ウェブサイト リニューアル中!(2018/08/01)

【レビュー】メカニカルなデザインとデュアルドライバーが特徴!『SoundPEATS Truengine』

最近のイヤホンたち、すごいですよね。
この価格帯で完全ワイヤレスのイヤホンが買えるなんてびっくりです。
充電ケースとか付属品がついているとそれだけで高くなってしまうのでは・・・と思ってしまいますね。

というわけで、今回はSoundPEATS社様より提供を受けてのレビューです。
『Truengine 完全ワイヤレスイヤホン ブラック』を紹介していきたいと思います。

パッケージ

外箱です。Bluetooth 5.0って最新のやつじゃないですか。
Truengineの特徴でもあるデュアルドライバーのマークも書いてありますね。
500mAhはたぶん充電容量としては少なめ・・・な気がしますね。

裏面です。中国の会社の所在地が書いてありますね。
改善版とありますが、アップデートされたんですね(笑)

開封

開けてみると充電ケースがスポンジできっちり固定してありました。
こういうフィルム、はがすタイミングいつも迷うんですよね・・・(笑)

内容物は以上です。

内容物
  • 本体(充電ケース、イヤホン)
  • 説明書
  • 会社紹介のカード
  • microUSBケーブル
  • イヤーピース2種3サイズ

イヤーピースが2種ついているのは珍しいですね。
右のイヤーピースの中サイズは、元から装着されているので4つ入りになっています。

\パカッ/

開閉時は磁石が入っているのか、バチっと鳴る感じです。ある程度配慮してあげないと傷ついてしまいそうなくらい強いです。
イヤホンの取り出しやしまう時も磁石でぴちっと入ります。

ちなみにイヤホンを左右間違えて入れようとするとまるで入らないので、間違える、ということもないかと思います。

裏面です。microUSBの入力とインジケータの点灯ボタンがあります。
このボタンを押すと前面のインジケータが点灯し、4段階で電池の残量を確認することができます。

4つ点灯している場合は75~100%、といった具合になるようです。

イヤホン本体です。イヤーピースの大きさからだいたいわかるかと思いますが、かなり小さいです。2cmちょっとといったところでしょうか。
内部のドライバーが見えてるのがかっちょいいですね。

スペック

[tables id=21 /]

連続再生時間が3.5時間というのは結構短いですね、ドライバーが2つだと充電を食うとかそういうのがあるのでしょうか。
フル充電で待機時間が120時間なので、使ったらすぐケースに入れておけば大丈夫でしょうか。

しかし充電周りの説明がちょっと少なくてわからないのですが、イヤホン自体が2時間で充電できるのかケースが2時間なのか・・・
かと思えば最長14時間連続再生可能とも書いてあるんですよね。どれが本当なのか(笑)

聴いてみた

もうずっとSONYの「NW-ZX2」を使っているのでこちらに接続して聴いていきます。

月並みですが、完全ワイヤレスでこの音質なのはすごい・・・!普通のワイヤレスとはもう優劣とかないですよ。
もちろんハイエンド有線イヤホンの音質のような、明らかなクリアさというのはないけれど、使っていて音が悪くてすぐ聴き疲れする・・・というようなことはないです。

音場はさほど広くないですが、音がつぶれて合わさってよく聞こえないということがないのも良いですね。

音は低音の圧力も良く届くし、高音も刺さるような感じはしないので、イコライザをいじればかなり拡張性はありそうな気がします。お好みの味付けができるといったところでしょうか。
この辺がさすがデュアルドライバーだ!という感じなのでしょうか(笑)

使った感想

完全ワイヤレスなのでケーブルの煩わしさがないのが新鮮ですね。幻覚っぽいですが、耳元で音が鳴っているとケーブルが首元にある感じがしてしまいます(笑)

装着感は、普通のイヤホンのハウジングだけを、耳に装着しているというのがぴったりなたとえです。
イヤーピースがフィットしていれば、多少動いても落としてしまうという心配はなさそう。

IPX6防水仕様なのでシャワーでも使える(マジか?)らしいのはすごいと思いましたが、うっかり湯船に落としたら終わりなのでおすすめはしないですが(笑)

使用感でいうと、ボタンを押すときに耳に圧がかかるので押しづらいところはありますね。ボタンが側面にあったらよかったかもしれません。
操作自体はよくあるBluetoothイヤホンといっしょなので直感的に使えます。

長押しで曲戻りなのですが、曲を再生しながら曲戻りをしようとすると応答速度の都合上、前の曲に戻れなず同じ曲を何度もイントロから聞く羽目になるなあと思いました。これは再生デバイスの問題ですね。

この製品、Truengineはデュアルドライバーのせいなのか、他の製品よりもバッテリーの持ちがいいとは言い難いところがあります。(連続再生3.5時間)
なので、通勤通学したらきちんとケースにしまって充電をして、帰ったらちゃんとケースごと充電しないといけないかなと思います。

まとめ

完全ワイヤレスのイヤホンを使う人も街で見かけるようになってきましたが、皆さん落としたりしないのでしょうか。
昔はよくイヤーピースがその辺に転がっているのを見かけたりしましたが、そのうち片側イヤホンが転がってた、なんていうこともありそうですね(笑)

いや、落とした本人は笑い事じゃないですが。

改善版とパッケージに書いてありましたが、Amazonでレビューを読んでみると、だいぶひどかったみたいですね(笑)
今は使っていて接続が切れるとか、音が途切れるなどといったことはないので(過密に人がいる場所はわかりませんが)十分に使える製品になっていると言えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください