ウェブサイト リニューアル中!(2018/08/01)

【旅行】赤岳への挑戦と、避暑地の清里を堪能した、2泊3日の八ヶ岳旅行

今年の7月はなかなか梅雨が明けず、例年よりも涼しい日々が続いてましたね。
もしかして今年の夏は久々の冷夏になるんじゃないかと思っていましたが、7月末に梅雨が明けると一気に気温が上昇し、去年と変わらない猛暑になってしまいました・・・

赤岳への挑戦と、避暑地の清里を堪能した、2泊3日の八ヶ岳旅行

雨続きの7月の中、登山と旅行を兼ねて山梨へ旅行に行ってきました!
天候がどうなるか心配でしたが、奇跡的にお天気にも恵まれ、楽しい旅行となりました。

にも

当初は2日目に「八ヶ岳」の主峰「赤岳」への登山を予定していましたが、天候に合わせて初日に決行。残りの2日で山梨を観光しました。

1日目

初日は朝の4時前に神奈川県を出発車で2時間半〜3時間ほどかけて「赤岳」の登山口に到着し、終日登山を楽しみました。
天気は曇ったり雨が降ったりと不安定でしたが、赤岳はかなりキツい山だったので、太陽が出ていなくて助かりました・・・(笑)

赤岳

赤岳

赤岳は、山梨県と長野県をまたいで鎮座する山々「八ヶ岳」の主峰。
標高は2,899mと、八ヶ岳の中でも最も高く、難易度も中〜上級者向けの山です。

赤岳

8時に「やまのこ村」から登山を開始し、きつい勾配をひたすら登っていきます。スタートの時点で標高が1,200mくらいだったので、酸素が薄く、慣れるまでキツかったですね。
中継地点である「行者小屋」を超えてからは、さらに勾配がきつくなり、山道ではなく岩の上をよじ登るようなルートが山頂まで続きます

にも

山頂直前になると、ほぼ崖をよじ登っている感じなので、トム・クルーズになった気分を味わえました(笑)

赤岳

息も切れ切れに岩をよじ登り続け、なんとか予定通りに山頂に到着!一般的な登山可能な山の場合、山頂は広場のようにある程度面積があるところが多いですが、赤岳の山頂は岩の上のちょっとしたスペースしかなく、まさに「頂」という感じでした。

にも

私たちはそのまま山頂にある岩の上でお昼を食べましたが、少し下ったところに「赤岳頂上山荘」があるので、そこで休憩するほうがゆっくりできそうです。

お昼をさっと済ませ、下山開始。下りも急な道が多く、加えて下山をはじめたくらいで雨が降り出し、足場が悪くて大変でした。
怪我をしないように慎重に降りていたのですが、階段のところでうっかり足をすべらせ、大きく転倒!足の靭帯をガッツリやってしまいました・・・

骨折ではなかったのでなんとか歩けたため、友人たちにサポートしてもらいながら下山を続けました。普段はぴょんぴょん進むような道も、よちよち歩きでしか進めず、みなさんにご迷惑おかけしました・・・
結局朝の登山口に帰ってきたのは、夜の20時。予定では17時ごろには下山する予定でしたが、12時間もかかってしまいました。

にも

怪我はしたものの、無事に下山できて本当によかったです。登山は何が起きるかわからないので、装備は十分すぎるくらい整えるべき¥ですね。

もみの湯

疲れているし足は痛いし、今すぐ宿泊先に向かって眠りたかったのですが、さすがに汗と汚れは落としたかったので、近くの温泉を検索。
山の中だし、こんな時間にやってるとこなんてないんじゃないかと思っていたら、ギリギリ営業している日帰り温泉を発見!

「もみの湯」は、「やまのこ村」から車で20分ほど下ったところにあります。最終受付は21:00のため、本当にギリギリでした・・・
宿泊先に向かう時間もあるので、ゆっくり浸かる余裕はなかったのですが、お湯がやわらかく、少し使っていただけでも肌がしっとりしました

カントリーキッチン ロビン

汗を落としてさっぱりしたら、休む間も無く夕食のお店探し(笑)
さすがに21:00過ぎにこんな山の中でやっているお店なんて・・・と思っていたら、ありました!!しかも宿泊先から近い!

お店に電話をし、営業していることを確認したので、車で直行。
「カントリーキッチン ロビン」は、「小須田牧場」の中にあるレストランで、ステーキやハンバーガー、ピザなどアメリカンなメニューが楽しめます。

カントリーキッチン ロビン

私が注文したのは、もちろん肉!!(笑)
「リブロースステーキ」にかぶりつき、疲れた身体に肉を補給しました。

カントリーキッチン ロビン

こちらは「甲州牛サーロインステーキ」。めちゃくちゃやわらかくて、一瞬で肉がなくなりました。わさびとの相性も最高。

ペンション 銀の道

食事を済ませ、ようやくホッとした気持ちになりました。食事って大切だなあ。
「カントリーキッチン ロビン」から車で10分ほど移動し、今回の宿泊先へ向かいます。

お世話になったのは、「銀の道」というコテージ。コテージに宿泊するのは人生初でした!
今回は友人家族が一緒にいらしたのですが、ワンちゃんを飼っているため、ワンちゃんでも宿泊できる場所にしました
想像以上に普通のお家という感じで、5人で布団を敷くとちょうどおさまるくらいの、こじんまりとした広さでしたね。

到着は22:00ごろと、とんでもない時間になってしまったのですが、オーナーのおじいさんは面倒見のいい方で、いろいろお世話になりました
荷物を片付け布団を敷いたら、就寝。横になって3秒で寝ました。

にも

ご自身もワンちゃんを飼っているようで、受付にもなっているご自宅には、どでかいワンちゃんがいましたよ。(犬に詳しくないので種類は分からず・・・)

2日目

朝はのんびり起床。前日の疲れも残っていたのか、10:00過ぎまで爆睡。
この日は天気も一日中雨だったので、車でのんびりドライブをすることに。雨だったというのもあるかもしれませんが、パーカーを1枚羽織るとちょうどいい涼しさでした。

サントリー白州蒸留所

サントリー白州蒸留所

まずはサントリーの工場へ遊びに行きました。本当は工場見学をしたかったのですが、天候が不安定で登山日が確定していなかったので予約をしていなかったんですよね。
ダメ元で当日予約を確認してみると・・・やっぱりダメでした(笑)

にも

工場見学は当日に入れるところも多いですが、基本的に予約がおすすめです!

工場見学はいけませんでしたが、敷地内にレストランや博物館、おみやげショップがあるので、昼食をとることに。
敷地内にあるレストラン「ホワイトハウス」では、白州はもちろん、ビールやおいしい食事が楽しめます。
お昼時はやや混雑していて、45分くらい待ったと思います。テラス席に案内されましたが、雨でも快適に過ごせました。

サントリー白州蒸留所

無性にカレーが食べたかったので、私は「キーマカレー夏野菜のカポナータ添え(スープ付き)」と、おともに「知多」のハイボールを注文。
キーマカレーは、ピリ辛でクセになります。野菜もごろっとしていて食べ応えがありますね。量はかなりボリューミーなので、お腹も大満足でした。

サントリー白州蒸留所

友人が注文した「白州」と自分で注文した「知多」を飲み比べ。
スモーキーな香りが特徴の「白州」よりも、すっきりとした香りでかろやかな味わいの「知多」の方が私好みでした。

にも

ソーセージや燻製、ピクルスなどのアラカルトもおいしかったです!

食事を済ませたあとは、「ウイスキー博物館」で、サントリーのウイスキーの歴史をお勉強。会社や商品の歴史を知るのっておもしろいですよね。つい集中しすぎて長居してしまいます。
「ウイスキー博物館」の屋上には展望台があり、天気がいいと山梨の山々を一望できますよ。

萌木の村

萌木の村

食事を楽しみ、たんまりおみやげを買い、次の場所へ向かいます。
友人がオルゴール作りができる場所があるよと教えてくれたので、オルゴール作りができる「萌木の村」へとやってきました。「サントリー白州蒸留所」からは車で30分ほどで到着します。

萌木の村

「萌木の村」は大きな公園のようになっていて、園内にはレストランやカフェ、アクセサリーショップが立ち並んでいます。

にも

ワンちゃんを散歩させている方もたくさんいましたよ。

メインスプリング ぜんまい屋

メインスプリング ぜんまい屋

駐車場からどんどん奥に進んでいくと、「オルゴール博物館」が見えてきます。ですが、オルゴール作りが体験できるのはそこではなく(笑)、はす向かいにある「メインスプリング ぜんまい屋」です。
こじんまりとしたお店で、店内に入ると小さい女の子がお父さんとオルゴール作りを体験していました。

オルゴール作りの体験には、「オルゴール組み立てコース」「オルゴールセミプロ初級コース」の2コースがあり、「オルゴールセミプロ初級コース」を選択しました。

メインスプリング ぜんまい屋

「オルゴールセミプロ初級コース」では、ゼンマイを入れ、櫛歯で音の調整をするなど、細かい作業をおこないます。かなり繊細な作業で、不器用な私にはなかなかレベルの高い作業でした(笑)
店長さんに手伝ってもらいながら、なんとか綺麗な音がなるポイントに櫛歯をセットし、無事オルゴールが完成。完成まで、だいたい1時間くらいでした。

にも

店長さんはピタッと櫛歯を調節していてかっこよかった・・・プロですな・・・

オルゴールの曲は、ゆずの「いつか」にしました。「いつか」があるってなかなかマニアックじゃないですかね??
おそらく50種類くらいの曲が選べたと思います。ディズニー音楽やクラシック、最新のJ-POPといろいろな曲を選べましたよ。

店長さんは気さくで、おしゃべりで体験中もオルゴールの仕組みや作るときのコツなどをお伺いできて、楽しかったです!

パスタと肴 MoRimoTo

パスタと肴 MoRimoTo

体験が終わるころには陽が沈みはじめ、お腹もすいてきたので、夕食を探すことに。
今回の旅行はいきあたりばったりだったので、その場で検索をし、おいしそうなイタリアンのお店を発見。予約が取れたので、早速向かいました!

「パスタと肴 MoRimoTo」では、八ヶ岳で手に入る食材を使用して、パスタやアラカルトを提供。山のものや海産物など、四季ごとに異なるメニューが楽しめます。
普段のイタリアンでは食べられない、物珍しいメニューがずらずら並んでいました

にも

あれも食べたい、これも食べたいとやっているうちに、メニューにある料理のほとんどを制覇していました(笑)

サラダもおつまみもパスタもどれもおいしかったです!
中でもおいしかったのが、看板メニューでもある「自家製無添加の生ハム」。これはずば抜けておいしかった・・・!

まず感動したのが、塩加減。たいていの生ハムっておいしいけどしょっぱいな〜と感じるのですが、MoRimoToの生ハムは、しょっぱすぎず薄すぎない、絶妙な塩加減でつくられています。
肉自体の食感も、ものすごくやわらかい。ふわっとした食感で、すぐに溶けてなくなってしまいました。これは無限に食べられる!(笑)
あまりのおいしさに、「Morimoto自慢の自家製無添加生ハム盛り合わせ」も追加注文してしまいました。

「カントリーキッチン ロビン」もそうですが、地元の人が営んでいる隠れ家のようなお店に出会えるのも、旅行の楽しいところですよね〜!
どちらもおいしかったし、まだまだ食べたいメニューがたくさんあったのでまた訪れたいですね。

甲斐大泉温泉 パノラマの湯

甲斐大泉温泉 パノラマの湯

この日はコテージの近くにある「甲斐大泉温泉 パノラマの湯」を訪れました。
広々とした温泉で、露天風呂からは山梨の山々を一望することができ、とても気持ちよかったです。露天風呂の温度がぬるめで心地よく、ずっと入っていたかったです。
ドライヤーの数が少ないので(3つしかない)、女性はちょっと不便かも。

ロビーにはかなり広い売店があり、大きなおみやげショップにはなさそうな、地元ならではのおみやげがたくさんありました。
日帰り温泉ですが(笑)、ここでおみやげを購入するのもおすすめです。

3日目

最終日は少し早めに起床し、部屋を片付け10:00にコテージをチェックアウト。この日は3日間の中で一番天気がよく、夏らしい気候となりました。

美し森展望台

美し森展望台

コテージから車で10分ほどで「美し森展望台」に到着。「美し森」は小さいといっても標高1,542mの山。山頂までの遊歩道はキツくて汗だくになりましたが(笑)、道中、そして山頂の景色が最高でした。天気がよかったので、八ヶ岳や金峰山がはっきりと見えましたよ。

美し森展望台

山頂には展望台があり、そこでソフトクリームが食べられます。濃厚な生クリーム系の味で、山頂まで上がってきて疲れた身体にしみました。

にも

天気がよすぎて、山頂に上がるまでに汗だくになっちゃいましたが、展望台はすずしくて快適でした!昼寝したくなるくらい風が気持ちよかった〜

ROCK

ROCK

「美し森展望台」でしばらく休憩をしたら、お昼を食べに再び「萌木の村」にあるレストラン、「ROCK」へ。ちょうどお昼時だったので、1時間くらい待ちましたが、お腹を空かせるために園内を散策したりして、のんびり待ちました。

にも

「ROCK STORE」は、待ち時間をLINEで管理しているので、お店の前で待っていなくても大丈夫。時間になると通知してくれるので便利です。下手したら都内の店よりも最新式なんじゃなかろうか!

「ROCK」の看板メニューは「ビーフカレー」。甲州麦芽ビーフと地元の野菜をたっぷり使ったビーフカレーは、10時間以上、1日かけて煮込み、最低2日かけて冷蔵庫で寝かせてつくられます。
時間をかけてじっくり作り込まれたビーフカレーは、とっても濃厚!!ほかのカレー屋さんではなかなか食べられない味わいでした。
おいしい、より、うまい!がぴったりのカレーです。

カレーはハーフやクウォーターなど細かく量を調整できるのですが、料理はどれも基本的に量が1.5人前とボリューミーなので、シェアしていろいろな料理を楽しむのもいいですね。

清里ミルクプラント

清里ミルクプラント

お昼を食べたらデザート!ということで、萌木の隣にある「清里ミルクプラント」でソフトクリームを注文。
山梨定番の、「信玄餅ソフト」を食べました。うまい〜!

清里ミルクプラント

「美し森展望台」で食べたソフトクリームとは全然違う味ですね。こちらはさっぱりしていて、より牛乳感がしっかりしています
どっちもおいしかったな。味の方向性がちがったので、好みの問題になりそうですね。どちらもおすすめです。

にも

「清里ミルクプラント」は、牛乳や飲むヨーグルト、チーズの販売もしています!

たっぷり食べたら、少し早めに帰宅。
・・・の予定でしたが、途中の高速で玉突き事故が発生しており、結局帰宅できたのは夕方になってしまいました。

まとめ

山梨は甲府の方は何度か訪れたことがあったのですが、清里や南アルプス方面ははじめてて、とても楽しかったです。
やはり食事がおいしいですね〜!肉も野菜もおいしい。そういや海がない県だからか、魚はあまり食べませんでしたね。

今回は1日は登山にあてていたので、旅行をするだけなら1泊2日で十分楽しめそうです。
首都圏に比べたら気温も湿度も低く、過ごしやすく、避暑地のようでした。

にも

軽井沢ほど人もいないので、夏の避暑地として友人や家族で遊びに行ってみるのはいかがでしょうか。
まっぷる 清里・八ヶ岳 蓼科 (マップルマガジン 甲信越 6)
昭文社 (2019-03-08)
売り上げランキング: 126,822

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください