し込むように押さないといけないので、押しづらいんですよね。
側面につけたらいいのになあ・・・と思っています。
ペアリング、接続の手間や時間もかかりませんし、かなり安価に手に入るワイヤレスイヤホンということで「SoundPEATS」のイヤホンは結構いいですね。

最終的な着地点はカスタムIEMがワイヤレスになるというところなんでしょうが、早く作られないかなとひそかに心待ちにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください