ウェブサイト リニューアル中!(2018/08/01)

【ライブレポ】YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL Ⅱ〜Great Voyage〜(2018/08/04 横浜アリーナ)

先日、ゆずのライブツアー「YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL」の追加公演初日である、「YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL Ⅱ〜Great Voyage〜」に参加してきました〜!

ちなみにライブは「ap bank fes ’18」ぶりとなりました!
およそ3週間ぶりのライブ。
夏はライブが色々開催されて楽しいですね!

本公演である「YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL」は、4月30日にさいたまスーパーアリーナで開催された本公演初日に参加しています。

にも

今気づいたけど、本公演も追加公演も初日だ!

追加公演は横浜アリーナからスタート。
横アリは毎度ゆずのライブでお世話になっていますが、2016年に行われた工事が完了して以来、初めて行ってきました。

どんな感じになるのかな〜とちょっと楽しみにしていたのですが(笑)、外観や館内・ホール内がきれいになったくらいで特に大きな変化は見られませんでしたね
そういえば、壁に歴代のコンサート開催アーティストの名前が飾られているのを帰りがけに見かけました。
写真撮ってくればよかった!

にも

ゆずの名前ももちろん入っていましたよ〜

たしかアリーナの入場エリアの壁沿いにあったと思うのですが・・・気になる方はぜひ見てみてください。

ちょっと話が脱線してしまいました。
それでは「YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL Ⅱ〜Great Voyage〜」追加公演のレポにまいります!

追加公演はプレミアムシートに当選。
おお良い席当たったじゃん!と小躍りでチケットを受け取ったら、スタンド北・・・?しかも着席必須・・・?

もう一度プレミアムシートの概要を読んでみたら、どうやらプレミアムシートは着席してゆったり観覧したい人向けの席のようですね。
プレミアムシートの概要をよく読まずに、なんかプレミアムって言ってるし良い席なんだろうとちゃっちゃか応募してしまいました(笑)
まあ確かにゆずのファン層って幅広いし、ゆっくり座って観覧したいって人もいるでしょうね〜

私のようにライブは暴れたい!って人には合わない席でした(笑)
ゆっくり落ち着いてみたいな〜って人にはおすすめですよ!

ミスったな〜と思いつつも会場に入ると、席自体はなかなかの良席
スタンドの前列だったのでステージがよく見えて、全体が把握しやすかったです。
前回は厚ちゃん側でしたが、今回は悠仁側

にも

でも悠仁は結構あっちこっち動くからあんまり意味なかったな(笑)

本公演同様、船員に扮した4人のダンサーが登場し、注意事項をアナウンス。
あ、追加公演もスマホでの撮影が許可されていました。
まあ撮影OKに関しては思うところもありますが・・・良い記念にはなりますよね。

最後にダンサーの皆さんと一緒にラジオ体操をして、いよいよライブスタートです!

01. TETOTE

おお!一曲目はいきなり「TETOTE」
セトリを変えてくるのかな?と、追加公演ならではのワクワク感がありますね。

ゆずの二人はどでかい船のセットの上から登場!
衣装は本公演と同じ、青を基調とした海賊風の装い。

悠仁パーマかけた?
すごい髪の毛がグリングリンになってました(笑)
髪色も明るくしたかな?若々しいですわ〜

厚ちゃんはいつも通りで安心(笑)

二人の声も調子良さそうです。
特に悠仁はのびのびとした歌声で、本公演の時よりも調子良かったかも?

北川「よーこはまー!!!」
北川「タンバリン出して〜!」

02. タッタ

さーて次は何がくるかな・・・と構えていると、あれ?タンバリン?
あれ?「タッタ」だ!

本公演通りのセトリに戻りました(笑)
まあまあまだ2曲目ですしね。

この日はまさかのタンバリンを忘れてきちゃったので、手で一生懸命フリフリしました。
ゆずは参加型の曲が多くて楽しいですよね!

悠仁と厚ちゃんが中央のステージへ。
スタンド席だったけど結構近い!二人がよく見えました!
悠仁はあっちこっちみながら手を振ってくれました。

上から見るタンバリンのパフォーマンスは圧巻でした。

北川「どうもみなさんこんばんは!ゆずです!」

北川「横浜ただいま〜」
観客「おかえり〜」

北川「YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL Ⅱ〜Great Voyage〜、追加公演に集まっていただいてありがとうございます!」
北川「今回のツアーは歌に乗せてエールを送る大航海を行っています。今日の追加公演は本公演来てくれた人は新しい楽しみがあったり、はじめて来た方ももちろん楽しめるようになっています!」
北川「どうかみなさん僕たちの大航海についてきてください!」

北川「今回、本公演でやらなかったこともやったりするのですが、早速ですが新曲をやります!」
北川「発売したのは5月くらいだったのですが、この日を楽しみにしてきました!」

03. 公園通り

ここで新曲!良い流れですね。
実は「公園通り」は数回しか聞いてないんですよね・・・

Aメロの最初がめっちゃ「歩いて帰ろう」のメロディーに似ていて、このまま「歩いて帰ろう」になっちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしました(笑)(そんなわけない)
過去を振り返るお話なんですね。
ちょっぴり切ない歌詞を明るい曲調で歌う、私の好きなタイプの曲でした。

悠仁が柔らかい笑顔で優しく歌い上げます。

04. 真夏の太陽

ほっこりとした雰囲気の中、暗転。
そしてギターの音が激しく響きます。

ん!?このイントロ!?
なんとまあ懐かしい「真夏の太陽」でした。
懐かしすぎて一瞬『BIG YELL』のアルバム曲だったかな?と思ったほど(笑)

うわー、ライブで聞いたの初めてかも!これは嬉しい。
ただやっぱり悠仁の声質が変わったからか、やや違和感があるような気も。

今の悠仁は歌が上手くなって合唱向きの声質に変わりましたよね。

最近の曲は声質が合っていて好きなのですが、どうも昔の曲は昔のかすれたハスキーな声の方が合っているな〜と思ってしまうんですよね。
まあそりゃ昔の曲だから昔の声の方が合っていると思うのは当たり前なのですが、うまく声の出し方を変えられたらいいのにな〜とぼんやり考えながら聞いていました。

にも

あれかな、単純に歌ってないから慣れてないだけかな?

悠仁のギター演奏はめっちゃかっこよかった!
最近ギター使うことってライブくらいしかないから、ライブでギターをかき鳴らす悠仁がみれるとテンション上がりますね!

05. 境界線

「真夏の太陽」から懐かしい流れで「境界線」
ここで本公演の流れに戻ってきました。

「境界線」はやっぱり厚ちゃんの歌声が堪能できます
サビののびのびとした高音に心が癒されます。
全体的に厚ちゃん棒立ちで夏バテしているのかな?と不安になったのですが(笑)、声の調子は問題なさそうです。

厚ちゃんも声質は変わっていますが、尖っていた石が川の流れによって角が丸くなったような変化で、根本的には変わっていないと思うんですよね。
悠仁は石がお餅になったくらい変化があると思うんですが、わかりますかね・・・?(笑)

06. カナリア

完全に本公演の流れに戻りました。
さっきの話の流れになってしまいますが、「カナリア」は今の悠仁の声質にぴったりハマった曲ですよね。

この日は悠仁の喉が絶好調で、裏声がめちゃめちゃ響いていました
前回参加した初日の倍以上良かった気がします!

ちなみにアレンジは本公演同様、1番は悠仁のソロでした。
時々アレンジで悠仁が「ウゥ〜」とか「フゥ〜」とか入れてました。
いや〜悠仁の裏声よかったな〜(2回目)

ステージには厚ちゃん一人に。

岩沢「どうもこんばんは〜」
岩沢「横浜また帰ってきました!ありがと!」
岩沢「ついこの間やったかと思ったら・・・」

ここから本公演と同じく手紙コーナーでした。

07. ガイコクジンノトモダチ

さ、茶番・・・おかあさんといっしょタイムで悠仁の準備も整ったところで(笑)、さらにおかあさんといっしょタイムは続きます

左右のアリーナエリアに樽が用意されます。
樽には悠仁の友達、ユージーン(笑)がスタンバイ。
私の座っている北側にも樽が用意されて、どっちかな〜とドキドキ。

正解は・・・南側!
あら〜残念。樽の目の前にいた、北側アリーナエリアのお客さんたちも構えていたスマホを下ろしてがっかりしていました。

そして「ガイコクジンノトモダチ」を歌いながら本公演同様、お客さんに絡んでいきます
インタビューに答えた出身が逗子とかぶったり、当てられたお母さんよりも双子の娘さんたちの方が興奮していたり、独身のゆずっこ(男)が恋人募集をしたりと、ワイワイ盛り上がっていました。

悠仁は相変わらずファンサが熱いですね!
最後にキャップ帽をあっちこっちに配りまくって帰っていきました。

08. 風のイタズラ

悠仁が戻ってくるまで、しばしの厚ちゃんタイム。
厚ちゃんタイムはとにかく心が癒される。

「風のイタズラ」は『BIG YELL』の中でもお気に入りの一曲。
Aメロの揺れるようなリズムが好きです。

にも

いい声なんだな〜

AメロやCメロの部分を、しっとり穏やかに歌いあげる厚ちゃんの歌声も地味に好きです。

09. 通りゃんせ

悠仁カムバック!
「通りゃんせ」はロックテイストでかっこいい曲ですね!
照明の演出も「真夏の太陽」に似た感じになっていました。

悠仁が中央にやってきて、激しくパフォーマンスを繰り広げます。
あれ目の前で見れたらめちゃくちゃかっこいいんだろうな〜

ダンサーさんたちのダンスも好きな曲です。

10. イコール


明るく前向きでキラキラした曲。

「あなたと歩いて あなたと手繋いで
アイは+ ナミダは÷2
増えてく「大切」」

の部分の掛け合いが安定感あって良かったです。

にも

正統派ゆずって感じの曲ですね。

ここからメドレーなのですが、若干本公演とくだりが変更されていました。
本公演では、テレビを観たい厚ちゃんがめっちゃ独白するという話でしたが、すんなりストーリーで、なぜか隕石が地球に突撃する話に(笑)

ここは本公演のライブレポをご覧ください。

で、厚ちゃんがテレビをつけます。

北川「レディースアンドジェントルマン!ただいまより第54回、青白歌合戦をはじめます。」
北川「私、総合司会の青白立男・・・」
岩沢「青白横男です。」

北川「まずはステージに向かって、左側を白組、右側を青組とさせていただきます。」
北川「今から、リズムに乗って対決をしたいと思います。」

北川「白組のみなさん!」
岩沢「青組のみなさん!」

北川「まずはダンス対決です!」

青白歌合戦メドレー

ここも本公演の流れ通りなのか!
まあ旗売っちゃってるし変えられないか〜

前回参加した本公演では青組でしたが、今回は白組でした。

11. LOVE&PEACH

安定のお祭りソング!
楽しいおばかソングで大好きです。ライブでも盛り上がりますしね。
悠仁も厚ちゃんもいつものプリプリダンスしてくれました。

12. 言えずのアイ・ライク・ユー

昔から好きな曲なので、本公演で聞いたときはおおー!と大興奮しましたが、さすがに2回目だと落ち着いちゃいますね(笑)
「言えずのアイ・ライク・ユー」は、AメロとBメロが好きなので、メドレーだとあまり聞けなくて残念

13. イロトリドリ

ダンスソング締めは「イロトリドリ」
これもとくに本公演と変化なしです。
今回の公演でやっとイロトリドリダンス覚えました(笑)

14. T.W.L.

はいタオル用意〜!
右腕がつる時間です(笑)
前回はすごいタオルのホコリ?糸くず?みたいなものが舞っていたのですが、今回はホコリテロがなく快適なタオル回しができました(笑)

15. GO☆GO!!サウナ

最後のタオル締めはやっぱり「GO☆GO!!サウナ」
この曲も大好きなのでフルで聞きたい〜!!!

座りっぱなしの席にいる中、数少ないカロリー消費ができるシーンだったので、これでもかというくらいタオル振り回しました。

北川「21年目も、ゆずっこが、だ〜いすき♡」

はい、最高の笑顔ごちそうさまでした

ここで悠仁が突然にらめっこ対決をしようと会場のお客さんに提案
本公演はここで早口対決をしていましたね。

にらめっこ対決に志願した勇者たちが続々とステージに上がってきます。
3 vs 3でにらめっこ対決をじゃんじゃん行なっていきます。
グダグダになるだろ・・・とちょっと心配していましたが、意外とサクサク進みました。

参加者の中にスタッフの人が紛れ込んでいて、このスタッフさんがおもしろかった!
ずっとフードをかぶっていたのですが、いざにらめっこが始まると、フードを下ろして後ろへターン。
なんと、スキンヘッドの後頭部に顔を書いていたという本気の仕込みっぷり!
これはずるいですね〜。対戦相手のお兄さんも思わず爆笑。

結局白が2勝、最後の1戦は引き分けで終わりました。
そして全員が横になり・・・

16. スマイル

「スマイル」合唱!
にらめっこ対決に参加した参加者さんも、悠仁やダンサーさんたちと肩を組んで合唱していました。

参加者さんがステージから降りたら、次は旗揚げ対決
「少年」おきまりのイントロも流れ始めるなか、ハードな旗揚げ対決を繰り広げます。

そして最後に、1、2、3、4!

17. 少年

「少年」もすっかりライブ定番の曲になりましたね〜
悠仁もあっちこっち走り回って楽しそうです。
厚ちゃんは・・・相変わらず棒立ちです(笑)

いつもの「YUZU」ポーズのところは、本公演と同じく「YELL」ポーズもやりました。

18. 栄光の架橋

すごい、見事に本公演と同じ流れだ・・・と苦笑いしつつ、大トリの「栄光の架橋」
今回もみんなで歌うフレーズがちらほら。

普段はゆずだけで歌ってほしいなーと思うのですが、一つのコーナーで盛り上がったあとって会場の一体感がすごくて、合唱したいなという気持ちになりました
よくできてますわ〜

北川「みんな今日は集まってくれて本当にありがとうございます!」
北川「追加公演楽しんでもらえていますか?」

北川「次の曲は、本公演でやってなかった曲です!その前にスペシャルゲストです!」
北川「ゆずマン〜!クレヨンしんちゃんより野原しんのすけ〜!」

マスカットのふりつけを若干練習してスタート!

19. マスカット

後半戦は、新曲「マスカット」からスタート!
いかにもアニメの曲って感じで、かわいい曲だな〜

サビの部分は、しんちゃんとゆずマンも一緒に踊っていました。かわいい!
悠仁のコマネチがキレッキレでおもしろかったです(笑)
「マスカット」の時にドヤ顔でキレッキレのコマネチを披露してくれたので、これから公演に参加するかたはぜひよく見てみてください(笑)

strong>北川「すみません!次から次へと訳のわからないことに付き合わせてすみません!」
北川「まだまだいけるかー!」

岩沢「そして、ステージに恋風船があらわれました。」
岩沢「みんなの恋で割れますよ。」

でっかい風船をポンプで膨らまします。

観客「はっじけっろ!」
観客「はっじけっろ!」
観客「はっじけっろ!」

20. 恋、弾けました。

さてマスカットの流れでどうくるのかなと思っていたら、弾けろコールからの「恋、弾けました。」
いいですね〜!盛り上がる曲が続きますね!

『BIG YELL』の中で一番好きな曲なので、ノリノリで聞いちゃいました。
悠仁が何度か歌詞ミスってたかな?まあそれもライブらしいご愛嬌ということで。
ゆずって二人で歌うから歌詞間違えると目立っちゃいますよね(笑)

そして途中でバンドメンバーの紹介。
そのまま悠仁が中央に出てきて、インスタのストーリー撮影
この日の悠仁はクマスタイルでした〜!

クマスタイルのままCメロに突入するのですが、ふと、「かわいいおじさんが、クマのコスプレをして歌を歌っている」という状況を客観的にみてしまって、笑いそうになっちゃいました(笑)
今回の公演でほとんど棒立ちだった厚ちゃんも、やりたい放題好きにやっていてリラックスしていましたよ。

にも

「恋、弾けました。」は悠仁のかわいいかわいいアピールが激しくてノックアウトされそうになりますわ。

北川「時間が経つのも早いもので次の曲となります!」
北川「最後の曲となります!・・・しっかりアンコール用意しています(笑)」

北川「今日暑かったろ?暑いのに来てくれてありがとー!」
北川「でも、夏は暑くないとね・・・夏の曲いくかー!」

21. 夏色

盛り上がる曲が続く中、ラストは「夏色」
暑い夏にぴったりの曲ですわ〜

毎度恒例の銀テープも発射されましたが、今回は取れませんでした。
いつもだったら曲中ずっと飛び跳ねているのですが、今回は着席だったので、のんびり楽しみましたよ
こういうのもいいですね。もうね、普段だと無我夢中になっていて何も周りが見えなくなっているので(笑)

一度目の「もう一回」悠仁がペットボトルの水を客席にぶっかける!
四方八方にぶっかける!
さらに口に含んだ水を客席にぶっかける!
最後にペットボトルを投げ込む!

いいですね〜いい具合に悠仁のネジが緩んできました(笑)

そういえば何かの曲で投げキッス送りまくってた気がするな・・・「夏色」ではなかった気がするんだけど・・・
とにかく今回の公演は悠仁のファンサが熱かったです。

EN01. 聞こエール

アンコール一発目は、本公演と同じく「聞こエール」
マーチングっぽくて元気が出ますね。

アンコールの登場はゆずの二人が中央のステージにやってきました。
今回の公演は移動が多くて大変そうですね。
ファンとしては嬉しいけど。

「聞こエール」のパフォーマンスも、本公演と同じように悠仁が大きな旗をブンブン振り回していました
間奏の途中で厚ちゃんが先に戻るんですが、反対にメインステージからやってくるダンサーさんたちとすれ違うときに、ダンサーさんたちの動きを真似していたのがかわいかったです

EN02. アゲイン2

本公演のアンコール2曲目は「TETOTE」だったのですが、「TETOTE」はすでに演奏済み。
何がくるのかな〜と考えていたら、まさかの「アゲイン2」!!!!!!
うおあー!まじですか!これは嬉しい!

お客さんも今回の公演一番盛り上がっていたんじゃないですかね。
なんというか、ね、やっぱりこの頃くらいの曲が一番盛り上がりますよね・・・(笑)
自分もそうですが、周囲のボルテージの上がりっぷりに、あーやっぱりそうだよね、とちょっと切なくなっちゃいました(笑)

イントロがAメロが始まる前で一旦完結するという、めずらしいアレンジでした。
悠仁がちょっと疲れてきたのか声がかすれていたのが、また「アゲイン2」にマッチしていてよかったな〜

北川「みんな今日は集まってくれて本当にありがとうございますー!」
北川「はじめて来てくれた人〜!ゆずのライブ、バカだろ?(笑)」
北川「何年やっても何十年やっても、やっぱり初日はドキドキして・・・しかしみんなが楽しんでくれて、良かったと思っています!」

北川「ありがとう!俺たちは常に新しい何かを生み出したいと思っています!」
北川「古いことも大事にする、でも新しいことも大事にしています。」
北川「それは、来てくれる人、みんなを楽しませたり、驚かせたり・・・したいからです!」

北川「今日はみんないろんなスケジュールを調整しながら、この日を楽しみにしてくれたと思います!」
北川「俺たちにできることは限られてるけど・・・せめて心から愛を・・・」

MCから歌い始めます。

EN03. うたエール

アンコールラストは「うたエール」
これは本公演と一緒ですね。

最初に配信された曲を聴いたときは企画ソングか・・・と思っていたのですが(笑)、じわじわと好きになってきました
「うたエール」も参加型の曲ですね。
歌詞のカッコの中や、「ラララララーララー」のフレーズを歌いました。

感動的な大作感のある「うたエール」はラストにふさわしいですね。
興奮で胸がいっぱいになりました。

まとめ

追加公演でしたが、ほとんど本公演の延長戦という感じの演出でした!
曲順や曲が少し入れ替わっていましたが、大きな流れでの変更はナシ
観客的になかなかハードな演出だった「うまく言えない」はカットされるんだろうな〜と思っていたら、やっぱりカットされちゃいましたね(笑)

大はしゃぎソングの「月曜日の週末」がなかったのはちょっぴり残念
その代わり「アゲイン2」入れてやったぞってことなの!?

セットリストはいい感じなんですが、なんだか最近のゆずは不完全燃焼が多くて。
それは座席の問題じゃなくて、おかあさんといっしょタイムが多すぎる気がするんですよね〜

ここのところ参加型のライブ演出が続いていて、そういうお祭りっぽさがゆずのライブの強みだし好きなところなんですが、要はバランスですよね
おかあさんといっしょタイムが多すぎて、ライブ全体の流れがぶつ切りになっているような気がします。
間に休憩タイムがちょこちょこ入ると、ライブに対する集中力だったり盛り上がりも段々なくなってきませんか?

最近は色々なアーティストのライブに参加するのですが、短い時間でもずっと歌い続けていたり、最新の曲と昔の曲をうまく混ぜ込んでいたりと、ライブのよさをぎゅっと凝縮しているので満足度が高いんですよね。
まあゆずも色々試行錯誤しているのはわかるので、あまりブーブー言いたくない気持ちもある・・・難しいです。

これからも好きだし応援したい気持ちは変わらないので、とにかくうまい着地点を見つけてほしい!(笑)
次の活動も楽しみにしています。

にも

次は二人で弾き語りのホールツアーなんかどうでしょうかね!

セットリスト

YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL 追加公演(2018/08/04 横浜アリーナ)
01. TETOTE
02. タッタ
03. 公園通り
04. 真夏の太陽
05. 境界線
06. カナリア
07. ガイコクジンノトモダチ
08. 風のイタズラ
09. 通りゃんせ
10. イコール
11. LOVE&PEACH
12. 言えずのアイ・ライク・ユー
13. イロトリドリ
14. T.W.L.
15. GO☆GO!!サウナ
16. スマイル
17. 少年
18. 栄光の架橋
19. マスカット
20. 恋、弾けました。
21. 夏色

EN01. 聞こエール
EN02. アゲイン2
EN03. うたエール

BIG YELL (初回生産限定盤)(CD+DVD)
ゆず
SENHA&Co. (2018-04-04)
売り上げランキング: 665

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください